ツイッターパーツ
t
同性愛は名誉なことだった!?封建時代日本の『衆道』に海外衝撃(海外反応) - ­海外反応 キキミミ

­海外反応 キキミミ

 

同性愛は名誉なことだった!?封建時代日本の『衆道』に海外衝撃(海外反応)

同性愛は名誉なことだった!?封建時代日本の『衆道』に海外衝撃(海外反応)

A Brief History of Samurai Homosexuality
侍社会における同性愛の歴史
侍という言葉を聞くと、まず、同性愛を関連づける事はない しかし、その様な歴史はあり、同性愛者の侍に関する証拠は多く残っている

男色(“男の色”という意味)や衆道(“若衆道”からきている)は古代の日本で同性愛のことを言及している言葉で、これは中国からの影響を受けた これらの言葉は古代文学で現れているが、一般的に使われ始めたのは11世紀頃である 初めて同性愛について定義した文学は“源氏物語”あり、11世紀に書かれた この中で、主人公は女性を拒み、その代わりに女性の弟と夜を過ごすというシーンがある

源氏物語は小説だが、同じ時代の他の日記にも同性愛に関する文章が発見されている これらのいくつかは天皇の同性愛に関しても書かれており、男色は社会に広く存在していたと分かる それにも関わらず、日本人男性は女性と結婚する事がほとんどだった しかし、いくつかの資料では女性との性行為は快楽よりも義務だったと書いてある 

衆道は侍の伝統で、年上かつ、経験豊富な武士が若い見習い武士を召し抱えるという物である この習わしは侍階級に存在して、若者に徳と誠実さを教えるにはとても役に立つものだと考えられていた 女性の愛はよく価値のないものだと考えられ、13歳から19歳までの少年が同性愛には適していると侍は考えていた 衆道の関係性は典型的に年輩の侍と若い少年で形成され、年輩の侍が若者に武道や武士道のエチケット、侍とは何かを教えた
http://katanaswords.info/samurai/bushido/

これらの関係性は相互的に利益があると見なされ、誠実にお互いを支え合うと期待された
衆道は1200年頃の鎌倉時代から始まり、そのピークは1603年頃だった 日本統一が始まり、250年間の新しい平和の時代が訪れると、侍の重要性は減少していった その為、多くの侍の伝統(特に柔道、弓道、剣道などの武術)は他の社会に適用され、男色は次第に侍社会の外でも人気になっていった 特に、権力を強めていた商人階級の中で、それを受け入れる者が多く出た この時代、歌舞伎の巡行は男性の身体を売るとしての働きをもった
衆道は18世紀に減少していったが男色は栄えていった 1867年の明治時代に開国がおこり、西洋やキリスト教の影響を受け始めたのだ

同性愛は名誉なものであり、何世紀もの間、侍階級で伝統的なものであった
彼らの同性愛は若い侍に徳と誠実さを教える利益的な物だと考えられていた 今日の君の同性愛に対するスタンスはどうであれ、何世紀もの間、侍社会にそういう物が存在していたという事実は否定出来ない

衆道
衆道(しゅどう、英: Shudō)とは日本における男性の同性愛関係(男色)の中で、武士同士のものをいう。「若衆道」(わかしゅどう)の略であり、別名に「若道」(じゃくどう/にゃくどう)、「若色」(じゃくしょく)がある。
ここでは江戸時代頃からいわれるようになった武家社会における衆道について記す。そのほかの男色全般については、「日本における同性愛」参照。




黒澤明の“7人の侍”には同性愛については描かれていなかったよ むしろ侍が農民の娘に恋しているシーンが描かれていたけど 




ギリシャでも年輩の人と若者の同性愛があったよ




↑じゃあギリシャにも先輩と後輩の関係性はあるの?




↑日本にもこういう物は存在していたんだね




古代ギリシャ人は「これは可愛いな」と思っただろう




僕は大学生の時に、日本の同性愛社会についてレポートを書いたことがある とても魅力的な調査だったよ 侍の愛に関する本は誰もがこのトピックスに興味をもつきっかけとなるよ




投稿者
↑でもこれは古代のことで、少なくとも、侍たちだけでしていた事なんだ




忍者はひっそり、会いに行けるからいいね




投稿者
↑でも忍者の様に素早く来て欲しくもないよね




侍の同性愛という話はとても興味深いよ 今でいうマッチョ同士の同性愛という感じだよね





日本は元々こういう下地があるから
西洋社会にとって変にみえるのかもね




この話は素晴らしい




“サムライチャンプルー”見たくなった




“ラストサムライ”にもこういうシーンを入れるべき




これまで誇りに思っていたけど
何だかがっかりしたよ




西洋やキリストからの影響を今はかなり受けてるんだね キリスト教が広がるまでは西洋も性においては自由だったんだ




性を我慢するなんて馬鹿げているよ 自分の好きな様にしたらいいんだ




まさに“サムライチャンプルー”だね




何年も前に“Gohatto”という映画を見たんだ 詳細は忘れたけど、その映画は2人の侍が互いに影響し合うという映画だったんだ





http://katanaswords.info/samurai/samurai-homosexuality/
https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/5c9nfn/til_that_edoera_japanese_samurais_considered/
Comments
 
同性愛なんて戦前のイギリスにもあったぐらい支配階級では普通のことなんだが
勝手に期待して勝手に失望されても困る
 
現代のBLには触れたくないけど、昔の衆道は文化と思える不思議
 
別に名誉ではねーよ
不良の嗜みって感じかな
学生でタバコ吸うみたいなちょいワル感があったんだよ
あえてちょっと外れたことをやった背徳感をプチ武勇伝みたいにしてたんだよ
 
ttps://www.amazon.co.jp/dp/4861821177
この本割と面白かったな。
平賀源内がまともに仕事したのってホモ小説書いたことだって初めて知ったのがこの本のおかげではある。
 
名誉ではないよーなw「たしなみ」くらい。
 
抱かれる側からしたら高名な武将に抱かれるのは当然名誉よ
酒宴での自慢話になるくらい
それを聞いた周りも「いやあ羨ましいですなぁ」ってな具合。
 
ヨーロッパでも少年愛は貴族の嗜みじゃん。
 
戦場に女を連れていけないから発展しただけのこと
 
源氏物語に?どこの話だろう?空蝉かな?
 
源氏物語のは初耳なんだけど
 
>侍の同性愛という話はとても興味深いよ 今でいうマッチョ同士の同性愛という感じだよね

小姓が受け側なのが普通だから、マッチョ同士じゃなく、
今のジャニ専に近い。

寺だと、お稚児さん文化があったが、
そっちも基本は、下の毛が生えるまで。
 
>でもこれは古代のことで、少なくとも、侍たちだけでしていた事なんだ

誰かこいつに陰間茶屋のこと教えたれ
 
空蝉の弟の小君ちゃん(ショタっ子)との疑惑がある。
しかし源氏の性格がクズ過ぎて腐ってるはずの自分が萌えられないorz

だんだん小君が、既婚姉をストーカーしてるボンボンにからまれてる可哀想な子に見えてくる。
こんなんが受験勉強の教材でいいのかね?
 
農民出身の秀吉は男色に一切興味がなくて、美男子をあてがわれても「姉か妹いるの?」って、その美男子に聞いたんだろ
 
お前らもDT同士で愛し合えよ
 
ちゃんと後継者を産ませての話。
 
7人の侍は…って当たり前です。
英語では同性愛がマジョリティだったとでも書いてあるのだろうか。

基本武士というのは憧れの存在だったので、のちに町人の間でも流行り、
女郎宿ならぬ陰間茶屋というものがあってな…
ただ少女の代わりというか、少女っぽいのにナニがついてるとこがいいという変態性なのか
声変わりすると引退、っていうこともあるらしいけどね。
 
江戸時代には江戸の一般市民にもそこそこ広がったしな。
女も男も両方知ってこそ粋とか。
今の感覚で断じても無意味。
 
よく知らないけど、男なら一度は嗜んどけ程度じゃなかったっけ?
あと、女との関係が無意味だと考えられてたなんて初耳だなぁ

とりあえず、今の同性愛気持ち悪いって言う日本の風潮はキリスト教あたりから影響受けたって事?
 
西鶴の男色大鑑を見るといいよ

日本人ってすごく情が深いというのがわかる
 
じゃあお前らも出来るかって話。おいらは嫌だね。
 
こういう昔のことまで持ち出して同性愛認めさせようとする工作ムカつくわ。
LGBT団体の正体がしばき隊って時点で侵略目的なのは明らかなんだよ。
 
井原西鶴の代表作といえば女、女、女なナンパ男と思われがちな「好色一代男」だけど、主人公は実は2:1くらいの割合で男色も嗜んでいる。
色の道は二色、男色もこなせないようでは好色は名乗れないのだ。
 
女色はちょっと下がるっていうか、男色は高潔な真の愛であって女色は俗なものっていう風潮は確かにあったっぽいね。
まあ、大勢の平凡な人々がやるのは俗な楽しみだよ今でも。
 
※主人公は女性を拒み、その代わりに女性の弟と夜を過ごすというシーンがある

これ正確に言うと、主人公(光源氏)が女性を拒んだのではなく、女が不倫をいやがって逃げ回っていたので、その弟の小君を使って口説こうとしていただけ。
源氏物語は肉体関係について具体的に描写はしていないが、肉体関係があったことは読者に分かるように表現している。主人公と小君の肉体関係については何も触れていないが、当時は男色が普通だったので、夜に同じ部屋で会話していれば、現代ならエッチに見える類の行為はしていただろうと想像されている。
また武家の社会では女を戦場に連れて行けないことや、若者が女色にふけると本業が疎かになるので男色が奨励されていたにすぎない。今言うところのゲイや性的同一性障害とはずいぶん趣が異なる。
 
同性愛に関しては日本はタブーではなかったってだけで西洋の方がよっぽどお盛んだっただろうが
 
同性愛御法度はキリスト教だね。
日本はかなりオープンだよ。キリスト教的価値観に犯されている人は嫌悪するけど、大奥のようなものや、妾も普通に有ったのですよ。吉原のような所もあったし、普通に吉原のお気に入りの娘を妾に囲うなんてこともあった。
コレは経済的問題も絡んでいた、養えない男は、嫁を取れず今で言うフウゾク通い。経済的余裕のある男な何人も女を囲っていた。今の社会と同じですね。
 
男はムリな人
女がいない時だけ男で代用する人
女も男も好きな人
少年限定で好きな人
男しかダメな人

いろいろ居て当たり前って感じの自然体が昔の日本
なお家を存続させなければならない嫡男はガチホモでも
子作りの為に女に出さなければいけないので苦労した模様
しかし後継さえ作れば男遊びも非難されなかった模様
 
ちょっとちがうんだなあ、、、
衆道に「も」衆道なりの名誉や誠意があった、
つうことなんだよ
・世継ぎの為奥さんzは仕方ないが
 それ以外は男も女も新たに手を出さず操を守る、とかの
 
名誉だろ
利家も信長とできてた事
自慢話してるし
 
十字軍、、いや何でもない。
 
東海道中膝栗毛の二人も昔そういう関係だったってね。
 
なんか異性愛より同性愛が主流だったみたいに勘違いしてないか?
毎回思うんだがこいつら馬鹿か
 
野生でも像とかがオス同士で交尾の練習したりするじゃん?
そう考えると女も抱いて男も抱くのも自然な姿なのかも知れないw
 
キリスト教の影響じゃなくて土人の風習と思われたくなくてやめたんだよ
旧制高校なんかでは先輩が集団で美形の後輩を襲う男同士の強姦事件まで起きていたからな
 
ヨーロッパでも普通にあっただろ? こいつらが無知なだけじゃん。
ダビンチとか普通に有名。
 
アッー!でござる。
 
ビザンチン時代のイスラムだって同性愛が至高と考えられ
ていたんだから、べつに日本だけの現象じゃない
 
前田利家は織田信長に寵愛された事で羨ましがられたろ

名誉でもあるわな
 
台記はまだバレてないな。よしよし。
 
WW2の前の欧州でも普通にあったじゃんよ、キリスト教以降は~とかは表向きだけの話だよ
別に性行為までいくわけではない、いつ裏切るかわからない時代にあって親族以外の絶対裏切らない腹心をつくる為の手法の一つでもあったわけだし
 
かくいう私も男色家でね。
 
戦国や江戸の町の男だらけの環境で、機会的同性愛が発展・昇華したようなもんだしなぁ。女性への性被害が抑制出来ていたのなら、むしろ誇っていいのでは。衆道は社会的に許容されてたけど、それで当たり前と思われていた訳でもないと思う。
泰平の世になって早々に男色禁止令を出した藩もあったし、春画も男女の性愛を描いたものがほとんどで、男色ものもあったけど、僅かだった。
歌舞伎とか、女優が春を売るようになったので女優禁止→女優代りに少年を使ったら、少年も春を売るようになったので少年禁止→最終的に男だけ、とか、幕府も行き過ぎた風紀の乱れにはそれなりにうるさかったし。
江戸以前の同性愛に対するスタンスは、現代とあまり変わらない気がする。コミケで薄い本が売れてたり、男子校でアヤマチがある感じ。

Body


スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク

JAPAN CLASS
ニッポンって、どえらい国だな!
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

激安 特価板

直感的に海外の反応をまとめたアンテナ