­海外反応 キキミミ

 

海外「分かる…」なぜ中世日本は盾を使わなかったのか?その理由に海外納得(海外反応)

海外「分かる…」なぜ中世日本は盾を使わなかったのか?その理由に海外納得(海外反応)

投稿者
なぜ日本人は盾を使わなかったのか?



みなさんこんにちはEpimetheusです
この動画は日本刀と盾のコラボになっています
今回はなぜ日本人は盾を使っていなかったのかをやっていきます
実際、彼らは盾を使っていました
歴史的に有名なところで登場してないだけです

中国の記述で日本人が盾を使っていたことが明記されています
手で持つタイプの盾だったそうです
200年代から300年代くらいに存在していたとのことです
そのほとんどが長方形になっており幅に対して3倍ほどの長さだったそうです
奈良時代710年から794年ごろは大きな盾がありました
そのまま設置できるほどのものです
中世では目線の高さまである盾がそのまま設置できていました
盾の後ろから棒状のもので支えて立てるタイプです
盾は木で作られていました

3枚をつなぎ合わせて幅を増すこともありました
その表面にはその部族などの家紋が入れられていることもあったそうです
弓隊の壁の役割となり機動性にも富んでいました
銃が戦場に登場すると木製の盾は破られるようになります
しかし鉄製のものより竹が安く使われていたほか
濡れた藁を前方に設置していることもありました
防ぐことはできませんが、弾丸の威力を弱めることが可能でした
竹は束ねられて立てかける形で設置していました

手で持つタイプの盾がなくなったのは、おそらく日本人の使う武器に関係しています
侍について考えてみましょう
800年代の武士は多くが騎馬でした
そのときのメインの武器は弓だったのです
その次は薙刀でした、それは理にかなっています
刀は使うには短すぎるからです
現代で考えると兵士がピストルを使うようなものです
バックアップ用で、通常はライフルを使いますよね
侍が刀を使うときは落馬したときなどでした
そういったわけで中世では弓が主な武器として普及していたのです
普通に矢を受けると致命傷になります
そこで日本の鎧は最適化されていきます
騎馬で弓を射ることを考えて作られました
スムーズなレザーストラップなどが戦略的に組み込まれていました
そのため矢を通さない作りになっていたのです

手で持つ盾の代わりに大袖がありまし
鉄などでできた板状のもので、それを何枚も重ねてつなぎ合わせます
皮などを使って結ばれており大きな板になっています
肩に垂れ下がる形で盾の役割を担っていました
柔軟性もあり動きやすさもあったのです
歩兵は鎧などがなかったので、盾が盾になっていました
初期の日本では戦場の人の数がそれほど多くなかったので
ヨーロッパの部隊のように盾を使う効率性がなかったのです
この絵からどのように盾を使っていたのかみることもできます
ピストルの弾丸を防ぐこともあったそうです
このメールスカートにはろうそくを立てる場所がありました
おそらく夜の戦闘のときのものでしょう
江戸時代には手の大きさより少し大きな形の盾がありました
刀を持つ手を守るためのものでした
日本は鎧の性能を高めていったのです

戦国時代には多くの武士が戦場で争います
鎧が機能性にも富んだものになると盾の必要性がなくなります
そのため当時は二刀流が流行っていたのです



薙刀はとっても便利だからね
色んなポジションで使えるし
だから盾もないのは分かるわぁ




あの手のサイズの盾はとっても便利そうだと感じた
かっこよさもあるしね




足軽もバックルとして陣笠を使ってたらしい
円錐形の帽子なんだ




Shogun2ってゲームをやっていて思っていたことだけど
盾がないのはおそらく鎧が良いからなんだなぁって
情報に富んだ動画をありがとう




ヨーロッパの騎士も中世以降はライフルができたから
盾を使わなくなっているよ




小薙刀が女性用で大薙刀が男性用だった
薙刀はテクニックが必要だけどね
ちなみにあの手の大きさの盾はさ
手盾って言って
持盾タイプの手の盾なんだよ




盾は銃がでてきたら全く意味をなさないからなぁ




侍が盾を使っているのは動画でも確認できなかった
歩兵とかは侍じゃない
騎馬に向かっていくことすらできないわ




刀を使えばチタンも弾丸も真っ二つにできる
だから盾の必要性がないんだ




刀は二刀流で使うものだってRPGのゲームでみんな知ってる
盾は2本の腕で使いようがないからね




あの立てかけるタイプの盾は映画でも良くみられるね、、、
どう盾が機能するのか知らなかったね
クロスボーを防ぐためのイタリアの盾に似ているわ




忍者も刀を防ぐために手盾を使っていたらしいよ




私は盾を使うやつについて
臆病者が打撃をそらすため
防具に頼り切っているだけだって思ってきた




ラストサムライでみた盾のやつとかは全部嘘ってことか




槍を使ってるときなら盾は使えるだろうに




結局、侍は盾を使ってたってことじゃんか




足軽は常に小さな盾を持ち歩いていたんだ
シンプルに頭の上にのせてね
陣笠で必要なときに盾として使えていたんだよ




人盾になるやつになんで盾が必要なんだ




日本は身体的にも盾を持つには弱くてね
その代わり紙の竹のような折がまから刀をつくっていたんだ




侍が盾を持っていなかったのは弱い者の象徴だったからもある
ヨーロッパの高ランクの貴族も盾を使ってなかった
スキルのなさを露呈するからね




https://www.youtube.com/watch?v=vHhXHEjmSOI
Comments
  1.   477828
    アメリカなら射殺されてるね
  2.   477829
    銃用に青竹を貼り付けたでっかい盾を前線に置いてたよね
  3.   477830
    剣が盾だ。
    円月殺法見せてやるか。
  4.   477831
    盾なんて飾りです! 偉い人にはそれが分からんのです!
  5.   477832
    >ヨーロッパの高ランクの貴族も盾を使ってなかった
    矢が届く位置には近寄らないからな
  6.   477834
    大阪の陣で既に塹壕戦が始まってたのには驚いた
  7.   477835
    「部族」の家紋って・・・
    翻訳した奴日本語不自由かよ
  8.   477836
    上腕部分に鎧兼盾がついてる
  9.   477838
    誤訳だな。Two Handは両手持ち(二つの手で支える武器)Dual Wieldが二刀流
  10.   477841
    何故そんなに詳しいw
  11.   477842
    関ヶ原で散った事あるけど、乱戦になって四方八方を敵に回すと盾なんてアテにならない。
    刀一本に全振りした方が素早く動ける。
  12.   477843
    >初期の日本では戦場の人の数がそれほど多くなかったので
    >ヨーロッパの部隊のように盾を使う効率性がなかったのです

    ん?初期っていつの事だ?
    源平の時には既に大軍で戦っていたが?
    ヨーロッパの戦いこそが人数少なかっただろう?
  13.   477844
    資源の問題もあるけど、日本は機動力に重きを置いた戦いが多かったからだろう。

    現代では特にそうだけど、文明が進むと、攻撃力>防御力になりやすい。
    また、耐えられる性能の防具を作れるには作れるけど、それにコストを割くよりも武器を作ってより速く攻撃した方が結果的に効率が良い。

    だから、戦いでは基本攻撃は避けるモノ。
    中世と言える時代から日本はそれをやっていたんだろう。
  14.   477848
    正眼の構えこそ防御の盾なのだ。打ってきたら、剣で擦り上げて払う。
  15.   477851
    ※477834
    同じころヨーロッパでも塹壕は使われてたけど
    あそこまで大規模な塹壕戦は
    200年後のナポレオン戦争まで無いな
  16.   477854
    日本の盾って地面に設置してたきがするが、その延長が馬防柵でさ。
    どちらかといえば、盾とか重視しないで機動力重視の気がする。
    どうせ鉄砲には無意味だし。
  17.   477855
    日本は盾を使ってなかったんじゃなくて
    盾の形状が西洋の人が想像するものとは大きくかけ離れていただけなんだよ
  18.   477857
    時代がグチャグチャなんだけど
  19.   477862
    例外的だけど大袖を手に持って手盾とすることもあった
  20.   477864
    日本人は防御軽視で、機動性と攻撃性にステ振るよね。
  21.   477867
    足軽を使い捨てにしたら米が作れんだろが。
    それができるのは職業軍人がメインだった織田。
  22.   477871
    鎌倉武士みたいな騎馬弓兵相手に歩兵が盾を構えてジリジリ前進なんてやっても、距離を詰める事も出来ず一方的に射られ続けるだけで終わる。
    その後の戦国時代になると山城での戦いがメインになって狭い山道を走り崖をよじ登ったりするにも盾は邪魔だった。
  23.   477878
    >日本は身体的にも盾を持つには弱くてね
    欧州だって昔はたいして体格良くなかっただろ、重量だって板金鎧と大鎧なんて大して差ないのに
  24.   477879
    確かにテレビや映画の時代物で盾は見ないかもね。
    映像にした時盾が無い方が絵になるから、そんな気がする
    居酒屋に若い女子を配置するとか、岡っ引きの十手の扱い方とか
    史実に反した単なるエンターテイメントとしての道具扱いされた結果、
    間違った認識を日本人自身持ってるもんな
    盾が登場しないのもそんな理由かもね
  25.   477880
    両手持ちの武器の一撃を片手の盾で防ぐのは無理ムリ
    かと言って盾に両手を添えたら それこそ盾持ちの意味が無い
    両手待ちの槍やり薙刀なりで防げって話だ
  26.   477884
    ※477829

    そういうのもあったろうが、竹を束にした物が多かったそうな。竹は束にしても大して重くないし、マスケット銃弾に対しては有効だったからね。

    映画等ではあまりそこまで再現してないようだけれど、現在だろうが戦国だろうが、銃弾が飛んでくる状況下では、何らかの防御手段を使わないと損害が増える一方だからね。
  27.   477887
    和弓は盾を貫くような重さの物もあったのも一因
    木の板や竹の一枚二枚なら楽々貫通、粉砕する
    昔の弓の重さは異常
  28.   477895
    盾持っていると両手が塞がって組み討ち(寝技)で首が獲れないからだよ
    外国人は勘違いをしている
    日本では武士が戦場の主役なのではなく首をとったやつが正義なんだよ
  29.   477901
    だいたいあってる、できれば騎馬の母衣とか抱え上げて鉄砲に対して
    使うタイプの竹束があると良かったかも、見た目や発想が面白いから
  30.   477915
    森林が多く、地形の起伏が激しいので両手をふさぐ飛び道具と長物が主武装だからな
    近づく場合は竹束を抱えなきゃいけないし、手を塞ぐ選択肢はとりにくい
    島国は急峻な地形なんで、ロングボウが発達したイギリスがヨーロッパだと近い
  31.   477920
    マシンガンやビーム兵器を盾で防ぐガンダム
  32.   477966
    侍たるものの勉強からせなあかんな。
    武士とは嫁や子供など、身内にも類が及ぶ階級。
    武士は戦場で死ねれば名誉ある死なんや。


  33.   477976
    みずきの知
  34.   478033
    マイナーながら一部の人は使っていた説
    鎧に盾の機能が含まれていた説
    両手武器使うから盾が邪魔説
    近接武器は近接武器で受け流していた説
    対遠距離には設置型の盾を置いていた説
    背中に風呂敷着けとくと逃げる時の矢避けになる説
    当たらなければどうということはない説

    こんなもんか
  35.   478034
    盾なんて未熟者の装備
    熟練者は武器で相手の攻撃を受け流して
    返しに必殺の一撃をお見舞いするのが定石

    Mount&Bladeやっていれば必然の動き
  36.   478039
    中世の欧州の戦争は雑兵で適当に小競り合いして
    貴族を捕虜にして身代金いただくのがお約束だった

    英仏100年戦争で平民貴族関係なく殺しまくる様になって戦争のルールが大きく変わった
  37.   478078
    騎馬戦が基本なんだから当然だろ。
    そもそもモンゴル騎馬隊にフルボッコにされた欧州人が上から目線で語れる話題じゃない。
  38.   478091
    二刀流が流行っていた、は無いわー
    日本刀は片手で振り回すには向かない造りになっとる
    それぞれを片手でコントロールするには無茶苦茶な腕力が要るんよ
    だからこそ、それを可能にする変態剣術を無理矢理身につけた
    宮本武蔵の二刀流が有名なわけで
  39.   478267
    ※12
    多分、重装歩兵の事だろう。密集して固まって進む。最前列の盾は重要。
    ギリシャのころからのヨーロッパ特有の戦い方。
  40.   478435
    ※477864
    >日本人は防御軽視で、機動性と攻撃性にステ振るよね。

    んー。意外に、日本では一般兵の防御なんかだと割と重視してた様子。
    足軽の装甲だって、16世紀当時の西洋の兵卒の防具(胴鎧すらつけず、兜と、ジャックチェーンと呼ばれる外腕部の装甲と、金属製のバックラー)に比べると充実してる。鉄が比較的希少な時代だったろうに。
    WW2だって、日本軍の歩兵の兜はモリブデン製で世界一高価。

    防御軽視機動性攻撃性のイメージは零戦のイメージも強いんだろうけど、そもそも当時、防弾装甲施した戦闘機自体が同時期の他国でもそうそうなかった様だし・・・。
  41.   478456
    籠手ついてるんやで?
    あとは矢よけの木の板使うから、盾いらね。
  42.   478658
    朝鮮のヘタレ弓と違って和弓は貫通力が強かったからね。
    盾なんかじゃ防御不可能だった。
  43.   478875
    中国の書物信じてるようじゃデマっぽいな
    卑弥呼も実在した証拠はひとつもないのに
    古代中国の書物にちょっと出てきただけで
    歴史上の人物扱いされてる

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク
unnamed.jpg
JAPAN CLASS
JAPAN CLASSオレたちはニッポンに追いつけるのか?―のべ593人の外国人のコメントから浮かび上がる日本
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!