­海外反応 キキミミ

 

海外「ギリシャ神話そっくり!」日本の七夕伝説に海外興味津々(海外反応)

海外「ギリシャ神話そっくり!」日本の七夕伝説に海外興味津々(海外反応)

投稿者
もし、恐ろしい悪魔があなたを恋人の元からさらったらどうする?



今日は日本の七夕、星祭りのもとになった民話を紹介しましょう 地域によっても違いますが、毎年7月7日に行われる祭りです 1年を通して、ヴェガとアルタイルがよく見える天候の時期 中国にも似た祭りがあり、日本はそれを奈良時代に取り入れました 最初は宮廷で女性の機織りのまつりとして祝われ、のちに貴族の男が詩の才能を披露する場となりました 江戸時代には一般庶民のお祭りに変化し、子どもが裁縫や書の腕前が上がるようお祈りしました 現代ではパレードや祭りになっています 短冊と呼ばれる細長い紙に願いを書いて笹の葉にぶら下げるのが一般的ですね 

もともとヴェガとアルタイルが交差することからはじまった祭り 古い中国の伝説「牛飼いと機織り娘」から始まっていますが、日本ではこれを「アメワカヒコの物語」としました 3人娘がいる裕福な家庭にある日ヘビが現れ、父親に言いました 「娘をくれ かわりにこの家に生命をやろう つまり、おまえを殺さないでいてやるということだ あとおれの家を建てろ」父親は怯えながらも「えっ、ヘビってしゃべれる?」ヘビは召使いを食べてもう一度要求を繰り返すと帰ってしまいました 父親と母親は娘たちに、ヘビと一緒に行く個入るかと尋ねました 上のふたりは「嫌だ、みんなで死ねばいい」でも末娘は「いいよ」と言いました 仮にこの末娘を「ウリちゃん」としましょう その意味は後でわかります

一家はヘビのために家を建て、ずっと泣いていました そしてそこに末娘を入れました その夜、雷が鳴り、新しい家は稲光に照らされました ヘビがやってくると娘は震えが止まりませんでした ヘビは言いました「怖がるな さあ、わたしの頭を切り落とせ」「えっ?」 娘は刀は持っていませんでしたが、爪切りばさみでヘビの頭を切り落としました あたりは血まみれ するとしゃべるヘビよりおかしなものが登場 ハンサムな若者でした 「イケメンね」と娘は思いました 

若者はヘビの川を脱いでタンスにしまい、ふたりは寝ました 仲睦まじい夫婦になったのです タンスは…銀行とは違って、ほしいものは何でも出してくれました ふたりは超金持ちになりました 

ある日、若者は秘密を話しました 「ぼく実は海の竜王なんだよね しばらく天国へ行かなきゃいけないんだ 何週間かたって戻ってこなかったら探しに来て 町にウリを育てている女の人を見つけて、その種を植えたら天まで伸びるから登っておいで そしてアメワカヒコの家を訊ねるんだ それから、タンスは開けちゃいけないよ」もうこれで何が起こるかわかったようなものですが 「開けたらぼくは2度と戻ってこられない」そして彼は行ってしまった 「タンス持ってけばいいのに…」

彼がいないあいだに、ウリちゃんの姉たちがきました 裕福な暮らしをしている妹をねたんだ姉たちはタンスを開けずにいられませんでした でも中には何もなく、煙が空に立ちのぼっただけ 夫の言葉を思い出したウリちゃんは町でヒョウタンの種を買って植えました ヒョウタンのツルは一晩で空まで伸びました どんどん登るウリちゃん そこは雲の上 中国風の建物がいっぱい なぜかというとこれは中国が日本にとって文化の最先端の時代の話だから 竜王というのも中国の民話ではおなじみですね 

さてウリちゃんは雲の上を歩いていろんな人に出会いました 彼らは本物の星 そしてついに夫のアメワカヒコに会えました もう地上に戻れないと思っていた夫は喜びましたが、問題がひとつ 彼の父親は鬼で、人間が大嫌い 「お父さんが来たら隠れてね」 そこで鬼が来るとアメワカヒコはウリちゃんを枕にしたり扇子にしたりしました ウリちゃんを変身させたひじ掛けに違和感を感じた鬼 「人間のにおいがするぞ」あるとき突然鬼が訪ねてきてウリちゃんは見つかってしまいました 夫が説明するも鬼は起こり、ウリちゃんに4つの試練を与えました 出来なければ殺すというのです

まず、ウリちゃんは放牧されている1000頭のウシを夜までに牛小屋に戻せと言われました 牛飼いなど知らないウリちゃんに、夫は自分の着物の袖を与えました ウリちゃんが「アメワカヒコの袖!」と叫びながらそれを振ると、牛はなんでも言うことを聞くようになりました 鬼は驚きました 次に、倉庫のコメを全部別の倉庫に移せと言われました 1粒も落としてはならないと 彼女は「アメワカヒコの袖!」と叫ぶと、アリの大群が代わりに運んでくれました 鬼に1粒足りないと言われて探すと、1匹のアリが迷子になっていたので、ウリちゃんはそれをつまみ上げて倉庫にしまいました さらに、鬼はウリちゃんを巨大ムカデの部屋に閉じ込めました これも「アメワカヒコの袖!」と叫ぶと、ムカデは彼女に向かってきませんでした 最後はヘビの部屋 まあこれも同じ どうしようもないと覚悟した鬼は言いました 「よし、息子と月に1度だけ会っていい」よく聞き取れなかった彼女は言いました「年にいちどね?」

そこで二人は毎年7月7日に会うことにしました こうしてヴェガ(ウリちゃん)とアルタイル(アメワカヒコ)が近くに見えるようになったのです
ところで、アメワカヒコ/アメノワカヒコが登場するお話がもう一つあるんですが…わかった人はいるかな? 



竜の王にしては、家庭内でさほど権力がないアメワカヒコ




アフロディテとエロスの話によく似てるな




ギリシャ神話のキューピッドとその妻の話にそっくり ていうかほぼ同じ




「牛飼いと機織り娘」はちゅうごくの4大民話だよ 日本とはずいぶん違う話だけど




恐ろしい悪魔が恋人の元から…あ、そもそも恋人いないんで




つまり美女と野獣にジャックと豆の木とギリシャ神話を混ぜたみたいなものだね




ヘビとか悪魔が娘をさらうって、民話ではよくあるよね 最初からハンサムが出て来ればいいのに




スサノオが娘の夫と戦ったのってこういう話じゃなかったっけ




普通、難題を出すのって娘の親だと思うけど




このシリーズ、隔離中に見るのに最適




ここに出てくる悪魔っていうのが、コロナウィルスなんだな?




この話の主役はなんでも言うことを聞かせる袖




このウリちゃんがウリから生まれたのでも別に驚かないよ




ヴェガとアルタイルとデネブで夏の大三角形だよね




そもそもその悪魔が恋人ってことは?




日本の民話ってフルーツから生まれる女の子がいっぱいいるよね ウリちゃんも本当はウリから生まれたんじゃないの?




これは面白い ジャックと豆の木よりいいよ




エロスとサイケの話に似てるなあ こっちも好き




1か月って言ったのに1年って聞き間違えるって しかもそれで話が決まってしまうなんて




アメワカヒコはアマテラスの話に出てくるよね?




このお話大好き 




https://www.youtube.com/watch?v=GovtY2k4Jq4
Comments
  1.   518657
    七夕は元々中国が起源だろ?
  2.   518659
    タナバタ(棚機)とシチセキ(七夕)は元々別の行事だ。
  3.   518660
    ギリシア神話が中国経由で伝播した可能性はあるね
  4.   518661
    v-23天稚彦物語(御伽草子)、有名かv-363v-361
  5.   518662
    フルーツから生まれる女の子の話ってなんだ?かぐや姫とか桃太郎のことか?
  6.   518663
    瓜子姫(ウリコヒメ)って瓜から生まれた女の子のおとぎ話がある。
  7.   518664
    神話とかいろんな国のを調べると類似性があって面白い
    日本だと古事記とか奈良時代に編纂だからそれ以前に伝わった遠い国の物語も混ざってるんだろな
  8.   518665
    といってもこの話を知らない人の方が多いと思うんだが、私は知らなかった。
    メジャーなのは織姫と彦星の七夕伝説じゃないか?
  9.   518669
    うん全然知らんかった
    あらすじの文のわけわからなさもあってちょっと入ってこない
  10.   518673
    アメノワカヒコって国取り物語の一柱と違ったっけ?
    七夕の織姫と彦星とは関係が無かったと思うが。
    日本でポピュラーなのは中国から伝わった話ほぼそのままだと思うし。
    こんなジャックと豆の木みたいな話は初耳だ。
  11.   518675
    日本の七夕伝説でこんな話は聞いたことがない
    アメノワカヒコは返し矢の話なら知ってるが、七夕とは関係ないだろ
  12.   518676
    この話のルーツは韓国だったと思うよ
    そこから世界に伝わった
  13.   518677
    年に一回しか会わないおかげで新鮮さが保たれて、二人は令和二年になっても離婚してないってわけw
  14.   518678
    全然知らなかったけど
    面白かったから良しとする
  15.   518680
    琴座のベガと鷲座?のアルタイルって、実は冬でも見えるんだよね
  16.   518681
    どっかで混線してないか。
    日本の神話や民話に、「一度に大量の牛」が出てきたという記憶がちょっとないんだけども。日本では、牛も馬も、肉の供給源ではなくまず役畜というのが基本。牛肉や牛乳の安定需要がなければ、一箇所で牛を大量に飼うという形態は成立しない。もちろん中国神話の「牽牛」は「牽牛」なんだけども。
  17.   518684
    初めて聞く物語だわ
    海の魔王が天国へ行くとかなんか日本らしからぬような…
    創作?
  18.   518685
    ちっちゃい事は気にするな
    それ!ワカヒコ ワカヒコ♪
  19.   518692
    あれがデネブアルタイルヴェガ〜
  20.   518715
    なんか初めて聞くような聞いたことがあるような話だな
  21.   518721
    古 代 日 本 の 同 人 誌 ★
  22.   518751
    どっかの異類婚姻譚の蛇のやつと
    羽衣伝説のバリエーションが混じってない…?
    天の川伝説は地方バリエーションがすごくあるからこういう話もあるのかもだけど、エロスとプシュケの話に一番似てるやつを採用したのかもね
  23.   518784
    日本の古史古伝で1年360+守護の無い日が5日となっているけど、奇数月の同数日それが神道の祭りの日になって、人の気で邪気を防いでいるんじゃないかと推測。
  24.   519149
    古事記とか日本書紀、竹取り物語は、渡来人の影響下で編集されたから、
    オリエント世界の神話の影響を受けていた可能性が高い。
    ギリシャ神話もオリエント世界の神話の影響を受けている。
    つまり、元ネタが同じということか。

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!