­海外反応 キキミミ

 

海外「本当に綺麗…」日本の急峻な『黒部峡谷』の風景に海外絶賛(海外反応)

海外「本当に綺麗…」日本の急峻な『黒部峡谷』の風景に海外絶賛(海外反応)

投稿者
2年前7日間の予定で東京から京都まで日本海側をとおり車の旅をしました
その途中でよったのが黒部峡谷です 
いまだに家にいないと行けないので今回はみなさんを一緒に峡谷の旅に連れて行こうと思いました
欅平まで そして 黒薙温泉に1泊しましょう
宇奈月駅 黒薙駅 欅平 




海外「これは驚き…」現代の職人でさえ感心する業…日本の失われた技術に海外興味津々(海外反応)

海外「これは驚き…」現代の職人でさえ感心する業…日本の失われた技術に海外興味津々(海外反応)

投稿者
日本の失われた古代文明



日本には古代文明の足跡がたくさんあります
 太郎坊宮 少なくとも数千年は前に出来たものだろうと言われている
 屋久島巨石などおもしろい物がたくさんあり巨人の神話もたくさん残っています
 金属加工は他のライバルよりもずっと優れていて優秀な刀がたくさん残っています
 刀をつくる技術は一体どこからきたのでしょう
 自分で作ったものなのかそれとももっと先に進んだ人から習ったものなのでしょうか
 現代の職人でさえ当時の技に感心するほどです 
 これは大きさから特に他のもとの一線を画す刀です
 のりみつ大太刀といい12フィート以上の長さがあり15キロ近くあります
 この大太刀は2000年以上前に作られました
 大きな身体の人に使われる目的のためだけにつくられたものです
 野太刀といわれる刀は南北上時代に戦場で使われていました
 このタイプの刀は飾るために作られる事はほとんどなく戦うために作られています
 この大きさの刀をつくるには大変なコストがかかりますが有名な武人によって
 使われたにちがいありません


海外「もはや伝説…」海外でも多くのファンをもつ日本のお笑いコンビ『ダウンタウン』の生い立ちに海外興味津々(海外反応)

海外「もはや伝説…」海外でも多くのファンをもつ日本のお笑いコンビ『ダウンタウン』の生い立ちに海外興味津々(海外反応)

投稿者
ダウンタウンは、今更改めて紹介する必要がないくらいの超有名なお笑いコンビだ
クレージーなコントや、鋭い突っ込み、パーフェクトなタイミングは、彼らを日本のエンタメ界の頂点へとのし上げた
でも、彼らはどうやってそこまでたどり着いたんだろう?



松本と浜田は兵庫県の同じ小学校に通っていた
でも、お互いを意識するようになったのは中学に入って放送部に入部してからだ
二人はお笑いの放送を始めたけど、たまに暴走しすぎて放送禁止になることもあった
その頃松本は冗談で、浜田とコンビを組んで漫才師になることを話していたが、高校は別々のところに進んだ
浜田は寄宿制の高校に進学し、松本は工業高校に入学
二人の交流は途絶えることなく、高校を卒業して浜田がボートレーサー試験に失敗した時、松本が再度漫才師を目指すことを提案した
松本は出版社への就職が決まっていたが、最終的に浜田を追って大阪に出て、1982年、吉本NSCに入学することにする
NSCは現在のようなタレント養成学校ではなく、ダウンタウンはその一期生だった
入学後程なくして、彼らの才能は先輩コメディアンやスタッフに認められるようになる
テレビ出演も果たし、ひとしまさし名で出場したアマチュア漫才コンテストにも優勝する
翌年NSCを卒業し、正式に吉本所属となる
漫才コンテストには出場し続けたが、落選し続けた
漫才は続けながらコントを始めるようになったが、そこでも人気は出なかった
二人は実家に戻り、バイトをしながら生活費を稼ぐ生活を送るようになる
目が出ないことに焦り、漫才をあきらめることも考えたが、兎に角前に進み続けた
笑ってくれるお客さんがいなくても、漫才を続けた
1984年、二人は漫才コンテストに再び挑戦し、優勝を果たす
それでも人気はイマイチのままだった
当時彼らのマネージャーをしていた大崎は、彼らの才能を認め、もっと露出が必要だと考えていた
彼は、自分がダウンタウンの活躍できる場を作ってあげなくてはいけない、と考える
大崎は南海電鉄と交渉し、そこのホールを借り受けることに成功した
彼は南海ホールで心斎橋2丁目劇場をオープンする
彼が目指したのは、新人コメディアンたちが活躍できる舞台を提供することだった
大崎は、ここでダウンタウンを売り出しの中心に据えた
彼らはここで毎週末漫才を提供し、人気も段々出てきたが、それでも大きな稼ぎを得るまでには至っていなかった
ダウンタウンは知らなかったが、1985年5月島田紳助が彼らのライブを鑑賞していた
彼らの漫才を見て、紳助は自身の漫才の才能の限界を感じ、その日のうちに彼の漫才コンビを解消する記者会見を行った
1985年5月20日、引退表明の正式な記者会見の席で、彼は漫才界で3組彼らが勝てないコンビがいると語った
それは、阪神巨人・サブローシロー、そしてダウンタウンだ
当時ダウンタウンは、漫才界ではそれほど知られた存在ではなかった
メディアはダウンタウンにはあまり注目していなかったが、紳助のコメントを受けて、多くの漫才ファンがダウンタウンに注目するようになる
その年の秋に、サブローシローは彼らの舞台でダウンタウンにコントを演じる機会を与えた
そのおかげで、南海ホールでのライブは毎回大盛況となった
吉本は自社の資金を使って、大規模ホールの建設に着手する
5月16日、2丁目劇場は再開された
ダウンタウンは大ブレークの手前だった
翌年、5年間の下積みを経て、ダウンタウンは最初の冠番組を持つことになる
視聴者のリアクションは大きく、ダウンタウンはアイドル並みの人気を博すようになった
アルバムや写真集なども発売され、おっかけも現れた
この成功により、多くの扉が開かれ、彼らの冠番組も増え続けて行った
その代表が“笑ってはいけない”コーナーが人気のバラエティー番組『ガキの使い』
笑ってはいけないは、紅白歌合戦や初詣に匹敵する年末の恒例行事となった
もう一つが『ごっつええ感じ』
こちらもバラエティー番組だが、放送コードぎりぎりのコメディを放送し続けた
ここで放送されたコメディの数々は大人気で、今でも話題に上る
数年前には、吉本がこの番組のハイライトDVDを発売したほどだ

わずか5年間でここまでの成功を遂げた、って言う事実には心底驚かされる
人の輪の広がりや、彼らの忍耐、常に向上心を忘れないこと、などは本当に素晴らしい
自分的には、松本と浜田に勝てる奴は一人もいないと思う
僕が感心するのは、人気が出た後でも、自分たちを笑いの種にして体を張ってコメディをやり続けてる、ってことだ
ダウンタウンに批判的な人たちは、彼らの芸風は攻撃的すぎるという
それでも、この30年の間ダウンタウンがエンタメ界を席巻し続けていて、お笑い界に多大な影響を与え続けていた、って言う事実は誰にも否定できない



スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!