­海外反応 キキミミ

 

海外「穏やかで平和…」お茶の町『静岡県掛川』探検に外国人感激(海外反応)

海外「穏やかで平和…」お茶の町『静岡県掛川』探検に外国人感激(海外反応)

投稿者
日本のお茶の町、静岡の掛川をぶらっと探索してみた!

静岡県掛川町は最高品質の緑茶の生産で有名な町だよ
茶畑で自ら葉を選ぶこともできるんだよ
掛川城ではお茶会もあるよ!
そうそう、鳥好きなら、鳥公演もチェックしてみるといいよ!




海外「軍隊か…」「洗脳だ!」日本の会社1日体験に外国人絶句(海外反応)

海外「軍隊か…」「洗脳だ!」日本の会社1日体験に外国人絶句(海外反応)

投稿者
舌噛みそう
地獄のキャンプは70年代、日本企業が世界を席巻し始めたころに造られた 厳しい日本式のビジネススクールである 毎年、何千人というサラリーマンがより良い管理者を目指して会社からここに送り込まれる 女性はわたしひとり! まだ女性が管理役になることは少ないのだろう このコースを卒業するには決まりに乗っ取った行動が必要 失敗は恥だ 
良い管理者になるための最初のルール 大声を出すこと! 



次は自己紹介 氏名、会社、管理者になるための心構えなど項目はたくさん それをすべて、大声で言うのだ  
何人かはすっかり興奮して、この管理職としてのスタンスを受け入れているようだけど、まだ戸惑っている人もたくさんいる どうにかがんばろうと大声を出してるのに、途中で止められて、やり直し すごくきついわよ 彼らはもしここで失敗したら、会社に居場所はなくなるのでしょう ポジティブに考えると、おばあちゃんに大きな声であいさつできるのはいいかもね 

次の試練は、同僚へのあいさつ 丁寧に、歌うようにあいさつできるかどうかが日本での生活とビジネスでは試される 成功するためには、そのルールに従わなければ 
これがいまだに日本が世界経済の第3位にいる秘訣なのかも みんながこうなら、リチャード・ブランソンのような異端児は現れないでしょう 先頭に立つのではなく、歯車になれと教えられている彼ら 大きな善の一部として生きること それがトヨタやホンダ、ミツビシ、キャノン、パナソニック、ソニーといった大企業の繁栄につながっている わたしのお気に入り、プレイステーションにもね

上司があんなふうに怒鳴っていたら、部下だったらどう思う? 
よい会社人となるためには何が大切だと思う?
今日ここでいろいろなことを見て来たんだけれど、…一番大事なところを邪魔されちゃったわ 

昼食は終わり! シェフにゴチソウサマを、大きな声で! プリン食べられなかった!
昼食の席でこんなバッジが配られた このコースのなかできちんと出来たものは外される 速記やマナーなどこんなにたくさんの項目があるわ それに卒業試験があり、研修のレポートがあり、大声の試験もある がんばりましょう 恥ずかしいバッジは外さなければ あ、これはテレビ用にわたしが作ったんだけどね

この日が最終日という人もいた 職場に戻ったらどうするかということをスピーチしなくてはいけない あのひとは泣いているわね 見ててつらい これまで意見を押し通すことができなかったのを恥じているようだけれど 見てるわたしは嫌な気分だけど、彼らにしてみれば自分のこれまでに気づくことができた喜びというか、内面の強さみたいなものを得たわけね 

バッジが残っている人は失格者 彼らは不名誉な失格者として職場に戻る スーツの人は合格 堂々と戻ることができる 


海外「妻を殴る」「つば吐く」外国人が理解できない韓国人の言動が海外で話題に(海外反応)

海外「妻を殴る」「つば吐く」外国人が理解できない韓国人の言動が海外で話題に(海外反応)

投稿者
理解できない韓国人の言動


海外「これは美味そう!」田楽にわんこそば!絶対食べるべき岩手県のご当地グルメに海外垂涎(海外反応)

海外「これは美味そう!」田楽にわんこそば!絶対食べるべき岩手県のご当地グルメに海外垂涎(海外反応)

投稿者
絶対食べるべき岩手県ご当地グルメ6選




海外「制限になってない…」1週間で500球まで!球数制限を設けた高校野球に海外困惑(海外反応)

海外「制限になってない…」1週間で500球まで!球数制限を設けた高校野球に海外困惑(海外反応)

高校野球、来春選抜から球数制限 1週間で500球まで

 日本高校野球連盟は29日、大阪市内で理事会を開き、1人の投手の投球数が1週間で500球に達した場合(登板中に達した場合は打者との対戦が完了するまで)、それ以上投げることを認めない制限を、第92回選抜大会(来年3月19日開幕)を含む来春からのすべての公式戦で実施することを決めた。同時期に申告敬遠も採り入れる。

 日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長=中島隆信・慶大商学部教授)が20日に答申を出したことを受け、理事会で議論した。答申では投球数制限について、3年間はガイドラインとし、周知をはかるとしていた。日本高野連は「3年間は試行期間」と位置づけたものの、制限を超えての投球は認めないというルール化に踏み込んだ。

 理事会後、会見した日本高野連の八田英二会長は「球児の健康に関わることなのでゆっくり進めるわけにはいかない。500球以内のルールは試行期間中も守って頂く」と説明した。

 また試行期間の間、選手権地方大会から投手の投球データを集め、関節機能検査の対象を現在の選抜、全国選手権から、選手権地方大会準々決勝、準決勝に登板した投手にも拡大することを検討する。八田会長は「500球に明確な根拠があるわけではない。3年をめどに医学的データなどを集めたうえで、制限が緩すぎるというのであれば再検討する」と語った。





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!