­海外反応 キキミミ

 

海外「雪が降るとさらに美しい…」雪の新潟の町並みに海外興味津々(海外反応)

海外「雪が降るとさらに美しい…」雪の新潟の町並みに海外興味津々(海外反応)

投稿者
大雪の降る新潟の地域




海外「困ってる顔がカワイイ!」猫の喧嘩中にカメラが割って入った動画に海外ほっこり(海外反応)

海外「困ってる顔がカワイイ!」猫の喧嘩中にカメラが割って入った動画に海外ほっこり(海外反応)

投稿者
猫が言い争いしている猫の家庭内にカメラが潜入




海外「日本に行きたくてたまらない!」日本の高野山の知られざる魅力に海外絶賛(海外反応)

海外「日本に行きたくてたまらない!」日本の高野山の知られざる魅力に海外絶賛(海外反応)

投稿者
寺院での暮らしと刃物鍛冶

長い伝統と受け継がれてきた技は、日本の大切な宝です
それらには、祭りや宗教儀式の場や日常生活の場でも接することができます
料理や刀鍛冶などは時代を経て受け継がれてきて、現代でも目にすることができるのです
私は、レイナ・オング、Japanguide.comのスタッフライター
今日のビデオでは一泊で、精進料理作りの裏側と刃物づくりの様子を紹介します
旅の旅程は、一日目に大阪から電車で高野山に移動して、山の宿坊で一泊
2日目には大阪南部の堺に移動して、刃物づくりを見学して東京に戻る
さぁ、私と一緒に、大阪への一泊旅行で高野山と刃物づくりを体験しましょう



一日目
旅のスタートは難波駅、南海高野線に乗って極楽橋駅で下車
そこから高野山までケーブルカーで登り、最後はバスで高野山の町の中心部まで行きます
最初は甘いものやさんとごま豆腐のお店を訪ね、仏教の護摩焚きの儀式に参加してから、日本最大規模のお墓を訪ねる予定です
夜は宿坊に泊まって、精進料理について学びます

極楽橋駅までやってきました
ここからケーブルカーに乗り換えて、高野山の山頂まで登ります
高野山は真言密教と深いかかわりを持つ神聖な山
この山では弘法大師が永遠の瞑想に入っている、と言われており
山頂に続く道は、古くから現在まで、信心深い老若男女が訪れる場所として知られています
この静かな町に、真言密教の総本山があり、弘法大師の廟もここに設えられています
高野山を訪れる人たちは、その荘厳な雰囲気に圧倒されることでしょう
高野山を最大限に体験するには、宿坊で一泊するのがお薦めです
そこでは寺で供されるのと同じことを体験でき、寺での生活を垣間見ることができます

私の高野山体験は、町の散策から始まりました
古くから伝わり、寺を訪れる人たちを楽しませてきた甘味やさんは大通り沿いにありました
有名なのは“弥勒石”、餡子が入っています
このお菓子の名前の由来は、弥勒仏でお菓子の形は仏様が天国から降りてきた時に乗っていた乗り物を模しています
この石に触れることは、幸運を呼ぶと言われています
このお店は創業150年ほど、ここで今私が手にしている“弥勒石”が生まれました
ごま豆腐は精進料理の定番で、高野山で人気のお土産でもあります
もっちりした食感とゴマの風味が特徴です
“豆腐”と言う名前はついていますが、大豆は使われていません
人気のごま豆腐を作る工場に行ってみました
ごま豆腐の原料はわずか3つだけ、ゴマと水に葛

奥之院の入口のすぐそばにあるのが清浄心院、毎日護摩焚きの儀式が行われています
参加者は護摩木に願い事を書き、それを火にくべることで願いの成就を祈るのです
またとない経験なのは間違いありません
儀式をしばらく見学してから奥之院に進みます
今奥之院の入口です、ここから弘法大師が永遠の悟りを開いて言われる廟までは2キロほど歩くことになります
奥之院は高野山の要となる場所で、静かで穏やかな雰囲気に溢れています
ここは日本最大規模の墓地で、墓石の中には数百年前のものもあり、大きな杉の木が弘法大師の廟まで続いています

奥之院から出た後で、いよいよ今日の宿に向かいます
宿坊はシンプルな宿泊施設で、お寺での暮らしを体験することができ精進料理も楽しむことができます
精進料理とは僧侶が食べる菜食の料理を指します
野菜に加え、海藻やキノコ類・豆類も食材として使われ、様々な調理方法で供されます
肉類や魚類は使いません
高野山でいただく精進料理に欠かせないのが、ごま豆腐、宿坊で手作りするところが多いそうです
宿坊で宿泊する人は、菜食主義の晩御飯を体験することができます
豆腐田楽や野菜の天ぷら、鍋にごま豆腐が並んでいますね
このごま豆腐、すごく美味しい!
ご飯の後でお風呂に入って、明日の早朝のお祈りの為に早めに寝ることにしましょう

2日目 - 刃物鍛冶と酒造り
二日目の朝はお祈りから始まります
その後は山を下りて、大阪南部の堺まで電車で戻る予定
堺ではお茶屋さんでお昼をいただき、その後で地元の刀鍛冶を見学します
地元のお料理を晩御飯にいただいたら、今回の旅は終了

おはようございます、今朝の6時で朝のお勤めが始まろうとしているところ
朝早起きするのが苦手な人もいるかもしれませんが、こんな形で一日を始めるのはマインドフルネスを得るのにとても効果的
お祈りと簡単な朝食を終えたら、ケーブルカーで下山し、堺を目指します
堺は、伝統的な技法で作られる刃物鍛冶と千利休誕生の地として有名
最初に立ち寄るのが、つぼ市製茶本舗、19世紀半ばからこの地でお茶の販売に携わっています
第2次大戦で焼け残った創業当時の道具や看板などがそこここで見られます
今現在のお店では、味わい深い内装のカフェスペースで食事を楽しむこともできます
このお店の売り物は、お茶を使った食事メニュー、珍しいものなのでお見逃しなく
今日はここでランチにします
このボウルに入っているのが、炒ったお茶で調理された茶粥
他の料理にもお茶が使われています
お茶の風味がよく味わえて、すごく美味しい

堺は日本有数の刃物の生産地で、500年以上にわたって伝統の技法で刃物を作り続けてきました
堺の刃物づくりの技法は伝統の文化遺産で、一本一本が熟練の鍛冶による手作りです
堺では、包丁だけでなく庭木の剪定ばさみも作られています
ランチの後で、鍛冶SASUKEを訪ねました
ここで主に作られているのが、盆栽や華道むけの鋏や鎌
それ以外にも、包丁や小型の刃物も作っています
ここでは鍛冶場を見学することも可能で、美しい道具が出来上がる様子を体験することができます
SASUKEで作られた刃物の正しい使い方のレッスンも行っています
私の後ろにいるのが鍛冶師の方で、今刺身包丁を作っているところです
一本の包丁を作るのに必要な技能や細かい手法には驚くばかりですね
素晴らしい技法に接した後で、のんびりと刃物やさんを見て回ることにしましょう
旅の終わりには、堺でお酒と食べ物を提供してくれるバーに立ち寄りました
ここでは美味しい地酒と、日本全国のお酒を楽しむことができます
そのお酒によく合う食べ物も提供しています

これで今回の高野山の旅はおしまい
このビデオが次の旅のヒントになればいいなぁ、と思います



スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!