­海外反応 キキミミ

 

海外「衝撃的だ…」滝行に火渡り…日本の山伏体験に外国人興奮(海外反応)

海外「衝撃的だ…」滝行に火渡り…日本の山伏体験に外国人興奮(海外反応)

投稿者
起きたばかり 日本で楽しく過ごしているよ 今日は神秘的な体験をすることになる 見てのとおり、磐梯山の目の前だ 軽くウォーミングアップをしてこようと思う 



ワークアウト終わり いい感じだ シャワーを浴びて朝食をとったら出かけるよ 日本風のイングリッシュブレックファストだね 豆もあるし トーストにはこんなジャムがついてるよ バターとジャムが一緒になってるやつ ここ、2068年なんじゃないかな ハハ
湖畔の素敵なゲストハウスを出て、出羽三山に向かってる けっこう集中力を使う体験になると思うよ ここから3時間ほどのドライブだ 景色を楽しみながらいこう

セブンイレブンで休憩 アメリカにもあるけど、日本のセブンイレブンは全然違うんだよ コーヒーも飲めるし、食べ物もおやつもすごく美味しい出羽三山に到着 すごく暑い ここで神秘体験をする 山伏に会いに行くよ

すごい このゴーグルをつけると太い柱がよく見える すごいよ、この古い建物はたった1本の柱で支えられているんだ 建てられてから600年だって その頃から地震対策がされていたんだね 頭いいな

うしろに滝が見える ここで瞑想をするんだ アートな壁もかっこいいね どうなることやら、やってみよう
どれくらいの時間、滝に打たれていたのかわからないけど 5分だって 30秒にも思えるし、10分って言われてもそうかと思う 最初はうわ冷たい!って思うんだけど、すぐに何もわからなくなる 彼が歌みたいなものを繰りかえすんだけど、それがすごく癒される さて、着替えて次の体験へ進もう 火渡りだ

装束を整えている あの日を渡るためにね 
今日は素晴らしい体験がいろいろできた 出羽三山は3つの者の象徴と言われている ひとつは生、ひとつは死、もうひとつが再生だ ぼくは1994年に生まれたけど、山歩きが生を、そして滝行が死の痛みを、その後火を飛び越えることで再生を体験できたというわけ まさにいま、再生した気分だよ すごく穏やかな気分だ いい体験ができたよ このあと仙台に向かうよ また違った体験ができるだろう

仙台に到着 車で数時間かかった まずはスシを食べよう これは初めてだ 納豆のスシ どんな味だろう みんな食べてるけど カンパイ 歯にくっつくな 
とてもおいしかった キモノで歩いてる人もいるね 今日はとても楽しかったよ 明日もあちこち回るよ お楽しみに


海外「日本は日本であるべき」「外国人でもいい」外国人に日本の伝統工芸を受け継がせるべきかに海外議論(海外反応)

海外「日本は日本であるべき」「外国人でもいい」外国人に日本の伝統工芸を受け継がせるべきかに海外議論(海外反応)

人手不足が深刻な日本の伝統工芸業界に外国人の受け入れは可能なのか?海外で話題になっていました
伝統工芸業界に人材派遣をしている方にインタビューをしている動画となっています

投稿者
日本は外国人に独自の伝統を守らせるのか(インタビュー)

日本の工芸産業は後継者不足が悩みの種になっています
もっと外国人に頼るべきだという意見もあるけど可能でしょうか?



動画の要点
・日本の伝統工芸の多くは人手不足
・日本語が話せることはそんなに重要ではない
・外国人が来るのは歓迎だが長く続けるために日本が好きで日本の職人文化がわかってる人が欲しい
・職人が日本人と同じようなコミュニケーションを要求するので挫折する外国人がいる
・日本で伝統工芸を学んでいる外国人が日本人と国際結婚をすれば外国人の職人でも違和感がなくなるのでは


海外「これはすごい…」1000年以上の歴史をもつとある日本の伝統文化の技術と繊細さに外国人絶賛(海外反応)

海外「これはすごい…」1000年以上の歴史をもつとある日本の伝統文化の技術と繊細さに外国人絶賛(海外反応)

投稿者
あめ細工づくりに挑戦



日本のあめ細工は、1000年以上の歴史を持つパフォーミング・アーツだよ
あめ細工は平安時代(794-1185AD)の子供たちも虜にしたし、今でもお祭りであめ細工売りの人が水あめから動物や人気キャラクターを作り出してるよ
あめ細工作る人は、水あめが固まっちゃう前の2-3分でフィギュアを完成させないといけないんだ
今日は古い東京がまだ残ってる谷中銀座近くの千駄木にあるお店に行って、あめ細工づくりを見せてもらうよ
後、僕自身をキャンディで作ってもらうことにしたんだ
製作期間は1週間、費用は100ドルかかるけど、乞うご期待だね
この頃じゃ小さなあめで3ドルくらい、普通の動物のあめは10ドルくらいするんだ
複雑な細工のあめだと100ドルくらいするものもあるよ

ハーイ、谷中銀座にようこそ!
ここはまだ、古き良き東京の姿が残っているエリアだよ
道の両側に並ぶお店は、何代にもわたって続いてるところが多いんだ
ここには、まだあめ細工のお店が残ってる
僕自身をキャンディで作ってもらうことにしたんだ
製作期間は1週間かかってるけど、これ僕に見えるかな?
さぁ、あめやさんに出かけるよ
ここがあめ細工吉原だ
小さなお店だけど壁中に何百ものあめ細工が飾ってあって、見てるだけでシュガー・ラッシュになっちゃうね
カラフルなフィギュアの値段は、デザインの複雑さや完成までにかかる時間なんかで決まるんだ
吉原さんが鳥を作るところを見てみよう
わずか数分でできちゃうんだ
ここが、作業場だけど、すごくシンプルでしょう?
この日本式のはさみで細かい所を作るんだって
いろんな色の食紅
これが水あめ
あめ細工職人は、水あめが固くなるまでの2-3分の間にフィギュアを完成させなくちゃいけないんだ
きれいな動物やフィギュアを短時間で作り上げる、って言うのがチャレンジだよねぇ
職人さんは、一定の温度と固さになるまで、あめを練り上げるよ
ちょうどいい硬さになったら、丸めて卵みたいな形にするんだ
これに棒をつけて、フィギュアづくりが始まるよ
先ず、羽根作りから
もう一方の羽根も作るんだけど、あめの量を調整しながら作ってるよ
これは、何千ものフィギュアを作った経験から来てるよね
羽根のバランスが取れたら、今度は尾羽根
さぁ、いよいよ頭の部分だよ
だんだん形ができてきたのが分かるでしょ
これで75%くらい完了だよ
あめが段々固くなってきたから、ここからは時間との闘いだ
さぁ、色付けが始まるよ
色を付けていくと、あめに命が吹き込まれていくね
両側に目を入れて
ちょっと赤い色を付けて、完成!

吉原さんに、どうして飴細工職人になろうと思ったのか聞いてみたよ

吉原さんの店には、体験スタジオもあるんだ
僕も吉原さんのリードに従ってあめ細工づくりに挑戦してみるね!
あめだけど、アートでもあるんだよね
このウサギはこのお店のマスコットなんだ
こっちは犬
赤い首輪がついてるのを選んだけど、3分かからずにできちゃったんだ
ペガサス、まるで美術館から抜け出してきたみたい

谷中銀座近くのスタジオにやって来たよ
マスターVSビギナーのコンテストの始まりだ
どっちが、かわいいウサギを作れるかな?
手袋をつけたら準備完了
時間は3分
マスターは完璧なフィギュアを何千回も作ってるんだろうね
風船で動物を作るクラウンを思い出しちゃった

うーん、ウサギって言えないこともないかなぁ?
吉原さんのウサギのほうがうんとうまくできてるのはわかるけど、僕のウサギのほうがちょっとだけかわいいと思う!
ゆるキャラみたいじゃない?
ラップでくるんであげるよ
皆はどっちが好き?って、あまりに差がありすぎるよねぇ。。。。

じゃ、今度は僕のフィギュアを見せてもらうよ
吉原さんは自分のフィギュアも作ってて、これはよく似てるよね
写真からフィギュアを作ってくれて、製作期間は1週間、費用は100ドル
お店に実際行って注文するんだ

一週間後にお店に戻って、僕のフィギュアのキャンディとご対面だよ
僕みたいに見える?
皆が判断してみて
すごく細部にこだわって作ってあるね
夏の暑さで溶けちゃってるところもあるけど、似てるところがたくさんあると思う
グレーヘアまであるよ!
髪のウェーブや耳の形はそっくりだ
ちゃんとしたボックスに入れてくれたよ!

あめ細工は、伝統的な技法で最近は若い世代のおかげで人気が盛り返してるんだ
でも、これって芸術だと思う?それともやっぱりただのあめ?
飾っておこうか?それとも食べちゃおうか?
この世に永遠に続くものなんてないんだよ
えーい、かじっちゃえ!


海外「ずっと見ていられる…」もはやアート!日本の飴細工の繊細な技術に外国人絶賛(海外反応)

海外「ずっと見ていられる…」もはやアート!日本の飴細工の繊細な技術に外国人絶賛(海外反応)

投稿者
日本の飴細工職人 オンリーインジャパン

谷中銀座にようこそ
ここには何代も続くお店があるところです
今回は吉原飴細工やにようこそ
値段は5ドルから15ドルくらい
たくさんのキャラクターやデザインがあります
小さなお店ですが飴をおくには充分です



吉原さんを紹介します 
ここで飴細工をつくるのですが鳥を作るのにかかるのはほんの数分です
細かい細工のためのはさみ、食べられる絵の具と水飴です
飴が硬くなる前の数分で何もかも作っていきます
飴を練ったら丸く丸めて棒につきます
これができるようになるまで何回も練習しているので必要な分量がわかっているのです
そろそろ飴が硬くなってきます
あとは色をつけます
目をつけて赤を塗って できあがり!
なぜ飴細工職人になろうと思ったのか聞いてみました

 日本語のインタビュー

彼のスタジオで作品を見せてもらいました
この犬は3分いないに出来上がります
手袋をつけて始めます
いつも同じ物を作る事ができるようになるまでに何百回も練習するのです
袋にいれて出来上がりです
今回は顔ノア目を作ってもらいます 
写真から作って1週間でできあがります
白髪もちゃんと作ってあるし天然パーマもそのまま
僕ににてるかな? 
飴ざいくは飴だけどこれってアートかな
飾っておくべきか食べてもいい物か
飴なんだからお腹がすいたらたべちゃえ!

日本の飴細工の歴史は1000年以上さかのぼる事がd系鱒 平安時代にはお祭りに子供を相手に売られていた物でした 水飴をかこうしてあっという間に動物やキャラクターにしていくのです
飴が硬くなるまでの本の数分で何もかも作ってしまうのです
今回の吉原さんのところでは3ドルくらいのシンプルなものからオーダする100ドルのものまでたくさんの飴があります
僕の顔の飴は100ドルしましたがどう思う?


海外「これが日本文化が好きな理由だ!」盆栽ハサミ造り5代目の職人魂に海外喝采(海外反応)

海外「これが日本文化が好きな理由だ!」盆栽ハサミ造り5代目の職人魂に海外喝采(海外反応)

投稿者
35,000ドルの盆栽鋏を作る



日本の金属で作るものといったら包丁にスポットが当たりますよね
堺の14世紀にいた侍の刀鍛冶の話まで遡ります
一人の職人が何かを変え、歴史を作ります
鋏です
紙を切ったり、食べ物や盆栽もそうです
ヤスヒロ・ヒラカワです
サスケというブランドのもと手を振るいます
鋏職人として5代目となります
ほぼ半世紀にわたって日本で作っています
鋏のペアを作るのに一日10時間も作業にあたります
その時間と労力が値段に反映されます
そんな高い鋏で何をするのか気になりますよね
マサカズ・ヨシカワです、盆栽職人をやっています
マサカズ・ヨシカワのように盆栽を極めた人は鋏が非常に重要になってきます
ヨシカワは最初にできた鋏のことをしっかりと覚えています
しかしヒラカワはまだ始まったばかりだと思っています


美しい風景の数々!桜の季節の日本旅行の思い出に海外ため息(海外反応)

美しい風景の数々!桜の季節の日本旅行の思い出に海外ため息(海外反応)

投稿者
桜の時期に日本旅行をしたのだけれど、日本へ行く前に写真を撮る習慣を身につけたんだ(将来の目標の為にもね)日本という国に惚れて3000枚以上の写真を撮ったんだ ここにはその一部の写真だよ

ryokou0654987787915132122005165336546546425.jpg

ryokou065498778791513212200555165336546546425.jpg

ryokou06549877879151321220055165336546546425.jpg

ryokou06549877879151321254200455541653346457465446425.jpg

ryokou065498778791513212542004555416533465465446425.jpg

ryokou0654987787915132125420055541653365465446425.jpg

ryokou065498778791513212542005554165336546546425.jpg

ryokou06549877879151321254200555416533465465446425.jpg

ryokou06549877879151321254200555165336546546425.jpg

ryokou0654987787915132125420045554165334657465446425.jpg

ryokou0654987787915132125420055541653365465446425.jpg

ryokou065498778791513212542005554165336546546425.jpg

ryokou06549877879151321254200555416533465465446425.jpg

ryokou06549877879151321254200555165336546546425.jpg

ryokou0654987787915132125420045554165334657465446425.jpg

ryokou065498778791513222005165336546546425.jpg

ryokou06549877879151322200516533654654642.jpg

ryokou0654987787915132220051653365465464.jpg


海外「楽しそう!」日本の七夕まつりに外国人感激(海外反応)

海外「楽しそう!」日本の七夕まつりに外国人感激(海外反応)

投稿者
日本の夏まつりを体験してみた 阿佐ヶ谷七夕まつり
東京の夏祭りに一緒に行こう! この祭りは地元の人が手作りした紙の飾りがたくさんあるの



七夕は織り姫と彦星が年に一度だけ会えるという神話から生まれたお祭りです
今日は阿佐ヶ谷の七夕祭りにいきましょう
阿佐ヶ谷の商店街には紙の飾りがたくさん飾ってあります
いろんなものが手作りで紙でできてるの

すごくない?
かき氷は日本の夏に人気のおやつです
あまりにも人が多くて大変
それに暑い!
あまりにも暑いからカフェにはいりました
マンゴーのスラッシュを飲んでまた外へ
サツマイモがおいしそう

すごくいろんな屋台があっておいしそうな物がたくさんあった
蝉の声が聞こえる? これって日本の夏の音よ
中野のお気に入りの居酒屋に来ました
ここはちょっと細い道に入った所にあるんだけど
基本的につけ麺をたべにくるの


海外「どっちも行きたい!」金閣寺と銀閣寺の比較に海外興味津々(海外反応)

海外「どっちも行きたい!」金閣寺と銀閣寺の比較に海外興味津々(海外反応)

投稿者
京都旅行 金閣寺vs銀閣寺

京都は日本の文化的首都で2000もの神社仏閣があります どのお寺にいったらいいかわからないですよね 今回は関西在住のケビンと2人で一番観光客をあつめている金閣寺と銀閣寺を比較してみました



京都で有名な禅寺を比べてみましょう
金閣寺と銀閣寺は似た所もありますが違い体験をさせてくれます
京都には約2000の神社仏閣があります
金閣寺は西に銀閣寺は東にそれぞれの反対側にあります
ここは鴨川のほとり、祇園というところです
京都といえば神社仏閣ノイメージですがここは全く違いますね
自然がいっぱいだということ
人が作ったものがしぜんとすごく調和してるのが感じられますよね

先に金閣寺にいきました
9時に門が開くと人でいっぱいになってしまうので誰もいない早朝にいってみました
様々なサイトで金閣寺は観光客がもっともいくところだとランキング上位にはいっています
拝観料は400円です
3階建ての上の2階が金色の屋根に覆われているのです
みんなここで写真を撮り始めます 
他の観光客が入ってくる前にいい所を写真に収めましょう
あっという間に人が押し寄せて静かな禅寺の雰囲気は全くなくなってしまいます
金閣寺は1397年に建立されましたがあまり手入れをされる事がなかったので19世紀中頃には見る影もありませんでした
今の建物は1950年の火災でなくなったあと再建されたものなのです
てっぺんの飾りは銅の不死鳥です
この建物には入り口がありません
25分後にはすっかり見終わった気がしていました
雨の日でも状況はかわりません
5点満点の3点かなって思うよ つまり金閣寺の写真はみんながほしがるものだからね
天気や季節によっても全く違う顔を見せるけれども
例えば雨の日に歩き回るのは全くたのしくないけど雨のおかげで色が引き立つっていうところもある

このあと銀閣寺にいったんだけど銀閣寺は金じゃないし,銀でもないし古い木でできててとってもきれいな窓があって つまりぼくは銀閣寺がすきなんだ
金閣寺からバスにのって45分 町の反対側にある銀閣寺にきました
銀閣寺の周りにあるのは銀に輝く白砂の庭、円錐の山は富士山を模していると言われとても目立ちます
建物のデザインは金閣寺が元になっており1490年、8代将軍が作り始めたがいきている間には完成せず禅寺にしたのです
その結果池は小さくなりましたがたくさんの植物が植えられもっと自然を感じられるようになりました
銀閣寺の周りにたくさんのこけがはえています
拝観料は500円で僕たちがいった時は雨が降っていました
しかし雨のおかげで緑が鮮やかになり屋根から落ちる水が生き生きした様子でした
雨の音にとても癒やされます
清水寺や平安神宮、哲学の道の終わりが銀閣寺になり交通という所を見ても銀閣寺の方がとても便利です
話をきいていたら明らかでしょうが銀閣寺の勝ちです

ジョンのおすすめ 清水寺、伏見稲荷、銀閣寺、竜安寺、金閣寺
ケビンのおすすめ 清水寺、伏見稲荷、知恩院、銀閣寺、東寺



海外「これは衝撃…!」日本の珍妙な祭に海外驚愕(海外反応)

海外「これは衝撃…!」日本の珍妙な祭に海外驚愕(海外反応)

投稿者
幸運のために行う:大きな木製のペニスで祝う日本の多産祭り




海外「日本の職人ワザ好き!」大分県の伝統工芸文化と職人魂に外国人絶賛(海外反応)

海外「日本の職人ワザ好き!」大分県の伝統工芸文化と職人魂に外国人絶賛(海外反応)

投稿者
陶芸品の宝-大分県・小鹿田焼



日本の陶芸品の宝庫にお連れします
今日は小鹿田焼を紹介していきます
東京から南西に850キロの場所に位置する日田市です
長きにわたって山間の日田市で作られています
中心部から30分を上っていくと小鹿田焼が作られている場所に着きます
全て手で作られています
この全てのエレガントなデザインも全てハンドメイドです
日田市の陶器職人だけがこの独特な器を作っています

革新的なデザイン
民芸焼き物の里の小鹿田・皿山は、14ヘクタールの小さな村です
14の民家があり10の製陶場があります
150年もの歴史がある製陶場を訪ねました
職人フミヒト・クロキ37歳です
村で粘土が採取できる場所に連れて行ってくれました
昔からこのあたりで粘土を採っています
年に二回しか採らないように決められています
唐臼を水の力を使って動かしています
村の真ん中を流れる川の水を動力として40台の唐臼が動いています
採取された粘土は製陶場で水に浸けられます
砂などを取り除いていきます

10日間乾燥させます
そのあと手作業で集めていきます
10日間更に粘度がでるまで乾燥させていきます
全てで1か月程かかります
ろくろも足で回すものになっています
これも長年培った技術が必要になります
村では白い粘土も採取できます
これで包み込みます

3日程天日にあてて、それからデザインを付けていきます
かんなという平らな刃物を使います
時計のバネからできています
少しだけ押し付けるとデザインが出来上がっていきます
この技は「とびかんな」とも呼ばれます
半乾燥した白い粘土で覆われた部分にデザインが付きます
これが「とびかんな」で完成したデザインです
高速でこのような様々なデザインを付けているのです
ブラシを使ってデザインを付けることもあります
ハケデザインです

現在の職人であるクロキさんに伝統的な製陶について伺ってみました
小鹿田焼を支える人々
小鹿田焼のルーツを探っていきます
女性が多く働いているのが分かります
多くの作業を女性によって支えられています
小鹿田焼の職人は自身の名前を書きません
「小鹿田」でけ記します
全ての人によって生み出されていると考えるからです

技の伝達
村で一番若い見習いのタクマ・サカモトです
タクマさんがこの小鹿田焼を作りました
コウジ・サカモトは職人であり、父でもあります
この繊細な美しさに魅せられた一人です
職人である父は「教える」ことはしません
横で技を盗ませるのです
ろくろは1家族2つしかありません
後世に伝えるためでもあります
この村はこの技を大事にしています
村の絆は非常に深いです
唐臼のリズムはずっとなり続けるのです



スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!