ツイッターパーツ
t

2017-03-04 (Sat)
海外「どこの国でもいるよ」日本で差別を受けたと憤慨する外国人に海外議論(海外反応)

投稿者
これ、北海道で起きた出来事なの 今までで一番ひどい人種差別ね とっても悲しいことよ






私もあなたと同じようにすると思う 「私人種差別主義者って大っ嫌い 最低よ クズね」って大きな声で友達に言うの その人たちに聞こえるようにね 顔なんか見ないでいいよ




人種差別主義者はどこにでもいるよ 僕は中華系マレイシア人なんだけど、ドイツに行った時、ドイツ人が僕のジーンズを指差して「お前は中国の工場でそのジーンズを作らされてるんだろ?」ってドイツ後で言ったんだ 中国では「日本人と犬は立ち入り禁止」って書かれた看板を見たよ アメリカに行った時はおばあちゃんが僕の英語をバカにしたんだ 僕はアメリカ英語を訛りなく喋れるのにさ ティーンエイジャーはその後ろで「チンチョン」とか言ってったっけ オーストラリアでは若い男たちが僕を殴り倒すって脅してきたし タイで鍛えたから怪我なく逃げれたけどね これが一番きつかったかな? だって拳を使って自分より大きな男たちと喧嘩しなきゃいけなかったんだもんね 身体に危害を加えられなければ別に気にならなくなったよ




↑そんな奴ら、やっつけちまえば良かったんだよ




↑僕は忍耐強いんだよ 今まで屈辱に動じることはなかったかな




↑私はドイツ出身なんだけど、そんなことがあったなんて同情するわ 特にドイツ人にとって人種差別主義って恥じるべきことなんだけどね、歴史もあるしさ だけどそういった人はドイツにはあまりいないわよ お願いだからドイツ人をみんな悪く思わないでね あなたはこういったことにとてもオープンみたいだから大丈夫とは思うけど、いっておきたかったの




↑心配しないでいいよ ドイツには2年間居たんだけど、こんなことは一度しかなかったよ ドイツ人はみんないい感じだったよ 今まではね ドイツ人の友達はみんないい奴らだよ




↑アメリカ人を代表してバカなアメリカ人の無礼を詫びさせてください




↑気にしないでいいってば アメリカ南部に行った僕がバカだったんだよ




↑黒人やアジア人に対していまだに人種差別があるなんて、本当に悲しいことね 悲しくて泣きたくなるわ




↑カナダも同じようなもんだよ 移民の中には英語を喋るのが面倒で同じ国の出身者同士で固まって生活してる人たちも多いから、地元民の中には移民をみんなひとくくりにまとめて英語が喋れないものだと思いこんでたりするんだ




↑あなたがそんな経験をしていたなんて辛いわ 世界が少しでもよくなっていますように




↑誰も謝る必要なんてないよ 国籍なんて想像した線でしかないんだから




↑私も謝っておくわ




↑ドイツ人は笑えるよね 最低




↑でも実際にスウェットショップを見たことがあれば、そういった店からは買えないよ 酷いよ、本当に




↑人種差別主義者はどの国にもいるよ 悲しいことだけどね 頭が普通じゃないんだろうね、きっと 野菜がたくさんあったら、中には腐ってるのもあるようにさ




確かに気分悪い人ですね!
でもね、あなたもその人と同じようにビッチやババァやファックなどと動画で言っています。人前では駄目で動画だといいんですか?




投稿者
↑全然違うじゃないですか? 私は起きた事件に反応しているだけ この人は、無罪な純粋な一般な人にむかって、悪いことを自ら言い出した 後ろにいた、中国語で話していた家族は何も悪い事していないし、誰にも迷惑かかってないし、ただ食べにきただけど、差別される 差別した人を批判しているより、悪い性格を批判している 差別事件が起きると、もちろん誰も怒るし、この会話をすると腹立つじゃないですか? それでババァとか、英語でファックっていう それは当たり前な会話 ニュースに載る犯罪者にもまったく同じ事いうでしょ 酷いとか人間最低、おかしい、狂っているとか.こりゃ変わらないよ




↑貴方の言いたいことを素直に伝えて自分の正義感で貫く姿はとても好きなので動画では遠慮せず言いたいことを言ってください 日本の良し悪し両方を遠慮なく伝えてくださってるこのチャンネルが好きです




↑あなたは別の国の文化はあまりわからいんだね 彼女の正直さはさわやかだよ




https://www.youtube.com/watch?v=uv-8-rgLRRc





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 出来事 | COM(77) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク