­海外反応 キキミミ

 

海外「怖い…」がしゃどくろ…平将門の娘『滝夜叉姫』にまつわる日本の民話に海外興味津々(海外反応)

海外「怖い…」がしゃどくろ…平将門の娘『滝夜叉姫』にまつわる日本の民話に海外興味津々(海外反応)

投稿者
滝夜叉姫

もし自分に骸骨に「敵の血を飲め」って命令できる能力が備わってたとしたらどうする?
今日の『日本の民話』は、亡き父の栄光への執着を体現するために頑張っちゃったお姫様の話を紹介するよ



この栄光に執着したお父さん、って言うのが平将門、専門家には最初の侍って呼ばれてる
彼は朝廷に反旗を翻して、武将がトップに立つ国を作ろうとした
この試みは、そこそこうまくいってたんだけど、将門が斬首されて後でこのムーヴメントは彼の首のように転げ落ちて行っちゃった。。。。。
当時は反逆者が死罪になる時には、その家族も一緒に殺すって言うのがお決まりだったんだ
後々問題を起こさないように、ってことでね
将門には息子と娘がいて、彼らは難を逃れてどこかに隠れた
何年か後に、娘は機は熟したと考えて復讐を始めることにしたんだ
でも、いったいどうやって??? できることはただ一つ。。。。
夜、彼女は近所の神社に忍んで行って儀式を執り行い、神様に助けてくれるよう頼んだんだ
毎晩毎晩同じことを21日間続けた
最後の夜に、その神社の守り神が現れたんだ
彼女は神様に向かって「父の仇を打てる力を授けてください!」って叫ぶ
「よかろう」って神様は答える
「へ??」
神様は彼女に魔法の力を与え、新しい名前を授ける、『滝夜叉姫』だ
「なぜ、滝??」と彼女がつぶやくと、神様は
「わしは滝が好きなんじゃ、お前は力が欲しくないんかい?」と問いかける
「ハイ」
これには別の説があって、それによると彼女の弟が山で怪しげな男に遭遇する
この男は将門の後継者だって主張して、弟に蛙の魔術の巻物を授けるんだ
弟はこの巻物を姉に渡し、彼女がその忍術を訓練して蛙の魔術が使えるようになった、って言うもの
魔術を習得した時に、名前も滝夜叉姫に変えたっていうんだ

姉弟はひそかに故郷に戻り、今でも将門を支持するサムライ達に召集をかける
モンスターが味方に付いてるのに、どうしてサムライなんて集める必要があったんだろう?
滝夜叉姫は彼女に与えられたパワーを使って、数多くの妖怪たちに敵を倒すよう命令する
この噂は瞬く間に朝廷に広がった
新たに謀反を画策する輩が出たらしい。。。
朝廷は郎光圀を派遣して、何が起こっているのを探らせようとした
まぁ、実際いろんなことが起きてたんだけどね

郎光圀は自身の最も優秀な軍隊を率いて、滝夜叉姫の本拠地に乗り込んでいった
なんだか怪しげな雰囲気が漂っていたが、郎光圀はそれをピンポイントで見極めることはできなかった
妖怪たちがうごめく道を通り過ぎ、郎光圀は神社の入口へとたどり着く
驚くことに、従者は郎光圀を歓迎し、飲食でもてなしてくれた
酌婦まで侍らせてくれたんだけど、その女性はちょっと押しつけがましく感じられたよ
郎光圀は、これにますます疑念を募らせていく
「ふーん、自信にあふれた女性??? なんか変だな?」
郎光圀はその女性に、将門の話を始めて、彼の死にざまに言及した
この女性こそが滝夜叉姫、将門の娘だったんだ
父親の最後の様子を聞かされて、彼女は涙にくれる
彼女はその場を走り去ってしまうんだけど、しばらくして悪魔の手先となった姿で舞い戻ってくる
力をマックスにするために、かつて父が戦った戦場で儀式を執り行い、パワーアップすることを目論んだんだ
地面から死んだ侍たちの骸骨が起き上がり、合体して巨大な骸骨が出来上がった!!
これは日本の民話では『がしゃどくろ』って言われてるんだけど、多くの人が亡くなった戦場なんかで良く見られたみたい
こういう場面で亡くなった兵士たちや飢饉で死んだ人たちは、ちゃんとした葬式も上げてもらえず、その悲しみや恨みは肉体が滅びても残り続けるって考えられてた
生き残った人々への恨みから、骨を合体させて巨大な骸骨に姿を変えるんだ
がしゃどくろに捕まった人は、つぶされてしまうか頭をちぎられそこから血を吸われてしまう。。。。。
こいつは自分の姿を透明にしてしまうこともできるから、人間はこいつが近づいてきても気が付かない
動くときに時々骨がカタカタ音を立てるから、それで気づく人もいるんだけど。。。。
こいつを殺すことは不可能だ
力を使い果たして、骨がばらばらに崩れ落ちるのを待つしかないんだ
この手の妖怪は、戦いや飢饉が起きない現代ではめったにお目にかかることはない
今こいつが現れるとしたら、中東くらいかなぁ

滝夜叉姫はこの妖怪と、将門の支持者、自分の弟を引き連れ、自身は巨大なガマに乗って郎光圀の軍勢に挑んでいった!!
壮絶な戦いだったんだけど、結局最後に滝夜叉姫は命を落とす。。。。。
彼女の率いた反乱軍も全滅した、まるでお父さんの時のようだね
でも彼女の伝説は生き続けた
勇気にあふれて忠誠心の篤く、父親の仇を打とうとした娘の話としてね

巨大な骸骨を味方につけてたのに、どうして滝夜叉姫は負けちゃったんだろ?
骸骨は戦いのゲームでは勝ち目がないんだよ、No skin in the gameだからね



父親のために忠誠心と勇気にあふれる娘って、イヴァンカ・トランプの事かい??




巨大なガマって、千と千尋の神隠しに出てきたよね、あの映画大好き!




こういう話、大好きだよ




滝はあぶないから近づかない方が良いっていうことだよね




ファイナルファンタジーより面白いストーリーじゃない?!




日本の歴史や伝承物語がこれくらい楽しく学べれば、試験も楽勝なんだけどなぁ




巨大な骸骨だけじゃなくて、妖怪や生きた軍勢までいたのに、どうして滝夜叉姫は負けちゃったんだろう???




陰陽師に出てくるバージョンの滝夜叉姫が一番好き!




千と千尋の神隠しを見てから、自分の日本文化への興味が一層深まったよ




平将門の計画が、自身が斬首されるまでは上手くいってたって言うのは、よくあることだよねぇ




首を跳ね飛ばされても、計画を完遂した人っているのかな?




アタック・オン・タイタンズに出てきてもいいようなキャラだね




滝夜叉姫の話が出てくるのを、首を長ーくして待ってたんだ




妖怪は好きだけど、骸骨は怖いからいや。。。。。




蛙の魔術って、ナルトに出てくるやつ?




勉強する気分じゃなかったからこのビデオ見始めたけど、かえって勉強になった気がする




この手の話って、ジブリの映画に沢山織り込まれてるよね




昔、おまじないの石って大事に持ってたなぁ




大きな骸骨が出てくるなんて、ゴスロリファンの自分としては外せない!




モンスターズ・インクの日本版みたいな話かな??




映画『マミー3』って、こんな話じゃなかった?




https://www.youtube.com/watch?v=3udwSCA7LO0
Comments
  1.   547528
    昭和中期に創作された妖怪であり、民間伝承由来の妖怪とは出自が異なる。
    1960年代後半に刊行された児童書の類において創作されており、
    最初に書籍に登場したのは、山内重昭『世界怪奇スリラー全集2 世界のモンスター』(秋田書店、1968年)
    に収録された斎藤守弘による妖怪記事である[3][4]。
    同時期に水木しげるや佐藤有文にも取り上げられ、
    1970年代以後も両者の著書によって紹介され続けて広く知られるようになった。
    (Wikipedia がしゃどくろより)
  2.   547529
    歌舞伎や講談の類まで歴史と称して紹介しだしたか。
    明らかにアクセス稼ぎだよな。
    本当に悪質。
  3.   547530
    タケヲちゃん物怪録に出てたな
  4.   547531
    ※547529
    首が飛んでったとか歴史にしてる国が何を言う
  5.   547532
    >>1
    そうか、登場人物も含めて嘘話かぁ。困ったもんだ。滝夜叉姫なんて名前から
    しておかしいもんな。郎光圀なんて読めやしねぇ。大体、昔からこんな素敵な
    話なんてつくれるわけないやな。
  6.   547533
    この投稿者、いっつも日本を誤解させるような投稿ばっかりしているな
    名前からして中韓系っぽいな
  7.   547535
    私の背中が滝夜叉姫だ。
    新宿彫〇一門の所で彫った。

    浅草〇〇組の若い衆も彫りに来てたよ
  8.   547536
    嘘コキ迷惑CK系が。
    葬式もして貰えず無念に亡くなった
    大量の米国製がしゃ髑髏で潰れればいいのに。
  9.   547538
    >>5

    滝夜叉姫の場合は、がしゃどくろとはまた別の時代からの伝承で、元々の伝承での将門の娘で妖術使いというのは、五月姫として浄瑠璃などで描かれていたものが、滝夜叉姫の原型
  10.   547539
    善知鳥安方忠義伝ね
    文化の違う地域に物語を伝えて行くと各々の文化に合った様に改変されて行くのはしょうがない事
  11.   547540
    いや、だから、一番上の人が言いたいのは、がしゃ髑髏の事。
    実際江戸時代の浮世絵で滝夜叉姫の絵に出て来くる巨大骸骨。
    そういうところからインスパイヤーを受け、がしゃ髑髏を創作したんだろ。
    滝夜叉姫の伝説は本物。まあ伝説だからウソ話といえばウソ話だがな。
    とにかく、一番上の奴が悪い。勘違いするだろ!!!
  12.   547541
    >>1
    このお話を元に描かれた巨大な骸骨を「がしゃどくろ」と名付けて広めただけで、お話自体はそれ以前から存在する
  13.   547542
    >栄光に執着したお父さん、って言うのが平将門

    またこの捏造外人かよw
    いい加減にして欲しいw
    将門は栄光や権力に執着した事は全くない
    てか平安時代の東国の有様くらい
    勉強しろクソ害人
  14.   547543
    >>>1の図柄を地獄に流しました・・・・・・


    人を呪わば穴二つ
    闇に惑いし哀れな影よ 人を傷つけ貶めて 罪に溺るる業の魂
    いっぺん・・・・

  15.   547544
    怨霊権化の崇徳上皇と比べたら
    将門なんて可愛いものです
  16.   547546
    いや普通に読んで>>1が言及してるのはガシャドクロのことだと分かるだろ
  17.   547547
    厳密にはがしゃどくろとは違う話だろ
  18.   547552
    とりま本当にスジが違っていて『曲解または事実誤認』を意図的にさせようとしているなら暴れてくるから『これは間違いなく絶対に事実と違う』部分をそれぞれ指弾してよ

    その内容の軽重を見て重ければ徹底的に暴れる。こうしていかなければ日本に対する敵性行為は無くならない
  19.   547576
    マヌケ外人はたこ焼き食ってセンズリしてろ
    wwwww
  20.   547594
    このお化け連中大好きだよな。
    まあ、骸骨だし、分かりやすい妖怪何だろうけど。
  21.   547598
    将門の首塚は 今でも丸ノ内の一等地にあるよな… 
    立派なビルとビルの間にポツンと 俺はこの首塚の話は知ってたが 本当あるんだと目にしたときちょっと怖くなったよ
  22.   547711
    > 怨霊権化の崇徳上皇と比べたら
    将門なんて可愛いものです
    アトラス「せやろか」
  23.   547974
    >>11
    どこをどう勘違いするんだよ。
    「がしゃどくろは昭和に創作された妖怪です」って、
    まともに読めば分かるだろ。

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!