­海外反応 キキミミ

 

海外「街そのものが物語だ!」兵庫県の丹波篠山の城と城下町の風靡さに海外絶賛(海外反応)

海外「街そのものが物語だ!」兵庫県の丹波篠山の城と城下町の風靡さに海外絶賛(海外反応)

投稿者
城下町の今

ハイ、みんな
今日はみんなを丹波篠山に招待するよ、京都や大阪から電車で1時間くらいの城下町だ
城下町が今どんな姿を見せてるのかを確かめに来たんだ
先ず最初に訪れたのは、篠山城、ここがすべての中心だからね



1609年に建てられたんだけど、これが日本最速で建てられてお城なんだ
一年もたたずに完成したんだって
模型を見ると、天守台がないことに気づいた人もいるかも
当初は火の見櫓も建てる予定だったんだけど、この計画は見送られたんだ
この理由については諸説あって、城のデザインがあまりに素晴らしいので天守台は必要ないという説、天守台を作ると敵に城を奪われた時の脅威となるという説
それより夢がない理由が、次に名古屋城を建築しようと焦っていたから手間を省いた
まぁ、理由はともあれ、この角が天守台があるはずの場所
これが天守台のあるはずの場所から見える景色
この模型を見ると、ほとんどの建物はなくなっていることが分かるね
日本の偉大な建築物の多くが、火事でなくなっている
近年では、沖縄の首里城の火事のニュースを覚えてる人も多いかも
篠山城の場合は、これが原因じゃない
篠山城は、1868年に明治時代が始まった後で他の多くの城と同じ運命をたどった
徳川時代に終わりが訪れ、天皇が再び国のトップになったんだ
この時多くの城は解体された
僕が妻と仙台城に行った時も、そこで同じことが起きていたことを知ったよ
篠山城も、今残っているのは大書院だけ
でもこの建物も20世紀に失火により焼失している
2000年に再建されたから、これほど素晴らしい状態を保っているんだね
その時、同時に再建されたのが鎧兜、僕はこれが好きだなぁ
城の周りを上空から撮影すると、土地の多くの部分が駐車場になっているのがわかる
ここは2番城壁と3番城壁のあったあたりで、ここで侍たちが暮らしていた
ここにある青山神社は、城の城主である青山氏を護るものだった
木造建築の小学校もこのエリアに建っているけど、こんな建物今じゃないよね

この地を訪れる前には、どれくらい歴史を感じられるんだろうって疑問だった
歴史的な町を訪れて、残っているのは少しだけだった、って気づくことは結構あるからね
でもここにはまだ歴史的な建物が残る大通りがあって、びっくりしたし嬉しかった
江戸時代の町家や商家が残ってる
歴史的な地域の保存に市は力を入れてる
建物の外見だけじゃなく、内部についてもそう
例えば、この古い建物は今はベーカリーになってる
オーナーは大阪出身で、スローライフを求めてここに移住してきたんだ
以前は遊技場だったところは、今はカフェとして使われてる
このカフェのオーナーも、都会からの移住組だ
その他にも若者が古い家を改造したところがある、今度はビールの醸造所だ
ここのクールなところは裏庭にある蔵、何重もの扉が設えてあるね
そこからほど近いところにあるのが、住吉神社、美しい石庭は無料で見学できる
京都市内だったら、拝観料は300円から500円はするよ
4時を知らせる時の鐘、と同時にビックリしたのがサイレンの音
何かの非常警報の訓練かと思ったら、毎日この時間にサイレンが鳴って、子供たちに家に帰る時間だよ、って知らせてるんだ
このサイレンが、日本中いたるところで使われてないことにほっとしたよ。。。。
城下町ではデカンショ節のメロディーが流れてる、この町で有名な民謡だ

僕たちの今晩の宿は、昔の油商人の家
どの浴衣にしようかな?
内部はもちろんリノベされてるんだけど、昔の様子とモダンスタイルが程よく合わさってる
エアコンや照明、ベッドやバスルームなんかはモダンになってる
でも扉は昔のまま
外に続く扉に穴が開いてるから、ここから冷たい風が入ってくるんだね
部屋を暖める為に、ヒーターは頑張って仕事してる
ラッキーなことに、お風呂は檜風呂、木の良い香りで満たされてる
あれ、扉開けてもトイレのふた開かなくなっちゃった。。。。。
これが今日のディナーのメニューだよ
素晴らしいディナーだった!
これはお茶かと思ったら、スープなんだって
フランス料理の修業をしたシェフが、提供してくれる料理
地元産の食材を使ってるんだ、僕が今まで一度も食べたことがないものも沢山あったよ
今まで食べたもの中でトップ10に入る美味しさだったね
例えば、リンゴと蕪の味噌和えなんて食べたことある??
ごぼうとチョコレートはどう?
コースすべてがこんな風に素晴らしかったんだ
料理を提供するのに使われてるのが、地元の窯で焼かれた陶器の数々
800年の歴史を持つ陶磁器産業があるんだ、これについては又詳しく紹介するね
これはイギリス風のミルクティーのセット

商家が立ち並ぶ通りは、そぞろ歩きにうってつけ
建物は奥が深いものが多いんだけど、これには昔の税制が関係してるんだ
昔は間口の広さに応じて税金の額が決定されたんだ
だから間口が狭くてやたら奥が深い建物が多くなった、ってわけ
以前のビデオで、京都の町家を紹介したことがあったね
丹波篠山は、すぐお隣が兵庫県だけど、京都風の影響を受けた建物が多くある
日本中に“小京都”と呼ばれるところは沢山ある
観光客はそんなに多くないけれど、歴史に溢れたところだ
鳥居の立ち並ぶ道を、ゆっきり時間をかけて散策することもできる
神社の愛称は“負けず嫌い”
昔この地域に住んでいたキツネが相撲取りに化けて、領国まで相撲を取りに行った
将軍の前でこの地方を代表して相撲を取って、見事勝ちを納めたんだ
だから今でも、スポーツの大一番の前にこの神社を訪れて勝ちを祈願する人が大勢いる

御徒町では、何百年も前の徒(かち=足軽)の暮らしぶりを味わうことができる
この倒れそうな壁は、いったいどれくらい古いものなんだろう?
昔ながらのかやぶき屋根を模した、新しい家も建てられてるね
ここは昔の侍の屋敷、いまは博物館になってる
熱い炭を入れて使う火熨斗や、湯たんぽ、箱型の枕なんかが展示されてる
まぁ、昔は木綿と綿のカバーがついてたから、これに直接頭を乗せるよりは快適だったんだろうね
庭には立杭が置かれている、水をくんで小石が積み上げられたところに水を落とすとさわやかな音がするよ
敷地のはずれには、竹が群生している
これは、侍の居住地とその他を分けるために植えられた、って聞いた
士農工商、と言うように農民は生きるのに必要な食べ物を作っているから、商人なんかより高い地位が与えられていたんだ

数ブロック離れたところにあるショップ・カフェ、Breath & Royに出かけてみた
この変わった名前の由来については、また別の機会に
ここでは地元の工芸家が作った色々なものを売ってるけど、僕の目を引いたのは店の奥にある茶室
大名が腰を下ろしたみたいに座って、庭を眺めながらお茶をいただくことができるんだ
これは栗、オーナーが自ら採って保存してるんだ
こっちは小豆と餅、これも美味しい
僕のビデオを長く見てくれている人たちは、僕がお酒飲まないって知ってると思う
でも酒を飲まなくても、酒蔵の様子はすごく興味深いものだよ
ここは昔の酒の醸造所が博物館になっていて、昔ながらの酒造りの様子を知ることができるんだ
醸造会社自身は、今でも酒を造っているけど、この場所は使ってないってことなんだ
酒造りをしてる人たちがよくやってる不思議なことが、酒に音楽を聴かせること
麹の活動を活発にするらしい
僕は酒飲みじゃないけど、利き酒をやってみた
義父にお土産に買って帰りたいからね

現代に城下町で暮らすって言うのはどういうことなんだろう?
期待してた応えが戻って来たね
地元の人に採っては普通の事だけど、観光客は素晴らしい歴史に接することができるよ



コロナのせいで隔離生活を送ってる人たちにとっては、何物にも代えがたいビデオ!




丹波篠山から一時間くらいの違う城下町に住んでるけど、暮らしぶりが似ててビックリ!




僕のおばあちゃんの家系は熊本の侍なんだ!!




この城下町はもっと注目を集めるべきだよ




こんな風に素晴らしい場所を世界中に紹介しながら暮らしていけたらいいなぁ




毎日4時にこんな大きなサイレンが鳴ったら、おちおち昼寝してられないな




家に籠りっきりの毎日だと、こんな風に知らない町を歩いてるビデオには癒されるな




この町って、コロナのせいでこんなに静かなの? それともいつも静かなのかなぁ?




町の観光局がスポンサーだって言うから、もっとえげつない内容かと思ったら、すごく素敵なビデオでほっとした




町そのものが、一つの物語みたいだね




こんなに可愛らしい町を紹介してくれてありがとう!




日本の城下町で暮らしてみたいなぁ




のんびりしたペースの町で、都会から若い人たちが移住してくる理由が分かる気がする




このホテルに泊まるためだけに、丹波篠山に行ってもいいって思えちゃう




歴史好きにはたまらない町だなぁ




今すぐホリデーが必要!!!




自由に海外に行けないなんて、コロナが憎いよ




僕の住んでる街では、正午にサイレンが鳴るよ




トロントでは去年の11月からずっと不要不急の外出はNGなんだ。。。。こんな風に街を歩ける日が来るのはいつかなぁ??




この町で暮らして、陶芸を習いたい




20年前に縁あって丹波篠山で一年暮らしたよ、生涯忘れられない経験




大阪や京都から1時間で行けちゃうこの素晴らしい町が全然知られてないなんてビックリ




https://www.youtube.com/watch?v=hOIOM24AXdM
Comments
  1.   572578
    篠山は今まで観光対策が皆無に等しかったから、これからだね。10月10日にたぶん今年も黒豆の枝豆の解禁だから、この日を除けばゆっくりできる。
    秀月という日本酒が美味いが、而今と同じく生産量が少ないから市内でしか買えない気がする。
  2.   572579
    「風靡とは、なびき従わせること」
    街の風靡さって何?
    風雅と間違ってる? 日本語勉強してからタイトル書いてほしい。
  3.   572580
    風光明媚的な意味でつかってるのかな?
  4.   572581
    風光メイビー、おそらくそうである。
  5.   572583
    毎年取り寄せてた猪肉屋が閉店してしまって残念

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!