­海外反応 キキミミ

 

海外「読むのを途中でやめられない!」東野圭吾に湊かなえ!日本のミステリー小説を絶賛する外国人に海外議論(海外反応)

海外「読むのを途中でやめられない!」東野圭吾に湊かなえ!日本のミステリー小説を絶賛する外国人に海外議論(海外反応)

投稿者
なぜ日本のミステリー小説がおもしろいのか
今年から日本のミステリー小説をよみはじめました 今まで読んだものとは全くちがって驚きました
まずミステリー/探偵小説や日本文学全般が好きです なので僕の意見は若干かたよってるかとはおもいます でもだれでもこの本ですばらしい時間がすごせると思っています 

この本が好きなのは個人に焦点をあててそれぞれの視点から話しをすすめていっていることです 僕はアガサ=クリスティやジョー=ネスボ ジェシーあるダーオルソンなども読んできましたが彼らはキャラクターよりも謎解きに焦点をおいています
ハンニバルのシリーズやハリーホールのシリーズも大好きですがこれは小説よりもむしろ映画的な要素が強い気がしています 調査は好きですが本の半分は犯人やその動機などではなく敵対者の怖さみたいなものを書いている事に気がつきました だからそれが悪いって言う事ではないんですが
しかし日本のミステリーはもっと登場人物をふかく掘り下げていく事で事件をすべての側面から理解できたのです 銃撃戦や警察の突入や今すぐ殺される恐怖などなしで場面の隅においてくれているというか この点ではクリスティに近いのですがだ「だれがやったか」というところだけがだいじなわけではないのです

 1 東野圭吾 
この人はこのジャンルで優勝です 彼の著書全部をよんでも同じ話しを読んでる気がしません かれの本の組み立てはそれぞれ全く違っていて1人がこんなに違うミステリーを考えられるなんてすごいと思う 彼の一番人気のシリーズは探偵ガリレオで3冊が英訳されています 
クラシックな「だれがやったか」というものに近いと思うのですが誰がやったかよりもなぜかとどうやっての部分が主に語られています 僕が一番好きなのは加賀シリーズで探偵の考えをなぞっていくのではなく事件の関係者の考えをずっと見て聞くのです 新参者では加賀は転勤して彼が殺人がおこった場所を歩き回りお店の人やサラリーマンなどと話しをするのですがそれを加賀の視点からではなく話しをされた人の視点で知る事ができます いまは9冊の本が英訳されていますが 容疑者Xの献身から読み始めるのがおすすめ 僕が一番好きなのは 破線のマリスです

2 桐野夏生
OUT からすべては始まりました 雑で現実的 そしてほんとうにおもしろい アウトは夫を殺した妻とその遺体の始末を手伝った友達の話しなのですが登場人物の動機がわかると思うのもがたくさんでてきます 誰の視点からみるかによってその人物の印象が全く変わっていくものおもしろいと思います リアルワールドやグロテスクはその点ではとても似ている 犯罪自体よりも人間の本質にせまるものです 現代日本のドフトエフスキーをよんでいる気持になります

3 湊 かなえ
告白は最高です 最初を読んだだけで引き込まれます 彼女の話しでは心理的なものと人間性の醜さが語られます もちろんミステリーの要素もたくさんあります 告白と贖罪が英訳されていてページをめくるてがとまりません 3人のなかでは一番映画的な小説で告白は映画化されて2010年のオスカーにノミネートされています 限界まで追いつめられた少数の人達がする復讐の物語です 悲劇を話しそれに関わった人達の未来がどのように崩壊していくかを書いています 
 ほかにも日本のミステリーのジャンルにはすぐれた著者がたくさんいます この3人は僕がいいと思った人達ですが今年になって読み始めたのでまだまだ読むものはたくさんあります おすすめの本があれば教えてください



冬の読み物に最高って感じだね すばらしいおすすめをありがとう



↑投稿者
それは考えた事なかったけど ほんとうに冬に読むには最高だね




私が読もうと思ってなかったジャンルの紹介に時間をかけてくれてありがとう これから絶対に読もうとおもいます まずは 容疑者Xの献身 から




誰かが私に容疑者Xを勧めてくれたんだけどいまでは私がみんなにそれをすすめているのよ この人がいってるようにミステリー自体よりも人間の動機に焦点を当てている事に感心してるの 追加のおすすめをありがとう 探してみるわね 




これを読んで刺激を受けたよ この投稿で名前がでたものをすべてダウンロードした これから2カ月分の本を提供してくれてありがとう 他にも日本の著者でいいと思った人はいる? ジャンルは違っても? 僕がずっと好きなのは村上春樹だけど 彼が誰かを知るまえからずっといいとおもってたんだ 安部公房もすきだけど 



↑投稿者
嬉しいな 僕は村上春樹に飛び込んでみたいとずっと思ってはいるんだけどノルウェイの森しか読んだことない 他のお気に入りでは安部公房がおすすめ 去年砂の女をよんですごくよかった 一気に読んでしまったよ 太宰治の人間失格も人間の本質を深く掘り下げている こちらもおすすめ




日本のフィクションを最近よんでるんだけど僕が気に入っているのは太宰治の人間失格 三島由紀夫の午後の曳航 が最高だよ おもしろいけどかなりくらい そういうのが好きなら 数年前にでた日本の短編集でペンギンブックもいい  日本の広い範囲の日本人作家が紹介されてる 村上春樹が紹介文をコメントを書いてておもしろいよ




貴志祐作は読んだ事ある? とってもおすすめよ 今年一番の発見だったわ 



↑投稿者
おすすめをありがとう この作家はしらないけど 絶対にチェックしてみるよ クリムゾンの迷宮以外にも英訳されてるものはあるのかな?




私は 新世界より を読んだわ ミステリーじゃないんだけどすごくおもしろいSF小説だった 最初はそんな感じしないんだけど 



↑投稿者
新世界よりのアニメをみてすごく好きなんだ 彼の本を探してみるよ ありがとう




僕はこれでそだった 僕の叔父が探偵でよく遊びにいってたんだけどミステリー小説の本棚と探偵のパズルの本がたくさんあってそのうちの多くが日本のものだった 東野圭吾の 白夜行 は絶対に読んでみるべきだとおもう 賛否両論あるけれどね




東野圭吾の 白夜行 を読み終わったところ この話しは途中で辞めるのがむずかしいほどずっとおもしろくて捕まってしまったよ 容疑者Xの献身が最初に読んだ本だったんだけど 彼の語り口にやられっぱなしだよ 登場人物の 桐原亮司と西本雪穂にはまったんだ スリルある経験を保証するよ




容疑者Xの献身を買う事にしたよ



↑投稿者
絶対に後悔しないから!




桐野夏生は大好きなの もっとみんなに知ってもらえるといいなっておもってる




ここででた作家は全く読んでないけど でも僕のおすすめは横山秀夫の 64(ろくよん) だいぶ前に読んだから詳細は覚えてないんだけど 昔の未解決事件が警察官が新しい事件に対する反応に暗い影をおとしているようなはなしだった




いい本だよ




64 最高!




東野圭吾は2番目に好きな作家だな 犯罪スリラー/殺人ミステリー小説に限っていえば一番だけど 完璧なベン=ダイヤグラム が アガサ=クリスティの複雑なプロットと パトリシア=ハイスミスの犯罪心理と近代の警察手続きの間くらいに重なった感じかな ぼくがいっておきたいのは翻訳はとってもドライになりがちだってこと 警察の捜査に関するとことではいいんだけど 予想してないとちょっとおざなりって感じがするかもね
彼の探偵ガリレオシリーズは特によくてホームズ/ポアロ的な語り口で 探偵の技術とひらめきで事件を解決するのではなくて彼は心理学の教授で科学的な方法と結果をどう見るかによって事件を解決する 最初はそんな感じがしないのに事件の層の厚さを作っていくんだ
東野圭吾の本で唯一つまらないと思ったのは ゲームの名は誘拐 だけ 最後の緊張感はよかったけど3/4はエンディングのためにかかれてるだけってかんじがした 




ゲームの名は誘拐 の感想は僕も同じだよ 他の話しとくらべると勢いがちがうよね




投稿をありがとう ミステリー小説を最近読み始めて海外の作品を読んでみようと思い始めたところだったんだ 作家の名前があがってくるのは助かるよ 




ちょっと前に兄が買ってきてくれた アウト は良かったよ




日本のミステリーが好きなら江戸川乱歩を読んでみて欲しい 日本のミステリーフィクションのアイコン的存在だよ まさに芸術



↑投稿者
いま彼の短編集を読もうとしていたところだよ 提案をありがとう




https://www.reddit.com/r/books/comments/k1jmhz/why_japanese_mystery_novels_are_amazing/
Comments
  1.   547702
    東野圭吾は「天空の蜂」がびっくりするくらい駄作で笑った
  2.   547703
    横溝正史全般、高村薫の「マークスの山」をお勧めする。
  3.   547704
    「火車」を入れるのを忘れてた。
  4.   547705
    江戸川乱歩が出てくるのは流石に時代が違いすぎないかとも思ったけど英訳出版されてないなら彼らにとってはないのと同じだから以外に新旧の差は日本ほどないのかもしれないな
    アニメの影響でライトノベルもどんどん英訳されてるらしいけどライトノベルというものはどういうものだと捉えられてるのだろうね
  5.   547706
    容疑者Xの献身ほんと好き
    東野圭吾は素晴らしい作家だと思う
  6.   547708
    東野圭吾で、僕が1番好きなのは「破線のマリス」(作者野沢尚)というすごい落ちにビビった。
  7.   547709
    >>6
    おなじく。アメリカンジョークかと思ったよ。
  8.   547710
    海外の推理小説でも事件やアクションよりキャラや動機など人間を掘り下げてる物はたくさんあるけどなあ。
    東野さんは理系出身だからプロットの組み立てが普通の作家さんたちとはちょっと違っているんじゃないかと思ってる。いずれにしろ凄いストーリーテラーであり、作家だと思うけど。
  9.   547712
    湊かなえは英訳してもあの読後の胸糞悪さはあるのかな
  10.   547713
    ここに出てるの全部読んだけど
    砂の女だけはよさがわからない
  11.   547714
    湊かなえは鉄板。全部おもしろい
  12.   547716
    宮部みゆきと誉田哲也の名前があがってないのが悲しい
  13.   547717
    面白いのは伊坂幸太郎だろ。翻訳で会話の軽妙さが損なわれる可能性もあるが。好きなのは道尾秀介。上手いと思うのは、逢坂剛。作品の前半が面白いのは宮部みゆき。
  14.   547718
    東野圭吾はハズレもあるからなあ
    自分はパラドックス13みたいなのは嫌い ガリレオは好き
    宮部みゆきはファンタジー要素絡んでこない作品は良いよね 火車は一気読みした
  15.   547719
    叙述トリックの京極夏彦はあちらの人には無理だろうな
    あと天使の囁き読んで欲しい
    あれほど恐ろしい話はあまりない
  16.   547725
    宮部みゆきは時代小説のほうが好き
  17.   547726
    匣の中の失楽は英訳になったらどう読まれるのか気になる
  18.   547729
    宮部みゆきはファンタジーより時代劇、ってめちゃくちゃ同意だわ。
  19.   547731
    > 日本のミステリーはもっと登場人物をふかく掘り下げていく事で事件をすべての側面から理解できたのです 銃撃戦や警察の突入や今すぐ殺される恐怖などなしで場面の隅においてくれているというか この点ではクリスティに近いのですがだ「だれがやったか」というところだけがだいじなわけではないのです


    欧米とか日本の司法制度を悪く言うけど、コレだよね。
  20.   547744
    容疑者Xとか小説でも泣けたからなぁ
    実写の堤は微妙だった。
  21.   547751
    赤川次郎は読みやすいからオススメやで。
  22.   547782
    赤川次郎、懐かしいな。
    中学生の頃読みまくってたわ。
  23.   548112
    宮部みゆきは天才的。

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!