ツイッターパーツ
t

2017-01-18 (Wed)
木造アパートはとにかく寒い!?日本で外国人がしている寒さ対策が話題に(海外反応)

apato09849845656498798041010211619694661331515.jpg

投稿者
古い木造アパートで冬を暖かく過ごす方法
彼女のために質問しています 彼女は情熱をもって寒さを嫌っているのですが今になって彼女の気分を暗くしているのをみて心配しています

僕たちは東京をすんでいます (でも僕が住んでいる所は暖かいコンクリートのアパートでカーペットがひいてあります) 彼女のアパートは地区50年くらいで木造でエアコンをガンガンにかけてもまだ寒いのです なので少しでもここが過ごしやすくなる方法を知りたいとおもってます
今ぼくが考えつくのは
・厚手のカーテン
・寝室の床にひくカーペット
・ベッドに電気シーツ
誰か冬の間この古いアパートを暖かくしておく方法をしりませんか? 安い方がいいです
P.S. 過去にもこういう質問はたくさんあったかもしれないとおもっています でも愚痴を言うスレッドが多くて探すのが大変なので




彼女は君と一緒に住みたいんじゃないの?



↑投稿者
2回提案して断られてるんだ 3回目はないよ




築50年の木造アパート? 冬に暖かくしておくには燃やすしかないよ




君が考えるべき事は2つ
熱源ー 効率よりも便利さと安全さ  コストも考えないと行けないけどホットカーペットとこたつかな 部屋中を暖かくするのは無理だから エアコンよりもこたつの方が電気もかからないよ
断熱ー 空気を閉じ込める事が出来れば暖かくしておける ただ灯油のヒーターを使ってる場合一酸化中毒になる危険性もあるかも
家を暖かくしておくためのオンラインの記事をかいておくよ
日本のヒーターガイド
http://www.survivingnjapan.com/2010/11/guide-to-heaters-in-japan.html
今年の冬を暖かく過ごす方法
http://www.survivingnjapan.com/2012/11/how-to-heat-your-home-and-stay-warm-in.html
日本のアパートを防火の装備する8つの方法
http://www.survivingnjapan.com/2010/11/8-ways-to-winterize-your-japanese.html
日本の冬を生き抜く方法
https://tokyocheapo.com/living/keeping-toasty-tokyo-tips-tricks-surviving-winter/
日本の冬の断熱
http://www.accessj.com/2010/11/insulating-japanese-house-for-winter.html




↑投稿者
ソースをたくさんありがとう ブックマークしておかなくちゃ




ぼくが住んでるのは築60年以上の木造アパートだ いつも寒いんだ 本当に夏でも、だよ ものすごく汗をかいていてもエアコンをつけた部屋にはいったらカーディガンを羽織らないといけないくらい 去年の冬上手くいった方法をかいてみるよ
1)電気ヒーター: ぼくが買ったのは2万くらいのファン/ヒーター リモコンがついてて機能が二つだから一年中つかえるんだ 温度を設定してタイマーもセットできるから帰ってくる前につく様にしてるんだ
2)こたつをつかう 本当に空間は限られてるし前の借り主がおいていった物を捨てるのも大変だからこたつを設置したんだ パソコンとテレビをのせてる ぜんぶの趣味はこたつでできる 食べる事もできるしね  冬が終わったら布団だけどけて普通に使うんだ
3)ベッドにはやすい電気毛布をかったよ よる家にかえったらスイッチをいれる 今はシーツ、夏用毛布、電気毛布、ダウンの布団その上にフリースをかけてる 電気毛布を間に挟めば寒くないとおもうよ
4)プチプチが始めからついてたけどこれが役に立ってるかはわからない
5)裁縫部屋にかんしては 小さなホットカーペットをつかってる それと電熱器 日があたるからブラインドは開けておく様にしてる
うまく行くといいね




↑投稿者
プチプチと毛布タイプの物が何回も勧められてるみたいだからまずやってみるよ それとなんとか窓をしっかり密封できる様にするよ




窓を防寒仕様にするのが一番大事だよ 東京の新しいアパートでも窓はけっこう適当だから プチプチをはるのもいいと思うけど一番いいのは窓全体をビニールで覆ってしまう事だよ 両面テープでつけてドライアーであう様に縮めるんだ




ぼくの家と同じだね こういう家だとなんとかして戦わないとね 時に1°になるくらいだから
1 まど
・窓のフレームに段寝る効果があるテープをはる (東急ハンズでかった)
・理想としては:透明な硬いプラスチックのシートをかう 窓と同じ大きさに切る 密閉してまどにはる 彼女のうちの窓がぼくんちのみたいに木の奴ならはずして作業したらいいよ 
・厚くてやわらかいプラスチックのシートでもいい 内側の窓枠にはる
・厚手の布のカーテンをつける ぼくはオーダーして一番厚い布で2重にしてもらったんだ その晩から温度が上がってるのがわかったよ
1 ドア
・だいたい窓と同じ 断熱テープをはってカーテンをつける
・ドアが普通に開く奴なら(引き戸じゃなく)すきま風を防ぐために重い布のドアストッパーをつける
1 床
・ホットカーペットをどこにでも
1 次のレベルのボーナスヒント
・部屋が和室で押し入れがあるならこれはすきま風の大きな原因だよ 窓みたいにあつかうべし 空気の循環を減らすために出来るだけ物をつめて ベッドとか布団を近づけない
・エアコン以外の熱源を使った方がずっといい事にきがついた ガスヒーターを買うのもいいかも 灯油のヒーターでも
・最終的には外と中の間にどれだけの層を作れるかって事なんだ 理想的には外に出るまでにそれぞれのドアを全部閉めながら行くのがいいよ
・あたたかさとは直接関係ないけど 湿度を管理する事 それと灯りね 長い目でみたら気持ちの問題はおおきいからね
がんばって




↑投稿者
ワオ なにもかも含めた投稿だね 本当にありがとう 部屋全部を暖める事が出来るとはおもってなかったけどほんの何度かあがっただけでも彼女にとっては世界が違うと思うんだ
まずは窓からとりかかるよ 彼女は便利な様に戸をはずした押し入れがあるんだけどこれも冷たい空気が入ってくる場所なんだね 




戸なしの押し入れがあるなら外と気温がかわらない感じじゃないの




↑投稿者
確かに どこかの壁にたてかけてあるはずだよ 急いでもとにもどすよ




電気毛布はとっても暖かいよ どこの電気やにでも売ってる安いので充分 お金がかかる事が問題なら湯たんぽでもいい 経済的に厳しいなら梱包用のプチプチを窓にはるのが安く住むとおもうよ お金があるなら小さなヒーターがいいと思う




電気毛布がベストだよ 韓国の電気で暖かくするベッドが大好きだったんだからここでは安い電気毛布をかったんだ マットレスの一番上においてるんだ それからマットレスのパッドをのせてる 最低の状態からベストになったよ たったの2700円でね




プチプチを窓にはると冷たい空気がはいってこなくなるんだ ベランダのドアとかを隙間テープでうめたらいいよ




家では完全な断熱はむり 古いアパートは寒いし寒くはずなんだ だって冬は我慢する季節だからね
こたつにはいって寒さをしのぐンだよ ぼくは冗談を言ってるんじゃないんだよ もっと暖かくしたいなら引っ越すしかないね




私はあなたの彼女みたいなの 仕事に行くのに寒いアパートで起きなきゃならないのって本当に腹が立つ 私の地獄の定義ね 実際に起きる前にタイマーで30分程ヒーターをつけておくとかはしたけどそんなのゼンゼンたりない すごくあたたかい服を着て靴下をはいて冬の朝に歩き回るのがいやじゃないようにしてる  それと20分シャワーをあびてあたたまる それ以外に暖かい方法がないんだもの




寒くて目が覚めるならいい布団を買った方がいいよ いい羽毛布団だったら寒くて目が覚めるなんて事はないよ 





そうじゃないの 問題は布団からでる時なの 冷たい床にたたないと行けないのがすごくいや 毎朝どうやっておきだそうかって30分は考えてる




ユニクロのヒートテック、こたつと電気毛布 これでうちの奥さんは冬をのりきってるよ




エアコンはチェックhした? 正しい使い方を知らない人がおおいからね 普通エアコンがちゃんと掃除されてて正しく使われていたら1台で充分なはずなんだ 
PS それと人間で文句を言いたい生き物だよ




変に聞こえるかもしれないけど 安いラグをかって壁にかけるといい断熱になるんだよ 問題は壁がまどとおなじくらい薄いってことなんだ なんとかしてそれをカバーしないと それにいい部屋着と靴下をかうべきだろうね 断熱が難しい部屋でも過ごしやすくなるだろうし 台所とかトイレとかね





https://www.reddit.com/r/japanlife/comments/5oesdp/tips_for_keeping_an_old_wooden_apartment_warm_in/





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 雑談 | COM(27) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク