­海外反応 キキミミ

 

海外「日本のほうが…!」日本の刀よりヨーロッパの剣のほうがカッコイイと主張する外国人に海外賛否(海外反応)

海外「日本のほうが…!」日本の刀よりヨーロッパの剣のほうがカッコイイと主張する外国人に海外賛否(海外反応)

投稿者
ヨーロッパの刀の方が日本の刀よりもかっこいい
大きな両手で使うのとか幅が広い刀とかが日本の刀よりも僕のオタク心をくすぐるんだ メディアで飽和してるのかもしれないし それか話される事がないコネクションがあるのかもしれない 変な子供がフェドラをかぶってトレンチコートを着てるとかね でもこれにはそそられないんだ 刀を使う人がバーサーカーでフルヘルメットをつけてたらさらに最高



刀はなんでもかっこいいよ




妙に曲がってるアラビア/海賊の刀が僕のお気に入り




三日月刀の事を言ってるんだとおもうけど でもケペシュってすごい変なんだよ 伝統的な刀のデザインに挑戦してるみたいなんだ




刀はそもそも両手でつかう物だよね 君が考えてるのは野太刀とかそういうのを考えてるんじゃないかな 野太刀って大きい刀ってことだよ




ヨーロッパの刀は機能重視で作ってくれるんだ 刀はむしろ芸術品だからね プライドとアイデンティティってこと すてきな長い刀は戦闘にもっと用途が広いんだ




刀はその当時日本で手に入る比較的 低品質の材料でできる最高の刀を作った結果だって読んだ事あるよ 客観的にみたら中世ヨーロッパの刀の方がいい武器だな




刀は芸術品であるのと同時に最高の武器だよ みんなかっこいいからお飾りだっておもってるんだろうけど かなりうまく切る能力があるんだ 早く動かす事が出来て戦えるからね




どの刀が一番かっていう議論はあるとおもうけど矛が一番いい武器だってしってる




海賊の刀が一番かっこいいよ  ウルフバードだ




レイピアの方が刀よりかっこいい




ローマのグラディウスが一番




いやいや 刀か忍者刀の方がいいと思う




重さと強さで長刀は刀を半分に折っちゃうよ 刀ってほんとうは適当な彼方で実用的じゃなかったんだって 弓矢の方がもっと使えるんだ




刀の写真が投稿にのってないのががっかり




近年 彼方が過剰供給されちゃってるんだとおもうよ 刀はなんでもかっこいいよ すくなくともほとんどは




僕のお気に入りはハンドルがついてる奴 快適な感じがして使いやすそう 日本の刀は常套句だけど




両手で使うのは実用的だよ かなり直接的だな




レディットでヨーロッパの刀は大きさと重さのおかげで強いって言ってるのを読んだ 武器がぶつかった時にヨーロッパの武器の方が日本の刀を壊しちゃうだろうって 例えば両手刀は日本の刀の3倍の重さなんだって




ぼくはどっちも好きだよ 違うタイプの戦いに使うんだ




大きな刀がすきなら 大太刀があるよ ほんとうに大きな刀なんだ




刀のほうがヨーロッパの刀よりもずっとかっこいいよ 侍/忍者の方が ヨーロッパの騎士よりもずっとかっこいい デザインもキャラクターも歴史や格好 武器としてもいいしね




どっちがいいとか悪いとかそういう事じゃないんだ どちらもいい武器だ ただどこを見るかによってこっちの方がいいとか言えるとはおもうけど でも同じ物だよ ただ違う人達のためにちがう使い方をするってことだけなんだ 僕は個人的に侍よりも騎士の方がすきだよ




https://www.reddit.com/r/unpopularopinion/comments/o09xg9/european_swords_are_cooler_than_japanese_swords/
Comments
  1.   564532
    地形や風土に合わせて戦い方など決まっていくのだから
    それらが全然ちがう国どうしで比べるのは意味ない
    どっちが?じゃなくてどっちもいいし面白い
    今はグローバル化で均質化して面白味がなくなりつつある
  2.   564534
    山地平地湿地砂漠海上
    それぞれの地域で最適化されたものが使われるのよ
  3.   564535
    間違えてない?刀と刀がごっちゃになってるんじゃないか?わけわからんよ
  4.   564536
    西洋剣術については2000年以降、欧州で復興研究が進んでいるらしい。
    研究の成果がアニメや漫画、映画などで反映されるようになってくれば
    西洋剣も再評価が進みそうではある
  5.   564537
    ヨーロッパは鉄はあるが良質な砥石が無かったから斬るより叩きつける剣が主流で
    日本は砥石はあるが良い鉄が手に入らなかったから斬る刀が主流になった
  6.   564538
    戦国時代だと槍の補助武器でしょ刀
  7.   564539
    >刀はその当時日本で手に入る比較的低品質の材料でできる最高の刀を作った結果だって読んだ事あるよ

    なんか勘違いしてるな鉄としては低純度だけど
    合金みたいなもんだよ
  8.   564540
    どっちがカッコいいとか好みの問題じゃん
    日本車が好きな人もいれば、ヨーロッパの車が好きな人もいるし
    好きにすれば良い。
  9.   564541
    鉄に良い悪いもないけどね
    原料が大量生産に向いてるかどうかはあるけど
  10.   564542
    どっちもカッコイイよ
  11.   564543
    どっちでもいいんじゃないか
    実際に現代でそういうの使って戦う訳じゃないんだし、好きな奴を愛でればいいと思うよ
  12.   564544
    刀身の複雑さは日本刀が圧倒的なんじゃないか?
    装飾的な面では海外の刀に軍配が上がるが。

    と全く知らんが適当に言ってみる。
  13.   564545
    中世ヨーロッパの剣が「でかい両手剣」と思ってる時点で
    完全にファンタジーに脳をやられてるな

    向こうの剣色々あるけど、ほとんどはノーマルの刀と大してサイズ変わらんわ
    向こうは両刃が多かったっていうくらいで

    それに日本の剣術と違って向こうの剣術は一切現代に伝わってない
    今となっては日本の剣術を参考にして想像してるだけ
  14.   564546
    >>鉄に良い悪いもないけどね
    あるよ
    鉄鉱石を元にしていてもその含有量や製錬法で製品としての鉄の出来も違った
    鉄鉱石と砂鉄での比較ならなおさら
    だから日本は武器としては鋳造より遥かに面倒な鍛造が発達せざるを得なかった
    日本刀の隆盛と大砲の停滞・退化はそれによる
  15.   564547
    そりゃまあ、近代高炉が大前提ならまた違ってくるし。
  16.   564548
    何倍も重いあっちのソードと真っ向から打ち合えばそりゃ刀は終わるが
    その重さで刀の速度を捌けるかは別問題
    なんにせよ何が強いかなんて相手次第や
  17.   564549
    日本刀が軽いと思ってる奴はアホ
    時代劇じゃねーんだから
  18.   564550
    戦国時代の骨調べたら戦死者の6割が鉄砲、槍、投石による死者で3割が槍、残りの1割が刀だったらしいね
    完全にサブというか本当に接近専用の武器だった事がわかる
  19.   564551
    両刃にこだわっても強度下がるだけだと思うんだけどなぁ
  20.   564552
    >6割が鉄砲
    じゃなくて弓矢だったと思うぞ?

    で、たぶん合戦によるのではなくて、負傷者を近距離から射殺したからそうなったんだろうw 刀でやったら反撃されるかもしれないから。現代の鉄砲でさえそうそう当たらないのに矢がポンポン当たるはずがない。
    西南戦争では薩摩の抜刀隊に苦しめられ、政府軍も抜刀隊を作って対抗したという。戦国時代の弓鉄砲が明治のそれより優れていた?と考えるのは可笑しいだろう。
  21.   564554
    好みの問題
    実戦的なというなら山を登ったり下ったりしながら戦うので西洋の武装は日本では重すぎる
    逆もしかり
  22.   564555
    剣と刀の比較動画で一番面白いのは
    刀を剣と同じように叩くように使ってるところ
    カッターナイフをトンカチの代用に使ってる感じ
    それで刃こぼれするとか鎧が破壊できてないとか滑稽
  23.   564556
    >564548
    >何倍も重いあっちのソードと真っ向から打ち合えばそりゃ刀は終わるが
    >その重さで刀の速度を捌けるかは別問題

    刀と比較して何倍も重い、なんてソードは流石にない。
    それでも現存している教会奉納用や飾りの剣なんかはかなり重い様だけど、実戦で使われた剣や練習用の剣(数少ないけど残ってはいる)は、重量的に日本刀と大差ない事が分かってる。

    それはそれとして、重量ある刀剣が軽い刀剣に必ずしも勝る訳ではない事に関しては同意。
    それを如実に示しているのが室町時代で、日本で南北朝時代に流行した大太刀が、室町時代で廃れて打刀に取って代わられた史実がある。

    当時、大太刀は朝倉の家中における家臣団が得手としていて、特に真柄親子が太郎太刀・次郎太刀と呼ばれる大太刀を振るって活躍し、単騎で多数の兵を仕留めたという。

    が、そんな彼らも姉川の戦の折、大太刀で奮戦しつつも、徳川家臣・青木一重の振るう二尺三寸そこそこの打刀(関孫六兼元の最高傑作とも)で屠られ、大太刀の真価を発揮した最後の武将となってしまった事は、まさに大太刀と打刀が世代交代していく象徴的な出来事と言える。
  24.   564557
    日本での鍛刀って、赤熱した刀身を鎚でトンテンカンテン叩いてるイメージがあるけど、あれで鉄の密度を圧縮すると同時に、不純物を追い出してた筈。

    良質な鉄だと、そうした不純物を追い出す手間は省けるけど、その手間をかけた以上、出来上がった物の鉄質に大差はないでしょうに。
  25.   564559
    >564550
    >戦国時代の骨調べたら戦死者の6割が鉄砲、槍、投石による死者で3割が槍、残りの1割が刀だったらしいね

    それ、軍忠状に載ってた、負傷者の傷の種類の間違いじゃない?
    槍傷に刀傷、そして鉄砲じゃなく矢傷だったと思うけど・・・ってのは既に564552氏が指摘してるか。
    某鈴木氏が20年ほど前、それを根拠に「合戦のメイン武器は槍、刀は首取りの道具」とか主張してから一気に刀sageの風潮が出来上がって20年間そうした状態になって、一番槍がどーたら七本槍がどーたら槍がメインで刀サブがどーたらみたいな話が出来てるけど、一方でツッコミどころも指摘されてるっていう。

    当然、戦国時代の骨どころか「負傷者の傷」であって、死者の傷は含まれていない、というのが一番のツッコミ所。
    ってか戦国時代の骨云々はどっから出て来た話なんだろう・・・。
  26.   564560
    >ヨーロッパの刀は機能重視で作ってくれるんだ 刀はむしろ芸術品だからね 

    良く目にする日本刀が美術品ばかりだからでしかないだろうそんなもん。
    古戦場を発掘すると実戦本意の数打ち刀はガンガン出てくるけど、美術的価値は勿論、歴史的資料的価値もあんまりないし、表に出てこない。
  27.   564561
    武器のカッコ良さなんてメディアでの魅せ方とそれに対する好み次第だろう。

    >刀を使う人がバーサーカーでフルヘルメットをつけてたらさらに最高

    なんというか、ベルセルクとかの見過ぎなんじゃないの?と思ってしまう。
    三浦先生・・・
  28.   564563
    古流剣術勢と西洋剣術勢のどっちとも結構関わりあるけどどっちも好きだわ、なお剣自体の優劣は東西で大差ない
    ただ自分用なら殺撃で鎖帷子くらいまでならやれるロングソード選ぶけど(後はクロスガードのが手元ガードが堅い事)

    あと剣と刀の技術は9割くらいは流用が効く
    裏刃や反りを活かした一部の専用技はあるけど
  29.   564572
    刀同士がぶつかったら西洋の大型剣がって言ってるけど、其れ
    刀と金棒でも同じだから、
    お前らは刀が軽く振りま⒲せて、相手の腕や足や首を体をスライスして切るための道具だって理解できてないよね。
    なまくら鈍重な西洋剣を不器用な体を重くしているだけの鎧姿で振り回せば
    確実に侍が勝つよ
  30.   564576
    和鉄より洋鉄より
    洋鉄より玉鋼
  31.   564580
    これはロマンの話。解らない奴には解らない。
  32.   564581
    玉鋼とか恥ずかしい知ったかぶりはやめれ
    戦国時代以前の実戦重視の古刀はそんなもん使ってない
    色々な種類の鉄を職人技でミックスして使った
    もうこの技術は失われて現代科学でも再現が完全には出来ない
    粘り強く折れにくい古刀に比べ、玉鋼など使う新刀以降からの現代刀にいたるまで美術品としてはともかく武器としては脆すぎる
    以前どこぞの外国人が現代刀を高い金で買って嬉々として使ったら簡単に壊れたと言ってたの有ったが、実際武器として使うのが危険過ぎる位に弱い
    向こうの刃物メーカーが大量生産するsamurai sordの方が遥かにマシ
    美術刀なんか作るの止めさせろと思う日本の恥にすらなるから
    外国人に売る時は武器としては絶対に使えないと詳しく説明してやるべき
    まぁ最近武器としての性能を重視した作りをした方が、鎌倉期の頃のように鉄の美しさも増すという研究家の刀匠の成果も出てるから現代刀も変わるかもしれんが
  33.   564582
    用途が違う。はい終了。
  34.   564587
    江戸期に入って刀の定寸がだいたい2尺3寸(約70cm)と決められ、それにあわせて磨り上げられた(短くされた)大刀なんかが多く残ってるが、戦国時代では実に様々な形状の刀が使われてた
    西洋剣の大きさやバリエーションと全く変わらない、同じ人類なんだから当たり前だが
    剣術の技術なども大して変わらなかっただろう
    鎧兜は当然斬れないから、日本刀も実戦では刃の付いた鉄の棒として殴る用途がほとんどだったろう
    だから古刀はとにかく折れにくさ重視だった訳だ
    西洋で剣術が廃れたのはマスケット銃の戦列歩兵とサーベル騎兵隊に大砲という戦争が普及して剣術を使う余地がなくなり(騎兵はサーベル持って駆け抜けるだけ撃剣なんてまず起きない)、その間日本は平和だったからスポーツとして研究保存されただけ
    ちな幕末の維新の紛争や戦争で分かったのは、やはり刀はデカイ方が強いという事
    有無を言わさず大重量を叩きつけるのが訓練も楽で強い(達人レベルになれば何使っても強いのは当然だが、あくまで軍という集団戦では)
  35.   564588
    研いだスコップでええやん
  36.   564591
    ちな最後
    デカイ刀が強いと言ったが、これが現代に入りライフル機関銃が登場すると軍刀は取り回しの良いコンパクトなサイズに回帰する(60cm~70cm)
    屋内戦や遭遇戦で使う事から
    しかし日中戦争やww2でまで使ってたと聞くと剣術やってる身でも引くなw
    確かに接近戦では強いだろうが、そんなもん銃剣やナイフで代替可能だし、わざわざこんなもん持ってく方が疲れるだろうと
    日本人の精神に深く根差していたとは言えるだろうけど、現代戦という合理化についていけてなかったとしか思えん
  37.   564649
    玉鋼をもとにヤスキハガネが作られて現代の刃物鋼はほとんどこれでできているんだが
    刀は実用品として中国、モンゴル、朝鮮、東南アジア、西洋に輸出されてたよ
    明の軍学者、茅元儀「 日本刀はとても強くて鋭い、中国の刀でも太刀打ちできない。」
    バジル・ホール・チェンバレン「日本刀は、その名も高いダマスコ剣やトレドで鍛えた剣をも凌駕する。」
  38.   564675
    >564587
    >西洋剣の大きさやバリエーションと全く変わらない、同じ人類なんだから当たり前だが
    >剣術の技術なども大して変わらなかっただろう

    技術は大きさだけで決まる訳じゃない。西洋剣の技術は、日本から見るとむしろ杖術か棒術に近いよ。
    切れ味がない分、刀身を握って戦う技術があったりする。
    まぁ、籠手で握るからってのもあるけど、熟練者は素手でも手を斬らずに使える。

    片手で柄を、もう片手で刀身を握って超接近戦で使うハーフソード(ハルプシュヴェルト)の技術とか。
    (相手の籠手に刀身をねじ込んで背後に回り腕の関節を極めたりとか。)
    あと刀身を両手で握ってハンマーの様に振り回すマーダーストライク(モルトシュトレイヒ)の技術とか。

    日本刀の技術に慣れた身からすれば、西洋剣術は剣にも棒にも鎚にも短槍にも用法が変化し、変幻自在で手ごわいだろう。
    勿論西洋は西洋で、ない技術が日本刀にある(抜刀術とか色々)訳で脅威なのだろうけれど。
  39.   564717
    戦闘スタイルが違うのだし比べようがw どっちも良い!
  40.   564806
    西洋剣術の復興が進んでいるとか言われても白人お得意の後出しで創作と願望が多分に含まれる。
    ほとんど残ってない時点で大したものではない、必要とされず結果を出せないから衰退した。
    戦闘に従事する人間がアジアより一桁二桁少なく、モンゴルに攻められるまで中世の欧州では弓を軽視していたぐらい、貴族は花形の騎馬突撃で歩兵を蹂躙する程度で剣術見ても貴族が死なない様に防御に重きが置かれている。(我流では防御が難しいのでこの教育は貴族の特権とも言える)
    大多数を占める農民兵は数合わせの弓と槍衾を作る為に使われるので難しい事は教えず消耗品扱い、マジで宗教と火薬使うまで欧州の兵は弱っちいからな、植民地時代の栄華の所為でその前も優れて強いと言う認識が間違い
  41.   564822
    >>564806
    >西洋剣術の復興が進んでいるとか言われても白人お得意の後出しで創作と願望が多分に含まれる。

    現代の復興中世剣術は、解説文のない図版だけの資料を元にした推測からの「技術」も含まれている事は確かなので、まぁ創作(というか勘違い)は含まれ得るね。
    願望扱いは、可能性はあるにしてもちょっと意地悪な見方だとは思うが、日本刀をここまで不当に安っぽく見られたからには言いたくなる気持ちは分かる。
  42.   564823
    >>564806
    >ほとんど残ってない時点で大したものではない、必要とされず結果を出せないから衰退した。

    必要とされず結果を出せない事は、技術が残らない理由の主因という訳でもないやも知れず。
    何故なら、日本では「必要とされず結果を出せな」くなった技術でも、割と流派の伝統として残そうとするから。

    西洋で中世の甲冑剣術が役に立たなくなって消え(例外的に現代ローマに存続するマルタ騎士団では剣術の型が残っていて団員が修練できるそうな)、後の戦場では胸甲つけただけの銃士によるサーベル等を用いた古式フェンシングに移行したのと同様、日本の甲冑剣術(介者剣術)は江戸黎明期まで生み出されて以降、天下泰平にそぐわず新たに生み出される事はなくなり、護身用の素肌剣術が全盛となった。

    ただし、戦の続いた西洋と違い、平和な日本では不要な物を残す余裕があった(いずれまた必要になるかも知れないから、というのもあるかもだが)。加えて、不必要な技術を切り捨てず、伝統として後世に残そうとする「流派」の概念が文化としてあった。西洋とは逆に日本で衰退しなかった理由はむしろこっちじゃないのかなぁと(それでも流派のPRが足りずに後継者不足で失伝する時はするもんだけど)。
  43.   564824
    >>564591
    >しかし日中戦争やww2でまで使ってたと聞くと剣術やってる身でも引くなw

    それ言うたら中国の軍や馬賊はww2でも柳葉刀を使ってたから・・・。
    もっと言えば、戦後のチベット侵略時にまで刀持った騎兵で以て蹂躙させてたからw

    (正確にいうと、後者は内蒙古のモンゴル騎兵の事。かつて日本式の近代軍事教練を受けつつ軍刀の用法も身に着けた彼らは、独立を目指し、自分たちの草原を荒らし開拓する漢民族を恨むあまり、満州で「五族協和」を志向する日本に業を煮やして見限り、将校を殺害し、そして日本の敗戦後、憎むべき漢民族の共産党軍に内モンゴルの独立を約束されて、苦渋の決断で走狗となり、得意の伝統馬術を駆使しつつ日本刀を振るい、彼らの宗教の発祥地であったはずのチベットを踏みにじらされた。そして彼らチベット制圧の「英雄」たちは用済みとなった為、当然の如く約束は反故にされ、むしろ色々難癖をつけられて粛清された。中国お得意の露骨な「以夷制夷」「狡兎死走狗烹」である。)

    それはともかく、一つ迷言を贈らせていたきただい。

    "Any officer who goes into action without his sword is improperly dressed."
    「帯剣せざる士官など相応の正装たるに非ず」(めっさ適当訳)

    ——WW2に長剣やロングボウで戦果を挙げた英国軍人・ジャック・チャーチルw
  44.   565352
    投票でもして決めるしか無いだろと其々に趣があって良いではないか愛でろ
    バックラーとショートソードの組合せ好き

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!