ツイッターパーツ
t
意外な作品が知られている!?外国人が選ぶ素晴らしいと思う日本の映画が海外で話題に(海外反応) - ­海外反応 キキミミ

­海外反応 キキミミ

 

意外な作品が知られている!?外国人が選ぶ素晴らしいと思う日本の映画が海外で話題に(海外反応)

意外な作品が知られている!?外国人が選ぶ素晴らしいと思う日本の映画が海外で話題に(海外反応)

youjinnbou50055164987941154454564848645.jpg



kako-FTCRhgQwIQr24r32.jpg

※日本語字幕になっていない場合は設定→字幕→日本語に
settei0654649899849.jpg



七人の侍、座頭市 これはお気に入り




ガンツって聞いて本当に叫んじゃった アハハ! わたしも大好きなの




クロサワの羅生門や野良犬、七人の侍は好きだね あと小津作品 彼岸花、麦秋 早春は何度も見たな

彼岸花 (映画)
太平洋戦争後、鎌倉に暮らし、作家の里見弴と親しくしていた小津が、里見の原作をもとに野田高梧と共同でシナリオ化した作品であり、2年後の『秋日和』もこの方式で作られることになる。松竹の監督だった小津がライバル会社大映のスター女優・山本富士子を招いて撮った作品であり、そのお返しとして翌年、小津は大映で『浮草』を監督することになる。山本以外にも有馬稲子、久我美子という当時の人気女優たちが競演して小津初のカラー作品を華やかなものにしている。

麦秋 (1951年の映画)
小津の監督作品において、原節子が「紀子」という名の役(同一人物ではない)を3作品にわたって演じた、いわゆる「紀子三部作」の2本目にあたる作品である。1949年の『晩春』に引き続き、父と娘の関係や娘の結婚問題を主なテーマにしているが、本作ではそれがより多彩な人間関係の中で展開されている[1]。

早春 (映画)
東宝のスター俳優池部良と淡島千景を主演に、『君の名は』で一躍松竹の看板女優となった岸惠子を迎えて新味を出した作品。戦後からようやく立ち直りつつある東京を舞台に、若いサラリーマン夫婦の危機と再生、2人をめぐる人間模様を描く。池部と岸にとっては唯一出演した小津作品であり、同じようなキャストを使い続けた小津にとっては異例であった。




殺し屋1




ウッジョブが大好き 面白い!

神去なあなあ日常
『神去なあなあ日常』(かむさりなあなあにちじょう、The easy life in KAMUSARI )は、三浦しをんによる日本の青春小説。『本とも』にて2007年7月号から2008年7月号まで連載され、加筆修正の後、2009年に徳間書店より刊行された。本屋大賞で第4位。2012年に続編『神去なあなあ夜話』が刊行され、発行部数はシリーズ累計で35万部を超える[1]。
2010年にNHK-FM放送「青春アドベンチャー」でラジオドラマ化、2014年に『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』(ウッジョブ かむさりなあなあにちじょう)のタイトルで染谷将太主演で映画化された。




今日、君の名はを見てきた すごく良かった 非ジブリ作品のなかでは最高傑作じゃないかな 最近では図書館戦争も見た これも良かったよ!




誰もクロサワの七人の侍を上げないなんて! あんな大傑作を見たことも聞いたこともないなんて考えられない




園子温監督のものなら何でもいい




日本映画で好きなのは告白




60年代初頭から70年代にかけての日本のB級映画はすごくいいよ 女囚サソリとか

女囚さそりシリーズ
『女囚さそりシリーズ』(じょしゅうさそりシリーズ)とは、篠原とおるの漫画『さそり』を原作とした東映制作による映画シリーズ。主演の梶芽衣子の人気とあわせてヒット作となり、梶の歌う主題歌『怨み節』もヒットした。




用心棒




攻殻機動隊!




海街ダイアリーとぼくの妹 日本のオスカーを取ってる

海街ダイアリー
『月刊フラワーズ』(小学館)に2006年8月号より不定期に連載されている。1995年から1996年にかけて発表された作品『ラヴァーズ・キス』とのクロスオーバー作品である。また作者曰くこの二作品と今後描く作品で鎌倉三部作を考えている。
第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013、第61回小学館漫画賞一般向け部門[1]受賞。
単行本は「フラワーコミックス」(小学館)より刊行され、2016年1月の時点で既刊7巻。
2015年に実写映画が公開された。





バトルロワイヤルは1も2も見た でも一番好きなのや硫黄島からの手紙 戦争を両側から描いていてよかった




みんな本当にいい日本映画は知らないんだな 呪怨はできがいいけど、バトルロワイヤルなんて駄作だよ




東京ソナタとあんは良かった




ゴジラは?




桐嶋なんとかってやつと、アオハライド

アオハライド
『アオハライド』(AO--HARU--RIDE)は、咲坂伊緒による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)の本誌2011年2月号から2015年3月号まで連載され、また別冊ふろくにプロローグ編「アオハライド unwritten」が掲載された。また集英社コバルト文庫からノベライズシリーズも発刊されている。タイトルの「アオハライド」は、「アオハル(青春)+ライド(ride)」=「青春に一生懸命乗っていく」という意味を込めた作者による造語である。「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」、3位。
2014年7月より9月までテレビアニメが放送された。また、同年12月13日より実写映画が公開された[1]。




みんな!エスパーだよ!が好き




世界中からネコが消えたなら 泣いた




実はたんぽぽがお気に入り




座頭市 たそがれ清兵衛 るろうに剣心 おくりびと バトルロワイヤル デスノート あずみ 五右衛門




座頭市、デスノート、ガンツ、ルパン三世、るろうに剣心、アオハライド、俺物語、君に届け、ストロボエッジ




日本映画って言われてもすぐに思いつかないな、アニメばっかりだ 進撃の巨人の実写版はひどかった 




独眼竜正宗 テレビドラマだけど日本の有名な武将の物語




お気に入りはアイアムアヒーロー ゾンビの話だけどすごかった




https://www.youtube.com/watch?v=9LuTawysUk0
Comments
 
麦秋はいい趣味してるね。
俺も紀子三部作の中では麦秋が一番好きだ。
 
YouTuberの黒人でとるやん
 
管理人さん、海街ダイアリーの解説で、原作者の吉田秋生さんの名前が抜けてますよ。
 
世界中の皆さんに「永遠の零」をおすすめしたい
 
たんぽぽの話してるの、日本語ペラペラ毛虫ちゃんじゃん
人が足りなくて手配したのか?
 
外人の人には「ハチ公物語」もオススメ。
あと、日本映画史上トップクラスの大ヒット作品「子猫物語」ね。
個人的には「キタキツネ物語」を推したい。
その他は「釣りバカ日記」かな。寅さん無き後の日本映画の代表作と言うべきシリーズだし。

Body


スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク

JAPAN CLASS
ニッポンって、どえらい国だな!
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

激安 特価板

直感的に海外の反応をまとめたアンテナ