­海外反応 キキミミ

 

外国人「日本の天皇陛下ってその下に王がいないのになぜ天皇なの?」(海外反応)

外国人「日本の天皇陛下ってその下に王がいないのになぜ天皇なの?」(海外反応)

投稿者
日本の天皇はその下に複数王がいないのになぜ天皇なのか?



第二次世界大戦の終わりに
昭和天皇は基本的に神の力を否定することを余儀なくされたの
彼は日本人が降伏するのを防ぎ
敗戦したあと、権力がない状態で存在することのみ許されたんだ
多くがヒロヒトが戦争犯罪の裁判に立たされることを望んでいたけども




欧米人は中国の「皇帝」を皇帝と訳した
なぜなら彼らは複数人のグループを支配する広大な土地を支配して
その地域で最高の外交/政治的地位を保持してもいたんだ
東アジアの軍事的および文化的権力者でもあったからだね
日本人は本質的に中国からその地位名を借りただけ




日本で天皇という存在がでてきたときには
日本が帝国であったからそうなっているの
それに実際、天皇の下にはさ
本質的に王にあたる氏族の頭、若しくは大名がいたんだ




日本の各地でそれぞれ行政をしていることを考えると
天皇がいることは不思議じゃないんじゃない?
ビクトリア女王が同じ議論の下で
自分自身をインドの皇帝と宣言したことを考えるとね




文化的な背景があるから「天皇」という言葉だけで理解できないよ
国によって王、女王、皇帝などがあって
それに伴う長い歴史もある
彼らは独裁的なタイプの政治からより民主的な統治スタイルに移行したんだ
それに過去ほど権力は持っていない




「天皇」ってのは日本の天皇を中国の皇帝と同等にするタイトルなんだよ
中国は他の国を同等と認めることを拒否したからね
日本は従属国の正式な承認を避けたの
徳川の時代に明と満州は日本の外交官を受け入れなかった
双方は対馬、琉球、韓国の法廷で
頻繁な会合という仲介者を通して会話したんだ




まず天皇と王の違いを知らないといけないけど何?




↑時代によってそれらの定義は異なるから一概には言えない
アウグストゥスは、ローマ人が数世紀前に彼らの王を倒した
それを誇りに思っていたから皇帝と名付けたんだ
中世と近世のヨーロッパで
「皇帝」は古代ローマの正当な後継者であるという主張なんだ
ヨーロッパが中国と接触したとき
彼らは最も強力なヨーロッパの支配者と権力が同等であり
ローマと中国はお互いを一種の同等として認識していたので
中国の支配者も皇帝と呼ばれたの
日本の統治者も中国の天皇と同等の地位にあると主張したから
日本でも天皇と呼ばれ始めたってわけ




↑それは非常に厳密な階層的意味合いでは真実だけど
ほとんどの歴史的慣習では称号以外に王と皇帝の間に違いはなかったよ




「天皇」は、「王」とまったく同じことを意味する
「大将軍」という言葉は当時の文化がもととなっているんだ
大将軍は、事実上王であったものを呼び出すための方法で
独裁者が独裁者であることは誰もが知っているのに
独裁者は「大統領」みたいな言葉で呼ばれるのを好むのと同じ




「天皇」という呼び方は世界大戦のもとで重要で
帝国自体も基本的に軍事放棄とともに崩壊したんだよ
天皇も人々の前でそれほど偉大な存在ではなかったと
そう話さざるを得なくなったんだ




↑日本が文字通りの帝国であったという記述はどこにもないからね




日本の天皇の存在は特別で
英語の説明では大日本帝国でもあったんだ
スペインがスペイン王国だったのと同じだわ




天皇は直接の立法権を持たない存在
神道の長(天照大神の直系の子孫)
そして政府の一種の儀式の役人としての称号を保持しているだけ




おそらく天皇は英国が女王を維持しているのと同じ理由だわ




長年、日本が自らを帝国と見なして
日本列島だけでなく中国、韓国、ロシア東部の一部を支配したからだね
第二次世界大戦中、大日本帝国は南太平洋の大部分に広がった
戦後はすべてが変わったけども




「天皇」についての説明をするにはさ
文化的な背景を知る必要がある
日本の統治者は天皇であると信じられていたから
たとえば、エジプトのファラオと日本の天皇の間には多くの文化的な違いがあった
でも神聖な要素は神聖なものであって
神の意志に結びついていたの
将軍とおそらく大名は王に相当するものだったと私は思う
だから天皇がその頂点にいたのも想像できる




https://www.reddit.com/r/explainlikeimfive/comments/p0h473/eli5_why_is_the_japanese_emperor_an_emperor_if/
Comments
  1.   569215
    まあ、天皇と皇帝は違うけれども英語だとどっちもエンペラーだから区別できないだろうな
  2.   569217
    そもそも元々ローマのエンペラーも共和政ローマ時代の一役職名で国家元首じゃない。 だから王がどうたらとか関係なくて、後世の勝手に後付されたもの。
    おそらく、西ローマ帝国滅亡後に、ローマ教皇がフランク王にローマ皇帝の位を授ける条件、解釈付けして勝手に言ったものなんじゃないかと。
  3.   569218
    日本語に訳すとわけがわからなくなるな
    こういう場合は原文がEmperorなのかtennoなのか分かるようにしないと混乱する
    Emperorと言ってるなら、それは単に西洋の言い方に合わせただけで大した意味はない
    tennoと言ってるなら、日本と東アジアの歴史を勉強するしかない
  4.   569220
    コイツらほんま適当なこと言ってやがんなー
  5.   569221
    あとね、東ローマの皇帝も、最後はコンスタンチノープルしか統治地域がくなって王国などどこにもなかったけど、滅亡するまでエンペラーよ?
    単なるローマ国の国家元首の呼称に過ぎないから。
  6.   569222
    コメント3で、議論終了ですね。
  7.   569223
    親王がアホほどおるやんけ、天辺の皇族やから天皇や。 何やねん皇帝ってw
  8.   569224
    いかに外人のスレが いい加減な嘘つきだらけか分かるよね
    知ったかぶってむちゃくちゃなこと言って
  9.   569225
    独自の税と法と軍をもってた侍や将軍を王や国って認識するところからだな
  10.   569227
    不満な人も多いみたいだけど海外からの理解度は昔に比べて格段に高まってるとは思う
  11.   569229
    マケドニアだって本当なら単なる王や大王ではなく、エンペラーを名乗るのに問題ない領土を支配していたけど、エンペラーとは言わないでしょ?
    なぜなら、当時エンペラーなんて言葉は存在していなかったのだから。
    ローマは体制が変わったことで、ローマ王国→共和政ローマ→帝政ローマの変遷において国家元首呼称が変わったと言うだけ。
    エンペラーという役職名は本来は共和政ローマ時代初期には執政官と法務官の役職名だったが、後期はただのローマ正規軍指揮官役職になってた。

    カエサルが軍を率いて共和政ローマ国を軍事制圧して軍事独裁をし、彼の暗殺後に後継者となったアウグストゥスに建前上は共和制を維持ということで、執政官、国家元首の地位と意味で元老院が与える新たな称号としてエンペラーを使っただけだよ。 ローマ本国内の呼称問題、地位問題と都合というだけ。
  12.   569230
    ローマの皇帝って近代欧州が新しく生み出した新語の大統領と同じ。
    帝政とか言っても国家元首名がエンペラーだったから帝国としただけで、政治体制は専制的な共和制よ? だから皇帝はローマ市民の選挙で選出された国家元首。
    大統領制とあまり変わらんのよ、本来はね。

    欧米の人たちは、自分たち西洋の歴史のもとになっている古代ローマの正しい歴史自体理解してないでしょ? エンペラーの意味やその経緯も。
  13.   569231
    帝国の国々が本当に結束していて時代を超えて存続したなら、王の意義は弱くなり皇帝一人に権威が集中するだろう。
    ローマ帝国も中国も結局崩壊し歴史は浅く王の存在がまだ維持できていたというだけに過ぎない。
  14.   569232
    中国の皇帝も、日本の天皇もローマ皇帝みたいに市民選挙で即位なんぞしていない。
    神聖ローマ帝国皇帝も、形式上は選帝侯による選挙で選出した人物を、ローマ教皇に推薦し、教皇が承認し、ローマ国の国家元首たる皇帝の戴冠で即位やれた。
  15.   569233
    第二次世界大戦関係ねーよ
  16.   569234
    天皇は日本帝国主義以前からある存在の地位名だってばよ。
    エンペラーで訳してるからおかしなことになる。
  17.   569235
    神聖ローマ帝国の本来の本国にあたるのはローマ教皇が座していたバチカン・ローマ国だよ。 そのローマ国の国家元首たるローマの皇帝位を教皇が与えていたと言うだけ。
    西ローマ滅亡後、ローマの皇帝の冠、帝位を預かっているのはローマ教皇だから。
  18.   569236
    マヌケ外人は何故マヌケなのか?
  19.   569238
    本来なら天皇は神道のトップであり、ローマ法王と同じ立場、が正しいような。ただし、日本の国事行為も多数なさってらっしゃるので、権力は制限されての皇帝でもある、ということでしょうね。宗教のトップであることが全然触れられてないから理解できていないのかと。
  20.   569239
    インペラトールが英語になってエンペラーじゃろ。じゃあインペラトールって何かつーたら元老院から認められた軍事のトップなんで、どっちかツーたら日本語だと皇帝より征夷大将軍の方が近いんじゃねーですかね。学問的なこたあ知らんけど素人的にはそう思う。そもそもローマ的な皇帝とユーラシア的な皇帝では役割が違うし。

    異民族を支配してたかどうかについては、まず白人どもの日本国土への認識が雑すぎる。日本列島だけでもガリアとイスパニアを合わせた面積とほぼ等しいし、近代にはこれに満州と南洋諸領が加わるんだから、明らかに「帝国」でしょうよ。

    何処のコメントをまとめてるのか知らんけど、余りにも学のない雑駁な意見ばかりで、これで中央値あたりだとするなら、よくこんなんで人種的な優越を確信していられるなと、逆に面の皮の厚さに感心するわ。

  21.   569240
    ローマの歴史を元にするなら、侵略と領土拡張は帝国主義じゃなく、共和制主義というべきだよw
    ローマ王国時代は、本当にローマ市あたりだけの小さい国。
    共和政ローマの支配版図はどれくらいよ? なぜそこまで版図拡張できたのかw
  22.   569241
    ミカドとショーグンは固有名詞でいいんでは
  23.   569242
    天皇陛下は天照大神の末裔なので神と同等の地位の方ですな
    なので下に王とかいらんわけですよ神なので
  24.   569242
    天皇陛下は天照大神の末裔なので神と同等の地位の方ですな
    なので下に王とかいらんわけですよ神なので
  25.   569244
    君主制でも、厳密には各国言語ごとに国家元首たる君主の呼称が違う。
    それを翻訳上、便宜的に自国語の単語に相当するものに置き換えてあるだけ。
    でも実際にはあくまでも便宜上の訳語だから意味や概念までは正しくはない。

    そして非君主制の国では国家元首にあたる造語をたくさん作ってきた。
    大統領然り、書記長然り、国家主席、護国卿、執政官などなど(まあ、これらも日本語化する時に作った造語だけどw)。
    共和政ローマから帝政ローマに移行する時も、共和政ローマ時代に作られた造語のインペラトールを新たな国家元首名として使用したと言うだけで、ただのローマ本国内の国内事情でそうなったというだけ。
  26.   569245
    ローマの皇帝も帝国も、後世の西洋の人間が崇めて勝手に色々な解釈や格順をどんどんつけていっただけw
    広大な領土がどうたらとか、たくさんの王国を支配しているとか、王より上とか、そんなものは全部後付。
  27.   569247
    オスマン皇帝も中華皇帝もペルシャ皇帝もロシア皇帝も西欧圏ではエンペラーということにしているが、彼らの国では君主、国家元首の意味の現地語。

    ただ彼ら西洋の序列、格式上、各国の国家元首、君主をどの序列で扱うかという点で、細かい意味などはある程度無視して、どういう外交儀礼上での格式と序列にするかということに重点を置いて国家の格式、歴史等でエンペラー格、キング格って決めただけ。
  28.   569249
    幕末、維新でイギリスは天皇型に味方したから、天皇をエンペラー格にしたほうが都合が良かったという理由もある。
    敵対していた清やロシア、ムガールなどがあって、日本も東洋ルール内でのエンペラー格式の国して味方にしておくのが良かったから。
  29.   569250
    皇帝にローマ教皇を足して、権力はなくして権威は残した存在
  30.   569251
    コメント欄も何か迷走しているような
    外国人の3つ目のコメントだけでいいんだよ
    江戸時代までは日本は複数の小国(藩)として分裂していた
    明治になると藩は県に遷移し、完全な中央集権化を果たしたが伝統的に帝国制だったという経緯があったから天皇は皇帝格であることが継承されて今に至る
    西洋人が日本に来て天皇と将軍で2重に皇帝がいて混乱したという話も有名だよね
    後に日本は将軍を退位させ天皇へ権力を一本化させたが
  31.   569252
    外人てバカばっかり
    知りもしないで誤った知識を自信満々に語る
    不敬な奴らは嫌いだぜ
  32.   569253
    >>30
    あのね、その理屈だと、イギリスも王ではなく皇帝、UKではなく帝国を名乗れるんよ
  33.   569254
    現在の都道府県ごとに王がいたよ。実際は都道府県よりもう少し少なかったけど。~の国とか言われてた。尾張の国とかね。もっと歴史を勉強してください。
  34.   569255
    欧州はローマ・カトリックの国々はローマ教皇ルールに従わないといけないが、ローマ・カトリック否定、教皇とも一線を画せば、ローマの皇帝は無理だが、自国の皇帝を名乗ることも可能。
    ナポレオンはその点、古代ローマの歴史と本来のローマ皇帝の意味、教皇など本来関係ないこともよく知っていたから、フランス皇帝を名乗り、その後、オーストリアもプロイセンも遠慮なく皇帝を名乗った。
  35.   569256
    エンペラーの訳のまま勝手に海外で言われてるだけかと。
    別に天皇は皇帝じゃない。
  36.   569257
    在日には理解できないだろうねえ。
  37.   569258
    >>32
    そうだよ。特に中国帝国や日本帝国がヨーロッパに十分に認められた時代以降ならかなり苦しいが名乗れただろう。教会の追認はないだろうが
    今でも名乗っていいんじゃないの?少なくとも日本は反発しないよね
  38.   569259
    >>37
    英国国教会は教皇を戴かない独立カトリックだから、英国教会は英女王を戴いている。 英国国教会の総本山カンタベリー大司教が皇帝承認すれば事足りる。
  39.   569260
    まあ、そもそも大本のローマ皇帝即位にはローマ教皇など最初から関係ない。
  40.   569261
    法王と思ってもらって差し支えないというか大日本帝国にしたのが間違い
    そらEmperorと訳されるさ
  41.   569263
    ローマ帝国の国旗に表記されているSPQRはローマの元老院と人民(市民)を意味するラテン語の省略形
    彼ら元老院と市民が選んで承認してローマ国の国家元首エンペラーとして戴冠して即位した

    後の神聖ローマ帝国みたいに宗教的、ローマ・カトリック教会色の強い帝国ではない
  42.   569264
    スメラミコトは大和連合王権のトップだったからだろ
  43.   569266
    ローマ・カトリックではない正教会の方はローマ教皇の承認も戴冠も全く必要とせずに即位している。 キリスト教ではあるがローマ・カトリックとは別物。
    ロシア皇帝もブルガリア皇帝も東ローマ皇帝も教皇なぞ一切関係なく即位。

    古代ローマ皇帝も元々そうよ。
    ローマ帝国がキリスト教を公認したのは帝政ローマに変わって340年後、国教になったのはさらに79年後。
  44.   569268
    多かれ少なかれ、殆どの国は歴史的に国内諸国、豪族を統一してできたもの
  45.   569269
     
     中国の属国じゃない宣言だよ。

    中国皇帝が周辺国の国王を任命してたので、

    国王を名乗ると中国の属国と誤解されるからね。
  46.   569270
    アホ中国に対抗するために「天皇」と名付けたんだよ。
    俺らはお前らの属国じゃねえからな、って。
    だから、中国人が昔日本は中国の属国だったっていくら言っても天皇という名の存在によって吹き飛ばせるわけ。日本人すらちゃんと分かってないとは。。

    ご先祖様に感謝。
  47.   569271
    対外的に大王(おおきみ)を天皇と称した当時、日本は隼人とかの異民族を従えていた筈なので(隼人は5世紀頃までに朝廷に臣従し、平安時代初頭まではその存在が記録に記されていた)、皇帝と同等の地位を名乗る要件をギリギリ備えてはいたのでは。当時の隋の規模と比較にならないとしても。

    そうした異民族が時の流れで大和の風俗に同化したとしても、天皇の地位を失うのかと言うと。

    江戸時代に至っては、天皇の下に将軍、将軍の下に各藩大名、そして薩摩藩は琉球王国を従えていた(清と薩摩による二重支配ではあったが)。天皇の下の下のさらに下に王が居た。

    その王国が県になったとしても、天皇の地位を失うのかと言うと。

    隼人にしても琉球にしても、別に独立されて失った訳でもないのに。
  48.   569272
    >>47
    天皇呼称の前は「(大)君」が天皇のことだと思うぞ
    「王」は皇子とかにつけられた呼称かと
  49.   569273
    日本の歴史上、一体どの時代あたりから「王」とか「王国」とか自分たちで実際に国内各地で名乗るようになったんだろうなあ
  50.   569274
    明治以前は、領とか領国が公式名だった
    でも明治政府が「藩」という造語を作って歴史の上書きしてしまった
    そういうことが歴史上起こり得る
  51.   569275
    エンゲルベルト・ケンペルが日本誌でそう紹介して
    欧州にエンペラーが定着した
    天皇は神官や紙の子孫でもあるという日本独自の存在なので
    本来はテンノウと呼称するのが正しい
    宣教師は「the he」とか日本語まんまの「dairi」とか呼んでた
  52.   569277
    江戸時代のオランダ人の記録では
    徳川将軍を「皇帝」、将軍家を「皇帝の一族」と表記してる
    日本全国にある藩の藩主を「王」と見なしてたんだろう

    というわけでさらにその「将軍を任命する」権限をもつ天皇という存在は
    (当時は外国人なんて目通しすらかなわなかったが)
    ローマ教皇と同じレベルの権威がある存在として認識してたはず

    おそらくこの時期のオランダはすでに
    現代にも通じる日本の組織構造をほぼ正確に理解できてた
  53.   569279
    英語表記のエンペラーと、日本語表記の天皇で単語の意味が異なることから理解したうえで話さないと意味がない。
    英語表記で一番近いと判断されて、英語ではエンペラーって呼ばれている。本質的な問題で言うならば、エンペラーと天皇は異なる。

    あと独裁だとか言ってるバカは主題を理解していない。
    統治体制や思想なんかは言葉の本質とかとは関係が無いし、王政に類似するものをすべて独裁だとか言うのは「現在の独裁という単語が持つネガティブなイメージを張り付ける行為」でしかなく、悪意ある表現であり誤った説明だ。

    日本においては2000年前から語られる存在であり、歴史記述において1000年以上前の資料に記載されている存在なのに、近代1世紀に満たない二次大戦前後だけを切り抜いて語る浅慮な奴も多いな。
  54.   569280
    ほとんどデタラメ
    もともとは中国皇帝に対抗して天子と名乗った。
    天皇と言う言葉は当時の中国武王朝が皇帝の称号天皇と変えて遣唐使が持ち帰った。
    日明貿易で室町将軍が日本国王と名乗ったのでその上となると皇帝になる。
    ちなみに皇族の傍系子孫は王、女王で日本の言葉と対外的な言葉では意味が異なる。
    現在のエンペラーは宣教師が日本には二人の皇帝がいると訳したから。即ち政治を司る将軍と権威を司る天皇。もし幕府が今もあったらエンペラーだったかも
  55.   569282
    天皇はtennouであって、西洋が勝手にemperorと訳しただけだろ。
    emperorは日本語で皇帝であって、天皇ではない。
    天皇を皇帝と同一認識する日本人はいない。
  56.   569283
    徳川幕府につらなる「征夷大将軍」とか、平安室町以前の頃に天皇から任命された役職名やしな。
    アイヌと無関係の、蝦夷討伐の際に任じられたって記録があるくらい。

    二次大戦前後の話しかしてない特亜人は、本当に自己中心の妄想歴史認識しか持ってないわ。
  57.   569284
    >>54
    日本国内でも漢字の持つ意味、使用法が時代で変わっているんだよね
    その当時やそれ以前はそんな呼び方、表記されていなかったのに、とある時代から新語に置き換えられて、歴史の上書きされてしまっている場合も
  58.   569285
    日本という国号と天皇を名乗ったのはほぼ同時期。六世紀だ
    日本は中国の属国ではないぞ、独立国なんだというのを示すために天皇を名乗った
    王だと皇帝の家来になってしまうからな
    日本という国号を名乗ってからは中国に朝貢してない
    正式な国交も明治になるまで結ばなかった
    遣唐使は国書を持って行かなかった
    国書を持って行くと日本天皇と書かなければならず、中国側が受けとる訳がないからだ
    日本は最初から反中国を目的に建国された国なのだ
  59.   569286
    エンペラーってインペラトールというローマ皇帝が持っていた複数ある役職のうちの一つの役職名から来てるんでしょ。
    対外戦争で勝利を収めた軍司令官のことだから、実は「将軍」の方が近い。
  60.   569288
    >外国人「日本の天皇陛下ってその下に王がいないのになぜ天皇なの?」

    フツーにもともとは下に定義づけは変わっても各地の王に当たる存在がいたが、近代になって下が一律に平民化されたってだけ
  61.   569289
    >>59
    現代語で例えると、軍令部長官、提督、総督、総大将、軍総司令官みたいなものかなあ
  62.   569290
    天皇=エンペラーだからおかしい
    天皇はテンノウって訳せば?
  63.   569291
    >>60
    元々、欧州内にもいろいろな国があってそこの国家元首の呼称が様々で、必ずしも王だから大公や公爵より偉かったというわけじゃないんよ
    徐々にそういう格式序列ができていっただけで
  64.   569292
    そもそもローマ皇帝だって、別に下に「王」がいたわけではない。
    強いていうなら、皇帝の下で属州を治めていたのは「総督」だ。
    平安期における「天皇と国司の関係」にパラレルなものと捉えられないこともない。
  65.   569293
    王しか持てなかった朝鮮人には理解出来ないだろう
  66.   569294
    いやこれはどんな屁理屈並べて強弁しても、天皇=エンペラーは、無理(自分はパヨクとかじゃないよ)
    日本でエンペラーに当たるのは「源氏の頭領・足利尊氏」などがそう
    明治になって欧州と伍さねばならなくなったとき、エンペラーだと王たちの上に立ててエラそうだからねじ込んだだけだろう
    その欧州にはエンペラーになることを嫌った王もいたのだが(プロイセン王→ドイツ帝国初代帝国(カイザー)にならされたヴィルヘルム1世)
    皇帝は(ナポレオンのように)成り上がりでもなれるが、王のほうは血筋の伝統が必要で、こちらをより尊いとみた次第
  67.   569295
    何の権力も無いのに女王を名乗っているエリザベスと同じ。
  68.   569297
    足利義満は「日本国王」を名乗ってたけどな。封建制度があった以上、諸侯は王だったわけだ。だいたいGDP換算すれば日本にヨーロッパ諸国の何割が入ると思ってんだよ。
  69.   569298
    中国の皇帝に対抗するために、自らを天皇と称した。
    これが正解。

    西欧社会が、アジアの国々の指導者を、インドは皇帝(emperor)、中国も皇帝、タイは王って格付けしていったとき、日本は皇帝でいいかって格付けしたから皇帝でいいわけ。
  70.   569299
    これ言ってるのは皇帝の下に王がいるのが当たり前の中国人か韓国人なんだろうな。
    エンペラーの語源のローマ帝国には王なんていなかったから、ローマ史を習う欧米人なら「王がいないのに」とは思わんだろうし。
  71.   569300
    厩戸皇子時代から隋帝と対等だって言ってんだろ。
  72.   569301
    中国の属国化を拒否した聖徳太子の歴史的な偉大さがわかるよな。

    隋も拒否されて「今日のところは許したるわい。今度は見てろよ」で終わらせるのがなんとも。ま、あの時代、日本まで攻めて行って得られる利益とリスクのバランスが悪すぎた時代のあやではあろうが。
  73.   569302
    元々は日本中に居た王たちの王で大王(おおきみ)だったから皇帝と立場は似たようなものだった
  74.   569304
    さっさと廃止したらええねんこんな身分制
    反吐がでるわ
  75.   569305
    中国の皇帝に対向して名乗った(王は冊封体制で中華皇帝の下になる)っていうのと、そもそもが小さなクニの集合体を統一してできた国家なので、それ以前の長より一段上の地位を名乗る必要があった。
    したがって本来的には皇帝・帝を名乗るのが合っている。時代の経過とともに朝廷が一元的に統治する時代になったり、江戸時代に入って幕藩体制で将軍・藩主と併存したり統治体制は移り変わったが、江戸時代に西洋人が日本の政治体制を見た時、藩一つ一つが国、それを統合する将軍はそのままショーグン/ショーぐニズム、将軍を形式的にとはいえ任命する最高権力者の天皇=皇帝として理解・翻訳されている。
    皇帝以外に翻訳しようと思ったらそのままテンノーとするぐらいしかないわ。
  76.   569306
    なんだこれ?
  77.   569309
    >>569294
    本来の君主制の国の国とはなにかといえば、日本における公家の「荘園」
    つまり王とか大公とかは荘園の所有者地主
    地主一族、集団が欧州では貴族と言われる人たち
    だから一族で財産である荘園=国を相続していった
    本家の家督をついで長に家長になった人が王や大公と言われる人たち

    帝政ローマは共和制からの発展形で国家元首名が共和制時代から変更した専制的大統領制
  78.   569314
    ローマ皇帝を選出できるのはローマ市民権を持っていた人だけだったし、立候補できるのもローマ市民権を持った人だけ
    帝政ローマ時代初期にローマ国と同盟組んでいた他のイタリア諸都市国家が自分たちにもローマ市民権よこせとローマ国と対立し、戦争になった
    最終的にはイタリア諸都市国家国民にもローマ市民権、皇帝選出選挙権、立候補権を与えたことでイタリア前提でローマみたいになった
    後期はさらにイタリア外の諸州統治者たちなどにもローマ市民権乱発し、イタリア以外の異民族皇帝も出てくる始末となった
  79.   569315
    神聖ローマ帝国皇帝は、地主連合の代表者(選帝侯)が選挙でローマ国の皇帝候補を選出、教皇の承認と戴冠で即位

    古代ローマの方はあくまでも共和制的で市民により選出された市民(国民)代表としての国家元首皇帝
  80.   569319
    天皇家は資産番付からすると、世界各国の君主の中では多分一番資産持っていない君主
    だから過去も現代もずっと国内屈指の荘園国持ちの大資産家大地主というわけじゃない
    本当にほとんど権威だけで国家元首を代々務めてきた
    大和時代から政治権力を持っていたのは朝廷であり、欧州的に言えば朝廷は元老院や宮廷
  81.   569320
    >>569292
    古代ローマと後のフランク王ローマや神聖ローマの大きく違う点がそこだわな

    古代ローマ内にあったのは属州でそれぞれの属州には総督や国司みたいな人に任せて間接地方統治
    版図が大きくなったからいくつかに管轄を分けて複数皇帝で統治していた時代のほうが長いかも
    イタリア・ローマの正帝と管轄地の副帝みたいにして(とはいえ、皇帝同士で結局は対立してしょっちゅう戦争になったがなw)
  82.   569321
    現代西洋人の皇帝とは帝国とはの定義なんて、西ローマ滅亡後にローマ教皇が蛮族ゲルマン部族豪族たちにローマの帝位授与をちらつかせて手懐け、ローマ再興するための方便が元w
  83.   569324
    後にフランスのボルテールが神聖ローマ帝国を揶揄して「いかなる点においても神聖でもなければ、ローマ的でもなく、ましてや帝国ですらない」と指摘したが、そもそも神聖ローマ帝国建国のときから、古代ローマとは似て非なる別物
  84.   569327
    現行の国際儀礼では主に西洋社会で醸成された慣例に基づいて国家元首の肩書きの序列が成立した
    国際儀礼では古代ローマ帝国の皇帝とその後継者として認定された国家元首がエンペラーの肩書きを国際的に認めらる事になって今に至っている
    それに加えて古代ローマ帝国と同様に、一つの文明圏の中で代表者と言える位に別格の存在となった特定の国家元首についてもローマ皇帝と概ね同格の国家元首としてエンペラーと呼ばれる事になった
    モンゴル帝国の大ハーンやチャイナの皇帝、インカ帝国のサパ=インカなどがそういった例に該当する
    更にそうやってエンペラー認定された国家元首が他国の国家元首のことを自分と対等のエンペラーとして扱うようになったら国際社会もエンペラーとして認定するようになった
    天皇がエンペラー認定されたのは、インド皇帝を兼任していた時期のイギリス王や清国皇帝が天皇を自分と同格のエンペラーとして扱う事になったからだよ
  85.   569329
    何で、なんで? なんで? って聞くんだろうか? 日本はそういう国なんだと素直に理解すればいいだけのことなのに。
  86.   569332
    >多くがヒロヒトが戦争犯罪の裁判に立たされることを望んでいたけども

    敵国人の多くは、だろ。
    日本人は誰一人そんなこと望んでないわ。
  87.   569338
    神々の末裔である天の王だから天皇
    なにもおかしくないんだが
  88.   569345
    元々が列島各地にあった部族国家の連合体だから王の中の王として大王だったわけで、
    それを漢訳すれば皇帝になる
    更に中国から中央集権国家の律令体制を学んだので、その要である皇帝に大王を擬して天皇としたし、
    日出処の天子を自称して中国を日没処としてその天子へ書簡を送るなど、中国の相対化に努めてきた
    更に言えば、半島諸国家や南洋の王たちを従えていたので皇帝で間違いない
    近代に入って、封建諸侯が多数あり、それらを束ねる存在があり、更にその上位者として天皇があったから、
    ドイツの神聖ローマ帝国との相似がある
    その関係からすると皇帝というよりも教皇と言うべきかもしれないが
  89.   569347
    で、まあヨーロッパでいう皇帝はローマ帝国の差配者であり、その後継
    つまりは征服戦争で得た広大な占領地から成る、異民族(王を含む)を多数内包する帝国の支配者が皇帝で、
    そういう意味からすると日本の天皇は違うように見えるが、
    日本の天皇も初期には四道将軍を置いて列島を征服したので、成り立ちは皇帝と等しい
  90.   569353
    皇帝と同じ格があったころに世界デビューして用語が広まっただけで
    皇帝=天皇じゃないからなあ
    現在の格は王なんだろうけど、天皇の呼び名を変える理由にはならないし
  91.   569355
    大名が王だよ
    天皇の血を引いた由緒正しき家系が殆どで
    戦国時代以降 平民や豪族出身の大名が出てきて下剋上と言われてるだけで
    たいていの武将は天皇の血を引いている 源氏や平氏や藤原氏の末裔だろ
    徳川家康は氏は源 織田信長の氏は平
  92.   569356
    天皇=エンペラー じゃないからな

    それが分からない外人には一生理解できない
  93.   569359
    日本神話を知らない奴らがおるな
  94.   569364
    言ったもん勝ちっていうのはありだと思う
    もちろん100年200年程度では勝ちにならない
  95.   569371
    いやいやw
    昔は諸侯がいたんだよ。
    その土地を治める王(大名)がいたの。
    んで、彼ら諸侯の上に立つのが天皇なのだから
    エンペラーの解釈でいいんだよ。

    んで、時代の変化に伴って
    王(大名)はいなくなり、天皇だけが形式として残ったの。以上!
  96.   569378
    中国は皇帝を中心に属国に王(領主)を抱えていた。
    朝鮮半島など田舎の下っ端で王が統治していた。
    日本が王だと、中国の属国になってしまう。
    中国が皇帝なら、日本も天皇を中心に交易する。
    王=大名は皇帝の臣下。
    朝鮮人が、やたら日本の天皇を日王と呼びたがるのは、それ。
    ようは、自分と同等以下にしたいから、天皇陛下を「日王」として落とす。
    天皇と呼ぶのは抵抗ありまくりなんだよね。
  97.   569381
    唐代くらいまでは中国から天皇は国王として外臣の位置付けだったのが室町時代からは将軍が朝廷に代わり実権を行使するようになって、朝鮮は将軍を日本国王と思って親書送ったりしてるし、中国は将軍を国王とは見なしてなかったしで、ややこしいまま戦乱に突入して海外から実権と象徴で二人の王がいるって難儀なことになったから分けただけで、日本国内においては天皇が頂点で将軍は将軍で、王の存在は遥か昔の天孫降臨の時代の各地の氏族の王くらいしかいない
  98.   569391



     日本の天皇は「祭司」であって、「王様」ではない


  99.   569394
    天皇を英訳するならPharaoh(ファラオ)がより良いと思う。
    現在では権力は無く、日本の象徴として権威だけ残ってる。
    日本人の多くはそれで良いとして、存在を認めているんじゃないかな。
  100.   569401 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  101.   569402
    日本にはかつて各地に王がいて、これを日本武尊などが征伐し大和朝廷の勢力に加えていった。各地の王は中国から金印などを貰ったりして、国の体裁を確保していた。後にこれら国家をまとめたのが天皇家であって、故に帝を名乗った。その後天皇家が各地の王族を家臣に組み込んで行ったので、各地の王は権力を失い天皇家だけが残り、王がすべて滅んだ。

    大名家が王という話は間違っていて、それらは既に天皇家の臣であり官吏。~守とか朝廷家臣としての役職を名乗っているので王ではない。
  102.   569404
    日本武尊の伝説が日本において重要になるのは、それこそが天皇が皇帝を名乗る理由(各地の王を天皇家が武力で従える)だからですよ。
  103.   569405
    >>32 イギリス王が皇帝でないのは『、欧州の「文明」諸国(主要国※戦国日本流にいうなら「天下」といってもよい)を支配』してないから欧州貴族社会において皇帝とは名乗れないのですよ。「天下」を支配せず「(欧州から見て)野蛮・未開の地域をいくら支配しようとも、欧州社会ではそれは「僭称」(「英国が勝手に言ってるよ!」といわれる)になるわけです。(そもそもイギリス以外の欧州諸国もも海外領土持ってますし)
    ゆえに欧州で皇帝を名乗れるのは欧州を支配したナポレオンとローマ皇帝となるわでしょう。マケドニアが「大王」なのはそういうところでしょう。
    中国だっておなじ。「中原(中華文明の地域)」を支配統一した強国の王が皇帝と名乗るわけです。辺境の「蛮夷」の国を支配しただけで皇帝にはなりません。日本も同じで日本の地方の国々と天下(中原又は本来の意味で中国ともいう)を最初に支配した王である天皇が「帝(エンペラー)なのです。東北だけ支配しても「東北藤原氏のように東北の王と呼ばれるだけ」だったわけです。
    「文明圏」の範囲がそれぞれ意識にあるでしょう。
  104.   569412
    正式名はスメラミコト、天皇は支那に柵封されてない事を示すために名乗った。
  105.   569419
    中華思想における「中国」とは世界の中心であり、天命を授かって世界を治める天子さまのいる処を指す。
    皇帝は天子の別称で“皇”の字は天子にのみ許されるとされた。 天子が政治を行う場が朝廷である。

    無神論の中共が「中国」を自称しているが、無神論の支那に神はいない。
    神より天命を授かっていない中共に天子さまが存在するはずもなく、「中国」を名乗る資格はない。
  106.   569420
    隋に三行半を付きつけたときに天皇は天皇になった。チャイナ人にも理解できるように正史をつづったのが日本書紀。そのときから、外敵に対する最大限の防御システムが皇室だったと考えてます。
  107.   569421
    日本は2重統治です、1番は天皇で卑弥呼の古代から日本を治める存在です
    その下に将軍がいて武力で日本を治めるという方式をとってきました、明治になって天応が直接治める方式になりましたが敗戦でまた首相が日本の舵をとる事になりました、それからは1番は天皇だが政治に関与しない事で今に至ってます
  108.   569422
    逆だろ
    天皇という言葉はエンペラーより古い
    エンペラーは複数を支配しなきゃならないとかそんな縛りは天皇にはない
  109.   569423
    日本も昔はドイツみたいに国内がたくさんの邦(国)で分かれてて、そのトップにいたから。なんなら昔は朝鮮とか臣従させてた時期もあるぜでおk。

    ※ 569266
    それ単に「ローマ帝国のキリスト教教会」が東西分裂しただけで、「西の普遍(カトリック)」に認められる必要はないけど「東の正統(オーソドックスつまり正教会)」掲げてたんですが。
    ブルガリア帝国にしろ、ロシア帝国にしろ、正教会を根拠に帝国名乗ってるよ。
    「国家の独立は教会の独立と不可分byブルガリア」。ブルガリア帝国は東ローマ総主教に認められて皇帝戴冠やってもらってるんだから、そりゃローマ(西側)は関係ないわな。
    ロシアも帝国なのる理由として我こそは東ローマの後継国家って名乗ってるわけだけど、掲げてるメインの口実、「東ローマは滅んだ時に正教会の坊主がロシアに亡命してきたから、正教会の今の本拠地はロシア」だもん。
    東ローマは勿論コンスタンティノーブル総主教が戴冠してるし、そりゃ、西ローマ側の教会は関係ないわな。
  110.   569425
    >>109
    コンスタンティヌス帝まではだれが承認して戴冠してあげたんだ?
    キリスト教承認してないぞ
  111.   569441
    女王なら少なくとも3人居るが?
  112.   569453
    発想が逆だな
    上位権力が無ければ皇帝でいいんだよ
  113.   569455
    結局、力こそパワーなんだよ。
    各国の皇帝だって別に一様のルールやルーツを持っているわけじゃない。
    世界有数の強国の世襲首長であれば皇帝を名乗る潜在的な資格はある。
    あとは伝統と、他国がそれを認めるか?というところ。
    日本においては、「日出所の天子、日没するところの天子に…」で一応対等確認して、中国が攻めてこない事で少なくともその件に関しては、
    お互い言及しない(黙認)の構えになった。


  114.   569459
    王を名乗れば中国皇帝の下扱いされるからじゃね?
  115.   569471
    国際儀礼として成立してる肩書きの最高位がエンペラーで、
    現在では日本の国家元首だけがエンペラー認定されてるってだけだよ
    他のエンペラーは既に全滅してるので、天皇だけが最後に生き残った正真正銘のエンペラーだと結論づけていれば特に問題ない
  116.   569501
    帝国に文明圏の範囲・根拠として宗教≒教会がある程度関係してるのは確かだけど、ロシアが帝国を名乗るの(1721年から1917)は純粋のヨーロッパ文明の一員でない「コンプレックス」が影を落としているだろうね。

    ロシアはヨーロッパ違い、タタールのくびきといってモンゴル帝国に直接及び間接的に支配された。文明感覚的には言葉は悪いがレイプされたといってよい。万歳をウラーというのはその名残。つまり昔はヨーロッパ文明の一国だったが、その間はモンゴル帝国を形成する一王国でもあった。
    そしてモンゴル帝国からの精神的独立を確実にするためにロシア「帝国」を名乗る必要があったと思う。ちょうどそれは日本が中華帝国からの自立を意図して「日本」をなのったと似てなくもない。ロシアがヨーロッパのの国でありながら、他の欧州国と違って(ヨーロッパから見て)野蛮・未開の地域(アジア)を支配するだけで「帝国」を名乗るのは、「モンゴル皇帝からの自主&自立」(を明確にしなければいけない)がある。
    今もってほかの欧州をがロシアを異質なものとみるのは文明的にそういうところ(アジアが混じってるとみてる)も関係してるでしょう。

  117.   569502
    569501 続き
    話はモンゴルを意識したロシから戻るが、日本もまた中華文明及び皇帝からの自主自尊を意図して「天皇」を名乗った。一部技術文化は遅れていても日本は違う中華とは違う文明圏でそこに隷属して組み込まれてるのではないのであると。

    「皇帝」も「天皇」も意味的にはそんなに違わないと思う。
    国書に「東の天子、西の天子」と隋に対して書いて送ってるところから意味するとこ同じとみてよいでしょうね(地方の王の上に立つものを意味する)
    ただ「皇帝」という言葉は当時「中華文明のオリジナルな言葉そのもの」だったから、それこそあえてオリジナルに天皇(天王が由来だと思う)を作ったのだと思わ。
  118.   569505
    天皇がエンペラーとされてるのは、単に明治の開国時にイギリスとの外交で互いの地位を対等としたから、当時植民地だったインド皇帝位を持ち最高の称号がエンペラーだったイギリス国王と同等でエンペラーとなっただけ、大日本帝国の大もグレートブリテンのグレートを和訳して真似たからみたいな理由だしな。
  119.   569506
    一君万民
  120.   569514
    ローマの「エンペラトール」は「第一人者って感じの意味」だと塩婆が書いてたな、それが次第に「支配者」と言うような意味合いに変質していっただけ
    このスレ主は中国人臭いが、中国語でこのエンペラトールに近い言葉が皇帝ってだっただけの話だと理解できてなさそう。そして中国人だからこそ東アジアの皇帝は王の上位的存在だから「日本の天皇は~」と言ってるんだろうが、もともと日本の天皇も各部族の王の上位だったから元々は大王(オオキミ)だったのを官位などの整備とともに天皇って地位を創出した事も調べてなさそう
  121.   569524
    明治元年明治天皇即位1868年
    ドイツ帝国成立およびドイツ皇帝即位1871年
    インド帝国皇帝ビクトリア女王即位1877年
    第二帝政フランス皇帝ナポレオン三世即位1852年
  122.   569525
    戊辰戦争1868年1月27日 – 1869年6月27日
    明治新政府&明治天皇方 イギリス・ビクトリア女王、 幕府方フランス帝国ナポレオン3世

    大日本帝国成立1868年
    大日本帝国憲法公布1889年
  123.   569526
    日本が欧米各国との公式外交関係、国交樹立したのは幕末の14代将軍家茂、121代孝明天皇時代やで
    まあ、外交関係、国交結すぶ調印したとは言っても、孝明天皇の勅許を得ないで諸外国との条約締結したことで天皇と朝廷、そして幕府内閣僚、御三家筋からも非難轟々だったけどな

    各国との条約締結で横浜に各国の商館(今風に言えば大使館・総領事館)が置かれ、外交官が本国から派遣、駐在していた
  124.   569530
    すでに各国は幕末期には天皇と朝廷の存在も、将軍は朝廷から天皇の宣旨を受けて公式に就任する役職だというのはもう知っていたんだよ
  125.   569531
    旧国名は朝廷が作った国内統治地方行政区分で、国とはいっても現代概念での国ではない。 朝廷からは統治代行の行政官として国司が派遣されてその任意あたってた。
    同様に藩領は朝廷の旧国領行政区分をさらに細かく分けての、幕府による国内統治行政区分で、こちらも現代概念での国ではない。 藩主は幕府の地方行政官で、幕府は藩の存続や領地代えを行ない、大名の配置も決めることもできた。
  126.   569540
    日本の江戸時代の国内統治機構は当時の欧米からすると特殊なんだわ。
    帝政ローマ時代の皇帝と配下の帝国内行政区分と統治代行行政官システムが幕藩体制みたいなもので、その皇帝の上にさらに元老院たる朝廷と代々世襲制国家元首の天皇がいたみたいな感じなんだわ。
  127.   569548
    ちなみに大日本帝国は幕藩体制を廃して、新たな国内統治体制を作り、イギリス型のシステムを導入し、二院制議会には現参議院の前身、貴族院と国民議会の衆議院で立法府を、議院内閣制での行政府たる内閣総理府を作って内閣総理大臣を行政府の長とした。
    明治政府が新たに作った国内統治地方行政区分が都道府県自治体で、地方権限を江戸時代みたいに大きくはせずに、中央集権での統治にし、各都道府県知事には、戦後のような選挙選出ではなく、内閣総理府からの行政官知事派遣統治だった。
  128.   569549
    地方統治権限を大きくしていた理由の一つが、情報、命令伝達に日数があまりにもかかったせい。
  129.   569551
    対外外交上、便宜上かつての徳川や足利将軍が使用した「王」は外国の尺度に合わせるための外交用語に過ぎなくて、国内では「王」は皇族関係の人だけに用いられた称号。
  130.   569556
    中華尺度での「王」は中華皇帝に従属、臣下の礼を取った化外の民の族長を公式に承認して、「王」として封じてやったというだけのもの。
    与えたやった「王」位と称号。
    帝国直轄領内、間接統治の各行政区分地内は「~将軍」とか「太守」
  131.   569558
    フランスは、ブルボン王政打倒→共和制→ナポレオン帝政という古代ローマの歴史そものだよ
    共和制フランス時代の将軍ナポレオンが神聖ローマ帝国を征服し解体、ベネチア共和国も滅亡させ、共和制フランスの混乱期に軍事で欧州内屈服させて領土拡張の基盤を作った時代でもあった。
    ナポレオンがフランス皇帝になって以降も遠征はやったが、ほぼ帝位即位前には共和制時代にあらかたの欧州内征服、従属化は完了していた。
  132.   569559
    フランスも古代ローマも帝政時代よりも共和政時代のほうが帝国主義的なんだわw
  133.   569560
    >>569405
    マケドニアの「大王」は後世の人による呼称で「偉大な王であった」という意味での敬称だよ。
    フリードリッヒ大王と同じ。 歴代プロイセン「王」の中でも偉業を残した人だから「大王」と敬称、称賛されたと言うだけ。
  134.   569562
    中華側でも実際は「皇帝」だけど、その生涯や偉業で「賢帝」とか「武帝」とか言われるでしょ?
    欧州側では実際は「王」だったけど、その偉業から「大王」ということにしたというだけ。
  135.   569567
    欧米言語からの日本語訳で使われている日本語単語も必ずしも正確ではないよ
    歴史上の言葉もね

    その逆もしかりだけど
  136.   569580
    結局のところ、ヨーロッパにおいて皇帝-国王と言う序列が存在したのをベースに、異文化圏の元首をどちらと同格と比定したか、という問題に過ぎない。
    日本の天皇が皇帝相当とみなされたのは、恐らくはまず歴史的に中国の皇帝をローマ皇帝相当と評価してきたのを下敷きに、それと同格の存在を主張していたのでまあ皇帝扱いで良かろうとなったのだと思う。
  137.   569584
    徳川将軍の外交文書上の称号は「大君(たいくん)」な
    国内での政庁公式官職名は征夷大将軍(朝廷内での序列を表す冠位も別にあるが)

    国内での公式称号と外交上での便宜上の称号は違う

  138.   569585
    江戸幕府体制下の各地の公式文書上、公式役職名は、例えば薩摩なら、「薩摩領」「薩摩守島津~」

    「藩」とか「藩主」という言葉は江戸時代にはない
    明治以降から使われるようになった新語
  139.   569587
    徳川幕府体制下の最後の天皇は「孝明天皇」だが、明治以降から一世一元号と変わったから、それぞれ明治、大正、昭和、平成となっているけど、それ以前は一世多元号で一人の天皇治世時代に何度も改元されなんてよくあったから、元号を元にした区分が作れず、天皇名の~天皇という表記になっている

    また、天皇も生誕時の宮名、皇太子時代の東宮名、天皇即位での天皇名と変わったから
    例えば、孝明天皇の場合は、幼名が「祐宮(さちのみや)」、皇太子になって「睦仁(むつひと)」と改名、そして天皇即位で「孝明天皇」に改名となった

    だから時代区分と元号名、天皇名が明治以降からのルールとそれ以前とは違う

    かつては天皇の子供の男子などに継承者として「~王や~皇子」という称号が用いられたこともある
  140.   569588
    欧州史、世界史も後世の歴史家、欧州基準、便宜上の翻訳語、欧州基準序列で人為的に書き換えられているんよ
    日本語訳上の「王」も欧州英語上の「King」も過去世界中にそういうものを明確に名乗っていた元首、国が必ずしもあったというわけではない
    「キング格」にするか「エンペラー格」にするかどう扱うか、時代ごとの歴史家が西洋基準で作っただけ
  141.   569589
    古代エジプトの元首はだれが「キングやクイーン」だと認定したんだ?
    あれは王国だったのか? 本当の国名はエジプト王国だったのか?
  142.   569591
    母国語に翻訳された大雑把な便宜上の単語使っているだけに過ぎない現代人が習う歴史をその単語のまま素直に暗記して、その使われている単語で現代概念だけで固定観念作って思い込むと歴史の落とし穴と罠にハマるよ

    ベースはベースとしていろいろな角度からの考察が必要な分野だから
    立ち位置が変われば見方も変わる、見えなかったものが見えてくる
  143.   569599
    日本語での中国史も面白いよね
    国名は単に漢とか隋、唐とかだけ
    で、「王朝」という言葉は使う
    でも皇帝、~帝も使う
    近代になってようやく教科書によっては清帝国と書いてある場合もある
    モンゴル帝国表記はあっても元帝国にはなっていない

    ペルシャの場合も、昔は「帝国」表記はあまり使われていない
    単にペルシャもしくはペルシャ王朝、ササン朝やセルジューク朝ペルシャとかで習っている人も多いかと
  144.   569663
    >>569505
    グレート・ブリテンのグレーとは対岸の大陸側にあったブルタニア(仏名・ブルターニュ)で英王朝仏系プランタジネット家の本国)のほうを「小」、ブリテン島の方を「大」としただけだからな。
    ブリテン島は大陸側にあったブリテンから支配受けていたがわ。
    フランス側にはフランス王国とは別の仏系の国があった。 フランス王国に負けて本国が陥落、ブリテン島の方しか領土支配地が残らなくなった。
  145.   569664
    自分は皇帝であると唐突に自称するだけであれば誰にでも出来るし、優秀なスポーツ選手等を讃える意図で皇帝と呼ぶ文学的表現の範疇での皇帝認定も簡単な話だ
    単なる自称や文学的表現どまりではなく、諸外国の公的機関から正式に皇帝呼ばわりされるような存在でなければ結局は自称皇帝、またはなんちゃって皇帝でしかない
    現行の国際儀礼ではエンペラーの格式を認められた国家元首のみがガチの皇帝であって、国際儀礼でのエンペラーを指し示す漢語訳として用いられている訳ではない場合の皇帝呼びは諸外国の公式見解とは無関係な自称もしくは文学的表現に過ぎない
  146.   569677
    実はね、神聖ローマもドイツも正式国号として「帝国」を名乗ったことはないんだよ。 ただ内外に公式に承認された「皇帝」がいたから、一応歴史用語として「帝国」と表記しているだけ。
    ドイツ建国からナチスドイツ終焉まで正式な国号は同じで「ドイツ国」。
    歴史用語と体制の区別をつけるために、便宜的に通称の「ドイツ帝国(帝政ドイツ)」、「ワイマール共和国」「ナチスドイツ」と表記しているだけ。

    なぜ日本語ではドイツランド(ドイチェラント)じゃなくドイツなのか?というのも、ドイツ(オランダ語を元にした発音)+ラントにしたのは西ドイツと統一ドイツだけで、第二次大戦後から使われた国号で、それ以前と東ドイツの正式国号は全部ドイチュ~でしか使われていない。
  147.   569678
    歴史で使われている国名の多くが彼らが自分たちで名乗った正式国号ではなく、通称が多い。 便宜的にそういう国名にしてあるだけ。
  148.   569679
    フランク王国なんてカール大帝がローマ皇帝の戴冠受けて皇帝になったのにローマ帝国ともフランク帝国とも言われないんだぜw
    せいぜいカール・フランク王に最大の称賛の「大帝」と表記してあげているくらいで(当然だが、即位したのは「皇帝」であって、「大帝(皇帝の更に上の地位の大皇帝)」ではないw)
  149.   569724
    欧米やチャイナのピラミッド型の頂点にいる皇帝と
    日本人という「円の中心」にいる天皇の違いが判らなければ永遠に理解できないでしょう。
  150.   569997
    日本はミカドと呼べと言ってるのに外人が
    エンペラーエンぺラーて勝手に言ってるだけだろ
  151.   570043
    >>569997
    いや日本政府がEmperorと呼べと言っているんじゃないのか
  152.   570059
    勉強不足と英単語の貧困な部分だよな、こんなの相手にするの大変だわ
  153.   570532
    大名=王だと数が多すぎるから、従四位以上を王ってことにしよう。
  154.   570561
    あいつらの価値観で、天皇は理解できん!無駄!なんでもかんでも自分達に当てはめては理解できるわけがない。どうせ朝鮮人と大朝鮮人民共和国の奴等が頭悪いのに、理解しようとして理由当てはまらないだけだろ。王は現代で議会制民主主義の代表という形になってる事を理解できない奴等だということ。
  155.   570621
    現行の国際儀礼では古代ローマ皇帝と同格の国家元首だと認定されたらエンペラーの肩書で呼ばれるようになるって事だけ理解してれば問題ない
    別な言い方をするなら、一介の国家元首程度ではなくて古代ローマ皇帝のように文明圏一つの代表者としての立場を兼ねてると言えるようなスーパー国家元首がエンペラーって事だ
    文明圏の代表者なのだからその文明圏での名称でしかないミカドだの何だのは重要な問題ではない
    例えばジュンガル帝国という国家が過去に存在したが、ジュンガル帝国での国家元首の伝統的な呼び名はホンタイジなので学術的にはジュンガル・ホンタイジ国という
    因みにホンタイジという肩書きは漢語の皇太子が語源だと考えられてる
  156.   571201
    彼らが言う「王」とは違うが、「王」(は今はたまたまいないけど)「女王」はいるからね。
  157.   571794
    天皇陛下は神道神官の最高位の権威。ローマ法王のうようなもの。
    同時に日本人の父としての先祖。だから、国王ではない。
    よそ者が植民地支配して王様になったような国家とは違う。
    こういうことががいじんにはいまだにりかいできないことが実に不思議だな。
  158.   572893
    西洋のエンペラーや中国の皇帝は征夷大将軍だろ?
    中国のは皇帝の上に何も無いから平民でも武将でも武力が強くて人心掌握できれば誰でも皇帝になれた歴史がある
  159.   573313
    親王宣下を受けていない皇族は王号。長屋王とか以仁王とか。まあ、kingとは訳されない思うけど。
  160.   573485
    明治開花以降の近代の頃しか歴史を認識してないバカが、日本の天皇は王と同じとか、日本は帝国だったから天皇(皇帝)だったとかいってんな
    日本の歴史書によれば、それいぜんからずっとずっと、天皇だったのにな
  161.   575050
    >日本人は本質的に中国からその地位名を借りただけ
    天皇陛下をエンペラーだと広めたのは欧米列強であって、べつに天皇陛下がエンペラーを名乗ったわけじゃないのに、日本がパクったかのごとく言わないでいただける?
  162.   575420
    日本には満洲のような傀儡国家が古来からあって、百済や高句麗、伽耶にも王はいたので「天皇」であってる。

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


スマホとPCの外部リンクのスクロールバーが

うっとおしかったので撤去しました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!