­海外反応 キキミミ

 

外国人「なんで日本のサムライってわざわざ苦しい『切腹』をするの?」(海外反応)

外国人「なんで日本のサムライってわざわざ苦しい『切腹』をするの?」(海外反応)

投稿者
なぜ日本の侍はすぐに自害できる方法ではなく切腹をするのか?

私が知っている限りでは切腹と呼ばれ
日本の重要な人々が自殺する伝統的な方法だということです
その一例が第二次世界大戦の将軍です
私の質問は自害するためのより効率的な方法があるのに
なぜこのような方法をとっていたのでしょうか?ということです



なぜ切腹を選ぶのかということだけど
それは腹部の大動脈を切ることで
素早く無意識に陥れるからだと
どこかで読んだことがある




この切腹と言われる一種の儀式には進化があったんだ
1つは切腹後に首を切るやつと
2つ目は刀を前において倒れると心臓に刺さるというもの
致命傷を受けたと介抱する人が確認したら
首を結局切るんだってさ




切腹って腹を切るんじゃなくて
心臓とか肺を刺すんだとばかり思っていたわ




小林正樹の映画で「切腹」ってのがある
この問題と概念を表現した素晴らしいフィクション映画なの
侍の文化から日本の文化がどのように進化していったのかも描かれているんだ




まず胃を切ることは効率的な自害の方法じゃない
「死と痛みを恐れない」という意味を表現する行為なの
死ぬための効率的な方法はさ
それが痛みの恐れとして認識されるから
それをしていなかったんだ




切腹の記録が生まれた時代に精神、人の本質はさ
切腹が始まった腹部にあると考えられていたんだ
基本的に胃はあなたの魂を保持するという考えでね
だからその精神を解放すること
所謂死ぬことは可能な限り最も優雅で名誉ある死だったんだよ
それに切腹をするには大きな勇気が必要だった
女性の侍は自分の喉を切ることを許されて
最初切腹が行われたときはね
頭を切断するのはそれから時間が経過してからだったわ
まぁ別に頭部を切断しなくても
うまく切腹できれば腹の大動脈を切断できるから苦しむのも少ない
介錯人は切腹の文化が生まれてから200年後くらいにでてきたらしいし
切腹は1800年代後半から西洋の考えが入ってきてから消えていったんだけどね




↑いやぁこれは素晴らしく詳しく切腹を説明してくれている




↑ところで切腹と腹切りって同じことなの?




↑それは同じってことだね
言葉的には少し意味合いが異なるけど
切腹が正式な言い方で
腹切りはあまり日本で言われないわ




↑切腹の単語の面白いところは
逆から読むと腹切になるってところな




↑素晴らしい要約だったね
切腹は最初に犯罪者などがすることが多かったらしい
腹部を切断してから苦しむ前に首を切っていたみたいだし
70年代に切腹をした作家の三島由紀夫の話はさらに悲しくなるよ
三島は日本の天皇に権力を回復するため
小さなクーデターを試みた右翼帝国主義者だったの
介錯は斬首を失敗したから三島は2回も切腹したんだ
三島は魅力的な男で
偉大な作家でもあって
彼について最も記憶に残っているのはさ
彼の極端な政治的見解と恐ろしい死ってことだね




↑この要約で興味深いのはさ
切腹についての話もそうなんだけど
女性の侍みたいなのがいたって話




↑私の中で切腹で興味深い出来事があるんだ
フランスの船員と侍の間で乱闘があって
11人の死者があった出来事
「堺事件」という名前だったと思う




↑身分の低い人が精神の解放を求めて
切腹での死を選んだらどうなっていたの?




↑どうだったのかは分からないけど
でもその手配するのは簡単じゃなかっただろうなぁ
儀式に使用される刀(通常は短刀)はさ
典型的な農民がアクセスできるものではないからね




↑切腹に使っていた刀の切れ味ってどうだったの?
時期によって刀の質は異なっていたってことなんだけど
あなたは詳しそうだから教えてほしくてね




↑まぁよく大げさに書かれていたりするのは迷信でさ
それでも鋭かったのは間違いないよ
正宗の刃が魔法のようで、村正の刃が呪われているという神話を聞くけど
あれは作り話でしかないからね




あなたの名声を再び得るために苦しみで許しを乞うのが切腹




https://www.reddit.com/r/morbidquestions/comments/lgnyui/why_did_the_samurai_commit_stab_themselves_in_the/
Comments
  1.   560600
    鬼滅がいい説明なるかもね
    外人は自殺方法だけの話をしてるから何故わざわざ腹を切るか理解しようしない
  2.   560601
    処刑される代わりに腹切らされるんだが、
    罪人に自死が許されるのが恩恵なのは西洋でも同じ気がするが
    毒ワイン仰いだりとか物語ではあるよね?
  3.   560602
    家族まで処罰されないためでしょ
  4.   560603
    苦しいから腹を切る意味があるんじゃないか。
  5.   560604
    処刑されて恥さらすのと
    腹を切って名誉な死に方どっちがええねん?
    切腹は中国もしてたけどね
    中国の切腹は十字切りでその十字の部分から腸が出ていたから七という漢字が誕生した
    と言われている
  6.   560605
    江戸時代には儀式化していて、実際には腹を斬らずに扇子か短刀を腹に当てるだけで介錯人に首を落としてもらう形式だった。
    だから、
    赤穂四十七士の間新六郎光風が本当に腹をかっさばいて驚かれた。
    間新六郎は赤穂藩士でもなかった部外者で、ニートみたいな生活をしていた浪人だったが、今の自分を変えるために何度も頼み込んで四十七士に加えてもらった青年。
  7.   560606
    >精神の解放

    いや・・そういう宗教とかじゃないから
  8.   560607
    なんか外人て宗教的が概念を持ち込みたがるよな
    全然分かってない
  9.   560608
    責任を取る一つの方法でもあるんだが外国人には解るまいて
  10.   560609
    戦で討たれたような死体になるからだよ
    罪人の処刑が名誉の戦死という扱いにしてもらえる
  11.   560610
    いや、苦しいから、情けで"介錯"っていう首落とすヤツが隣に立ってるだろ。
  12.   560611
    切腹は名誉ある死の方法
    罪人は磔や斬首になる
    切腹が名誉とされる理由は、文字通り腹を割ってみせることで、清廉潔白な腹のうちを晒すことができるからだ
    犯した罪を裁かれるにしても、何らかの信念や正義に従ってやったということを証明することで、命をもって責任は取るが名誉は保たれたことになるの
  13.   560612
    切腹は「逃避としての自殺」の方法でも「罪人の処刑」の方法でもない。
    本来は身の潔白を示すため腹の中の色を見せること。
    そして最もつらい方法でしかも自らの意思で自分を殺すことで最も重く「責任を取る」ための手段。
  14.   560613
    切腹と処刑の違いは、西洋文化では自殺と記録抹殺刑くらいに違うと言えば分かるかもしれないな
  15.   560614
    ドMだからだよ
  16.   560615
    堺事件で切腹を見たフランス人。
    始めは断頭台や火刑みたいなショー的なものと思っていたらしい。
    神聖な面持ち始まった切腹の儀。
    時に恨み節を唱えながら、または自らの臓物を手で掴みだし見せつけたものなど11人で耐えられなくなり残り者を放免とした。
  17.   560616
    「介錯人」システムをご存知ない?

  18.   560617
    腹を切るのは魂が腹に宿ると信じられていたから
    あと切腹するのは侍の犯罪者の最後の仕事
    報酬は子供への継承権
  19.   560618
    切腹なんて利他的て責任感の強い人間だから出来ること
    利己的で責任転嫁ばかりしてるほとんどの外人には理解出来ないだろうよ
  20.   560619
    三島由紀夫は深く腹を割きすぎた為、姿勢が保てず上半身が突っ伏してしまい、振り下ろした刀の先が床に当たって失敗したと聞いた。
    映画で三島由紀夫役を演じた緒形拳は真剣にやりすぎて何回も失神したそうだ。
  21.   560620
    責任者が自分の命使って事態を収める儀礼だからね。「これで勘弁して下さい」っていう。
    自分の手で「絶対死ぬ」状態までは持って行かないといけない。

    絶対死ぬ状態になったら、それ以上の苦痛は不要になるので介錯して終わらせる。
    責任を取った以上、それ以上の追い打ちもしてはいけない。

    ちなみに重罪人過ぎて「責任能力が無い」認定されると切腹禁止。
    そこまで行くと名誉なんて地に落ちているし、切腹した所で何も許されない。

    領民の生活すら立ち行かなく重税を課して島原の乱を招いた松倉勝家は改易された挙句斬首刑になった
  22.   560624
    動作や死に様が美しく見えるから作法として定着したのだろう。
    キリスト教は自殺自体がタブーだから作法もなにもないのかもしれないけど。
  23.   560625
    なんで平然と嘘吐いてそれを信じるんだこいつ等
    まず調べろよ
  24.   560626
    境事件は腹切った侍たちが腸を掴み出してフランス人に投げつけたというね。フランス人が引き下がらなかったため、断行されてしまった。
  25.   560627
    本スレコメにある「心臓を突く」のは切腹ではない
    切腹とは割腹のことだ
    つまり文字通り自分で腹を切ること
    高貴な夫人、まあ武士の室なんかが自決する際は「喉を突く(小机、書き物する小さいテーブルだが、これに短刀を立てて、喉の鎖骨の中央のちょい上に刃先を当てて、体重で突き刺す)」という方法が採られた
    体重使うから、女性でも一発で逝ける
    この「喉を突く」に関してはアジア共通の女性の自決方法だ
    ただし「日本の貴族の女性はやらない」、やらない宗教的な理由があるんよ
    昔はまあ、身内の男どもが死んだら、女性はモタモタしとるとある意味死ぬよりキツい目に合わされて、その後結局殺されるのは万国共通だからなあ
    対して、右手で頸動脈に刃を当て、左手で押し込むのが中国の自決方法
    「嘱髏の剣を賜う」のアレだが、他に中国は高級武官クラスでも毒をあおって自決する方法もあり、この2種類が大筋の伝統
    自分の首を「剣を使って自分で切って、しかも死ぬレベル」って、かなりの力技なんだそうな
    むしろメスや小刀の方がやりやすいんだと
  26.   560628
    日本の切腹にはいろいろ方式があるんだが、江戸時代の作法では「自分は東向きに正座、前面、右、左に三方(小さい木でできた白い台)に紙を敷いて、どれでもその上に載った小刀に手を伸ばしたところで介錯」という、実質斬首と変わんねえ方法が採られていた
    それでも「そこもとも武士、ならば切腹を申し付ける、見事果ててみい」「はは、有り難き幸せ」的な名誉があるんだと
    平和な時代は武士だって怖いので、江戸時代後期には三方の上に載せるのも小刀ではなく扇子に変わった
    もはやただの斬首だろい
    これが平和でない戦国時代までとなると恐ろしい話で、例えば「しっかりと腹をかっさばくコツ」として、三方があればそれを、あるいは戦場にはそれに代わる台がねえから手頃なサイズの石とかをお尻の下に敷き、その上に正座すると前屈みになり、腕に力が入るから気合い入れて腹を裂けるとか
    なかなかの「そんなもん伝承しないで」なコツが多々ある
    ちなみに三方には切った首を載せます
  27.   560629
    有名な「無念腹」ってのもあって、これは「悔しくて無念で仕方がない場合にする切腹の作法」なんだが
    実例として織田信長三男、織田信孝の例がある
    本能寺やら山崎の戦いやら賤ヶ岳の戦いやらすったもんだの後の1583年、信孝は秀吉に死に追いやられる
    それも信孝は、前年までに「秀吉に自分の妻子を磔にされて殺された後」の話
    信孝の子(2-3歳の幼女だったという)は信長の孫なので、つまり秀吉はこの時点で元主君の嫁と孫、それも女殺しかつ幼児殺しというなかなかにべらぼうなことをしているんだが
    信孝はその上で秀吉に切腹を迫られたわけだ
    で、彼はここで無念腹を切った
    無念腹、腹を左から右に大きくかっさばき、中に手を突っ込み、はらわた(主に腸)を引き摺り出し、なるたけ遠くに放り投げる、というすさまじいもの
    当然すんげえ形相の死に顔になるし、これを相手の首実験にさらすことになる
    辞世の句は「かねてよりあるじをうつみののまなれば、むくいをまてや、はしばちくぜん」という強烈なもの
  28.   560630
    場所は野間大坊って今でもあるお寺で、愛知県の内海(うつみ)ってところにある
    信孝切腹の小太刀と、はらわたがビシャアっと斜めに行ったらしい血だらけの掛け軸も現存してる
    血液型はA型だそうな
    この野間は信孝以前にも武士の間では有名な場所だった
    昔、源平の争乱の初期、源頼朝の父義朝が家臣の裏切りで殺されたのがこの野間で、今も野間大坊には義朝のお墓がある
    それで「主を打つ身の」と「内海の」をかけとるんだが
    その後、義朝を殺した元家臣の長田忠致親子はのちに天下取った義朝の息子の頼朝によってメッタメタにされることになるが、それを踏まえた辞世の句
    このエピソードは当時の武士には小さい頃に爺ちゃん婆ちゃんから話してもらう、昔噺的な武士階級の常識だったらしい
  29.   560631
    自 これはフランス人のモーリス・パンゲの著書で

    の wiki で調べると西部萬さんの解説が読めるよ。


  30.   560636
    罪滅ぼしの為っての分かってないの?
    変態が趣味でやってると思ってるの?
  31.   560644
    マヌケ外人は何故マヌケなのか?
    これが答えだよwww
  32.   560645
    「堺事件」は壮絶だぞ。
  33.   560652
    肚がないガイジんが何を言ってもムダ
    武士は子供ん時から何があっても臆しないように肚を鍛える

    こいつらの中身は生麦事件で吐いてた時となにもかわらんなぁ
    南蛮
  34.   560655
    堺事件ってあの壮絶な切腹見せつけのやつだよな。あれって映画化とかされてるんだろうか。
    中国人(清)が相手の長崎事件も切腹はないが似てるとこあるね。
  35.   560666
    島原のクソ城主は切腹を懇願するも問答無用で首を斬られたんだってね。
  36.   560691
    そりゃその島原の城主が武士として「しにざまを見せる価値もない」と判断されたから斬首なんだろ。
    武蔵も書いてるが勇敢に戦うのなら農民も商人もできる(日本人なら)。

    それに加えて先述した「武士として斬るべき肚」が無いなら「意味なき私闘」でしかない

    常に於てある種の法や主人などに触れても逆らっても肚に基づいて道義を貫けるのが「武士」
    あなたは法や主人に逆らったりはしたり損害などや人に迷惑をかけたかも知れないけど「あなた自身のたましいには背いていないよ」「法や決まりごとに背いたかもしれないがあなたは天には背いてないよ」と
    本人が、周りが保証するのが切腹

    かつてそういう何よりもたましいを大事にする文化がこの日本に存在した

    これを粗悪で陋劣で自己保身のみしか考えられない南蛮人にはわからんいうだけの話
  37.   560748
    なぜ外国人って知りもしないことで知ったかぶりをするんだろ。

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!