­海外反応 キキミミ

 

海外「義経には同情しかない…」蒙古襲来に権力争い…日本の鎌倉時代に海外興味津々(海外反応)

海外「義経には同情しかない…」蒙古襲来に権力争い…日本の鎌倉時代に海外興味津々(海外反応)

投稿者
鎌倉時代―最初の将軍と蒙古来襲

鎌倉時代って言うのは、最初の将軍が誕生して、蒙古来襲もあった時代だね
サムライも少年期を迎えて、物事がだんだん怪しげになってきたんだ
永遠に続くかと思ったけど、源平合戦が終わってようやく平安時代に幕が下りた



さぁ、いよいよ鎌倉時代
ちょっと駆け足で、まとめてみよう
戦は源頼朝をセンターステージに送り出した、彼が鎌倉を本拠とする軍勢の長となったんだ
頼朝が最初に着手したのが、敵をすべて倒すことだった
弟の義経を追い詰めた
義経は奥州の藤原氏によって殺されたんだけど、義経の首を頼朝に送った藤原氏は“僕らの事は殺さないでね”ってメモをつけてたらしい
義経の側室が子供を産んだ際には、頼朝はその子を殺害させている
頼朝は又別の弟である範頼も殺害してる、彼が寝返ったんじゃないかって邪推したんだ
これでは飽き足りなくて、娘婿まで殺してるよ。。。。
これだけ聞くと、頼朝は家族ばっかり殺した鬼畜のような奴だって思うだろ?
でも、実はそうじゃないんだ
家族以外にも奥州藤原氏も皆殺しさ、義経の事を葬ってもらったのにね

1192年、朝廷は頼朝に征夷大将軍の位を授けた
これで、頼朝は正式に将軍の位についた
朝廷が彼に勢力を与えたって言うよりも、頼朝が強力だったから位が後からついてきた、っていう所だね
征夷大将軍の位についたからって、何かが変わったわけじゃない
でも、この時期は頼朝にとっては幸せな時代だったよ
軍事政権が生まれた時だったんだ、これは幕府って呼ばれた
幕府は朝廷を蔑ろにしたんじゃなくて、日本中を手中に納めたわけでもない
この時代には、日本には二つの政府が存在してた
伝統的な政府は京都に本拠を構え、軍事政府が鎌倉にあったんだ
高名な武将たちは鎌倉地方に本拠地を置いていた
頼朝は、政策をまず京都の朝廷から承認されてから執行するようにしてた
有体に言えば、鎌倉幕府は関東を統括して、そのほかの地方は京都が統括してたって事
頼朝にとっての懸念は、彼の死後この軍事政権があっけなく倒れてしまう事だった
これを防ぐために、彼は色々策を施した
彼が1199年に死ぬと、将軍の地位は彼の息子頼家に受け継がれた
でも、彼の家系が権力の中枢にいた期間はそんなに長くなかった
頼朝の妻は北条政子
彼女の実家の北条家は、頼家が将軍の座に就くことを快く思ってなかった
北条家は頼家に辞職を促し、その弟を将軍の座につけ、頼家を暗殺しちゃった。。。。
新たに将軍となった実朝はまだ子供だったから、北条氏はあっさり彼の後見についちゃった
ここから北条氏のレガシーが始まるよ
将軍はお飾りになって、北条氏が政治の実権を握ったんだ
これは1333年に鎌倉時代が終焉を迎えるまで続いた
源頼朝の死後、北条政子は出家して、お祈りの合間に北条氏をがっちり支配下に置いて、彼女の兄弟と共に将軍家のフィクサーになった
彼女は尼将軍と呼ばれて、彼女の時代には色々とドロドロした政治ドラマが展開された
日本で政治の実権を握ったのが将軍で、天皇家はお飾りだったってことだよね
でも、頼朝の後で将軍それ自体もお飾りっぽくなってきた
鎌倉時代に実権を持っていた将軍は頼朝だけだったんだ

1221年、位を退いた後鳥羽天皇は問題を抱えていた
彼は将軍の勢力が強くなりすぎていると考えて、兵を集め将軍の勢力に対して戦いを挑んだ
これがお粗末な承久の戦いだ
この戦いの後で、将軍派は敗戦側の土地をすべて取り上げた
これで鎌倉側のパワーは京都のそれを上回るようになる
鎌倉側が、誰が天皇の位につくかに口をはさんでくることもあった

1274年、フビライハンが日本に攻め込んできた
モンゴルと日本は何度もやり取りをしていて、事態は「言う事を聞かないと攻め込むぞ!」ってところまで行ってた
日本側は、「来れるもんなら来てみろ、俺っちには神風が吹いてるんだ」って強気に構えてたらしい
モンゴル来襲は対馬から始まって、モンゴル軍は九州に向けて侵攻してたんだけど、結局は撤退せざるを得なかった
台風のせいだって言われてるけど、研究者の多くは台風なんて来なかったって思ってるよ
1281年、モンゴル軍は再び襲ってきた、今度は前の時より大勢の兵を率いていたんだ
でも今回は本物の台風に襲われて、散々な目に遭った。。。。。
モンゴル軍の大将は、“船の大きさじゃない、波の大きさだ”ってなことを詠った詩を残した
日本人は、この台風の事を“神風”って呼んだ
何とかモンゴル軍を押し返すことができたけど、これは将軍にとっては大きな頭痛の種となった
鎌倉幕府は、武勇を立てた武士に与える土地がなくなってきていたんだ
寺社勢力も、自分たちの祈りが神風を呼び覚ました、って主張して褒美を欲しがった
この戦いで活躍したサムライ達は、約束された土地が与えられないのに不満を持ち、将軍が約束をたがえていると考え始めた
朝廷の豪華な生活様式も、サムライの鼻につくようになった
領地が増えないから収入も頭打ちで、子供に領地を分け与えると、実入りが減ってしまった
こうなると、殺戮が一番都合のいいオプションに見えてくる
頼朝の時代に彼のために戦った武士たちは、とっくの昔に忠誠心など失っていた
さらなる領地を獲得することにあくせくして、将軍への忠誠心などどこかに置き忘れてきた
鎌倉政府は、土地は一人の息子にしか相続させることはできない、っていう策を講じた
他の家族やペットは彼の下に置かれることになった
女性も母方の土地を相続することはできたけど、時代が進むと女性が所有する土地はどんどん減っていった

この時期に仏教が盛んになってきた
仏教は中国から伝来した、ってことは男子の権利を尊重する孔子の教えが入って来たって事
彼によれば、女性は劣るものだと考えられていたんだ
女性は仏教の聖地、比叡山などに入山することも認められていなかったよ
平安時代には、仏教は貴族階級によって信仰されてた
でも、鎌倉時代になって仏教は一般市民にも広がったんだ
これは源平の戦いの後で、軍事勢力が力を増していた頃だった
世の中が安定してない時だったから、一般市民も心のよりどころが必要だったんだ
主なところは、浄土真宗・日蓮宗・禅宗なんかだね
浄土真宗は、大衆向けの信仰だった、大衆に浄土に続く道を説いたんだ
暮らしに希望が持てなかった人たち(当時のほとんどの人たちだけど。。。)に人気だった
阿弥陀様を信仰したんだ
阿弥陀様の名前を繰り返し唱えることで、極楽浄土に行けるって信じてた
“南無阿弥陀仏”って言うのはここから来てるんだ
中国でも似たような言葉を使ってるね
日蓮宗では蓮の祈りを捧げることを教えてる
日蓮は、物静かで親しみやすい僧侶だったらしいってことだけど、彼の銅像から察するに、真逆だったとしか思えないよ。。。。。
彼に従っていたのは、僧兵で国粋主義的な考えを持っている者が多かった
彼は、他の宗派はすべてクソで、自分の宗派だけが純粋な仏教を教えてるって主張してた
彼の宗派だけが日本で生まれた純粋な仏教だってことらしい。。。。
最後が禅宗、この宗派の目指したのはパラダイスじゃなくて、修業を通じて物事の摂理を説く、って言うものだった
頭で考えるのではなく、座禅を組むことで物事の真理に到達しようとした
言うのは簡単だけど、これを実践するのは中々難しいよ
禅はサムライに良く馴染んでいた
シンプルで、刹那的で、自律的なものだった
他社に救いを求めるのではなく、救いは自らの内にあるとされた
禅の教えは日本の文化全般に影響を与えてるね
茶道や日本庭園、刀工、絵画なんかにその影響が出てるのが分かるだろう?

この時代の終わり頃に、当時の天皇は将軍制度にほとほとうんざりしたんだ
これが後醍醐天皇だよ
彼を天皇に据えたのは将軍家なんだけど、天皇の位についたら後醍醐天皇はアンチ将軍派の動きを重用するようになる
後醍醐天皇は1333年に鎌倉幕府を追い出し、天皇家が日本を統治するシステムを再び始めた、まぁこれは3年くらいしか続かなかったんだけど。。。。


海外「田端は退屈…」「南千住は治安が…」田端と南千住どっちが住みやすい?日本在住外国人白熱(海外反応)

海外「田端は退屈…」「南千住は治安が…」田端と南千住どっちが住みやすい?日本在住外国人白熱(海外反応)

投稿者
田端vs南千住
来月中には東京に引っ越します アパートの内見のために今日不動産やにいって2カ所まで絞りました 長い話を短くするとどっちらかを選べないってことです あとは周りの環境のいい方にしようと思っています 
この2カ所に住んでいた事があったり今住んでいたりする人はどんな感じですか? 田舎の娘にアドバイスをくださいな 私は20代後半の女子で一人暮らしです


韓国人「返す義務がある!」対馬仏像の再来?日本に持ち出された仏像の返還を求める韓国団体が韓国で話題に(海外反応)

韓国人「返す義務がある!」対馬仏像の再来?日本に持ち出された仏像の返還を求める韓国団体が韓国で話題に(海外反応)

日本に持ち出された仏像の返還求める 韓国団体が会見

【扶余聯合ニュース】韓国の文化遺産回復財団と忠清南道搬出文化財実態調査団(以下、調査団)は8日、日本による植民地時代に忠清南道・扶余から持ち出された国宝級文化財の仏像「百済金銅観音菩薩立像」を取り戻すよう求めた。

 両団体はこの日、扶余郡庁で記者会見を開き、この仏像は1907年に一緒に発見され、国宝293号に指定された扶余・窺岩里金銅観音菩薩立像と同様の価値があると強調した。

 当時、扶余郡窺岩里の王興寺址と推定される場所で発見された百済時代の仏像2体のうち1体を朝鮮半島に住んでいた古美術品収集家の市田次郎氏が購入したとされ、現在の所有者は市田氏の子孫から仏像を買い取ったとみられる。

 記者会見に同席した忠清南道議会の金基書(キム・ギソ)議員は「先ごろこの仏像を所有する日本の企業家が中国の上海博物館と接触し、来月から(同博物館で)展示されることになったと伝えられた」とし、「この国宝級文化財が迅速に国内に返還されなければならないとの世論が強まっている」と主張した。





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!