­海外反応 キキミミ

 

海外「味噌汁」「ママチャリ!」母国に戻ったアメリカ人が恋しい日本のモノが海外で話題に(海外反応)

海外「味噌汁」「ママチャリ!」母国に戻ったアメリカ人が恋しい日本のモノが海外で話題に(海外反応)

投稿者
離れてみてしみじみ、日本のここが恋しい・・・




海外「素晴らしい試合だ!」日本人プレイヤー参戦!テトリス世界大会の息詰まる戦いに海外興奮(海外反応)

海外「素晴らしい試合だ!」日本人プレイヤー参戦!テトリス世界大会の息詰まる戦いに海外興奮(海外反応)

投稿者
CTWC2018トップ4 − パート2 − グリーンティー対ジョナス




海外「ついていけない…」韓国徴用工判決を尊重しつつも日本との関係を築こうとするムン大統領に海外非難(海外反応)

海外「ついていけない…」韓国徴用工判決を尊重しつつも日本との関係を築こうとするムン大統領に海外非難(海外反応)

文大統領、徴用工判決で「日韓関係を大事に」 額賀氏と会談

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日午前、超党派の日韓議員連盟の額賀福志郎会長(自民)とソウルの青瓦台(大統領府)で会談し、いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の確定判決について「司法の判決は三権分立の中で尊重しなければならないが、未来志向の日韓関係を大事にしながら政府内部で(対応を)協議している」と述べた。額賀氏が会談後、記者団に明らかにした。

 文氏は、対応策を打ち出す時期や方向性には言及しなかった。額賀氏は文氏に対し、日本政府や企業の賠償問題は「完全かつ最終的に解決された」と明記された1965年の日韓請求権協定にのっとった適切な措置を求めた。




海外「少ない…」東名あおり運転事故 懲役18年の判決海外紛糾(海外反応)

海外「少ない…」東名あおり運転事故 懲役18年の判決海外紛糾(海外反応)

東名あおり、懲役18年…「危険運転」認める

 神奈川県大井町で昨年6月に起きた東名高速道路の「あおり運転」事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた無職石橋和歩被告(26)(福岡県中間なかま市)の裁判員裁判で、横浜地裁は14日、懲役18年(求刑・懲役23年)の判決を言い渡した。深沢茂之裁判長は、争点となった危険運転致死傷罪の成立を認めた。

 事故は昨年6月5日夜に東名高速下り線で発生。石橋被告が乗用車でワゴン車の前に割り込んで減速する「あおり運転」を4回繰り返し、追い越し車線で停車させた。その2分後、後続の大型トラックがワゴン車に追突し、萩山嘉久さん(当時45歳)(静岡市清水区)と妻の友香さん(当時39歳)が死亡、長女と次女がけがを負った。

 危険運転致死傷罪は「通行中の車に著しく接近し、かつ重大な危険を生じさせる速度で運転する行為」を要件の一つとしている。弁護側は「停車後の事故には適用できない」として、同罪について無罪を主張していた。

 深沢裁判長は判決理由で、「4回にわたって妨害した行為は危険運転にあたる。死傷の結果は妨害運転によって現実化した」と指摘。停車前の「あおり運転」と追突事故の因果関係を認め、検察側の主張を採用した。一方で、「高速道では時速ゼロも危険な速度に含まれ、停車も危険運転にあたる」との主張については、「該当しない」と退けた。




海外「なぜ日中韓の仲が悪いのか分かった…」日本の大和朝廷を巻き込んだ高句麗戦争の歴史に海外興味津々(海外反応)

海外「なぜ日中韓の仲が悪いのか分かった…」日本の大和朝廷を巻き込んだ高句麗戦争の歴史に海外興味津々(海外反応)

※前回の記事はこちら
海外「面白かった!」日本の大和朝廷を巻き込んだ高句麗戦争の歴史に海外興味津々(海外反応)

投稿者
598年 隋の皇帝は問題を抱えていた 東側の国境を接する隣国が略奪を繰り返していたからである 隣国は小国ながら強気で、隋の属国になることを拒み、平等な交易を求めていた 隋の皇帝は武力を見せつけるチャンスだと考えた
隣国とは高句麗 隋は598年に最初の侵略を行った 少々の損失はあったが、価値を治めることはできた 高句麗の王は隋への朝貢を受け入れ、属国となった



時は流れ、隋の皇帝も変わった そして新たに高句麗との対立が始まる 高句麗の王は力をつけており、そのことが周辺国との不和を生むのではないかと隋の皇帝は恐れていた 先帝と同様、皇帝は高句麗への侵攻を開始 3年間に合計3回の侵略があった 1度目はボロ負け 隋は99%の兵を失って帰国した 2度目も負け 3度目はまあ、勝った…といえるのか 大きな戦いを数度繰り返したところで、高句麗の王が「わかったわかった、もうやめよう、忠誠を誓うよ、約束するって」と言うので、隋の皇帝は兵を引いた だがその後高句麗の王は忠誠を見せるために隋にやってくることはなく、皇帝は怒った 再び侵攻するかに思われたが、最後に笑ったのは高句麗だった 侵攻にはかなりの費用が掛かるため、隋には内乱が多発 その結果隋は没落した 618年内乱を治め、新しい王朝唐が建国

一連の流れでわかることは、高句麗の武力がかなり強かったこと 強大な隋の軍勢に立ち向かえるほどだったほどだ
唐はかつての栄光を取り戻そうと考えていた それはつまり、朝鮮半島北部まで支配することである 隋なら「もういじめっ子をつつくのはやめろよ」というところだろう

朝鮮の各王国は唐に友好的であった 3国ともすぐに唐への朝貢を決めている 日本ものちに朝貢に加わった 唐と日本は新たな友達になり、絆を深めていった 互いに親書をやり取りしていたほどである 聖徳太子が唐に学生を送り文化や行政を学ばせた 聖徳太子の改革は唐をモデルにしていたという

しばらく平和な時代が続き、唐の文化は朝鮮半島や日本にも広まった だがそのうち、朝鮮3国は衝突を起こすようになった 唐はすでに高句麗を信用しておらず、攻撃的だとみなしていた あるとき、高句麗は侵略で死んだ隋の兵の慰霊碑を作った 隋の皇帝はそれを中国に対する侮辱と受け取り、軍を送って慰霊碑を破壊し、兵士の遺骨を持ち帰らせた 高句麗は「ああ、またクマをつついてしまった」と考え、唐の侵略に備えた そしてすぐさま数多くの砦を作り、百済と同盟を結んだ また高句麗と百済は日本へ親書を送り、唐が攻めてきた場合には援軍を送ってほしいと頼んだ 百済は王家のものを日本に人質として送った
誰もがもうすぐ戦争が始まると思っていた その戦争が朝鮮半島を変えてしまうこともわかっていた 643年、唐の皇帝は百済と高句麗に新羅への攻撃をやめよと命令 だが645年、高句麗箱の命令を無視し攻撃した
ちなみに、この645年は日本で蘇我氏が討たれ、大化の改新が始まった年でもある

隋と同様、唐は高句麗がかなり強いことを思い知った 食料が底をつき、冬が近づいたことで唐は撤退せざるを得なかった 650年までに新羅は2つの隣国からの攻撃でぼろぼろになっていた そこで新羅は唐に援助を依頼 唐と新羅の同盟が成立した それを聞いたときに百済、高句麗、日本のリーダーが水を飲んでいたら、きっと全部噴き出したに違いない これで唐が朝鮮半島をすべて支配するつもりであることが分かったからだ 日本は百済と友好関係にあり、負けてほしくはなかった 百済が落ちれば、唐は日本にまで手を伸ばすのではないかという懸念もあった だが朝鮮半島に味方がいない新羅にとって、唐と手を組むことは当然の成り行きであった

655年、唐と新羅は高句麗への攻撃を開始 そのときのことが日本の歴史書に記録されているが、唐は朝鮮半島の政治にをよく理解していた 
日本はその後中国に外交官を送る 首都で唐の皇帝は親書を喜んで受け取ったが、日本の外交官を拘束 開放はしたが首都から出ることを禁じた 軟禁は約1年に及んだ 親書は日本に返還され、これは日本の宮廷に大きな衝撃を与えた なぜ唐は親書に返信してこない? 実はその年の初めに起こったことを日本に知らせたくなかったのだ 唐は、それを知れば日本が百済に援軍を送るとわかっていた その年の初め、唐と新羅は協力して侵略を始めていたのだ その相手は高句麗ではなく百済 首都を侵攻した連合軍は百済の王家を虐殺 百済は独立王国ではなくなっていた
  
その後どの国が勝ったか、ぜひ予想をコメントしてくれ 結果を知ってる人は、シーッ お楽しみを台無しにしないように!



スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!