­海外反応 キキミミ

 

海外「どうやって説得したの?」外国人がカミカゼについて思う素朴な疑問が海外で話題に(海外反応)

海外「どうやって説得したの?」外国人がカミカゼについて思う素朴な疑問が海外で話題に(海外反応)

kamikaze6687222015119165156115665.jpg

投稿者
日本軍はカミカゼアタックをさせるために、パイロットたちをどう説得したんだろう?
「みんな、今日の攻撃はハイスピードで敵船に突っ込むんだ、もちろんパイロットは死ぬだろう さあ、やりたい人は?」なんて聞くわけはないし



カミカゼパイロットに指導をするマニュアルというのが以前記事になってた 「衝突の瞬間はベストを尽くせ 死者の魂がおまえを見ていると思え パイロットはみな大きく目を見開いて突撃するものだ 死者たちがその楽しみを教えてくれるだろう」というような内容だったな




↑「死者が楽しみを教えてくれる」っていうのがすごく嫌だな




↑もとは喜び、とかそういう言葉なのかも 自殺行為の爆撃に出る兵士にとってはもうめちゃくちゃなんだろうね




↑自分で操縦して突っこんでいくんだもんなあ…




↑カミカゼアタックをするような連中には、着陸の仕方も教えなかったらしいよ だから戻ってくる方が恐怖だったかも




↑着陸を望んではいなかっただろう 戦時中の精神状態では、カミカゼパイロットは最高の戦士だったわけだし




↑生き延びることは大きな恥だった 戦闘が終わった後に自決した将校の話もたくさんある タイタニックの事故で生還した人間に、家族も友達も冷たく当たったというエピソードを聞いたことがあるよ




↑切腹か…




↑死者が楽しんだなんて、いったい誰に聞いたんだろう?




極端な信念、あるいはプロパガンダを本気で信じた人たちの行動という気がするんだけど




↑それが戦争中のシステムなんだよ 集団自決もあったし 兵士は毎日国のために自分の命をかけていた でも国のトップの命令でこう信じろと言われることは嫌だな 当時の日本にも、これが日本のためにベストだとは思っていない人がいたと思う 戦争では極端な思想に走る人が増えるものだ、911のあと中東に核を落とせと言った人がどれほどいたことか




↑他国にも思想があるということを知らないんだ 事の善悪も知らないまま、ただ生き延びるために国の言うことを信じるしかない人たちもいる




↑思想の強制と教育は違うということだな




↑ネイティブアメリカンにキリスト教を強制したことを、19世紀の白人は教育だと思っていた




カミカゼに向かったものの、途中で気が変わってどこかへ着陸したやつもいたと思うんだ




名誉のためだよ 日本人は名誉を重んじ、母国と天皇を守ることを第一に考えていた 日本人は負けには名誉がないと感じ、切腹した カミカゼもコンセプトは同じ 自分の詩と引き換えに、多数の兵士を殺せということ




↑武士道の概念が1900年代初めに、軍によって捻じ曲げられたんだよ




https://www.reddit.com/r/history/comments/4h4ysf/how_did_the_japanese_army_convince_their_pilots/
Comments
  1.   127001
    結論ありきの議論をしているようにしか見えないな
  2.   127002
    全く同じ状況に置かれたら、志願するけどな。

    あと、あの戦争は色々特殊すぎたので、日本軍人の一般的なケースとして考えようとすると誤解しか起きない。
    日露戦争や日清戦争ではごく普通の戦争をやってたってのに、それは全く参考にも考えもせずに第二次大戦での極限状態だけをこれが日本軍!ってやってるやつは国内外に多いけど、そんな極端な例だけを基に考えてわかることなんてないよ。
  3.   127003
    ※127001
    だろうね。理解できない事例に対して「こういうのってやっぱりみんな理解できないよね」と結論して安心したい心理というか。

    日露戦争でも、死の危険の高い作戦なんていくつもあったけど、時代的に士族の子弟が多かったこともあって志願者沢山いても、そのときは「一度この(死の可能性の高い)任務に就いた兵士は二度と同じ任務に就けてはならない、ただし将官はこの限りでない」って訓令してるし、日本軍に伝統的に兵士の命を軽視するような文化があったわけじゃない。

    敗北を望む共産主義が獅子身中の虫、追い詰められて負けすぎたのさ。あの戦争では。
  4.   127004
    説得も何も、アメ公が焼夷弾落としたりと民間人を無差別にジェノサイドしてたからなあ
    そりゃ家族殺されて恨み持ってる人もいただろうし、このまま無碍に殺されるくらいなら一矢報いてやるって気になる奴もいるだろ

    こいつら原爆という大量破壊兵器を日本人に落としたことに対して無神経すぎ
  5.   127005
    >127003
    頭に何か刺さってますよ?
  6.   127006
    片道燃料とか、着陸の仕方を教えないとか、そんなことあるわけないだろ。
    出撃して敵艦にめぐり合えなかったら帰還せずに何もない海面に突っ込むのかよ?
    それこそ無駄死にじゃん。
  7.   127007
    外国人には理解できないよ。
    なのでほっといてくれ
  8.   127009
    国の為、天皇の為と言うより、国に残して来た家族の為だよね
  9.   127011
    神風よりも、終戦後に捕虜になった日本兵が海外で虐殺されたことの方がエグいわ
  10.   127012
    べつに説得なんかしてないだろ、ただ志願者を募っただけ。
    っていうか神風特攻ってそんなに不可解な事か?

  11.   127013
    自ら進んで志願した人もいれば、断れぬ雰囲気の中で肩を叩かれて嫌々志願した人もいるさ
  12.   127014
    ほとんどの人は嫌々でしょ
    だからこそ感謝はすべきだけどね
    しかし、この作戦考えたやつはいくらでも批判されるべき
  13.   127015
    白人は卑怯なやつしかいないからなw

    民間人を狙って米軍が虐殺を繰り返しているんだから
    自分の命を使ってでも食い止めようとしただけじゃんかよ
    そりゃ誰だって死ぬのは嫌だけど
    降伏どころか虐殺ありきで攻めてきているんだから
    どうしようもなかったし
  14.   127016
    『永遠の0』だとそこらへんに重点をおいて書いてある。
    高学歴で特殊な技術を持っていた若い人間を爆弾の誘導装置にしたのは愚かだと思う。
  15.   127018
    書いてるのが何人かはわからんだろ。

    正しい情報で理解してるかどうかも怪しい。
    戦争のしょっぱなから特攻してたとか思ってる外人も結構いるしな。
  16.   127021
    こいつらはさあ、家族が車に轢かれそうなときに身を挺して守ったりしないのかな?
    てか、ハリウッドって特攻大好きじゃん
    アルマゲドンしかりインディペンデンスデイしかり
  17.   127022
    論外!、ガイジンには無理な話。
    自分も同じ行動を取ると思う・・・・・・・・。
  18.   127024
    海外コメで納得できるものが一つもないw
    もう少し理解している人いても良さそうだがわからんもんなんだね
  19.   127025
    自己を犠牲にすると相手の被害が増すと考える精神主義だね。
    欧米人には理解できないけどイスラム原理主義の人とかも理解できるでしょ。
    アルマゲドンとかとは全然違う。
    あれは爆発させつつ生還する方法がなかったんだから、
    飛行機は自ら突っ込まなくても爆弾を落とすという方法がある。
  20.   127026
    本質は家族や愛する人、守りたい人の為なのに
    意図的に天皇や日本を貶めんとミスリードするよなw
  21.   127027
    着陸はできますよ。
    桜花だっけ?とかは爆弾を機体に縄で巻き付けられて逃げれなかったらしいけど。
  22.   127028
    ※127025
    はやく国へ帰ってやれよ、南北分裂してても祖国は祖国だろ、どっちか知らないが。
  23.   127029
    そもそも攻撃方法を教えるためには軍用機を乗りこなさなきゃならないわけで
    自分で離陸して方角を調べて目的地まで飛んでまた方角を調べて基地まで帰ってくる訓練を積んで
    それが全部出来てからの特別攻撃だぜ
    着陸のやり方を教えてないとか脱出できないように鍵をかけたとか有り得ませんので
    あまり乗組員を馬鹿にしない方がいいi
  24.   127031
    当時は日本以外のアジア諸国が全て白人国家の植民地もしくはそれに似た境遇だったのが、
    日本人への恐怖に繋がってたかもな。
    白人が植民地でどれだけ無茶苦茶してたかを考えると家族が心配で必死。
  25.   127032
    >↑カミカゼアタックをするような連中には、着陸の仕方も教えなかったらしいよ だから戻ってくる方が恐怖だったかも

    着陸の仕方も知らずにどうやって操縦覚えるんだよw
    吐気がするほど無知だなキチ外人www
  26.   127033
    向こうの翻訳はどうかしてるんだろうな。だから神風についての認識もズレるんだろう。嘆かわしい。

    …現代人の俺が語れることじゃないけど、想像で言うなら当時は断れない雰囲気の中で志願した人もいるだろうし、自ら志願した人もいると思う。
    何しろまともな戦闘機パイロットになるには何年も時間がかかるから状況的に間に合わないし燃料もないし、じゃあ海はどうかといえば既に絶望的、陸軍で戦ってもゲリラが精一杯。でも何か大きな打撃を与えないと、東京のように空爆されて一般人や家族が殺される。
    そんな状況で取れる選択肢、命を無駄に安売りせず、可能な限り高く売りつける方法としては有効だ……そう判断した人もいるんじゃないだろうか。
    …つうか外国人だって映画でたくさん特攻してたりするじゃんよ。そんな文化があるのに、なんで理解できないんだ?
  27.   127034
    崇高な使命感で志願した人もいるだろうけど
    当時は逃げ帰ったら家族共々非国民的な扱いを受けたから
    やるしかなかったんじゃないかな
    志願といっても日本の体育会系同様にほぼ断れないし
  28.   127036
    特攻隊員の遺書に死ぬのは怖いけど自分の後ろに家族や祖国があると思うと勇気が出たと書かれているものがあった。
  29.   127037
    日本人は、皆殺しというアメリカ思想だったからな、
    2発の原爆でもいまだに正当化して足りなかったかなど、
    感謝しろなどと言われても、
    日本人は、謝罪を望んでいないなどと、
    お花畑しかおらん訳だから、日本しねですね。

    そもそもオバマは、何しにくるか、来るなと言えない
    日本の情けなさ、こびるのは得意な日本しね
  30.   127040
    やっぱり外人さんには理解できないみたいだな。

  31.   127041
    未だにプロパガンダを本気で信じて敗戦国だけを悪者にしてるやつらがいるじゃん。
  32.   127042
    海外の占領地で民間人の自決が起きたり内地の都市無差別爆撃が始まった頃だからね
    国民がむざむざ殺されてるのに断固として特攻に「否」と言える人は少なかったのさ
    B29への特攻も行われたのだけど表面化しないのはやはりこの市民虐殺を伏せたいからだろうね
  33.   127043
    > しかし、この作戦考えたやつはいくらでも批判されるべき

    でも、似たようなことを今でもやらそうとしている人々は大勢いるし・・・

    「戦争法案反対」とか言って武器使用できない状態で自衛隊を行かせている。文字通り特攻隊式に肉弾戦法で事にあたっていたのが戦争法案以前の自衛隊。

    今までは近代兵器で完全武装した軍隊が決して発砲することは無いなどという馬鹿げた話を相手が信じなかったから助かっていたのだが・・・
  34.   127044
    皆んなで杯を割る儀式は集団催眠だ
    皆んなでやれば諦めがつくだろ
  35.   127045
    宮沢賢治のグスコーブドリの伝記を読めば判るよ。
  36.   127047
    南方に送られて飢餓と戦いながらじわじわと皆殺しにされるのと

    飛行機で突っ込んで即死するのとどっちがマシかって話よ
  37.   127049
    これがね。志願を募られた時、正直嫌だったけれど、皆が挙手をする中どうにも拒否し難くて、みたいな悲惨な話もあったりするんだわ。自分の生き死ににおいてさえ空気を呼んでしまう悲しい日本人の性だな。
  38.   127050
    外人には理解できない
  39.   127051
    映画インデペンデンス・デイでラストシーンでカミカゼアタックするんだけど
    あれを見たアメリカ人は何てバカな奴なのだろうと思うのだろうか

    タイタニックが沈む際に女性や子供を救命ボードに優先させ
    大半の大人の男たちは海中に投げ出され凍死したと聞くがそれを
    バカげた奴だ弱い者は力で押しのけ自分だけ助かればいいのに
    と考える人達なんだろうか
  40.   127052
    アメリカは戦後解かれた誤解ではなく
    戦時中のプロパガンダの継承をしてるからな。

    事実を知らない以上に比較思考が出来ないのが致命的。
    議会停止や人種差別、捕虜の扱いの比較は思い付きもしない。
  41.   127054
    もちろん、爆弾を捨てて不時着して生き延びた人もいた。責められることじゃない。
  42.   127056
    意味も無くシねと言われて喜んで行動する人間は、どの国、どの時代でも居ないだろう。
    けど、それでも、シと引き換えにしてでも成し遂げなればならない事があると、行動した日本人達は知っていたって事だ。
    神風に関わらず、古くは赤穂浪士も敵を討って雪辱を張らせても、事後は自害しなければならない事は分かって行動した。
    日本人は理屈でなくシをも超えて成さねばならない事がある事を本応的に知ってるんだと思う。
  43.   127057
    片道燃料は米軍もやったことあるぞ
    切羽詰まったら誰だってやる
  44.   127058
    外国人には理解できない、ってコメントあるけど違うぞ。
    自己犠牲の精神は知ってる。

    日本人には適用しないだけ。
  45.   127059
    集団自決や万歳突撃だって元の連合軍の捕虜を取らずに投降した日本軍を虐殺してるのを見て
    犬死によりはって自決したり突撃したりの方が多いのにね。

    それを隠すために強要しただの日本軍は捕虜にならないだのとごまかしてひた隠し。

    いい加減に連合軍は正義で日本軍は悪逆非道な悪という史観から脱却して欲しい。

    日本も悪逆なら連合軍も悪逆だった。
  46.   127060
    片道燃料ってのは(戦艦大和の沖縄特攻の場合もそうだけど)大嘘、何故なら出撃したはいいが敵艦隊を発見できず、帰投するしかないこともあったから、その時は無駄死になってしまうから
    なお陸軍航空隊の最初の二つの特攻隊は、反跳爆撃の訓練を重ね、フィリピンに進出したところでいきなり体当たり部隊に変更されてしまった、志願でも何でもない強制だったりする
  47.   127061
    想像力の欠如だな。
    家に強盗が押し入って来たら、そして自分の背後には妻や子供、あるいは父や母が居たら、どう行動するかって奴だろう。
    勇気のある人間は自分が死ぬと分かっていても、強盗と対峙するだろうさ。
    当時の状況では、圧倒的な戦力差の前に、新米パイロットなんて出撃=即撃墜みたいなもんだったんだから、
    如何に自分の命を合理的に使うかという命題が残されていただけだ。
    特攻攻撃を行わなかったら、普通に戦って普通に死ぬだけで、結果としては米艦隊に遥かに軽微なダメージしか与えられず終わっただろうというだけの話。
  48.   127062
    戦後に生まれた人には一切理解できないよ
    当時の人から話を聞いても資料を読んでも今の自分に置き換えることなんてできない
    あの時代のあの状況化で生きていないと
    個人的にはそんな経験したくもない
    そんな状況化にもいたくもない
  49.   127063
    相変わらず日本語ソース不明の怪しげな資料が出てきてるよな。
  50.   127066
    アメリカは都市部への爆撃など
    民間人への攻撃を積極的にしていたからだよ

    これをしたら戦わない非戦闘員でも殺されると思い
    命を捨ててまで戦うことになった
  51.   127068
    アメリカは無意識に負い目だあるから、

    屁理屈こねて、正当化する。

    クソ白人には死んでも解らん。消えろ!!!

  52.   127069
    ハリウッド映画のアルマゲドンで惑星に一人残って作業するってあったよな。
  53.   127073
    着陸は教えてる。
    敵が見つからなくて帰って来る事もあったんだからね。
  54.   127074
    戦記を読むと、学徒動員や予科練出たての若者は積極的に志願する者が多いが、訓練と実戦を積み重ねたベテラン程、特攻という戦術に否定的な傾向
  55.   127075
    彼らよくわかってないけど特攻隊って言うほどではないからな
    日露戦争の時なんかは要塞の機関銃に歩兵が突撃かけているし
    ロシアでは戦う人がいなくなっておばちゃんが
    すきやくわで戦車に特攻をかけてる
    弾薬が無くなった日本兵は敵前に突撃して死にに行ってる
    リンドバーグが残したとおり、捕虜はよく虐殺されているし

    むしろ本当の苦労と恐怖は硫黄島の戦いなんかのほうが
    上だろう
    地獄のような狭い環境の中で死ぬことも許されずに
    ひたすら頑張ってる
  56.   127076
    説得されたと思ってんの?
    鉄血のオルフェンズを見たら少しは理解できるかもな。
    いや、外人には無理か。
  57.   127079
    日本の視点から議論してない時点で、この本スレは極端な結論にしか持っていけないだろう
  58.   127080
    同じ特攻でも回天は怖かったと思う
    海中で前が見えないからな
    というか訓練だけでしねる
    特別攻撃隊を戦地に送り出す部隊も当然のように
    多く亡くなってる
    こうなると戦果を出さなければという思いで一杯だろうな

    遺書見ると家族や故郷を守りたい一心だしな
  59.   127082
    家族と街諸共燃やされたらそりゃあ特攻くらいするさ
    自分らの祖父の世代が民家に焼夷弾落とした事実から目逸らしてんだろ
    実際、原子爆弾なんかより空襲でよっぽど沢山殺してんだよね民間人を
  60.   127083
    自分だったらどういった状況下で特攻に出るかまず考えてみるのがいいだろう、無知な外国の子供たちよ。

    他者を思いやり命を大切にする日本人が何故そういう作戦を実行したのかを。

    白人が有色人種をどのように位置づけ扱ってきたのかを。
  61.   127084
    この程度の知識しかないのに願望や想像で語らう外人達。
  62.   127085
    くだらねえこと言ってやがるな
    そのころはすでにアメリカはB-29で民間人を何万人と空爆で無差別に殺してたんだぞ
    そんなときにどうやって説得したもクソもねーだろ
  63.   127086
    自分の持ち時間、自分の大切な人達に全部あげるから
    自分は何もいらないどうかみんな生き延びてっていう

    捨身虎児ってわかるかな
  64.   127087
    所属する集団への自己犠牲の精神の発露、または強制、それらは程度の差こそあれ、どこの国にでもあるものじゃないの。
    脱出は認められていてもエルベ攻撃隊とかもあった。追い詰められた側の最後のあがきのパターンなのかもしれない。
    (必ず死ぬわけではないけど、近代の戦列歩兵も異常

    あと、支那事変のときからすでに周りに戦死者がそこそこいて、軍隊に行ったらまず帰ってこれないという諦念めいたものがあった聞いた。そういうのも当時の兵隊の死生観に影響あったのかもなと思う。
  65.   127088
    知覧か予科練平和記念館に行けば答えは出るよ
  66.   127089
    家族の為と思えば戦争は嫌だけど行かないと敵にコロコロされるしね。国や人に信条や思想があるってのはお互い様だよ。何も白人だけが敬虔で立派って訳でもないし。
    www2からは日本は絶対悪じゃないと諸外国が困るって所もあるだろうけど、それを使って世界中の紛争など現在の問題から目を逸らさせちゃ駄目なんじゃないのと思うわ。
  67.   127090
    こういった話になると個人主義を教え込まれている外人は理解出来ないだろうね。
    『国の為、人の為に生きる』ってことを。
    つまり、このコメをした外人は、災害時も真っ先に逃げるタイプの人達。
    自分の命が尽きても、絶対に守りたい者を持たない人&信念を持たない人には分からないでしょうね。
  68.   127094
    アメリカが民間人を無差別虐殺してる状況下だしなぁ
  69.   127095
    日本の様に他国に教育を牛耳られているわけでもなかろうに、誰も彼も変な考え方するよなあ。
    どこの国だって軍人さんが一番の現実主義者だよ。真っ先に体を張るんだから、実の上がらない作戦など行わない。
    通常攻撃だと、ほとんど攻撃前に撃墜されて戦果ゼロに終わる。「永遠の0」でも近接信管の解説がされていたでしょ。通常攻撃だって射程に入ったら生きて帰って来れないんだよ。そんな中で落として当てる爆弾使って攻撃するんだ。
    一方で基地に座していてもいずれは殺されるんだよ。相手は公式に日本人を殲滅すると言っているんだから。そんな相手が空母連ねて寄せて来た。対戦国に降参が認められない状況下で、たった1つの命、アンタラだったらどう使うよ? 
    通常攻撃より戦果が期待できるから選択したんです。
  70.   127097
    志の違いだな
    頭でしか考えられないガイジンには到底理解出来んよ
  71.   127098
    127006
    通常巡航速度で往復出来るギリギリの燃料で戦闘機動したら戻れませんって量
     「この弾幕を潜り抜けて爆弾投下なんて・・・」って命令であって始めから機体をブチ当てろって命令じゃ無いし

    3回くらい特攻を成功させて終戦まで生き残った人が居たような…
  72.   127099
    特攻隊の遺書はもう少し広めないといけないかもな
    世界遺産はともかく知られるべきだ
  73.   127100
    葛藤があったに決まってるだろ
    家族へ宛てた手紙を読めば分かる
  74.   127102
    生存者が、
    「特攻作戦が決まった途端、士気は大いに下がった。
     死ぬと分かっている作戦で士気が上がるわけがない」
    って証言してるんだよな

    これだけで日本兵もどこの国の兵隊とも変わらない普通の感覚を持った人間だったのがよくわかる
    未だに当時の日本兵は皆、ISISと同類の国に洗脳されて死ぬ事など何も恐れない天皇教の狂信者のように思われてるのがやるせない
  75.   127105
    シャブ漬けにして
    さらにハッチを溶接して脱出できないようにし
    しかも自分は行かない連中に騙されて
    行かされたんだよ
  76.   127108
    相手が非戦闘員を焼き払い、万人単位で吹き飛ばす絶滅兵器を使うような鬼畜だからだよwww
  77.   127111
    最初から、死ぬ気も無くてイザとなったらトンズラ出来る軍隊と
    死んでも家族や国を守ろうする軍隊を比較すんなってんだ

    第一見りゃ解るだろ
    日本軍との戦闘に敗れた軍は、食料も武器弾薬もまだまだ沢山あって放り投げてる
    日本軍が負けた時は、食料も武器弾薬も無い状態で全滅してる
    比較になるかよ
  78.   127112
    過労死?死ぬ前にやめろよ、自分で望んで働いたんだろ
    特攻死?嫌なら行くなよ、自分で志願したんだろ

    この国の愚民のメンタリティは何も変わってませんねww
    特攻隊員は御上のメンツの為に犬死にさせられた立派な被害者。
    よくこんな売国奴の立てた無謀な馬鹿作戦を国民が望んでやったなんて擁護できるもんだわ。
  79.   127113
    アジア人って、白人さまに支配されてた時代に、何考えてたの?とか、逆に聞いてみたい
  80.   127114
    今とは精神自体が違うからな
    外国人からは想像も出来んかもしれんけど
    兵士手記が残ってますから志願がほとんどでしたし
    あとはこのままでは国の後が無い、という
    崖っぷち思考が背中押したんだと思うよ
  81.   127115
    隊員の遺書ですら検閲されてた時点でお察しだよね。
    そして行く前に終戦になって生き残った隊員は皆口々に強制で断ったら家族が村八分になる
    士気も低く隊員は出撃前夜に行きたくないと泣いていたと証言してる。
  82.   127118
    一言で済むよ

    同調圧力
  83.   127119
    「家族に向けられた銃口をかばって身を体する」
    だけの話。
    家族とは身内だけでなく、故郷、国家の解釈あるけど当時そこは人それぞれだったと思う。
  84.   127121
    特攻隊ではないけど、うちの92のばぁちゃんは自分が小学生や中学生の時によく話してたよ、「当時はとにかく何でもお国のためだと言われていたからね」って
  85.   127122
    親は愛する子供のために身を投げ出して救おうとする。
    自分の死と引きかえでも子供をいかすことを選ぶ。
    そういう状況だったといえばわかるかな。
  86.   127128
    誰でも家族や自分の子を守る為に身を挺すことはある。
    しかし特攻は決してそういう行為ではない、という前提をまず日本人が理解しないとな。
  87.   127129
    外人だからわからないというわけでなく
    そこまで追い込まれたんだ、という基本的な認識の違いだと思うけどな。
  88.   127130
    楠木正成・正行、真田幸村、赤穂浪士
    吉田松陰、西郷隆盛、乃木将軍

    当時の日本人に愛されてた日本人。今の日本人が坂本竜馬を愛するように。
    とことんまで追い込まれたら彼らのごとくふるまうのは当然。
    先祖の散り際にならったまでのこと。
    大日本帝国に平家、南朝、豊臣家を重ねていた部分もある。
  89.   127132
    神風だけじゃなく戦争に参加する全ての国民が死を意識していた時代
    神風は作戦上パイロットじゃなきゃ駄目だから出来る人は限定されるけど、戦闘機で突っ込むか、国外で敵と戦闘するかの違いがあるだけで覚悟は誰も一緒だったんじゃないか?
    国土が燃やされてるんだから、それぐらいは想像付くと思う
  90.   127134
    当時としては珍しい反戦主義者・坂口安吾が特攻隊員だけは例外的に評価してたな。
    「若者たちよ、戦争はクソだが特攻隊員だけは誇りに思え」って。
  91.   127138
    美談にしたい気持ちはわかるが
    これは同調圧力以外の何物でもないだろ・・・
    誰も死にたくねえけど断ると死ぬよりつらい目に合わされるんだもん
    カッコつけて死ぬくらいしか出来ねえよ
  92.   127140
    生き残った人の話だと、別に特別な思いがあったわけではなく他のみんなが志願したので自分もそうしたみたいな事を言っていたかな。
  93.   127143
    悲しいが同調圧力も多くあったろう。そもそも国民が空爆で殺されてる状況下、無いほうがおかしい。軍隊ってのは国と国民を守るためにあるんだから。
  94.   127144
    当時の情勢を考えれば特攻することに美徳を感じて突っ込むだろうな
    現代では特攻が最良の策だとしても常人は誰一人やらんだろ
  95.   127147
    国民や兵士の士気が高かったのは、それだけ鬼畜米英、白人至上主義の実態をよく知ってたからじゃないの?
    実際、当時の世界秩序は列強による列強のためのもので、WW2は植民地をめぐるイスとりゲームであると同時に、人種差別への抵抗でもあったわけだし。
  96.   127149
    >127144
    それはちと綺麗事すぎるな
    美徳を感じて敵艦に突っ込んだんじゃなく、
    こうしてお国のために死ぬことは美徳なんだ、無意味ではないんだと
    自分自身に必死に言い聞かせながら特攻していったんだと思うよ

    もちろん強烈な同調圧力の中でね
  97.   127151
    爆弾がなかったからね。突っ込んで自爆しか方法がなかったんだよ。家族や将来の子供たちの為に自爆してくれた英雄たちには感謝しきれないよ。
  98.   127153
    爆弾満載でも水平200km、垂直降下400kmは出る。
    車なら高速道路でせいぜい200kmだが、それでも視界は前方のみに絞られる。衝突10秒前からフルスロットル。
    自殺といえばそうも言えるが、現代の自殺とは根本的に異なるな。
  99.   127196
    選択肢なんてなかったんじゃね?
    やるかやられるか
  100.   127203
    自己犠牲の精神、国のためとかいうのは綺麗ごとな
    本当は、拒否したら故郷に残っている女子供が「非国民扱い」されて、私刑状態になる
    だから逃げ場がなかったんだよ
    これは、死ぬ前に日記や手紙を書いた人たちの記録として残ってる
  101.   127213
    戦友が散華してたり、空襲でしかも焼夷弾で住宅密集地までやられ
    遅かれ早かれ自分も何かで命をおとすだろう、という状態で
    ならば一撃を、って気持ちだったと語る人も居たな

    そしてプロパガンダも何も、現実に東アジアで独立してたのは
    日本と、英仏両国のバランスを上手くとってたタイくらいなモンで
    東南アジアや大陸の租界を見れば、、まぁ、なってみれば
    居心地良い部分も有るのかも知れんが、言葉が分かる家畜の暮らし
    少なくとも当時の日本人にはそう見えたそうだ。そんな時代

    山岡荘八が、学校の先生だった出撃前の特攻隊員に聞いたら
    「戦況が厳しいのは分かってるが(負けた)後の為にも行く」
    と語ったと書いていたが、少なくとも当時の時代背景から
    悲壮な覚悟を持って行った方も居たのだろう、とは思う
  102.   127234
    何もわかっていない外人ども
    もっと勉強して口を開くか、勉強が嫌なら口を閉じろ
  103.   127253
    味方の死が近くにあって名誉不名誉が強く評価される雰囲気になって仲間のためにって状況になって初めて出来るんじゃないのか?
    次は俺の番かなぁ 皆先に行ってるしなぁ
    みたいに
    っうか戦場での自己犠牲はどこの国でも有るんじゃないの
  104.   127274
    別に外国人が理解してなくてもいいんでないかい?
    それって日本人を舐めてくれてるわけだろ。
    自分の命を捨てて他人を生かすなんてのは宗教なり思想なりで洗脳しないと無理だと思っていてくれていい。
    いざという場面になったら、わりと大多数の一般人がごくごく自然に自らの意思でそんな覚悟を決められてしまう恐ろしい民族はこの世界にはいなかったんだよ!そう、いないいない。
  105.   127283
    シータとパズーのバルスって神風特攻隊と同じだよね?
  106.   127292
    まず特攻はどういう心情で行われるのか?
    そして、特攻が頻発する状況はどんな状況なのか?
    そのときの国政情勢は?各国の心情は?価値観は?
    あの時代の当事者たちについての様々な考察をくりかえして思い描けないと、何も理解できないと思う
    日本はじめ各国では、ネガティブに語るのが主流のようだが、それは絶対におかしいと思う
  107.   127306
    映画『インディペンデンス・デイ』を見ていただければ
    外人さんにも分かりやすいかと
  108.   127352
    アメリカは消防士の死亡率が世界一
    この自己犠牲精神をヒーロー症候群といいます
    これ豆な
  109.   164687
    永遠のゼロでも言ってたが特攻した人の気持ちなんて特攻した人しかわからんよ。

Body





スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク
unnamed.jpg
JAPAN CLASS
JAPAN CLASSオレたちはニッポンに追いつけるのか?―のべ593人の外国人のコメントから浮かび上がる日本
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


要望がありましたので

コメントに番号つけました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!