­海外反応 キキミミ

 

海外「これは美味そう…」怒涛の卵責め!日本の老舗うどんの自慢の一品に海外垂涎(海外反応)

海外「これは美味そう…」怒涛の卵責め!日本の老舗うどんの自慢の一品に海外垂涎(海外反応)

投稿者
【怒涛のたまご責め】商店街にある老舗うどん屋さん自慢の逸品。上州屋




海外「手遅れでは…?」イチゴにウイスキー…日本のブランドをパクる中韓との戦いに海外議論(海外反応)

海外「手遅れでは…?」イチゴにウイスキー…日本のブランドをパクる中韓との戦いに海外議論(海外反応)

投稿者
日本が中国と韓国にいちごとウイスキーの模造品について戦いを挑んだ

【農林水産省】ブランド果樹の保護を強化 改正種苗法が施行

改正種苗法の一部が4月1日施行された。ブドウなどブランド果樹の農作物新品種の国外持ち出しを規制するなど保護強化により、日本の農産物のブランド価値を高めることが狙いだ。
 
 改正法は、開発者が新品種を登録出願する際、栽培地を国内または特定の都道府県に限定できるようにし、違反行為に対して流通や販売の差し止めを請求する権利を認める。購入者が大量に海外に持ち出すなど悪質な行為に及んだ場合、10年以下の懲役または1千万円以下の罰金(法人は3億円以下)が科される。
 政府を法改正に突き動かした出来事は、日本産高級ブドウ「シャインマスカット」の苗木が中国と韓国に流出し、現地で無断栽培が判明したことだ。安価な中韓産が東南アジア市場で販売され、高品質な日本産の輸出拡大にブレーキが掛かっている。
 ブドウ以外にもイチゴやかんきつ、リンゴなど国外に持ち出された事例は疑い分も含めれば相当な数に上るとされる。種苗法改正は遅きに失した感は否めないが、「第2のシャインマスカット」のような悲劇的な事例をこれ以上生まないためにも、新品種の保護徹底を急ぐ必要がある。


「ジャパニーズウイスキー」の誕生、定義が初制定
海外のブレンドは不可、2021年4月1日発効


最も優れたジャパニーズウイスキーを決めるのは困難だというのは、飲んでみるまでもなく明らかなことだ。あらゆるリミテッドエディションボトルや昔のシングルモルトの再販にもかかわらず、良いものは慢性的に品不足にある。 事実、流通している国産のウイスキーは考えられているよりもずっと少ない。

国内には約12の蒸留所があるが、ジャパニーズウイスキーのメーカーはその需要にこの10年ほど追いつけていない。多くの蒸留所では、供給をより長く維持しようと、海外から輸入したウイスキーと自社の製品をブレンドしてきた。こうした方法を採用しているのは日本だけではないが、純粋なジャパニーズウイスキーを好む消費者がそうした事情を見抜くことは大変難しいのもまた事実だ。

スコットランドでは、ほかの国からのウイスキーを混ぜたものを「スコッチ」とは呼ばないが、日本ではこうした公的なジャパニーズウイスキーの定義は今までなかった。このままでは、スコッチウイスキーと焼酎をブレンドする、あるいは海外から輸入したウイスキーを日本でボトリングして、単に「ジャパニーズウイスキー」というラベルを貼ったような節操のない製品への規制がなくなってしまう。




海外「そのまま食うなよ…」日本の納豆に挑戦する外国人のリアクションに海外興味津々(海外反応)

海外「そのまま食うなよ…」日本の納豆に挑戦する外国人のリアクションに海外興味津々(海外反応)

投稿者
Barstool Sportsが日本の納豆を試食





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!