­海外反応 キキミミ

 

海外「すごい…」江戸時代の日本人の数学力の高さに海外衝撃(海外反応)

海外「すごい…」江戸時代の日本人の数学力の高さに海外衝撃(海外反応)

投稿者
江戸時代に一般的に楽しまれていた算額

fdba9174-s.jpg




この算額っていうのは岐阜県の郡上のものなの?
郡上って書いてあるからさ




私はこれを皮肉的だと思っちゃう
算額は商人が使っていたもので
上流階級に嫌われていたとか




投稿者
算額の問題が記述された絵馬なんだけど
これは江戸時代に神社仏閣に奉納されたものなんだ
算額の多くの問題は美しい幾何学的図形になっていて
ほとんどが色付きになっていたんだよ




↑江戸ロケットは本物で
ショーのために思いついた時代錯誤的なものの1つではなかったことが分かる




待って算額の前に江戸時代の識字率はどうだったの?




↑江戸時代の識字率は武士と聖職者を除いて
全国平均でそれぞれ54%と19%
男性で約80%、女性で25%になってたらしいよ




↑19世紀のフィンランド人の半分が読み書きできた
識字率の高さが分かるよね
そりゃ算額できるわけだわ




↑小説とかでは算額が日本のものだと主張しているけど
印刷技術と識字率の高かった中国からのものだとされているよ




↑欧米ではそこまで識字率が高かったのかわからない
算額で使っている漢字はみんな習得していたのか
東アジアの改革派は常に漢字が識字率を抑えていると言っていた
そんなことを聞いたことがあるぞ




↑算額の前に漢字を習得することを定義する必要がある
新聞は読めるけど漢字をかけない人は多くいるし
文学を読むことができるから読み書きができるって主張するけど
同意できない人もいるかもしれない




↑日本語は読みにくそうだから
そういうことを考えると識字率は高いんだろうな
それで算額もするってスゴイと思う




日本の伝統的な数学の魅力、和算っていう薄い本がある
算額のトピックにピッタリ




↑和算は幾何学の問題を解決するための実用的な日本の計算だよね




↑算額のほんの日本語版から翻訳した英語のやつもあるよ




こういった算額を扱った天地明察の映画があるんだ




この算額ってやつはなんとも日本らしいものだなぁ




算額についてだけども
「一般的」って記述に少し疑問を抱くわ
本当はおもっと高貴な位の人ものじゃないの?




算額の問題にある円についてだけど
彼らはどうやってブラシで定規やコンパスで作る形を生み出したの?
書くためのペンがあったんだよね




算額かぁ、見た目もそうだけど興味深いねぇ




これは夢中になっちゃいそうだわ
算額についてシェアしてくれてありがとう!




https://www.reddit.com/r/japan/comments/kadoii/sangaku_mathematical_tablet_mathematics_was_a/
Comments
  1.   548730
    和算は稲作や建築に深くかかわってるから身分関係なく勉強してる人多かったんだよね
    ふと思ったんだが、欧米では石高とか民衆にはまったく関係しなかったんだろうか
  2.   548731
    字くらい売り飛ばされた娼婦でも読めたよ
    数少ない娯楽として貸本屋が出入りしてたんだよ
    って、よく考えたら営業手紙や誓文は職業スキルだったな
  3.   548732
    和算や算額は本当に興味深いからもっとしっかり調べて欲しかったなぁ。
  4.   548733
    ベルヌーイ数なんかは関のほうが早く発表してるしな
  5.   548734
    こう言うのを奉納したのは高貴な人どころか農民たちが娯楽でやってたって事を知ってほしいな
  6.   548735
    民衆教育についてわれわれが観察したところによれば、読み書きが全然できない文盲は全体の1パーセントにすぎない。世界の他のどこの国が、自国についてこのようなことを主張できようか?

    (ヴェルトナー 江戸時代)
  7.   548736
    江戸時代の識字率は世界一だったはず。
    それに世界の中でも大衆文化が圧倒的に発展していた。
    西洋文化は上流階級のものだったが、江戸時代の日本では文化や娯楽は大衆のものだったと言える。
  8.   548737
    日本では、召使い女がたがいに親しい友達に手紙を書くために、余暇を利用し、ぼろをまとった肉体労働者でも、読み書きがができることでわれわれを驚かす。

    (ヴェルトナー 江戸時代)
  9.   548738
    西洋文明に触れる前の日本人に高度な数学が出来たはずはないとか、識字率は低かったはずとか
    白人の奢りが見られるなー
  10.   548739
    >>1
    西洋はキリスト凶が語学、科学、etcと学問を民衆に学ばさせず知識を独占していた
    魔女狩りもその一つだ
    やってたことは文化大革命そのものさ
  11.   548740
    農民の遊びですよ、農業にも数学の知識が要るから塵劫記がベストセラーに。
  12.   548741
    ※1
    十分の一税みたいに、収穫高の十分の一みたいな決まりになってたから、
    あまり農民レベルでは計算は必要なかったかな。

    建築学とかはスゴイんだけどね。
  13.   548742
    西洋科学に触れて膨大な計算が必要になった時に、先ず和算が出来るひとを集めて計算させたとか。
    それから西洋数学の時代に入り和算は忘れられることに。
  14.   548743
    貸本屋が成立したってことは、使用人レベルで文字が読め物語が理解できたってことなんだけどね>江戸時代の大衆の識字率
    文字が読めないのに百人一首もいろはがるたも遊べないわけだし。
    算盤ができなければ商いは無理だし、農家だって納税の計算に必要だったし。
  15.   548744
    なんか日本の一般民衆のレベルは自分のとこより低かった筈だ!ってのが見える。
  16.   548745
    ※10
    一応江戸時代以前は日本も同じ(中国とか儒教圏も同じ)。
    基本的に宗教勢力が知識階級を担って、知の独占を行う。
    学問とは古今伝授みたいな秘伝が基本。

    学問を庶民にも広めたのは実は家康だったりする。
    古典を木版にして出したり、公開講義を進めたり。
  17.   548746
    欧米は反乱を怖れて植民地でも自国でも教育は上流階級だけにするのが常識だったから理解出来ないんだよ
  18.   548747
    >>16
    分岐点は平安中期に遡る。
    鎌倉期には既に名主百姓が取り交わした契約書や幕府への陳情書が残っている。
  19.   548748
    明治3年にイギリスへ留学した菊池大麓は、ケンブリッジ大学の数学科を主席で卒業している。数学のレベルが開国以前から相当に高かった証拠。
  20.   548749
    農民の皆がみんなこんな高度な算術出来た訳ではないだろうが、年貢の計算に必要なので広まって、そこで腕試し的に出来る連中が競ったのがこういった奉納算額だろうね
  21.   548751
    農村を掌握して徴税代行をしていた名主(庄屋)ってのが、身分はやはり農民だから。
    農民同士の自治だから知識が広がるのも早いだろ。
    その元を辿ると平安時代に登場した名主百姓となる。
  22.   548752
    知識を自由にさせればどれだけ発展できることか
    知識や言論の自由が制限された状態だとどれだけ国が滅びに向かうのかは
    日本の歴史だけを見てもよく分かるわ
  23.   548753
    ※18
    一般的な識字率や学識の話なんだから、田堵あたりのことを持ち出されても困る。田堵やそれに連なる名主の類が文字の読み書きができるのは別に不思議なことではない。

    同時期の西洋だって自由農民の上階層なら、それなりに識字率や学識あるしね。
  24.   548754
    >識字率の高かった中国

    え?w
  25.   548755
    >>23
    西洋に自由農民なんて居ないんだなぁ、農地は教会の所有だから。
    それで農業技術を殆ど教会に依存していた。
    遺伝の法則を発見したと言われるメンデルは司祭だろ。
    何処にも所属しない遊牧民は随分と近年まで残っていたようだが。
  26.   548756
    >>548754
    算額の意味がわかってないレスだよなあ。
    そもそも、識字率がそんなに高かったら簡体字を作る必要もないってことがわかってないw
  27.   548757
    ※25
    じゃあ、ギルドの所属者は全員司祭なのかね?
  28.   548758
    >>27
    時代が違いますよ。
    土地所有を認められた農民がルネッサンス期に出てくるが、教会の荘園に依存する構造は産業革命の頃まで変わらない。
    メンデルって随分と最近の人で。
  29.   548760
    ※28
    もとは中世や平安時代の識字率の話をしているのに、19世紀の人間を出されても困る。
    というかそれを皮肉って、ギルドを出してる。

    それで何を意図しているのかわからなかったなら、言い方を変えるが、ケプラーやガウスの出身は教会の人間だったか?
  30.   548762
    平安時代にすでに「落首」や「落書」という世相風刺を人の集まるところに立てたんだけど、いくら人がいても誰も読めなきゃ意味がないわけよ
    身分が高い貴族や僧侶が二条河原に大勢いるわけがなく、書いた人は知識人だろうけど、読ませたい対象は庶民なんだよね
  31.   548765
    「一般的」とは言えないが道場みたいなもんで趣味人の文化よ
    知識人やら階級やらで分けられるもんじゃない。

    寺子屋から浮世絵、歌舞伎、貸し本の大衆文化が花開いたのが江戸時代
    そもそも紙が希少品だった欧米とは比較にならんわ
  32.   548766
    他国に比べて日本は紙の値段が安かった事が大きく影響してる気がするなぁ。
    ヨーロッパじゃ本は貴重品で貴族しか買えなかったのに対して日本は旅行記とかグルメ本とか、かわらばんや浮世絵なんかもそうだけど庶民向けの出版物がたくさん有ったし、寺子屋で勉強するにも紙は必要だしね。
    そんな国日本だけじゃないかな。
    あと幕府が愚民政策を執らなかった事もあるよね。
  33.   548768
    女性の識字率が低いようだけど、遊女は手紙で客に営業かける必要があるから結構読み書きできた。
  34.   548769
    判じ絵とかはそもそも読み書きができるから成り立っていたもので、それが流行るとなれば識字率が高いのも頷ける。
  35.   548770
    少なくとも鵞ペンより細く書ける筆はあった
    子供の時に算法少女を読んだ覚えがあるけど、算数は苦手だったな
  36.   548771
    ※33
    よく低いとされる女性の識字率の中には、「かな文字」だけ読める女性の数が入れられていないと思う。漢字漢文まで読みこなせた下女は少なかろうと思う。だが、読本や草双紙を読める女性は2〜3割に収まってないと思う。南総里見八犬伝なんて待ちわびて読んでたと思うし、明らかに女性読者も意識して書かれてる。仮名文字だけなら、もっと識字率を押し上げるだろうね。
  37.   548772
    出題ミスとかじゃなく解なし問題とか出されてたんだろ
  38.   548773
    コンパスなんか棒と糸があれば簡単に作れるだろ。
    そもそも、木材を円柱に削る技術があるのだから円の定規も作れるはず。
  39.   548774
    > 算額の問題にある円についてだけど
    > 彼らはどうやってブラシで定規やコンパスで作る形を生み出したの?

    「デザインあ」の家紋デザインのコーナーでも見てきてほしい
    幾何学の塊やで
  40.   548775
    江戸時代は寺子屋があったから識字率が高かった事、大衆文化が花開くほど外国よりは圧政が少なかった(天保の改革みたいのは除く)事にいつ気がつくのか。
  41.   548776
    江戸時代に先物取引しててロウソクバーを作ったのも日本だよ。
  42.   548777
    日本って本当に特殊な国だよね。奈良時代から少しづつ少しづつ染み出る様に文字が無広がったんだろうね。だからこそいろいろな文化が生まれた。織田信長辺りから商業を発達させたこともその大きな要素になっている気がするね。支配者層と被支配者層が明確に分かれなかったことも原因しているね。
  43.   548779
    高貴な位の人がやるわけないやん算額なんて
    勿論嗜む程度はしてただろうけど高貴な人には似合わんわ笑
    やっぱ下級武士とか町人のイメージだよね
  44.   548780
    >算額が中国
    全然違う日本オリジナルだ
    中国が仏教寺院や道灌に数学の問題を解いて納めた例を見せてくれ
  45.   548782
    高貴な人は算額嫌ってたみたいなこと書いてる人いるけど
    公家や武士階級が嫌ってたのは商売であって算額も含み学問は推奨されてた
    所謂そろばん侍は下級だったけどそれは金算用をするから
  46.   548785
    ※548780
    >算額が中国
    全然違う日本オリジナルだ

    その通り。で、ところが最近、韓国と同じで中華人民共和国人は起源主張するんだよ。無知無教養なのも理由の一つとは思うが、泥棒体質なのかな。
  47.   548788
    確か江戸時代に世界三大数学者の一人が日本にいたとNHKの歴史番組で見た様な
  48.   548793
    算学は天文方の登竜門でもあったろ
  49.   548796
    >>548756>>548754
    算額の意味がわかってないレスだよなあ。
    そもそも、識字率がそんなに高かったら簡体字を作る必要もないってことがわかってないw

    識字率に明確な基準があると思い込んだアホだなw

    異常に厳しく適応すれば現代日本にも一定数の文盲がいる事になり
    穏やかな基準で考えれば

    >>民衆教育についてわれわれが観察したところによれば、読み書きが全然できない文盲は全体の1パーセントにすぎない。

    こういう事になる
  50.   548797
    幕末だけど、今度大河になる渋沢栄一なんかも農民で学問ができて、取り立てられた例だよね。

    代書屋って職業があったから、正しく読み書きできるかってハードルを上げればそこまでではなかったんだろうけど、二宮尊徳とか、山吹の故事とか、古くは法隆寺の大工が落書きしてたとか、庶民に学問があった話は枚挙に暇がない国だよね。
    実は庶民に知性があれば安易に無謀な反乱は起こさないんだよね。特に下級役人に学があると庶民のことを考えた治世がが成り立つ。時折知識人が義憤にかられて無茶をするけどね。
  51.   548798
    ※38
    日本どころか世界中にコンパスや直角定規は古代から存在してる
    インドの古い神様の絵の中に下半身が蛇の二体の神が下半身からませ合ってる天地創造の物があるが、その紙が手に持ってるのが直角定規とコンパス
    別に鉛筆やペンじゃなくても筆を取り付ければ済むだけなので日本でも古くから存在し、使用されてきた。規(円規、ぶんまわし)と呼ばれてた。西洋式が使われだしたのは幕末頃
  52.   548800
    江戸時代の武士はほぼ100%の識字率だぞ
    自分の名前も手紙も書けるし、就職後は読み書き必須の仕事ばかり
    バイトで講談や手紙の代筆、看板に字書いてたし
    鎌倉から室町時代も上級武士なら読み書き必須だし、戦国時代には読み書きできることは出世の要件の一つだぞ
    指令は文書で来るんだから
    本スレのこの算額自体は比較的新しいものだよ
    横書きなのに、左からだろ
    これは昭和中期以降
    しかし実際に書かれた和算の内容は、読めばわかるが、これでもかなり簡単な部類
    実際の江戸時代の和算は本当に難しい
    代数幾何の鶴亀算どころじゃなく、本当に立体図形問題が普通に出てくる
    毎週「よみうり」で問題が懸賞付きで出されてたし、庶民の娯楽になってた
    難しい問題を解けた時は絵馬にして奉納したりしてたからなあ
  53.   548801
    欧米人は自分たちが文明的だと思ってるが
    それは一部の貴族だけだからな
    つい100年前まで手掴みで飯食ってた連中が何を言うのやら
    日本は庶民一般にその規範が広まっていたから
    だから南蛮なんて言われてたんだよ
    気づけよ・・・・
  54.   548813
    中世近世の欧州に誰でも通える初等学校・寺子屋みたいなシステムがあったのかどうか調べればわかるんじゃね?
  55.   548839
    >↑小説とかでは算額が日本のものだと主張しているけど
    >印刷技術と識字率の高かった中国からのものだとされているよ

    中国が識字率が高かった?
    え?『率』?
    上から下まで全階級合わせた統計で?
    冗談でしょ
  56.   548841
    馬鹿欧米人は墨壺知らないのか?

    私は劣等民族ですって行ってるようなものだぞ
  57.   548857
    読み書きできないのが恥ずかしいって理由でみんな私塾にいっとったやん
  58.   548870
    759年以前『万葉集』大伴家持ら / 歌集
    905年『古今和歌集』醍醐天皇勅令 / 勅撰和歌集
    1086年『後拾遺和歌集』白河天皇勅令 / 勅撰和歌集
    1127年頃『金葉和歌集』源俊頼 / 勅撰和歌集
    1151年『詞花和歌集』藤原顕輔 / 勅撰和歌集
    1188年『千載和歌集』後白河法皇勅令 / 勅撰和歌集
     当時には、手紙代わりに歌を贈りあった
     男女ともに、愛する相手への恋の歌も多数残っている

    935年頃『土佐日記』紀貫之 / 日記
     男性が、女性が用いていた仮名文字を使って書いた日記文学

    1000年頃『枕草子』清少納言 / 随筆
    1008年頃『源氏物語』紫式部 / 物語
    1010年以後『紫式部日記』紫式部 / 日記
    1059年以後『更級日記』菅原孝標女 / 日記
    1080年頃『狭衣物語』六条斎院宣旨源頼国女 / 物語
    1108年以後『讃岐典侍日記』讃岐典侍藤原長子 / 日記
    1173年以前『成尋阿闍梨母集』成尋阿闍梨母 / 歌集
     女性が作者の文学作品

    こんなに昔から、日本の女性は文字の読み書きができたし、
    活躍もしていたんだけど、なんで海外からは評価が低いんだろう
  59.   548873
    浮世絵とか、日本文化の副産物を見れば、上流社会以外でも、所謂、芸術、芸能、文学(西洋小説とは異なるもの)が、庶民に普及してた事が判るだろうに・・・不勉強だわ、弥次喜多物語なんて、上流階級ものでは、決してないだろうにw
  60.   548875
    江戸時代、一般人の識字率の高さの原因の一つは、幕府が藩を改易しまくった結果、浪人が増えた、武士が士分以外で食っていくには読み書き手習いを教えるのが手っ取り早くそのため寺子屋を開業するものが多かった事、と磯田先生が言ってたな。
  61.   548886
    欧米人は未だに買い物程度の暗算も出来ないもんな
  62.   548887
    最近放送されたEテレ
    「先人たちの底力 知恵泉「関孝和 真理の追究に加減はない!」だね。
  63.   548889
    中国の識字率が高かったに吹いた
  64.   548912
    残念ながらこういう知識は古代ギリシア同様、
    派閥があって門外不出の知識だったんだよね。
    大学のような専門家が交流する文化があればもっと飛躍できたかもしれない。
  65.   548947
    江戸ロケットじゃなくて大江戸ロケットな
  66.   548955
    農閑期の暇つぶしで農民が解いてたらしいね
  67.   548958
    中国の識字率が高かったってどこのパラレルワールドから来たんだよ
  68.   549003
    江戸時代の識字率は漢字も完璧に読めるという人の数値で仮名だけだったらほぼ100%に近かったんじゃなかったかな
    江戸末期の岐阜の地方の村の識字率が7割だったから
  69.   549009
    算学好きが集まって問題を作り
    その中で出来の良いものが
    神様に奉納できる栄誉を
    得たって話じゃないのかね。
    日本のヲタ魂はその頃から
    変わらないってことかな。
  70.   549012
    算額のルーツが中国だろうとどこだろうと構わないがな、江戸時代の日本の寺社に奉納されて残ってる絵馬に描いてるものは、当時の日本人が殆ど描いた物で考えた物だっての。クイズ番組と同じで、問題出してみんなが解き明かすとかやってた当時の娯楽。普通に町人とか武士とかがやってた。識字率にも色々あって漢語が漢字が日常使われてるの全部書けるのとひらがなと少しの漢字だけ書けるのとは分かれる。でもひらがなかければ一応伝わる。とコメント読まずに書いたらちょい前が同じこと書いてたわ被った。
  71.   549017
    >「一般的」って記述に少し疑問を抱くわ
    >本当はおもっと高貴な位の人ものじゃないの?

    普通に庶民の遊びですよw
    日本じゃ身分関係なく農民でも寺子屋へいけたし
    識字率や簡単な計算なら女子供でも普通にやってたよ
    だって一家の財布を預かってたのは江戸時代でも女性だったんだから
  72.   549018
    今の時代はプレハブだのプレカットで構造体は造れなくても、
    一人前の顔をした大工もいるけど、
    頭が悪くて算数の出来ないような奴は叩き大工で終わる。
  73.   549063
    右下の円の中の円が入ってるやつの方程式を欧米の数学者が発見したのは、確かこれが書かれた80年後だったはず。それでノーベル賞をとっている。
    日本では数学好きの農民レベルでその問題を暇つぶしで解いていた。
  74.   549064
    学校の前身ではある寺小屋は江戸時代全国にあり、
    その当時、すでに共通の教科書まで有った。
    そもそも日本には、ひらがな、カタカナが有り、
    漢字が読み書き出来なくても何とかなった。

    最近算額がメディアで取り上げられるけど、
    一般庶民の娯楽的要素も強く、
    特定の階層のモノではない。
  75.   549074
    日本以外の世界は、欧米も含めて今も読み書きできないのが当たり前だもんな。今の韓国人も韓国語がようやく使えるようになるのは中学以降。
  76.   549087
    日本語の仕組みも知らんくせに日本人は漢字書けないという謎の主張するやついるよね
    書けないのなんて薔薇とか憂鬱みたいなレベルのやつだしど忘れしてもひらがなで書きゃいいし
  77.   549089

    >↑小説とかでは算額が日本のものだと主張しているけど
    >印刷技術と識字率の高かった中国からのものだとされているよ

     どうみても、手書きの平仮名が使われてるけど。www

  78.   549106
    昭和初期生まれの祖母は大地主の家に生まれたのにろくに読み書き出来なかったんだよなぁ
    ネット上で識字率ほぼ100%とか見るたびに嘘くさく感じる
  79.   549110
    関ヶ原の合戦の時に、
    農民が「おにぎり持って観戦に行ってきたwww(要約)」と言う日記を書いている

    つまりはそういうことだ
  80.   549143
    >549106
    女性の場合、今のこの令和ですら「女に学はいらん」て親がいるからね
    その時代の社会に教育の機会や平等が備わっていても、親の一存や価値観でシャットアウトされる事があるから、なかなか全ての女性がって事にはならない。
    あと「ええとこ」にも色々あって、商家なら活計の手立てだし、女将さんが戦力って業種もあるから、江戸時代ですら読み書き算盤くらいしてたかも知らんけど、旧家だ名家だ大店だのって、女は表に出ずに文字通り「奥様」だけしておれって家なら、女が知恵をつけると夫に意見して生意気になるとか、地位ある女が自らするのはハシタないって価値観を引き継いで生きてたかも。
    あとは、当たり前だけど本人の資質と志向
    その辺、チャンスも少なく、自分で食ってかなきゃならん庶民の女性の方が必死で習得するだろうね
  81.   549163
    >「一般的」って記述に少し疑問を抱くわ
    >本当はおもっと高貴な位の人ものじゃないの?
    自分もこれにつっこみたかったわ。どこの国の人かしらんけど
    アンタんとこの国の上流層はこういう学問が娯楽だったのかと
    高貴な方々とやらが楽しむのは学問じゃない気がするねえ
  82.   549214
    江戸時代の和算は、それまで利用していたシナの暦が正確性を欠くようになったため、月や地球の正確な軌道を求めるために円周率の正確な値を求めることから始まっている。だから円周率はわずか数年だが和算が正確なの位で世界一位を保っていたこともあった。
    こうして始まった和算はしかし円に関するものばかりではなく、数列、行列式、無限級数、極大・極小、ピタゴラス数(整数術)、順列・組合わせ等の多岐にわたっている。
    ただ、初期の実用的な数学が、徐々に抽象的なものに偏し、最後にはパズル的な難問奇問を追求するようになり、しかも算額には問題だけ書き、解答は門下に秘匿して公開しないことも多くなった。今も神社などには大量の算額が残っているが、証明や解法が謎なものも多いw ために明治になって西洋数学が入ると、和算家は一斉に西洋数学に移ってしまい、和算の伝統はうち捨てられた。微に入り、細を穿ち過ぎ、全く実用性から遊離し、無駄な細工を競うというのは、学問に限らず、技術、制度、芸術など、すべて日本人にありがちな特性でもあることは認識したほうがいいと思う。
  83.   549221
    >印刷技術と識字率の高かった中国からのものだとされているよ


    コイツ バカ
    中国の識字率が高かったわけねーじゃねーか

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!