­海外反応 キキミミ

 

海外「日本に住みたい!」日本が他の国と違って素晴らしいと分かるものに海外絶賛(海外反応)

海外「日本に住みたい!」日本が他の国と違って素晴らしいと分かるものに海外絶賛(海外反応)

投稿者
日本はやっぱり他の国とは違うね



日本がワールドカップでベルギーに敗れた後のロッカールーム、ごみ一つ落ちてなくて、おまけに“ありがとう”ってメモを残してある

レストランでは、床に直接バッグを置かなくても良いように、バスケットを提供してる

こんなことやってるのは、やっぱり日本だけ

バスのドライバーがお客さんが自分の傘を開く間濡れないように傘を差しかけてる

戦車みたいな車輪がついたトローリー

駅の改札口。。。。。

金沢の噴水は時計代わりにもなる

期待を裏切らない国、日本

交番に道を聞きに行ったら、お巡りさんが手書きで地図を描いてくれた、すぐ近所なのに

串に刺したキュウリを売ってる!

生まれて初めて日本に行って、東京で竹炭のパンを食べた。。。焦げてるわけじゃないよ!

角を曲がるときに自転車が速度を落とすように、コーンを立てた歩道

eBayでゲーム買ったら、お茶のパックをおまけに付けてくれた

傘の自販機

地下鉄のなかで、無防備に寝込んでる人たち

ロボットの恐竜がレセプションにいるホテル

家の前で家庭菜園の野菜を売ってるお隣さん、誰も店番してなくてお金は箱に入れておく

優先席の座席シート

超高齢化社会の介護産業を支えるロボット

きれいに並べられた、空港の荷物受け取りコンベア、こんなところにも気を使うなんて

セブンイレブンでは、ドレスシャツまで買える

リモコンでゲートを開ける身障者用駐車スペース

東京を駆け巡るマリオ・カート

出発遅延が発生して、乗客に頭を下げる航空会社職員

電車内での正しい座り方をレクチャーするポスター

ピラミッド型のスイカ

メールオーダーの商品と一緒に届いた、折り鶴とお手紙

田ぼアート

免許取り立てと高齢者ドライバーが車に着けるステッカー

無農薬野菜の無人販売所

日本から届いた荷物についていた、配達のドライバー向けのメッセージ

ビルの非常階段ならぬ、避難用滑り台

電車の座席の背もたれについている小さなポケット、ここにチケットを入れておけば寝込んでいても車掌さんが検札してくれる仕組み

日本で一番高い橋を、ゴジラの身長と比べてみたら

カウンターでの一人当たりのスペースを、しっかりマーキングしたカフェ

遅延証明書

日本の券売機でおつりが切れたら、横の小窓から人がおつりを手渡ししてくれる

にゃんこの絵文字付きのレシート

東京メトロのエスカレーターが使ってる抗菌ベルト

成田空港の到着ターミナル、中国語では“ようこそ”って書いてあるけど日本語は“おかえりなさい”

東京の空港では絵馬を自販機で売ってるし

僕が泊まった東京のホテルのエレベーターには、閉じ込められた時用のトイレまであった

東京都庁から全住民に届いた、防災マップ

掘りごたつがある寿司屋

ラッシュ時だけは女性専用車両になる

スペースを節約する日本の駐車場

キティちゃん付きのマスクメロン

保育園児の移動風景

レンタカー会社が外国人ドライバーの運転のレンタカーに着けているステッカー

グルメキットカットの専門店

杖を立てかける場所を設けた駅のベンチ

静電気防止ステッカーが付いた、ホテルのエレベーターのボタン

雨降りに京都のデパートで買い物したら、紙袋にカバーをかけてくれた

騒音と振動メーターが付いた、東京の工事現場

オープンエアのモールに行ったら、喫煙者用に部屋が用意されてた

日本のセブン・イレブンではアイスクリームコーンは、すでに出来上がってる

オープンエアのアウトレットモールでは、プレイグラウンド近くにストーブが置いてある

遠足で駅に出かけて、荷物を床に置いたままにしておいてもなくなる心配はしなくていい

電車の到着を待ってる人たちは、皆ちゃんとマークの内側で並んでる

新鮮な野菜やフルーツを売ってる自販機

ビニール袋に入りきらないものを買うと、別途ハンドルを付けてくれる

この緑の線は、ここが通学路だってことを示してる

タクシーのすべての座席に白いカバーがかかってたら、そこは日本だって言うこと

出発便の飛行機に手を振る空港職員


海外「わずか6歳で…」源平合戦最後の戦い!『壇ノ浦の戦い』に海外興味津々(海外反応)

海外「わずか6歳で…」源平合戦最後の戦い!『壇ノ浦の戦い』に海外興味津々(海外反応)

投稿者
壇ノ浦の戦い



壇ノ浦の戦いは、源平合戦の最後の戦いだって広く伝わってる
平家は下関湾のあたりまで後退させられてた
壇ノ浦は海岸べりで、源氏と平家の海戦の舞台となったところ
平家は海戦に強かったから、この時まで源氏はできる限り海での戦いを避けてきたんだ
でもこの時、源義経は海での戦いを挑んだ
どうしてかって言うと、これまで源氏は数々の戦いに勝利を納めてきて、地方の統治者を味方につけてきていたからなんだ
地方の指導者たちは、源氏に船乗りと船を差し出してくれたんだ
結果、義経は国内最大の船と船乗りを抱えることになったんだ
きちんとした数は分かってないけど、700から840隻の船を持ってたらしい
これに対して平家が持ってたのは、500隻くらいだった
この数を頼みに、義経は平家に勝てる!って自信を持ったんだ

この戦いの詳細は平家物語で語られてるけど、まぁ、どれくらいがホントの事だったかはわからないよ。。。。
大事な戦いだった、ってことは確かだけどね
この戦いからは、数多くの英雄や伝説が生まれてる、セーラームーンなんかだよ
源氏が攻めてくるってことが分かって、平家も海戦の準備を怠りなく進める
三種の神器と安徳天皇も船に乗せたよ、彼はその時6歳だった。。。。
天皇が乗ってるってことが一目でわかるような旗艦もこしらえた、目くらましだよ
平宗盛っていう能力の低い奴が当時の平家のトップだったけど、戦艦を指揮してたのは別の人物だった、これで戦いに勝利するチャンスが少し上がったかな
この戦いに勝てれば、戦局を一気に挽回することができる
義経が壇ノ浦にたどり着いたとき、平家の大将はちょっとビビっちゃった
でも、潮の流れが源氏側に向かって行った時に、平家は源氏に攻撃を仕掛けた
船隊の間をくぐり抜けようともくろんだんだ
所で、今回使ってる船っていう表現は、一般的なものだからね
そんなに大きなものじゃなくて、ほとんどが小舟だった
その頃にはまだガンダムも誕生してなかったから、装備や武器にしても大砲なんてもっての外だったよ
弓を射るか、相手の船に乗って戦うかが主流だった
源氏は騎馬戦に優れてたけど、ここではそれは役に立たない。。。。
最初はお互いに矢を射かけてたけど、すぐに船同士が入り乱れての戦いになった
平家物語は、スタッフィングをした七面鳥のローストみたいなものさ
一皿に肉やマッシュポテト、野菜にグレービーがてんこ盛り、ってこと
平教経を例にとってみよう
教経は義経の船に近づくことに成功した
でも、接近戦を避けたかった義経は隣の船に飛び移る
源氏の兵士に囲まれちゃったけど教経はそのうちの一人を船から蹴落として、別の二人を両脇に抱えて海に飛び込む。。。。
自分は死んじゃったけど、敵二人も一緒に道連れにしたんだ
潮の流れが変わった時に、兵士の船も引き戻されることになる
そもそも数で押されてた平家は、ちょっとまずい状況に陥った

平家軍の武将の一人は、これを裏切りの絶好のチャンスだととらえたよ
この武将の名前は田口重能
彼は自分の部下に平氏に対して戦いを仕掛けるように指示する
戦いの初期の段階で重能の息子は既に降参してて、父親に向けて平家を裏切るようにっていう手紙を書いてるんだ
でも平宗盛はすでにこの裏切りの事を、重能の事を疑ってた他の武将から知らされてた
にもかかわらず平宗盛は重能を成敗せず、逆に重能に戦いに参加させちゃったから、重能は源氏にどの船に安徳天皇が乗ってるかまで教えちゃうんだ。。。。

源義経は、自分の兵士に立派な飾りをつけた平家の旗艦を攻撃するのを止めさせ、安徳天皇が実際に乗ってる船を攻撃させた
平家の望みは完全に断たれちゃったかに見えた、って実際そうだったんだけど。。。。
安徳天皇の船には天皇のおばあちゃんも乗ってた
絶体絶命のピンチにおばあちゃんは何をしたんだろう?
彼女は三種の神器の内剣と勾玉、そして安徳天皇を抱えて海に飛び込んだんだ
二人ともおぼれちゃったんだけど。。。。

鏡を抱えた侍女もおばあちゃんに続いて海に飛び込もうとしたんだけど、飛んできた矢が着物の裾を船の床に張り付けちゃう
彼女が抱えた箱に興味をもった源氏の兵士が箱を開けると、あら不思議目が真っ黒になって鼻血も出てきた
誰かが「これが秘蔵の鏡だ!不浄な目でこの鏡をのぞいてはいけない!」って叫んだ
平家物語によれば、勾玉はあとから海で見つかったけど、剣は出てこなかったらしい
これが本当だったら、今の剣はレプリカかな? もっと言っちゃうと、最初からそんなものなかったのかも
この後で海に飛び込んで命を絶つ、っていうのがトレンドになった。。。。
平家の多くの武将が海に飛び込んで命を絶ったんだ
ただ飛び込むだけじゃなくて、錨を身体に巻き付けて浮いてこないようにした剛の者までいたよ
船隊の大将平知盛は、誇りを守るために、錨だけじゃなくて余分な鎧もつけて身体を重くして、絶対浮いてこないようにして海に飛び込んだんだ。。。。
死んで恥辱をすすぐ、って奴だね

平宗盛は船に留まって、どうしたものかなぁ、って考えてた
自分が死んで何が解決するかな、って迷ってたんだ
でも平家の兵士がぶつかってきて、彼諸共海に落ちてその思考は中断される
平宗盛の息子も彼の後を追って海に飛び込んだ
でも、源氏の兵士が海から引き揚げてくれたから、おぼれて死ぬことはなかった
結局後から処刑されちゃったんだけど
この平家の大量の投身自殺が、のちに平家蟹の伝説のもとになった
この蟹の殻が何となく、平家の武士の顔みたいに見えるからね
地元の人たちは、平家の武士の魂が蟹に宿った、って言うんだ
壇ノ浦の戦いは、平家に壊滅的な打撃を与えた
義経は伝説のヒーローになった
でもこの大活躍を、彼のお兄さんは実は全然喜ばなかったんだけどね


海外「素晴らしい…」愛媛九島の美しい景色と温かい人々に外国人感激(海外反応)

海外「素晴らしい…」愛媛九島の美しい景色と温かい人々に外国人感激(海外反応)

投稿者
日本の最高な田舎体験・九島





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!