­海外反応 キキミミ

 

海外「首がないと報酬もらえないのか…」封建日本の敵の首を討ち取る文化に海外興味津々(海外反応)

海外「首がないと報酬もらえないのか…」封建日本の敵の首を討ち取る文化に海外興味津々(海外反応)

投稿者
敵の首を取る

サムライの伝統ではあるんだけど、この件は今まであまり取り上げたことはなかった
この件って言うのは、“首を取る”ってことだ
今日は、サムライ文化の中で敵の首を取ってさらし者にすることの歴史と重要性について語ってみよう



アジアの文化の中での、敵の首を取るって言う伝統はかなり昔がその起源になってる
敵を斬首してそれを晒しものにするのは、紀元前200年ころの中国で既に見られていた
日本でも晒し首がよく見られるようになった背景には、中国の影響があるようだ
でもサムライ文化の中で、斬首と晒し首が出てきたのは900年ころからだ
当然、それ以前にも“敵の首を取る”って行為は行われていたんだろうけど
初期のサムライの戦いは、紳士的なものだった
戦場で敵同士が一対一の戦いを行う
勝った方が負けた物の首を取って、その首を自分の主人に見せて報酬を受け取る
首を主人に持って行くことが、仕事をした証になっていたんだ
多くの首を取った、って言うことが自分の武士としての名声を高める役にも立った
そんな武勇が多いサムライの首を取ることができれば、翻って自分の名声が上がる
初期のサムライで武名を馳せたのが、平将門
彼は940年に殺され、その首は当時の首都京都に持ち帰られ、天皇と朝廷の前に晒された
伝説によれば、彼の首はその後飛び立ち東に戻っていった、って言うことだけど

源平の戦いや鎌倉幕府の設立以前、サムライの家の主たちは自らの地位を高める機会があまり与えられていなかった
同時に土地を得て、そこを統治する能力にも欠けていた
しかし、1192年に将軍が登場すると、サムライが実質的に国を統治するようになった
将軍のもとで地方を統治していた軍将たちが、地位を高め出世する機会を得た
出世のために、主人に槍や刀剣の贈り物をするシステムもまだ存在していた
それに加えて、主人の役に立つことで出世や土地を下げ渡されるなどの機会も得る
いかに多くの敵の首を取るか、ということは手っ取り早く自分の手柄を示す手段でもあったのだ
主人に首を見せるということは、一種の儀式となっていった
この儀式は伝統となって、日本全体に広がっていく
15世紀から17世紀の戦国時代になって、これはサムライの一般的な行動規範となった
戦場でその日の戦いが終わると、大名のもとにサムライ達が集まり、その日に取った首を披露する
戦国時代のサムライの身分は、平民と同じようなものだったというのは、特筆に値する
このような状況で、足軽が敵の首を取ってそれを主人に捧げることができれば、この足軽はサムライの身分に取り立てられることもあった
この首を披露する儀式には、こまごまとした取り決めがあった
首は見た目が良い状態でなくてはならない
だから、サムライが戦いの場に臨むにあたって、斬首される場合に備えて髪形や身だしなみを整えるのはよくあることだった
斬首された後でも良い香りがするように、髪に香水をまとうこともあったらしい
傷跡やシミを隠すために、化粧する者もいたということだ
様々な理由があるにせよ、サムライは自分が死んで首を取られた後でも見た目が良いことに気を使った
それに加え、首を取ったものはその首を良い状態に保つことに責任があった
それには、切った首を洗い髪をすき、貴族の地位を示すためにお歯黒を施す、と言ったことも含まれていた
その後首は白い布で包まれ、木の板の上に安置され、その前には誰の首かという事と誰がその首を取ったのかということが記された
それ以外にも踏襲すべき事柄があった
もし首を取られたのが弓矢の射者であった場合は、その弓矢も展示された
戦いの真っ最中には、長々とした儀式を行っている暇がないこともあった
その場合には、儀式を端折る場合も当然でてきた

この儀式は、数々の問題も抱えていた
まず、サムライや足軽が嘘の申し立てをして報酬を得ようとする場合
敵の足軽の首を取って、それを位の高いサムライのもののように虚偽の申し立てをすることがあった
これが上手くいきまんまと褒美を手にする者もいたが、この粉飾が見つかる者もいた
誰かの首を取った後で報酬を確実に手にするために、戦場を離れてしまうサムライもいた
このようにズルをする者がいなかったとしても、問題は別に存在した
斬首は時間がかかる作業だ
敵の頭を押さえつけて、刀で首を切り取らなければならない
激しい戦いの場では、スピードが要求される
武将や大名の多くが、この斬首にかかる時間の無駄に気づき始めた
これら諸々の問題を鑑み、斬首を禁止する武将も現れたが、これは逆に自分の軍隊を怒らせてしまう結果に至ることもあった
戦場で報酬を受けたり、名声を高めるためには首を取るしかなかったからだ
斬首を禁じた最も有名な例が、1545年の川越の戦いだ
北条氏康は、より素早い攻撃のために斬首を禁じた

斬首の伝統はサムライの時代が終わってからも長い間続き、第2次大戦の間にも日本兵によって行われていた例もある



ひぇー、斬首しちゃうの???




首を取られたサムライの家族は、どんな対応をしたんだろう?




首を取られるってことは、不名誉な事だったのかな? それとも首の状態が良ければそれはそれでよかったんだろうか?




首を取られた家族が、仇討するとかあったのかな?




テレビやSNSがない時代だったから、何でもこいだったんだろうね




戦いに赴く前に、先ず身だしなみからって。。。。。




イスラム国がやってる事だけが野蛮なんじゃないね




イギリスでは首を晒すって言うのは、ただ単に儀式でしかなかったよ




首を取った後で、洗ったり髪形を整えたり、お歯黒までやってたらそりゃ時間かかるよね




斬首と仏教の教えは、どう整合性をつけてるんだろう?




もし首を取られた場合に備えて、戦いの前に身だしなみを整えてたら、既に気持ちで負けちゃうような気がする。。。。。




いつの時代にも、ズルしてちゃっかり良い目を見ようとする奴はいた、ってことだね




毎日毎日、一日の終わりに首を沢山見せられて、大名はトラウマになったりしなかったのかな?




一日の首のノルマとかあったのかな?




自分のとった首が誰のものかって、どうやって分かったんだろう? 皆名札付けてたとか




歌舞伎の隈取とか、舞台の為の化粧だって思ってたけど、案外、戦国時代のサムライは実際に隈取してたのかもね




日本人が自分の仕事以外にも色々雑務をこなさなきゃいけない伝統って、この当時からあったんだ




1930年の台湾で、日本兵が日本の支配に反対する台湾人を斬首したっていう記録が残ってるよ




倒した敵の首を持って帰らないと報酬がもらえないって、かなりエグイ。。。。




日本人は平和を愛する国民、ってにわかには信じられない




自分は死んだことにして、どこかに逃げちゃったサムライとかもいそうだよね




アガサクリスティーは、死体を隠すには戦場が一番いいってポワロに言わせてるよね




戦場で気に入らない見方を殺しちゃったサムライや足軽もいっぱいいたと思うよ




https://www.youtube.com/watch?v=TXPrkZ5Kpmo
Comments
  1.   534522
    >1930年の台湾で、日本兵が日本の支配に反対する台湾人を斬首したっていう記録が残ってるよ

    馬鹿か台湾にはもともと首狩り族がいたんだよまんまと中国のプロパガンダにだまされおって
  2.   534523
    さらし首と首級は意味が違うのに、ちゃんと混同してくれました。
  3.   534524
    家族や仲間に復讐されて、
    後悔しても仕方無いしね、
    倒した相手の首ははねといた方が、
    良いかもね・・・
  4.   534525
    首とって、ナイフで肉そいで、鍋で煮て、本国に送ってたのは米兵だぞ
  5.   534526
    中途半端な知識のひけらかしほどイラっとするものはないな
    同時に自分もこうならないように気を付けよ
  6.   534527
    首と言っても、知名度のある武将のじゃないと価値無いだろう
  7.   534528
    ※534525
    日本兵の首をボールにしたりな
    あいつら自分らの悪いことはすぐ忘れるから
  8.   534529
    自分の戦働きの証明として首とってたんだよ
    名乗りもその延長上、自分がやったことを周りにアピールして証言してもらうため
    首とること自体に意味があったわけではないのは、朝鮮征伐時に耳や鼻で代用したことでもわかる
  9.   534530
    農民兵は、乱取りで拉致してきたものを奴隷として売り飛ばしたり、金品を奪って戦果とした。
    大坂夏の陣図屏風には、乱捕りの様子が描かれている。
  10.   534531
    単純に見れば確かに首狩り族だからね
    背景の文化知ってりゃそうなった理由とかわかるだろうけど、部外者にはわからんわな…
  11.   534532
    首を持って歩くから道なんだぜ
  12.   534533
    街の広場でギロチンやってた連中がなんだって?
  13.   534534
    明治になって当時の司法卿(法務大臣)江藤新平を最後に梟首刑は
    中断しているが、廃止されたわけではない。いつでも復活可能だ。
    中学卒業してもいつまでも漫画・アニメ・ゲームに現を抜かしてる
    性犯罪者にこの刑を適用すべきである。裁判所や渋谷や新宿で首を
    晒せば、性犯罪も少しは減ることだろう。
  14.   534535
    >1930年の台湾で、日本兵が日本の支配に反対する台湾人を斬首したっていう記録が残ってるよ


    それは台湾の先住民の習慣じゃい
  15.   534536
    >>534522
    台湾映画の「セデック・バレ」でもちゃんと描かれてたよ。嘘じゃないよ。
  16.   534538
    1930年のは首狩りの風習があった原住民が蜂起した事件かな
    別の部族の協力を得て鎮圧したがその際協力部族に首狩りを特例として許可した
    まあ現地の所謂傭兵がやったことでも日本軍統制下だから日本のやったことになるんだろうが…
  17.   534539
    太閤殿下の朝鮮征伐の折りに・・・
    応援に来た明軍が最初にやったのは、一万の朝鮮人の首を刎ねることだった。
    最初に手柄を確保したんだな・・・
    首ならなんでも良かった、ということだろうけど酷い話し・・・
  18.   534540
    ああ火あぶりよりは人道的かな。ww2で火炎放射器で女子供を焼かれたな日本人は。
  19.   534541
    首取りの最中に敵から襲われ、自分の首を取られてしまう武士を描いた絵もあったな
  20.   534542
    バカ外人どもが野蛮じゃない戦なんてあるのかよ?
    あるのなら何処の国の戦の事なのか教えて貰いたいもんだわな

    日本の場合は敵に対しても礼儀を持って斬首してたんだよ
    敵も味方も斬首を覚悟の上で戦っていた

    そんな残酷な戦の中でも熊谷直実と平敦盛の話しなどはまさに美談だ

    能の演目にもなっている
  21.   534543
    戦国時代の侍はまさしくバーサーカー
    でもただ野蛮な訳ではなく、敵に塩を送ったり、和歌や茶に興じてみたりと、それなりの美学も持ち合わせていた
    儀礼と礼節を尊ぶべし、なんて気風が生まれたのは平和な江戸時代からだ
  22.   534544
    イングランド人はデーン人の首を蹴飛ばして遊んでたし、ヨーロッパは十字軍の頃まで、打首でない罪人の首も約束の日に復活できないように埋葬前に切り落としてたじゃん
    見せしめとかそう言う話ではなく、死んでも許さないって奴ね
    特亜の凌遅刑も元は遺体をバラバラにして遠く引き離せば、魂が一つになれずに永遠にこの世を彷徨って苦しむことになるとかそんな迷信からだった筈
  23.   534545
    首実検もこんな誤って伝えられるといい迷惑だな
  24.   534546
    アメリカ人は、第二次大戦まで首狩やってじゃねーか。
    日本兵の頭蓋骨使って、燭台作るとか猟奇的な真似した証拠まであるから、嘘だとは言わせない。しかも、なぜか女性のものまであるんだよな。
  25.   534547
    >>1930年の台湾で、日本兵が日本の支配に反対する台湾人を斬首したっていう記録が残ってるよ

    それ逆じゃなかったっけ?
    台湾に首狩り族が居て、日本人の警官が複数名首を狩られて積み上げられた事件。
    後に中国が、その写真を使って南京の偽写真に利用した。
  26.   534548
    欧米の、四肢裂き、ギロチン、火あぶり、電気イスも十分野蛮やろ
  27.   534551
    刀を使って戦闘しているなら洋の東西を問わず普通にあったはず。サロメは愛した男の首を欲しがったのだろう?
  28.   534553
    >1930年の台湾で、日本兵が日本の支配に反対する台湾人を斬首したっていう記録が残ってるよ

    霧社事件ね。被害者は全員日本人。台湾の原住民が殺した。
    もともと台湾人は首狩り族。外国人、サムライが好きなら調べりゃいいのに。
    サムライが恐れていたのが台湾の原住民だぞ。あの島はアジアへ行く時の経由地。
    サムライも被害に遭ってたから、最も恐れていた土地だけどね。
  29.   534554
    イギリス王室もそうだよ、相手の首を出せって
  30.   534555
    外人が無理して日本の文化なんて知らなくても良いから
  31.   534556
    既出だが第二次大戦の米軍もやっとるよ
    スカルトロフィーって言って頭蓋骨をトロフィー代わりにしてる
    ライフという雑誌には彼氏から送られた頭蓋骨と一緒にうつる女性の
    写真が載った
    「スカルトロフィー ライフ 日本兵」でググると出てくる
    「米軍兵による日本軍戦死者の遺体の切断」のWIKIに色々纏まってる
    日本のは報酬を得るための証だったが、向こうのはそのまま記念品
  32.   534558
    たぶん大前提として当時の日本は非常に規律と秩序のとれた軍隊だったてのが
    第二次大戦のアメリカのプロパガンダで知らない人が多い
    敗戦間近になると混乱もしてくるんだが、それまでは世界のどの軍よりも
    真面目な軍隊だった
    当時のアメリカって豊かで力はあったが植民地上がりの田舎者だったので
    人種差別や宗教差別が非常にキツかった
    キリスト教徒じゃないだけで人間扱いしてくれない人も多かった
  33.   534560
     首級詐欺を防ぐために、手柄首には必ず第三者の証人が求められた。しかも単に味方内だけでなく、場合によっては敵方にも証言を求めたらしい。
     武士が戦する目的はほぼ手柄首による恩賞目当てなので、お互い普通に協力しあったとか。
     こういう実利的な面が、敵となった者へのリスペクトにも繋がって行ったんじゃなかろうかな。
  34.   534565
    石川文洋の「戦場カメラマン」読んでたら、米兵がベトコンの肝臓を手に持ってる写真があってぞっとした。死体の肝臓の部分だけ見事に切り抜かれてたし
  35.   534567
    斬首された首を洗ってキレイにするのは女連中
    雑談しながら洗ってたんやろうな…
  36.   534568
    アメリカ軍もインディアンの首を刎ねてたじゃん
  37.   534571
    当時は東洋も西洋もイスラムも世界中でそうだったと思うけど。
    比較的近年だとベトナム戦争中にアメリカ兵がベトナム兵の耳を集めてたね。集めても報奨金でないのに。
    ネイティブアメリカンの頭皮にはお金が出てたのかな?
  38.   534572
    首実験といえば、笹の才蔵の話思い出す。
    あと、小早川秀秋の朝鮮征伐での首級詐欺。正確には耳とか鼻だが。
    あれで改易されそうになったんだよな。
  39.   534579
    そりゃあ南京大虐殺もするわな
  40.   534587
    今でも首になるんやど どうだ怖いだろ外人ども
  41.   534593
    それでもとった首はちゃんと埋葬して供養はしたけどな
    日本のあちらこちらに首塚というものがある
    首は首実検のために必要だっただけで戦利品にしてた諸外国とは違う
  42.   534598
    そりゃ首ほど確実に本人を証明するものはないからな
    手に痣があるとかそんなのいくらでもすり替え可能だから誰も信じない
  43.   534599

    まぁ、無知無学な外国人には、
    野蛮に見えても仕方ないが‥
    昔のことだ


    武士は、刀で、「相手」を斬る
    が同時に、時に、場合によって「自分」をも斬る
    相手敵を罰するだけでなく、時に自分を罰する

    それは、武士の倫理に反した時
    もしくは、身の潔白を自死をもって証明する時
    家族や家臣や主君を護る時‥‥

    ただ、野蛮な訳じゃない
    アマゾンの部族が首狩りする、
    多くの場合供物捧げ物にする為に
    首狩りする

    部族は、自分を斬る倫理感を持ち合わせていない
  44.   534600

    自分で、自分を罰することができる人間、
    または組織は、


    未開ではない


    ※朝鮮は未開だ(笑)
  45.   534606
    イスラム国がやってる事だけが野蛮なんじゃないね

    ↑イスラム国は、己で、己れを罰することができるか?


    根源的に違う
    外人に教えておいてやるが、
    戦争も、根源的には、「罰する」行為だ
    それが大掛かりになったもの
    だから、外交の延長
  46.   534639
    内容はともかく、所々に中国韓国の日本下げガゼネタが仕込んであるのがいただけない
  47.   534676
    カメラ=写真がない時代、

    敵の上級武士を討ち取ったという「 証拠 」を見せないと恩賞をもらえないだろう。

    遺骸を運ぶのが大変だだから、首(=顔)だけを持ち帰って、主君に見せて恩賞をもらった。
  48.   534688
    更に文禄・慶長の役では首だけでも重いので、耳や鼻を削いで集めて戦果確認
  49.   534696
    笹の才蔵
  50.   534844

    また菊と刀だが、ベネディクトが確か述べていた
    日本では罪人を追いかける必要がない、武士なら
    (武士なら、罪をおかせば、)自ら出頭して来るからだ、と

    そう言う人間、
    そう言う人間で構成された組織
    は、部族やイスラム国と根本から全く違うもの

    ただ首を切っているから、野蛮で、未開だ
    と言う外国人は、
    全く表明しか観ていないと自ら白状している

    そう言うことは、日本だけだとベネディクトは確か著者で述べていたように記憶している

    部族やイスラム国と日本では、すべての結果、
    経済力でもノーベル賞でもミシュランでも治安でも、全く結果が違うのだから、
    日本人と部族やイスラム国が同じわけがなく、
    同じだと一秒でも思う君たち外人は、
    知能に決定的に問題がある



  51.   535260

    武士の場合は、出頭する前に、
    褌を変える、身体を清める、死装束を用意する、家をキレイに掃除する、家族子供に遺言する‥‥から、出頭する
    平常心で、死ななければならない

    武士は、倫理に背けば己を斬るが、
    当然己れの内には、嫁、息子、娘も含まれる
    個人的優遇は許されない

    主君の場合は、
    死を覚悟して諫める‥

    キリスト教は「罪の文化」だと言われる
    我々が解説する立場にはないが、
    極論すれば、
    己れの罪を自覚しろ!
    主イエスは、自分で自分を罰する、ことができる人間になれ、組織になれ、と説いた
    それは公の決まりに則してだ

    即ち、自分を自分で罰することができれば、
    未開ではないと言うことだ
    (懺悔せよ)

    そう言う意味では同じだ
  52.   535261 武士は、軍人だから

    が、サムライの場合は、
    もっともっと厳しい

    実際に、自死した
    (キ教は、自死は禁止)


Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!