­海外反応 キキミミ

 

海外「なんて美しい勇姿!」当時世界一の船!日本の戦艦大和に海外ファン羨望(海外反応)

海外「なんて美しい勇姿!」当時世界一の船!日本の戦艦大和に海外ファン羨望(海外反応)

投稿者
戦艦大和は世界一大きな戦艦であり日本海軍で一番有名な船です 悲しい事に227機の米軍機と戦って負けてしまいました 巨大な日本の戦艦が負けた事によって日本の希望が砕かれたのでした



※日本語字幕になっていない場合は設定→字幕→日本語に
settei0654649899849.jpg

秘密裏に作られ膨大な費用を欠けて戦艦の歴史に残る最大の船になりました
敵を恐怖に陥るために建造され現代の貨幣価値で8兆ドルもかかりました 海軍史のターニングポイントとされた戦いとされています 戦闘機を使った海の戦いには非常に強かったのですが戦いのための装備が良くなかったため攻撃する事が出来なかったのです 大和ほど海軍ファンの興味をそそるものはありません 


海外「依存しすぎ…」急な方針転換…脱中国を目指すドイツに海外議論(海外反応)

海外「依存しすぎ…」急な方針転換…脱中国を目指すドイツに海外議論(海外反応)

ドイツ、中国依存を転換 アジア政策で日本などと連携

【ベルリン=石川潤】ドイツ政府がこれまでの中国一辺倒のアジア政策の転換に動き始めた。新たにまとめたインド・太平洋戦略で、日本や韓国など民主主義をはじめとした共通の価値観を持つ国との関係強化を打ち出した。独の方針転換は、中国への依存に対する欧州の警戒感の高まりを映している。




海外「お前が関係悪くしてるんだろ…」未来志向の対話を呼びかける韓国ムンジェイン大統領に海外困惑(海外反応)

海外「お前が関係悪くしてるんだろ…」未来志向の対話を呼びかける韓国ムンジェイン大統領に海外困惑(海外反応)

文大統領が菅新首相に書簡 関係改善へ対話呼びかけ

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、菅義偉新首相に首相就任を祝う書簡を送り、韓日関係の発展に向け努力しようと呼びかけた。青瓦台(大統領府)の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

 文大統領は書簡で、「菅首相の在任期間中に韓日関係がさらに発展するよう努力しよう」と呼びかけた。歴史問題や日本の対韓輸出規制などで両国関係が悪化する中、文大統領が菅内閣の発足を機に関係改善に向けた意思を示した形だ。

 書簡の具体的な内容は公開されなかったが、姜報道官によると、文大統領は基本的価値と戦略的利益を共有するだけでなく、地理的・文化的に最も近い友人である日本政府といつでも向かい合って対話し、意思疎通する準備ができており、日本側の積極的な呼応を期待していると伝えたという。

 未来指向の韓日関係のため対話努力を続けるというこれまでの立場を改めて示したといえる。 

 文大統領は8月15日にソウル市内で開かれた光復節(日本の植民地支配からの解放記念日)記念式の演説でも、「今も(日本との)協議の扉を大きく開いている」などと強調した。




海外「実在していたとは…」日本の戦国武将『伊達政宗』の生涯に海外興味津々(海外反応)

海外「実在していたとは…」日本の戦国武将『伊達政宗』の生涯に海外興味津々(海外反応)

投稿者
織田信長の死後2つの大きな戦いが発生した
最初の戦いが、徳川・上杉・北条・真田による関東の領土をめぐるものだった
2つ目は、更に大きな意味を持つ、羽柴秀吉と柴田勝家が戦った賤ケ岳の戦いだ
この戦いの結果、秀吉が織田の跡目を継承することになった



ここで中部地方で繰り広げられていた勢力争いから、北日本に目を転じてみよう
伊達家が歴史舞台に現れたんだ
戦国時代 - 伊達政宗と東北地方での戦い
これまでこのシリーズでは、東北地方の事を取り上げていないのは皆に知られてる
その理由の一つが、東北地方での衝突は中部・関東にはそれほど影響を与えていなかった事
戦国時代の気風は東北にも大きく広がっていたが、戦国時代のメジャーイベントに影響を与えるようなものではなかった
でもこれは、東北地方で生まれた一人の武将によって変えられようとしている
彼の名前は日本中に知られることになる
僕が東北地方に触れなかったもう一つの理由は、東北地方は大混乱だったからだ
東北地方には様々な勢力があった、南部・津軽・最上・芦名・相馬、そして伊達
これが東北地方を席巻していた大きな勢力の一部だ
しかし歴史は、これらの内の一つが歴史に名を遺すに値する者だとした、それが伊達家

伊達家の始まりは12世紀にさかのぼる、藤原家に連なるものだと言われている
伊達家は何代にもわたって陸奥の大部分を支配下に置いてきた
戦国時代の始めまでには、東北地方に多大な影響力を持つに至っていたが、他の東北地方の武将たちに比べて特に優れているというわけではなかった
戦国時代の性格上、伊達が近隣の争いに巻き込まれることは良く起った
ある時には、6年にも及ぶかなり危険な内戦(天文の乱)に関わったこともある
1566年、伊達家の当主はまだ若い伊達輝宗、意志の強い武将で、天文の乱に自身の父、稙宗に対して勝利をおさめたことで知られる伊達晴宗を父に持つ
1566年秋、輝宗とその正室で最上から嫁いだ義姫は息子を得る、その子の名前は梵天丸
この子が後に政宗の名を持つことになる
かつて伊達家に栄光をもたらした先祖から名前を得たのだ
しかし政宗の子供時代は順調なものではなかった
幼児の頃かかった天然痘のせいで右目が腫れあがってしまい、小さなころからあまり自信のない子供だった
彼の気鬱に関しては、数々のエピソードが残っている
母の義姫も彼の振る舞いには気を病み、将来家を継ぐにはふさわしくないのではないかと語ることがあったと言われている
政宗はネグレクトのような状態に置かれた
普通であれば、ここで彼は歴史から忘れ去られていたことだろう

しかし、彼に多大の影響を与えた2人の人物がいた
最初が彼の乳母、片倉喜多、実の母親が与えなかった愛情を示し、軍記物語などから学ぶことを奨励し、政宗の中に武将の心と素質を植え付けたのだ
しかし彼女一人の尽力だけでは、彼の大成は叶わなかっただろう
彼に多大な影響を与えたもう一人が、喜多の異兄弟、片倉小十郎のちの景綱
政宗より少し年上だったが、小十郎は常に政宗と行動を共にし忠実な友であり続けた
この小十郎こそが自らの刃物で政宗の膿んだ右目を取り出し、彼の長年の気鬱の元を取り除いたのだ
小十郎と乳母喜多のお陰で、政宗は長年の劣等感を克服し、伊達家を継ぐにふさわしい素質を身に着けたのだ

1581年、齢14歳で政宗は父親に従って、相馬家を相手にした初の戦に繰り出した
しかし、この戦いで政宗は危うく殺されそうになる
父親から後継者だと認めてもらうには、まだまだ技量を磨かねばならなかった
3年後の1584年、彼は父親にその実力を見せつける機会を得た
政宗は、伊達家を継いでからそれほど長く安定した権力の座についていたわけではない
傘下の武将大内定綱が、敵である蘆名家側に寝返ったのだ
これに激怒した政宗は、自身の別の側面を見せつけた
これが彼の“独眼竜”という名の由来となった
政宗は蘆名と大内に対して戦いを宣言し、定綱の裏切りへの復讐を図る
当初の攻撃は、蘆名の徹底抗戦により難航したが、政宗はそれに気圧されることなく攻撃を続けた
数か月後、ようやく定綱の本拠地を打ち破ることに成功した
政宗は城を占拠し、城に残されていた800人を老若男女問わず虐殺した
定綱は後に小浜城に逃れたが、自らの城での虐殺の知らせを受けると、小浜城に火を放ち蘆名家の領土の奥深くへと身を隠した

政宗の激情型の性格は、戦時に適したものであった
しかし、対外外交政策には問題があることが早晩明らかになる
畠山家の子孫である二本松は、代々伊達家とはライバル関係にあった
この関係を改善しようと、二本松義継は何度も政宗に働きかけていたが、政宗はその一切を拒否していた
とうとう1585年、二本松義継は政宗の父輝宗に仲介を依頼する
当初、義継と輝宗の話し合いは上手くいっていたが、途中で暗雲が立ち込め輝宗は義継から人質に取られてしまう
義継としては、輝宗を懐柔することはできるかもしれないと考えたが、政宗が和平に応じる可能性は全くないと判断したのであろう
輝宗を人質とすることで、和平を達成しようと目論んだのだ
この知らせを聞いて、政宗は少数の武士を従えて父を救出する為に城を離れた
阿武隈川で義継の軍勢に対峙した政宗は、絶体絶命の局面に立たされる
政宗は、銃弾が誤って輝宗を殺してしまうかもしれないと恐れた
しかし輝宗は自らの命に頓着せず、銃を発するようにと叫ぶ、これは武将の指示だ
政宗はこの短い戦いに勝利をおさめることはできたが、結果として父を失った
一方義継は、何が起きたのかよく分かっていなかった
義継自身がこの戦いで命を落としたという説もあるが、彼は生き延びたという説もある
しかし、伊達と二本松の戦いは本格的なものへと発展した
その頃には政宗を頭に抱く伊達家は、安定を欠く東北地方で危険な存在だと捉えられていた
相馬や蘆名・佐竹は二本松の側についた
政宗の軍勢は数の上では劣勢だった
1586年、人取橋の戦いで政宗は大勢の敵軍に対峙すると、彼は手早く防御態勢を確立した
7千の伊達の軍勢が3万の敵軍に向かったのだ
伊達の軍勢は一つ一つ敵軍の前に倒されていき、本拠とした本宮まで後退を余儀なくされた
政宗や側近たちは、そこでの最後を覚悟する
しかし運命のいたずらが、政宗を救うことになる
自らがこの戦いに関わっている間に常陸の国に里見が攻め込んできた為、佐竹の軍勢が撤収を余儀なくされたのだ
軍勢の大半を失ったことで、相馬や蘆名・二本松は自陣は戦いを続けるには十分な戦力を備えていないと判断し、戦いを辞めることにしたのだ
政宗は命をつないだ
この戦いから、政宗は多くを学んだことだろう
こののち、政宗はもっと戦略的に物事を考えるようになる
年を重ねるごとに、彼の名前と戦果は日本中に知られるようになった

今日のビデオでカバーしたことは
東北地方は群雄割拠の状態で、日本の他の地方とそれほど違わなかった
しかし、この状況から頭一つ抜け出したのが伊達政宗だ
子供の頃は色々不幸だったが、成長するにしたがって自信を持ち、鉄拳を用いて伊達家を治めるようになった
伊達家を継いで一年目に大規模な戦いに参戦しが、彼の激情型の人格が災いして敗戦に直面したりもした
二本松を相手にした戦いでは多勢に無勢の状況を強いられたが、運を味方につけて切り抜け、その後彼の名は日本全国にとどろくことになる


海外「こんあにあるなんて知らなかった…」長巻に小太刀!日本の刀の種類に海外興味津々(海外反応)

海外「こんあにあるなんて知らなかった…」長巻に小太刀!日本の刀の種類に海外興味津々(海外反応)

投稿者
日本刀の種類について(歴史とどのようにつかわれたか)



直刀
 カーブがない刀で諸刃と片刃がありますが一般に片刃のものをいいます 両刃のものは剣か剣とよばれてるようです どちらも2フィート(60cm)程度です 腰につけます 侍が台頭するまえから使われていました 剣作りの技術は中国から伝えられ一番有名なものは「草薙の剣」で皇室の三種の神器になっています 500年には剣は作られなくなり直刀は900年終わりごろにはつくられなくなりました

蕨手刀
 300年頃から見られるようになりました これは最初の曲線がある刀です
これも1本で作られていて2フィートよりも短い事が多い このかたなは北方の蝦夷が作っていた刀です 最初のものはまっすぐで持ち手のみにカーブがついていましたがだんだんとそれが刃のほうにもカーブがつくようになりそして長く細くなっていきました
これが太刀に発達していったという歴史家がいます 確かにとても似ています
しかし太刀と長い蕨手刀は違い手法で作られています

太刀
大きな刀という意味の太刀は900年頃から見られるようになりました 刃全体がカーブしていて刃と持ち手が別れています 刃の部分は30インチ(75cm)くらいです 太刀は刃をしにして腰にさげられていました 太刀にひもを通す穴がつけられているものもありましたが太刀を吊るすためのアクセサリーもありました 
太刀が反っているのは刀はつくよりも引く事が多くその方がつかいやすかったからと言われていますがそれは間違いで刀を作る過程で刃を強くしなやかにするために曲がっていったと考えられます

小太刀
小太刀は小さな太刀っていみでちょっとおかしいけどね だいたい2フィートよりも短い

打刀
1100年頃でてきた刀で65センチほど 短いので刃を上にして持ち歩く事ができ安かったので最初は歩兵が持っていたのですがこの方が便利なのでだんだんと侍もこちらを好むようになりました 曲がっていて刃を上にしておける事で刀を抜いてそのまま使う事が出来るようになりました 

刀 
平安時代では刀の形はすべて同じで長さによって名前が変わっていた 長さの単位として使われたのは尺ですがこれは地域や時代によって長さが違ったのでとてもわかりにくかった
刀は反っている片刃のものはすべて刀ですが現代では彼方と言えば2〜3尺のものを表します
刀は実際の戦場ではあまり使われていませんでした 騎乗してつかうには短すぎたので弓矢かポールアーム的なものを使う事が多く刀は最後の手段でした
大太刀/野太刀
すごく大きな刀って意味です 鎌倉時代に人気があり刃の長さは3尺 これは騎乗で使うものでした 長かったので背中に背負う形で持ち歩きました すぐにあまり使われなくなったのですが見た目に格好がいいので儀式に使われる事がありました

長巻き
持ち手が長い刀をいいます 刀の場合刃と柄は別々なので大太刀の柄を変えて長巻きに 更に変えて薙刀にする事もできました 

脇差
脇差しの刀の略で脇差しは1〜2尺の刀です 脇差はだいたい刀とセットになっていました 江戸時代になるとこの刀のセットが侍のシンボルになっていきました 刀を持ち歩けるのは侍だけでしたが脇差しはだれでももつ事ができました 江戸時代には平和な時代だったので刀を使うような戦いはあまりなくて脇差しが短く使いやすいので決闘やケンカで使われていました

短刀
短い刀という意味ですが結局はナイフです 1尺よりも短いものは短刀です 武士が刀を使っていた頃には短刀がセットになっていました 女性はこの短刀を自衛のために持っていた事がしられています 



スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!