­海外反応 キキミミ

 

海外「日本は自然も素晴らしいのか…」スキューバ体験!小笠原諸島の美しい海に外国人感激(海外反応)

海外「日本は自然も素晴らしいのか…」スキューバ体験!小笠原諸島の美しい海に外国人感激(海外反応)

投稿者
小笠原諸島でスキューバダイビングを体験

小笠原諸島にようこそ!
父島に向かってるところだけど、僕の周りに広がってるのは太平洋だよ
この海には沢山のマリーンライフが息づいている、東洋のガラパゴスって呼ばれてるんだ
この辺を起源とする海洋生物もいっぱいいるよ



小笠原諸島はスキューバダイビングのメッカ
東京から1000キロ、フェリーで24時間かかるよ
フェリー以外に交通の便がないから、一週間は滞在する必要があるんだ
これも小笠原諸島への旅を特別なものにしてくれるね
小笠原諸島のメインの島、父島にはダイビングスポットが兎に角沢山ある
ほとんどのダイビングトリップは、小笠原村から出発するよ
島の歴史はすごくインターナショナルで、捕鯨とも深く関わってる
1968年に日本に返還されて以降は、自然保護の聖地になった

ダイビングカンパニーのボードで出発!
この会社はペンションも経営していて、ダイビングとステイのパッケージもあるよ
こういうツアーの料金は高めで、オペレーションをやってる会社はアドベンチャー度は低いけど、色々アイディアを出してお客さんを楽しませてくれてるよ
この地図だけで、78箇所ものダイビングスポットが紹介されてる
中には第二次大戦中に沈んだ戦艦も含まれてるんだ

最初は二見湾でダイビング
ダイブマスターが詳しく説明してくれるけど、このサイトは水深33メートル
駆潜艇50号の回りをダイブするんだ
駆潜艇50号は日立造船が1943年11月に建造して、1944年7月20日に連合軍に駆逐されたんだ
駆潜艇50号は、それからずっと二見湾に沈んでる。。。。
セイフティ・チェックが完了したら、ダイビング開始!
ゆっくり潜水していかなきゃ
視界はクリアだけど、海底に沈んでる駆潜艇をはっきり見るのはちょっと難しいな
第2次大戦中の兵士のヘルメットだよ
駆潜艇は今じゃ海の一部になってるね
この部品は、かつては救命ボートをおろす為に使われてたんだと思う
駆潜艇は色んなマリーンライフの住処になってるよ
連合軍の攻撃はデッキを木っ端微塵に下みたいで、船内に入ることは不可能だよ
でも、今ではこのねじれた鉄骨も海底では平和な光景の一部になってる
76.2mm砲がここでの一番の見所かな、75年経った今でもその雄姿を残してる
向こうに何か大きな生き物がぐるぐる回ってるのが見える! 全長3メートルはあるよ!
シロワニだぁ!
ダイバーに危害を加えることはない、って言われてるけど、サメを見たら逃げるが勝ちだね
見失っちゃったけど、みんなサメがどこにいるか分かる?
スキューバーダイビングをしてるときには、パニックになっちゃだめだよ
サメはきっとまた戻ってくる。。。。
シロワニは、夏の終わりごろにこの辺でよく目撃されるらしい
サメは船の中をゆっくり出たり入ったりしてるよ
そろそろ海面に出たほうがいいかも。。。
3頭もサメが泳いでたよ、すっごく大きい奴、あと数週間はこの辺にいるらしいよ
ここで赤ちゃんを産むらしいけど、赤ちゃんが生まれたら赤ちゃんを守るために凶暴になるんじゃない????
すぐ横をサメが通り過ぎるなんて、滅多にある事じゃないから、ちょっとキンチョーしちゃったよ。。。
すごく大きな歯が見えちゃったからね
まだまだ、人生でやり残したことがいっぱいあるから、サメの隣でダイビングするのはこれが最後かな
10分後の僕もまだコーフンしたままだったよ

この島々の美しさは海面の下だけじゃないよ
この紺碧の海面
浅瀬では、その透明度が際立ってる
この水の碧さと白い砂浜は、まるで夢に出てくるみたいな完璧な景色
小笠原諸島を大好きになるのに、そんなに時間はかからないよ
父島の南側の岸壁は、自然がなせる業を存分に見せてくれる
ボートのキャプテンは、僕らを島のサンクチュアリに連れて行ってくれたんだ
ここは、資格をもったガイドが一緒じゃないと入ることが出来ないんだ

この島は南島って呼ばれていて、海亀の産卵場所と野鳥の保護区になってる
あそこに見えるのが南島、このボートじゃ大きすぎて接岸できないから、自力で泳いでいくしかないんだ
この島へのアクセスは、自然が作った岩のトンネルを通っていくこと
この辺の水温は27度、すごく暖かい
南島に到着したよ、ここはあの岩のトンネルと、海亀の産卵場所として有名なんだ
海亀の子供たちが孵化したら、ビーチ中海亀の子供でいっぱいになって、みんな揃ってあの岩のトンネルを目指して泳いでいく光景が見えるんだ、スゴイ眺めでしょ
島の真ん中は、まるで砂丘みたい、僕が海亀だったらここで産卵しちゃうよねぇ
一匹だけ、沖を目指してる海亀の赤ちゃんを見たよ、頑張れ!!!
こんなにちっちゃな身体で沖を目指すのは、すごく大変だと思うけど、このチビちゃん北に向かって頑張って泳いでるよ

ボートのキャプテンは、小笠原諸島のベストスポットは全部分かってる
今度は北に向けて30分進んでみた
海面にひれがでてるのが見える??
イルカが小笠原諸島でちょっとストップ・オーバーをしてるんだ
紺碧の海で遊んでるよ
僕らのボートのすぐ近くまで来てくれたイルカもいた、まるでパーティーに誘いに来てくれたみたい
思わず海に飛び込んじゃったけど、僕の飛び込み方がまずかったみたいで、イルカは離れていっちゃった。。。。
イルカと友達になりたかったら、先ず自分が優雅に水の中を泳がないとね
イルカは人間が自分たちほど優雅に泳ぐことが出来ない、って言うのはわかってるみたいだけど、人間の回りを何周かは付き合ってくれるよ
イルカが行っちゃったから、僕らは入り江を探して、ランチ休憩、その後スノーケリングの予定
水がホントにきれいで、まるで水族館の中に居るみたい
浅瀬にいる魚たちは、人間が紛れ込んできてもまるで気にしてないみたいだ
父島の住民は、自然保護への意識がすごく高くて、中にはすごく珍しい生き物と友情を築いてる人もいるよ
例えば、夜になると岸壁にやってくるエイとかね
もう何年も餌を上げてる人たちから、手渡しで餌をもらってるんだ
境浦海岸は町からバイクで数分の距離で、ここの見所は濱江丸
1944年、太平洋戦争で魚雷に撃沈されたんだ
段々さび付いてきて、今じゃ船の形が残ってるくらいだよ

小笠原諸島でダイビングするのは、すごく貴重な体験だね
海の生き物は人を全然恐れてなくて、すごくフレンドリー
これが、東洋のガラパゴス、って呼ばれてるゆえんかも
海底には、環太平洋でよく見る生物がすごくユニークな生き物に混じって沢山住んでるよ
この海へびの大きさときたら。。。。
サメも自分のテリトリーを巡回してるよ
海亀もすごく優雅に海の中を泳いでる
スキューバーダイビングの醍醐味は、海の生物とこんなに近くで交わることが出来ることだね
このあたりの海中は、レクリエーションダイバーにも充分な透明度だよ
エイがグループでどこかに向かってるところに遭遇したよ
寿司ネタで有名なマグロだよ、僕らを見てる
トランペット・フィッシュが他の魚の背中にくっついて餌を探してるよ
海中では、僕らが侵入者だってことをいつも覚えてないとね
攻撃的なタイガーシャークに遭遇したけど、彼は変な格好をしたダイバーを見たら、自分から静かに去って行ったよ、やれやれだねぇ
上級ダイバーは洞窟を探検したりするよ
ここでは、ロブスターとかが岩場に隠れてるのが見えたりするんだ
海面下25メートルですごく平和な光景を堪能してるよ

日本にはすごくアメージングなダイビングスポットが色々あるけど、小笠原諸島はその中でもぴか一だね
こんなにきれいな色の海を見たら、その下にはアドベンチャーが待ち構えてるのは間違い無しだよ
僕にとっては、24時間のフェリーの旅も一週間の滞在もすごく価値があるものだったよ
実際、一週間じゃ足りないくらいだよ



こういうビデオに出会うのをもう何年も待ってたんだ!




期待を裏切らない美しい海!!!




Johnの動画を見るたびに、日本に行きたい気持ちが強くなってるの




映画のジョーズを思い出しちゃった。。。。。




わーお、サメってこんなに人間の近くまでやって来ても襲わないものなんだ。。。。




フィリピンのダイブスポットに住んでるんだ、是非日本に行って潜ってみたいよ




Johnの動画に影響されて、日本に来ちゃった!!




この海の碧さって、ほかに比べようがないよ




実際に自分の目で見てみなくちゃ!!




ねぇねぇ、サメが近くに来てびびったりしなかった??




パラダイス、ってホントに地球上に存在してるんだぁ




アドベンチャー!!!!!




実際にガラパゴスに行ったことあるけど、東洋のガラパゴスにもすごく魅かれるね




自分がサメに遭遇したら、その場で固まっちゃうと思うよ。。。。




日本って、先端技術だけじゃなくて、自然の美しさも残ってるんだぁ




イルカもYoutubeに登場できて満足だと思うよ




ディスカバリー・チャンネルを1時間見なくても、ここで充分自然を堪能できる




レバノンから応援してるわよー!




旅行の計画を早速立てなおさなきゃ




すてきな景色だけじゃなくて、歴史的な解説もしてくれてありがとう




日本の海にもサメがいるって聞いてビックリ!




あぁ、すぐにも日本に戻りたい。。。。




我が家の2歳児も飽きずに最後まで見てたわ




こういう動画がアップされるのをずーっと待ってたの




https://www.youtube.com/watch?v=gRLNsPwQD38
Comments
  1.   476879
    フロリダならサメに喰われてるね
  2.   476881
    人を襲う種類のサメって少ないんだっけ?
  3.   476885
    いいな
    小笠原とか旅客枠小さいから、行こうと思っても日本人でもなかなか行けないよな
  4.   476889
    エイってあんな人になつくんだな
  5.   476890
    小笠原の美しい海に中国漁船団が大挙して押し寄せて、日本領海内の希少な赤サンゴを根こそぎ略奪して、美しい小笠原の当該海域の海が砂漠化され破壊尽くされてしまった。
    日本人は中国の蛮行を忘れてはいない。
  6.   476891
    ここはアジアではなくオセアニア地域なんだっけ
    日本は広いわ。
  7.   476910
    小笠原にも自衛隊を常駐させるべきだね。
    あの時、中国漁船(海軍)が大挙して上陸してたら、今頃はこの映像は撮れなかった。

    日本は真剣に、憲法改正すべき。
  8.   476955
    >海の生き物は人を全然恐れてなくて、すごくフレンドリー
    >これが、東洋のガラパゴス、って呼ばれてるゆえんかも

    ダイバーなのに知らないのか?
    小笠原もガラパゴスも海洋島だからだよ。
    島が出来てから一度も大陸と繋がった事が無い孤島だから、そう言われる。
    だから他には居ない固有種が沢山居るんだよ。
  9.   476993
    五大陸の雄大な観光地には逆立ちしても日本は叶わない。
     
    でも日本の良さは少し移動するだけで様々な観光地の縮図を楽しめる。
     
    その縮図も中身が濃くて底が深い、それが本当の人気なんだろう。

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク
unnamed.jpg
JAPAN CLASS
JAPAN CLASSオレたちはニッポンに追いつけるのか?―のべ593人の外国人のコメントから浮かび上がる日本
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!