­海外反応 キキミミ

 

海外「美しい…」外出自粛が続くなか…バーチャル奈良旅行に海外うっとり(海外反応)

海外「美しい…」外出自粛が続くなか…バーチャル奈良旅行に海外うっとり(海外反応)

投稿者
バーチャル旅行 : 奈良
京都、大阪から1時間弱の奈良は日帰り旅行の目的地としては最高です
よく保存された歴史的な地域や美しい自然をみられるところを探しているならとてもいいところです
鹿とたわむれるのもいいですね



興福寺
国立宝物館
依水園
東大寺
二月堂
春日大社
奈良公園
奈良燈火会提灯祭り


海外「侍になりたい!」ストイックすぎる封建時代日本の侍の生活に海外興味津々(海外反応)

海外「侍になりたい!」ストイックすぎる封建時代日本の侍の生活に海外興味津々(海外反応)

投稿者
サムライの生活

“サムライ”は、ポップカルチャーの世界では、勇敢で規律正しく高いスキルを持ち、誇り高い存在として、人気を博してる
テレビや映画、コミックブックなんかでもサムライは良く取り上げられる
でも、実際のサムライの生活はフィクションの世界より余程複雑で興味深いものなんだ
今日は、封建社会の元でのサムライの生活を紹介するよ



サムライって言葉は、日本語の“すばる”から来てる
これは“仕える・奉仕する”って意味だよ
サムライは、8世紀・平安時代に生まれた、ヨーロッパでクルセイダーが始まったのと大体同じくらいのタイミングだ
サムライの役割はどんどん変化していって、12世紀には今僕たちが思い描くようなサムライの姿になってきた
平安時代の前までは、朝廷は経験もなく信頼できないような下々のものをサムライとして雇い入れていた
でも同じころ、貴族たちはスキルの高いプロを私兵として雇っていたんだ
8世紀の終わりまでには、朝廷もこのようなスキルの高いサムライを国の軍事機構に取り入れ始めた
彼らが最初の“サムライ”という位で、これが後々すべてを変えるきっかけになった
軍の仕組みは変更され、職業軍人が発生し、軍に入隊することはエリートや下級貴族に取って格好の機会となった
これにより、貴族階級の家の軍事政策に対する発言力が高められることになる

軍事警察機構としてのサムライ
1180年の源平の戦いにより、源氏は平氏を打ち破ったが、この勝利がもたらした物は膨大だった
初代の将軍、源頼朝のもとで、政府は巨大な軍事機構になる
彼の治世は現在、鎌倉時代として知られている
将軍は、忠臣たちを日本中に派遣し、彼らが地方の治世を平定するために働き、将軍に代わって地方政治を司った
この厳格な軍事支配は13世紀にモンゴル軍の来襲が起きるまで続いた
モンゴル軍の長、フビライハンはジンギスカンの孫で、彼の来襲が日本の軍隊を一つにまとめるきっかけとなったのだ

サムライのトレーニングは幼少の頃から始まる
サムライを目指すなら、子供の頃からトレーニングを始めることが肝要だ
幼児の頃からトレーニングを始めることを奨励した戦国時代の文献もある
サムライの家に生まれた子供は、早い場合は3歳ころから木刀を使った稽古から始める
現代だと成人指定の映画を観るのは18歳になるまで待たないといけないけど、当時の子供たちは5歳になるころには真剣を使って戦っていたらしい
トレーニングは遅くとも、10歳になる前には始められた
男の子の場合には藩校に通うことも必要だった
そこでは侍としての心構えや哲学、武器の使い方戦闘術などを学んだ

サムライは、それがたとえ間違ったものであっても主への忠誠を誓った
サムライには将軍と大名への忠誠が求められた
これらの大名は、知恵と才覚によって地方を治めるはずだった
まぁ、でも、いつも優れた大名が統治してたわけじゃない、って言うのは自明の理だろう
多くの大名は、出世だけを目指して腐敗していた
これは“サムライ”として生きることを少しだけ困難なものにした
主に忠誠を誓い、命令されたことに従うのが絶対だったが、これがサムライの名声に傷をつける場合もあった
サムライ自身に悪名がついてしまう場合もあったのだ

多くのサムライが経済的には困窮していた
サムライは尊敬される存在だったが、貴族階級というわけではなかった
戦国時代の階級社会では、サムライは軍という階級に属していたが、これは商人と同等とみなされていた
経済的には商人と同じくらい困窮していて、継続的に禄をはむことは難しかった
サムライとしての暮らしを困難なものにした背景には、将軍が替わると規則が変わる、ということもある
ある将軍は、サムライをエリートであると定義づけたが、これは聞こえは良いが実際の生活を成り立たせるのをより難しくしただけだった

サムライの食生活は質素
禅の思想の到来は12世紀だったが、仏教の教えは6世紀から日本に存在した
6世紀当時の仏教の教えは、食物としての動物の飼育や狩猟を厳しく制限していたことから日本人の食生活は果物やコメなどの穀物に偏ったものだった
前述したように、サムライは経済的には困窮していたので、サムライの厳しい規範は質素な食生活を奨励した
貴族やエリート階級は、ぜいたくな食生活を享受していたが、サムライは麦や稗を主食としていた
穀物は主人から供給されるべきものであったが、いざ戦場に赴くとサムライ達はアワビや栗・昆布などを採って食物としていた
飲み物に関しては、サムライは酒を嗜むことを認められていた

サムライは日々学習に励む
サムライは朝4時には起床し、その後一日を厳しい修業に費やした
戦時でない限りは、常に学ぶことも奨励された
優れたサムライとなるためには、武術と武器に関する深い知識が求められた
サムライは常に様々な刀剣類を使って戦ったが、その武器は時代と共に進化していった
初期のサムライは槍を使うことを好んだ
騎乗で戦うことが多かった戦国時代には、弓矢を用いた
刀は鎌倉時代に一般的な武器となった
弓矢と共に刀は15世紀まで最も用いられた武器であった
学習に関しては、さらに厳しいものであった
武術を修めるには安定と忍耐が求められるのは想像に難くない
しかしサムライが平民に接する際にはそれほど忍耐強くなかった、ということは良く知られている

甲冑
平安時代のサムライの甲冑は、柔らかいものだった
鉄の板に皮や銅が取り付けられたものは、精巧な工具を使いこなすスキルの高い鍛冶によって作り出された
新しいテクノロジーや資材が使われるようになると、サムライの甲冑も進化した
が、それに伴って甲冑の重量も増していった
鎧には何層ものスカートや肩当部分がついており、兜もつけると総重量は60ポンド以上になった
兜は鉄と鋼でできており、頭と首を保護するものだ
兜には精巧な飾りが施されている
大名の兜の中には、動物を模したエンブレムがついているものもあった
当時からブランディングは重要だったのだ

サムライの結婚には自由恋愛はない
サムライが結婚する時には、自分より同等かそれ以上の人物の承認が必要だった
高位のサムライの場合には、婚姻は家同士の取り決めにより行われるものだった
下位のサムライでも、婚姻はしきたりを重んじて行うものだ
婚姻はほとんどの場合、同等の位の家の間で執り行われた
最下位の位のサムライに関しては、平民と結婚することも許されていた
サムライの時代の初期には、女性には大きな自由が与えられていたが、13世紀頃になると夫が妻や家を管理するようになる
離婚は認められており、再婚や再再婚も珍しいことではなかった

サムライには多くの神話がある
中世のサムライの物語は、口頭で伝承され、最終的にそれが規範となった
戦いの様子や戦いの場でのサムライの様子は詳細に語られ、サムライ達はその話の中に教えを探ろうとした
日本の神話にもサムライは登場する
義経の話は、歌舞伎や能でたびたび取り上げられる
将軍であった義経の兄は、彼の人気に嫉妬を覚えるようになり、その結果義経はその地位を追われることとなった

殆どのサムライは禅宗を信仰した
禅宗が日本に到達したのは12世紀だ
禅宗の教えは厳しいもので、それは規律が厳しいサムライの生き方に調和するものだった
禅宗のメディテーションにはつらい身体的修業が含まれていたが、この己の限界を試すような禅宗の修業はサムライに好まれた
しかし、禅宗がサムライに良く受け入れられたのは、その哲学のせいだろう
サムライの生きざまは危険があふれている
“サムライは常に滅びるということを心にとどめておかなければいけない” と江戸時代の有名な作家は語る
禅宗の説く死生観は、サムライに死に対峙する心構えを教えた

サムライは常に尊厳を持って行動することが求められる
長い時間をかけて、サムライはそのモラル規範である“武士道”を確立した
サムライの忠誠は大名と将軍に向けられるが、その行動規範は武士道によって確立される
武士道は、戦時のみならず平時においても勇敢と忠実であることを求める
武士道は鎌倉時代の1232年に確立された“御成敗式目”がその基礎となっている
この式目を無視した地方も多かったが、この式目で最も重い罰則が切腹であった
これは、失った尊厳を取り戻すための自死であると考えられていた
切腹は不忠義を罰するためのものであると考えられていたが、戦時では捕虜となった武士が選ぶ尊厳のある死にざまであると理解された

サムライは読み書きに秀で、文化を理解することが求められた
鎌倉時代には、サムライの哲学は戦いと忠義を超えたものにまで及ぶようになる
武術の稽古に読み書きや芸術が加えられ、これらはサムライにとっては重要なものとなった
切腹や逝去に当たっての辞世の句は、なしで済ますことはできないものとなる
サムライの生き方における芸術の重要性は、“文武両道”という言葉に良く現れている
サムライは戦う詩人で、その生き方は時代によって大きく左右された
彼らの生きざまは、時代とその状況・哲学などにより変化し、生まれた場所によって異なることもあった


海外「ありがとうアメリカ!」尖閣諸島を守る!在日米軍の力強い言葉に海外喝采(海外反応)

海外「ありがとうアメリカ!」尖閣諸島を守る!在日米軍の力強い言葉に海外喝采(海外反応)

在日米軍トップ「尖閣周辺で日本を助ける義務まっとうする」

在日アメリカ軍のトップは、沖縄県の尖閣諸島の周辺で中国の船が日本の領海にたびたび侵入し、かつてなく活動を活発化させているとしたうえで、アメリカ軍として周辺海域での警戒監視や情報収集を強化して日本を支援するという考えを示しました。

在日アメリカ軍のトップ、シュナイダー司令官は29日、オンラインで記者会見を開き、まず「北京は東シナ海と南シナ海で攻撃的で悪意ある行動を続けている」と中国を批判しました。

そして、沖縄県の尖閣諸島周辺での中国の行動について「ここ100日から120日の間、いまだかつてないレベルで日本の領海に侵入している」と述べ、かつてなく活動を活発化させていると指摘しました。

そのうえで「尖閣諸島の状況についてアメリカが日本政府を助ける義務をまっとうする」と述べ、アメリカ軍として周辺海域での警戒監視や情報収集、偵察活動を強化して日本を支援するという考えを示しました。





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!