ツイッターパーツ
t

2016-12-07 (Wed)
海外「なぜそんな場所から…」江戸時代に発見された漢委奴国王印の来歴に海外興味津々(海外反応)

kinninn08498789116156498797.jpg

中国から奴国へ下賜されたとされる金印が畑の中から出土したことに海外からコメントが寄せられていました

投稿者
1784年、ある日本人農夫が溝の修理をしている最中に金印を見つけた
その金印は95%の純度の金を用いたもので、西暦54年に中国の皇帝から日本の王に送られたものだった

漢委奴国王印
漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん、漢委奴國王印)は、日本で出土した純金製の王印(金印)である。読みは印文「漢委奴國王」の解釈に依るため、他の説もある(印文と解釈を参照)。1931年(昭和6年)12月14日に国宝保存法に基づく(旧)国宝[1]、1954年(昭和29年)3月20日に文化財保護法に基づく国宝に指定されている。

江戸時代天明年間(天明4年2月23日(1784年4月12日)とする説がある)、水田の耕作中に甚兵衛という地元の百姓が偶然発見したとされる。発見者は秀治・喜平という百姓で、甚兵衛はそのことを那珂郡奉行に提出した人物という説もある。一巨石の下に三石周囲して匣(はこ)の形をした中に存したという。すなわち金印は単に土に埋もれていたのではなく、巨石の下に隠されていた。発見された金印は、郡奉行を介して福岡藩へと渡り、儒学者亀井南冥は『後漢書』に記述のある金印とはこれのことであると同定したという。






どうしてそれが1784年まで溝のなかに?




↑忍者が持ってたとか盗賊が掘り出したとか思いたいところだけど、真実を知りたい!




↑中国語で書かれてるんだもんな




金印ってすごく小さいんだよね 3センチにも満たないくらいだから切手より小さいよ たぶんロビン・フッドみたいに、手紙に蝋を垂らして封をするために使われたんだろうな




封印を解け…封印を解け…




作られた当時は純度とかわかってたのかな? 中国製だろ?




↑ほかのものを混ぜるのは安定性を増すためだろ?




↑金はそれだけで安定性の高い金属だよ




↑むしろ当時は混ぜる技術のほうがまだなかったんじゃないか




↑中国では紀元前500年にすでにカーボンスティールの製造法があったはず




↑まあ5%くらいなら大差はないと思うけどね 装飾品として作られたものだろう?




ポンペイ遺跡が発掘されるとしたら:ふたりの農夫が装飾品を見つける→ふたりで半分こする→貴重なものが台無しになる




なんて素敵な話だ!




どうしてそんなところに金印があったんだろうね?




初めて発見されたのがわりと最近ということに驚いている




ハンコ押してみな? アインシュタインって書いてあるぜ




これはいいね もらって溝に捨てたわけだ




金(メッキ)印じゃなかったことが驚き




↑世界史のなかで、中国はかなり大きな権力を持っていたんだ インドと中国だけで世界経済の半分を担っていたんだから そこにイギリスが入りこんで、中国を弱体化させた




↑いまは中国製の安物を買ってるわけだけどね




https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/5gqznp/til_a_japanese_farmer_discovered_a_gold_seal/





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 歴史 | COM(44) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク