ツイッターパーツ
t

2017-02-14 (Tue)
乱伐せず地道な植林…江戸時代から続く日本人の森林資源を守る文化に海外興味津々(海外反応)

sinnrin890980941015656061037733741006433684643.jpg

Japan - How Japan Saved its Forests: The Birth of Silviculture and Community Forest Management

300年にわたる森林伐採で、日本の風景はゴミ同然になった 森林管理は日本の景観を守るうえで需要なポイントになっている

問題点
日本の森林伐採はすでに300年前に深刻な問題になっていた 600年から850年に奈良で建設ラッシュが起こると大木はどんどん伐採され、その後近畿地方での築城や宗教的建築物を作るようになった
 木材が駆り出された森林には、代わりの木を植えられることもなかった 日本の森林地域に住む住民は、木材以外の森林の生産物に頼って生活してきた きれいな水は飲用以外にも田んぼに引かれ、家庭での暖房や調理には薪や炭が使われた 落ち葉は天然の肥料になり、雑草は家畜のえさになった
 日本の人口は少ないので、その程度の森林活用で十分賄えたのだ だが1750年ごろから、状況は変化し始める 日本の人口が1000万人を超え、森林資源の活用が急務となった 徳川将軍時代に急速に拡大した都市部と、大量の兵士を支えるにはたくさんの木材が必要だった
 1600年代にはそれまでにない規模で木造建築が作られた 人口が3000万人に達するころには、北海道を除くほとんどの森林で古くからの大木はすべて伐採されてしまったのだ 地面はむき出しになり、地滑りが怒り、原野と呼ばれる不毛の地はあちこちにあった そこから日本は環境保護へと向かっていく

解決策
1670年の日本ではこの環境の変化を上手く利用した 村の団結により野生動物の侵入を防ぎ、水田を増やすという政策が100年以上も取られた
 その地域の木こりや農家、政府の森林の役人は杉やヒノキを種から育て、じゅうぶんに大きくなってから森に植えるという新しい技術を見出した また山割り、年季山、ブワキバヤシなど、木材を生み出すために様々な方法で、村人たちは山を育てていった 計画的な植林で木は育ち、森を有効活用し、木材市場を育てることになった 植林によって、日本では徐々に伐採が減っていった だがその後、日本の森林管理は二転三転する
 第二次大戦後、日本は高度成長期のなかで1950年から70年のあいだ再び森林伐採が行われた 伐採後には杉やヒノキだけが大量に植えられたが、その後木材の輸入政策が取られるようになると森林は放置された 手入れもされないままの木は、良質の木材にはならない
複雑な過程をたどった日本の森林管理だが、それが経済成長の後押しとなったこともまた事実である 同様の状況が幸運につながった例はそれほどない 森林伐採から貧困に陥った配置や、自然災害に苦しむ北朝鮮の例などもたくさんあるのだ




日本の国土のうち、山間部を占めるのは72%ってことも大きい それに小規模な地震はしょっちゅう起こっているということも だから日本人は平原やくぼ地などにしか建物を建てられない これって環境を守るってことなのかな?




↑それ以前に、日本では大規模な森林伐採があって、400年かけて植林をしたってことだよ




↑確かにね 自分は日本に数年住んだことあるけど、いろいろいいと思うことはあったよ 健康保険システムとか、電車とか でもそれを母国で話すと「まあ、日本は違うからね」っていう反応で 日本にできるならおれたちだっていいところを真似すればいいと思うんだけど




↑休日に田舎へ行くと、地元のひとがこのあたりは数百年前には木材を刈りだしすぎて全部はげ山だったんだよなんて教えてくれる いまはめちゃくちゃにいろんなものが生えていたりするけど、よくそこまで戻ったもんだと思うね




↑土地の有効活用という点では、日本は環境に合わせてうまくやってるんだろうな




↑事実として、日本は自然資源を世界でも大量に輸入している 2017年1月の日本の環境省の発表では、沖縄のサンゴ礁が死滅しているという 日本は調査捕鯨も継続している




↑捕鯨はここでは関係なくない?




↑海だからね




↑日本の伝統的な信仰では、すべての生き物に精霊がいる だから山を守るものなんだ 日本の環境意識を語るうえでそれだけで十分だろう




↑生き物だけじゃなく、山や川にも精霊がいるんだよ




↑だから山や川を汚すこと、鉱物を掘ったり森林伐採をするのは神の怒りに触れることなんだよ 精霊は自分たちを守るのではなく、傷つけたものを罰するだけ




アメリカでは砂漠とか火山に建物を作るからね




↑アリゾナのフェニックスのことか




第二次大戦中に日本が森林資源を使わなかったのは、中国や台湾で高品質の木材を切り出していたからさ 日本が降伏した後は、台湾にはいい木材なんて1本も残っていなかったって




↑だからいまはマレーシアから木材を買いこんでるってわけか




日本では産地に建物を建てることが難しいから、ひとが住める地域は海岸沿いだけでごく少ないってことでしょ? 




↑ただ森林伐採を外国でやってるってところがね 自分のところよりほかの国の森から木材を取れっていう




↑80年代から90年代にアマゾン川流域から大量に刈り取ったよね




森林伐採の大きな理由は木材じゃないよ、農地化だ フィンランドやスウェーデンでは紙や木材を大量に輸出しているけど、森はむしろ増えているくらいだよ 森林が大きな輸出減になるならちゃんと開発するよ




http://ecotippingpoints.org/our-stories/indepth/japan-community-forest-management-silviculture.html
https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/5tslxy/til_that_despite_supporting_one_of_the_highest/





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 出来事 | COM(63) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク