ツイッターパーツ
t
世界で最も平和的な宗教!?神道の奥深い歴史に海外興味津々(海外反応) - ­海外反応 キキミミ

­海外反応 キキミミ

 

世界で最も平和的な宗教!?神道の奥深い歴史に海外興味津々(海外反応)

世界で最も平和的な宗教!?神道の奥深い歴史に海外興味津々(海外反応)

shinntou068496560611065498794865.jpg

投稿者
東京で100人以上の人たちが、ちょっと変わった新年の祝い方をしました 冷たいふろに入ったのです
伝統的な白い装束を身に着けた男と女が神社のまわりを走ったのち、凍えるような冷たさの水に体を沈めました 身を清めると言うこの行為は神道の根幹にあるものです では、神道とは何か?
それは日本最大の宗教で、推定で80%の日本人が信仰していると言われています



神道という言葉は6世紀ごろ、すでに広まっていた仏教と区別するためにつけられた言葉ですが、神道と仏教はたがいに平和を保ってきました 神道は生活習慣のひとつとして、あるいは自然への畏敬の念としてとらえられており、日本人のほとんどが、自分は仏教徒であり神道も進行していると思っています

ふたつの宗教を同時に信仰することはできるのか? まあ、神道は宗教的な特徴はあまりありません キリスト教や仏教と違い、創始者も聖典もないのです それに善悪を説くようなこともしませんし、神道には牧師や伝道師がいません 神道を信仰する目的は、神に対峙し、巫女を通して精霊の言葉を聞くことです そこには結婚や葬儀、大きな祭りから自宅での小さな神殿への祈りまでが含まれます

「神道」という言葉は、神の道という意味です 神という存在は複雑ですが、その魂は山や木などにも宿っています 神はまた、ひとが亡くなると神になる、先祖という形にもなります 太陽神アマテラスは最も重要な神で、日本の伝説ではその子孫が皇室だということになります その始まりは神武天皇です 神道の祭りで最初に唱えられる言葉は、人や物を清めるためのものです 神道で大切なのは行動よりも、信じる精神のようです

神道は1000年以上の歴史がありますが、いまも日常生活に根付いています 例えば、新しい建物が立つと神主が清めますし、日本で作られた車なども製造過程で祝福の儀式が行われます 日本の国技である相撲は、もともと神道の祭祀から生まれたものであり、相撲の衣装や土俵上にその名残が見られます

日本人は家のなかに小さな神殿を作ることが多いです また地域の神社はコミュニティのまとめ役になっています 結婚式や葬式も執り行います だからそうと気づいていなくても、日本人はある程度神道を知っていることになります
神道はひとは生まれながらにして善であるという概念を持っている平和的な宗教です



アマテラスってウチハイタチじゃないの?




↑自分もそう思った




自分は無神論者だから宗教全般嫌いなんだけど、神道はちょっと理解できる気がする




↑アブラハム以前のイスラム教も、けっこう神道に似てるよね




自分は日本人だけど、この動画は結構よくできてると思う 神道は宗教というより文化なんだよ




オランダでも新年に冷たい湖に飛び込むよ




↑ブルガリアでは1月6日に町中のひとが川に集まる そこに神父が十字架を投げ込んで、みんな一斉に飛び込んでそれを取るんだ




↑神道でも湖とか滝とか海で修行するよね 別に比較することじゃないけど




日本人の友だちに、日本人が信じる宗教って何?って聞いたことがある その答えは、「何でもあり」だった 同じ人が、神道で結婚式を挙げ、親戚の葬儀を仏教でやり、休日にスペイン語を話す友人とカトリックの教会を訪ねる、なんてことができるらしい だからどうしていろいろ信仰することができないんだ、って言われたよ




おれのトヨタ車も清められてるのか だから壊れもせずに走ってるんだな、ボンネット開けたこともないのに




神道とヒンドゥー教って、いわゆる預言者が作り上げた宗教じゃないんだよね どちらも生き方の話だ




神道も仏教も広く信じられてるよね そのうちアブラハムの宗教も広まるかも




イスラム教よりずっといい宗教だよね




↑キリスト教よりいいかも




↑宗教ってのはだいたいひどいもんだよ




日本人の古代宗教はわれわれの新興宗教よりずっと文明的




神道と仏教は平和的に共存しているよ イスラム教とヨーロッパとはえらい違いだ




神道を信仰している日本人って、本当に神の存在を信じているの? それとも文化的習慣?




https://www.youtube.com/watch?v=LoQqxdAbRS0
Comments
 
アブラハムは関係ありません
 
神様は人間が自然破壊をすると怒りくるい罰を与える
仏様は罰を与えるけど救済もする
こんなイメージ
 
すっごく地方の神社の前通ってついでに参ると外国人観光客がいた。聞くところ豪からで神社色々まわってる話。そんな時代。喧騒の都会の中鳥居くぐると木々がそのまま、静寂の中鳥がさえずりお水とりの水の音が聞こえるだけ。解説みると数千年~百年前から存在してたりする。日本人からしてもとっても不思議。
 
まぁ、神道も過去を見れば「天津神が国津神を征服した血塗られた歴史」なんだろうけどね。
現在の神道はいいところだけ残した感じで変な戒律にギチギチに縛られてるより遥かに良いわな。
 
動画の最初・・・ビニールのプールにつかるのはさすがにやめようよ・・・
水があればなんでもいいみたいだけど、神様の来られるところには、こんなお手軽な簡易プールではなく、何かもっと敬意があってもいいと思うよ
 
日本人はすべての物に神が宿ってると信じてる
自分も特に信仰してる宗教は無いけど、神道は根付いてると感じる
日本人の心、文化なんだよね
 
簡単に言えば「神様はおっかないので、悪いことはしないように。」っていうのが神道かな。
 
私は生粋の日本人だけど
神道の起源は朴道と言って我が韓国なんだから
日本は韓国に対して神道著作権料を即刻支払わねばなりません
 
>まぁ、神道も過去を見れば「天津神が国津神を征服した血塗られた歴史」なんだろうけどね。

それもほんの一面
昔の歴史もあり、日本中の民間習俗をかき集めて、そこへインドや地中海などの海外の文化も含めて、おおらかに複合的に出来上がってきたのが神道
最初からこれが神道ていうしっかりした形があったとも思えない
 
環太平洋火山帯の上に数千、数万年も生きていれば
そういう自然に対する畏怖ができるだろうよ
真に怖いのは隣人ではなく自然の怒りだと
一方でやはり地形的な特徴で自然の恵みも素晴らしく
まれに鯨が打ち上げられたりする
海の神様にお礼をいいたくなるだろう
 
旧約聖書は危機的状況で必要に迫られ新しく生まれたから、そこから繋がるアブラハムの宗教ってそこまで平和とかに向いてないんじゃないか。
日本が欧米列強に対抗するために国家神道に変わっていった経緯と似てて、団結し外敵や脅威と戦い、負けても離散しないような体勢を整えるって意味で…。
日本は敗戦後ある程度本来の姿に戻った感じだと思うけど、外国はそうもいかんだろうな。
 
「歴史を勉強しなおせ」とは今更言っても虚しい気がするこの頃だが、

某民族にせめて神道の概念を共有できてたら、もう少し近づけたかもしれないし

福島や各地の神社仏閣の惨事もこれほどまでにはなって居なかったろうと思うよ。
 
てやんでぇ、お天道様はすべてお見通しなんだ、神妙にしろ。

これが日本人の宗教意識だな。
 
キリスト教的な全知全能の神とかは信じてないけど、日常の中で「カミサマっているのかもな」って思うことはあるよね
 
平和的というかいい加減と言った方がしっくりくる。
そして俺は宗教なんていい加減で良いと思ってる。
何でも固執せずに程々やってればムキになる事もないんだよ。
それはイスラムでもキリストでも一緒なんだわ。
つまり宗教じゃなくて信者がタチ悪いんでしょ。
 
万世一系の天皇を戴く神州はまさに神聖不可侵
 
神田明神の水垢離かな?昔友人がよく参加してたわ。
 
このチャンネルの他の動画見てみろ。
どういうチャンネルかわかる。
コメント欄では毎回差別的なことを言い合ってる、炎上状態。
英語読めない連中は「海外の反応」に反応しない方がいい。
 
>神道も過去を見れば「天津神が国津神を征服した血塗られた歴史」

元々あった民俗神道の道祖神、田の神、山の神、竈神、火の神、にそんなもんあるわけないじゃん・・・それもこれもあれも神社神道も含めるのが神道のいいところなのに・・・

一神教の人の思考パターンって「これが神道だ!これがルーツ!」みたいに一つのものに集約させないと気がすまないよね・・・
 
お前らだってアブラハムの宗教がはびこるまでは同じようなアミニズム的なもの信じてたのになあ。世界中どこだってそうだったはず。
今では「迷信」に貶めてしまっているが、そっちの方がよっぽど平和だったのにな。
一神教ってガンだなあって思う。
 
敗戦後、GHQが天皇陛下を処刑しなかった理由もこれだよ。
天皇がいなくなると神社も全て無くさないといけ無かったから。
ちなみに、日本人も知らない人が多いけど。
天皇陛下は、日本全国の神社を取り締まっている神主さんです。
それ故に、廃止させれば無秩序化し、逆に暴徒と化す。
マッカーサーは、日本人が大嫌いだったけど。
実際に、天皇陛下と会って気持ちが変わった白人の一人。
つまり、神道が悪じゃないって分かったから廃止しなかった。
 
>179884

逆だよ
無駄な争いを避けるためにそこは平和のためにいい加減にしてるんだよ
これほんと
 
>179874
>神様はおっかないので、悪いことはしないように。

それもあるけど、「神様が喜んでくれればご利益(豊作とか豊漁とか)もあって、神様も我々もみんな幸せ」っていうのもあるんじゃないの?
だから、よい神様はご利益があるように思いっきりおもてなしするし、悪い神様(疫神とか荒魂ととか)は、ヘソを曲げて禍が起こらないようにこちらも思いっ切り歓待する。

面白いことに,我々が嬉しいことは神様も嬉しいと素朴に考えているところ。
だから、朝廷は神に位階を授けたり(立身出世して嬉しいのは役人や貴族の発想だろうに)、庶民は貢ぎ物を供えたりなんてことをしている。
 
政治的にまとめられた神話としての神道は
千年単位のものだけれど
その精神的なエッセンスはこの国に住みついた人々が何万年と紡いできたものだから非常に古いもの
 
信じるというより感じるもの。
 
KAMI=GOD'sかな
アブラハム系は一人しかいないから複数形にできない
 
>179890

まあGHQもうまく騙されたんだなあ
毎年、村で祀り上げる祠に神主なんていないのにW
アメリカ人の調査力も都市の一部のことしか理解できてなかったんだね
 
なにごとの おはしますかは 知らねども かたじけなさに 
涙こぼるる

これって、凄いよね。
 
179869
天津神も国津神もイザナギの子孫だから征服じゃなくて身内同士の内紛だね

天津神=天照系列
国津神=須佐之男系列
 
>神道を信仰している日本人って、本当に神の存在を信じているの?

一神教と「神」の概念も内容もぜんぜん違うんだから、この危機からは意味が無いよね。
逆に言えば、この質問をした人の信じる「神とは」から、初めないと、同じ呼び名でもぜんぜん違うものを、相互で勘違いして答える結果になっちゃいますからね。

単純に「犬って怖いよね」とドーベルマンを思いながら同意を求めた人に対して、「そお?かわいいじゃん」っとチワワを思い描いて答えるようなものです。
 
※179872
動画の最初・・・ビニールのプールにつかるのはさすがにやめようよ・・・

ビニールプールにも神さまが宿っています。
形も大事ですがその精神を貴びましょうということでいいのでは?

 
※179879
日本は敗戦後ある程度本来の姿に戻った感じだと思うけど、外国はそうもいかんだろうな。

なぜ外国はそうもいかないと思うの?
 
※179882
てやんでぇ、お天道様はすべてお見通しなんだ、神妙にしろ。
これが日本人の宗教意識だな。


これって言ってみればある種の一神教と言えなくもないですね。
自然という数多あるものの集合体としてのお天道様。
 
簡単に言えば自然への恐れ敬いだよね。
大昔には世界中にあった考えだろうけど、自然災害が特に多い日本ではいまだに受け継がれてる、ってとこかな。
 
ひとくくりにしちゃいけないけど
日本の仏教は一時期そんな平和的でもなかった
おそらく初期には宗教戦争っぽいものはあったと思う
 
イスラム教徒にシントーイズムとは何だと聞かれて説明したら物に魂なんて宿るわけないだろ偶像崇拝すんなって怒られた。
 
>179901
>形も大事ですがその精神を貴びましょうということでいいのでは?

神社本庁に属する神社ならそんな理屈ないよ

これは精神を重要視した結果ではなく、手軽さと安さを選んだ結果なのははっきりしてるよ

実際、神社本庁に属する神社は、神道の信仰に基づく、それなりの品格はしっかり求められてるし、それについても明文化されて知らされてる

個人の家の神棚とか敷地内のものなら本人の心意気だけでいいしできる範囲でするだけで何でもいいけど、こういう神社神道に属する神社にはふさわしい佇まいは求められてる

そうじゃなければ、社そのものもマンションの一角でいいという話に通じてしまう
個人的なものの中にはそういうのもあるしいいと思うけどね

これはどう見ても手軽さのほうを優先しただけ
 
仏教でも宗派によっては理屈っぽいのがあるけど、多くの宗派はあまり教義に拘りが無く、本来の仏教には無い魂とか先祖供養とか言うから神道に近い。それで共存できるんだろうな。神道が一番嫌うのは嘘と理屈と不誠実。日の丸の旗のように白無垢の清い心に熱い心を持てば十分であり、こうしないと地獄に落ちるみたいな話は願い下げだな。
 
神道は所謂「宗教」じゃない。第一に「教義がない」。自然も人間もあるがまま。何も強制せず、ただ「祈り」はある。もともと、人智を越えた力を神格化して、「バチを当てないで下さい」というのが祈りの原型。「日本人にとっての神様は遠くにいてくれた方が良い」近くに来れば、その大きすぎる力にとばっちりを受ける。だから、平穏な日々をありがとうございますと供物を備え、敬意を示す。
 西洋の宗教は神を矮小化しすぎなんだよ。神に人を見守る気持ちや神の愛で生かされている?そんなのがある訳がない。いや、もしいたとしても、人類というより、生物相全体に対する愛はあるかも知れない。
 
>179906

でもイランの人たちも3月にお正月祝うんだけど、ノールーズといってイスラム以前の3000年も前からあって、かなり汎神論的なお祭りだよ

呪術的な意味を持つものをテーブルに並べるんだよね
今でもやってる

日本のことを海外の人たちは知らないように、海外のことを日本人もわかってないかもね
 
神との契約を守らないと秩序が保てない世界なんておかしい。
 
普段は気にしてなくても壮大な自然を見たりもしくは古い神社仏閣を見ると何か大きな存在と対峙してる気分になるな
これが神道だと個人的には思ってる
 
平和・・・かなあ
人柱とか祟りとかあるよなあ
 
自然災害が多い国は一神教じゃフォロー出来ないからな
 
>179913

その程度のことなら、前近代のヨーロッパと近代のアメリカで起こった魔女狩りと比べたら何もなかったも同じといえるくらい平和だと思う
 
国譲りは征服の話じゃないよ
あれは神権政治への移行と、それにまつわるゴタゴタの顛末
 
アニミズムってどこの地域にもポツポツあると聞いた
原始的だが、だからこそ普遍的な大事にすべきものと思うよ
 
また宗教の話してる…脳を支配され過ぎだわ外人さん
 
御託はいいから神道を学べ外人よ。
 
心だにまことの道にかなうなら
祈らずとても神や護らん
 菅原道真


なーんて言ってた当人が今や神として祀られて
たくさんに人に拝まれて祈られてる
それが神道
 
護国神社が海外での戦没者の御霊に対して招魂の祭事を行い、「千の風にのって」もヒットしたよな
宗教でないと言い張るのは、キリシタンが神道のトップにある天皇陛下を退位させる行為が宗教弾圧になるからだろ
聖書やコーランは日本では1500年前に読み終わった作品ですから必要ないです
旧約や新訳やコーランだけが正しいと言い争い続けてろ
不潔と清潔では寿命が二倍ほど変わる、清潔で在れと指導するのは当たり前だろwww
神(シン)の心(シン)は真(シン)の真心
神(ジン)は人(ジン)が修めるべき仁(ジン)の道
金八先生じゃないぞwww
神の道は超能力の道でも全知全能者の道ではない、人が神の座に登る道、人の心の話だ
そんなだから仏教の精神修練(物の考え方の手ほどき)に感銘を受けて時の天皇陛下が仏像作ることになる
天皇陛下は慎ましいからお雛さまで十分らしいwww
さあ、好きなだけ日本を破壊し焼きけばいいキリシタンや共産主義者ども
そして永遠に争い続け地獄で苦しめ
 
祀ることで、神は神になるというか。
本来荒ぶる自然を、祀ることで神にする(恵みに変換してもらう)。
自然に寄り添って生きていたら、「神々しい」と感じる自然現象だってたくさんあるし、そこに神の姿をみて崇めてもなんの不思議もない。
「神道」っていう名を付けてしまえば確かに宗教なんだろうけど、自然に対する畏敬の形、寄り添おうとする心の形としか言いようがないかなあ。(自分的には)
 
キリスト教やイスラム教やユダヤ教はいつまで争ってるんだろうな。同じ神を信仰してるのに、あまりにも酷すぎてこの三宗教の信者とは関わりたくないわ。
 
神道のイメージ

・全てのものに霊が宿ると考える。(八百万の神々)
・自然を大切にする。敬う。
・清潔にすることが大事。穢れを嫌う。
・古事記や日本書記などの神話。
・神社、巫女、賽銭、おみくじ、絵馬など。
・天皇は君臨するが統治せず神の子孫。
・日本は天皇を戴く神の国。
 
神の存在を否定もしないし、肯定もしない。
布教もしないし、伝導もしない。
期待もしないし、失望もしない。

私は、これが良い「宗教」の在り方だと思う。これが「宗教」というかは謎だけどねw
日本では大体の宗教がこんな扱いになっちゃうから、微妙で曖昧な存在になっちゃう。でも尊んでる事が大事だと思うから、問題ない。多分ないw
 
>社そのものもマンションの一角でいいという話に通じてしまう
タワーマンションやら喫茶店併設してる神社もあるけどね。(赤●神社)本当に景気の良さそうな神社ってあるのよね…余程霊験あらたかなのかしらね。周りになにもない地方の神社でも翌年初詣に行ったら床が大理石になってたり、土産物屋が増えてたり、結婚式場が豪華になってたり(震)。
 
お腹が痛いときに祈るのが神だよ
 
おそらく殆どの国に自然崇拝の信仰は有ったんだろう。
4月の終わりにスイスで「なまはげ」みたいな山開きの行事を見たことがある。
とても土着的で、スイスをイメージするオシャレな感じはなかったが
親近感が湧いたものだ。
アブラハム系の宗教はおそらくはもともとカルトみたいなものじゃないかな?
侵略や支配の為の道具としての働きの方が強いんじゃないだろうか?
 
結局、結びの言葉で間違えるよな。
おれらは隣町の神社が鬼を祀ってようが
男根を祀ってようが気にしないのに。

「どうあるべきか」
こいつらは決め付けずにいられない。
そして押し付けずにいられなくなる。
 
宮﨑駿のアニメは何となく神道的な感じがする
 
国民を治める為に権力(人)がほしいので権力者=神をくっつけてその権力者自身の教えを広めてそれを信仰してるからなーいいものじゃないわ
 
神道はドルイドとかバラモンとかミトラ教とか
その辺と同期の宗教だからシーラカンスみたいなもんやで
たまたま仏教と習合できたから生き残っただけで宗教としてはめっちゃ原始的なんや。
その証拠に同期の宗教(前述のような)はほとんど滅びるか対抗できるだけの発展を余儀なくされている
バラモン教だってヒンドゥー教に発展できたから残ったんだもんね
だから平和的とかそれ以前に、幼児と同じで思想そのものが無いんやで。
なんかすまんな。
 
神とは人知を超えた存在であって一神教とは別次元の存在
 
神とは人知を超えた存在であって一神教とは別次元の存在
いわば存在することが神なんだよね
宇宙教みたいなもんだ
 
 
道端に咲く花に「きれいに咲いたね」「踏まれないようにね」と話しかける人を見て
特に気にならない、微笑ましいと感じる人は神道が人格形成に根付いてる。
「ヤバイ奴」「キモい」と感じる人は神道が根付いてない。
 
そもそも神道は日本全国にあった信仰を一つにまとめたようなもんだからな。
だからある意味日本人としての在り方、生き方そのものだと思ってる。
 
神道を宗教と言えるかというと、個人的には?だが、他のどの宗教よりも日本人に合っている”本質”だ。神様との揺る~い関係が何とも言えず心地よいw
 
日本の宗教観でも神はいるよ。
神のコミュニティがあって、人間社会があっても、どっちが上とか無いだけで。
超能力者が住んでる隣村って感じかねえ。
その力で悪さしないで、気が向いたら助けてってのはあっても、無理にお互い干渉しないというか。
 
文化でであり生活であり習慣であり、依り所である。
醤油味噌辛子、わさびみたいな物かな、染み込んでる。
 
山の神や川の神の怒りを鎮める為の人柱の存在は…
外人は知らない方がいいな。
 
仏教は神道の足りない部分を補ってるよね
何で神道が生まれたのかと考えるとこれだけ自然が豊かで更に自然災害が多いと自然の中に見えざる存在を感じたんだと思う
見えざる神が人間の世界で暴れないように沈めたり感謝している
仏教はその不条理の中で事の本質を理解し死を見つめ直して恐怖から救済している

日本人にとって絶対的に助けてくれる神というのは肌に合わないんだと思う
だって地震や津波や火山を前にしたら絶対神という存在を疑ってしまうから
砂漠で生まれた宗教は日本人の肌には合わないと思う
日本人は事の本質を観察して理屈を考えるのが好きだから絶対的な教典みたいなもので思考を縛り考えないことが好きではない
イスラム教は柔軟性がないと思う
 
神道は何でも神様だから平和でいられる。
キリスト教とかイスラム教は、自分の信仰の神以外は
滅ぼさないといけないって考えだから共存できない。

なので、移民・難民は固くお断り。
 
神道が誤解されてる気がする
冬に水に入るとか一部の神社の風習じゃねえのか
 
>ふたつの宗教を同時に信仰することはできるのか?

外来宗教と現地宗教の同時信仰というのは自然な事で、特に珍しくはない。
チベット密教とボン教の同時信仰とか、道教と仏教と儒教の同時信仰とか、タイ上座部仏教と精霊信仰の同時信仰とか。
仏教が布教した地域では現地の土着宗教が同時に信仰されたり混淆されたりが普通にある。

とは言え、流石の日本人でも、全然違う宗教を同時に信仰する事に皆が矛盾を感じなかった訳ではない。
そこで昔の日本人は、後付けで「神は仏が日本の衆生救済の為にとった仮の姿」と理論づけする事で整合性を図り、どの神とどの仏が対応するのかを説明し、その信仰行為を合理化した「本地垂迹説」を唱え、これが広く受け入れられて神仏習合が加速し、まるで一つの宗教であるかの如く根づいた時代が長く続いた。その為、神仏分離が行なわれた後の現在でも、割と神仏同時信仰はすんなりできたりする。

アブラハムの一神教も、本地垂迹説みたく、布教時に「現地の多神教は、主が現地の人間を救う為に顕現した仮の姿」とでもしておけば平和的に融合できたかも知れんけど、そもそもユダヤ教の成立過程からして、そのルーツであったカナン神話(多神教)で、人気の無かった造物主エル神を一神教の信仰対象に据える一方で同じ神話内で人気のあったバアル神以下の神々を悪魔に貶める事で成立するという、ケンカ腰な経緯を辿った宗教だったので、異教との邂逅時にも、成立時と同じ様な態度で弾圧しまくったのも無理はない。
 
※179964

水で体を清める禊(みそぎ)は、イザナギノミコトが
「黄泉の国(よみのくに)」から戻った時に、
体を清めたのが始まりだって。

 
神道「自然崇拝・先祖崇拝」
仏教「死後安寧・輪廻転生」

神道「本能を冒涜するな」
仏教「本能なんて○くらえ」

根本思想が異なるのに、よく習合できたものだと思う

記・紀に記述される、「太陽より先に日本列島が形成された」という神話を信じる日本人はいない。まして、九州・四国・本州の順で生まれたと言う話も(おそらく九州・四国の主権が本州にあるという主張の為の神話)。
 
神道とは、随神(神ながらの道)と言う意味で、「神の御心のまま」という事。自然現象そのものが神の意志であり、人の作った教義には意味がない。
 
神輿、つまり神霊の乗る輿が祭りの際、町中を歩き回っている(神霊が視察している)事を考えれば、一神教よりはるかに神が身近な文化といえる

七福神が神道・道教・ヒンドゥー教の神を祀っているように、多神教は寛容多様だった。でも、かつて多様的文化だった東洋が現代では(西洋の影響で)統一的になり、一方、統一的だった西洋が(東洋とふれて)多様的に変化した事を思えば、西洋だって多神教が広まる可能性はある
 
日本で一神教は根付きにくいだろうね…
ある一地方では震災・津波・噴火等で壊滅的な被害を受けているのに、違う地方では豊作で何の危機も無くさらには(復興事業などで)景気が良くなったりする…
とかあれば、多神教なら「特定の神の怒り」で説明できるけど一神教だと「神は依怙贔屓する」と言わざるを得ない…
依怙贔屓する神を信じろ…と言われても誰も信仰しなくなるのは自明の理…というか日本の環境を考えれば仕方がないような気はする。
 
神道に近いのはネイティブアメリカンとかじゃないのかな
ヒンドゥーや仏教のような多神教同士となら程良くやっていけるのは間違いないと思う

Body


スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク

JAPAN CLASS
ニッポンって、どえらい国だな!
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

激安 特価板

直感的に海外の反応をまとめたアンテナ