ツイッターパーツ
t
外国人が感動した日本のサムライについて6つの神話に海外興味津々(海外反応) - ­海外反応 キキミミ

­海外反応 キキミミ

 

外国人が感動した日本のサムライについて6つの神話に海外興味津々(海外反応)

外国人が感動した日本のサムライについて6つの神話に海外興味津々(海外反応)

投稿者
今日はサムライについての神話を5つ上げてみる フィクションでは様々なサムライのエピソードが出てくるが、真実かどうか、ひとつずつ検証してみよう 残念ながら、トム・クルーズのことじゃないよ



5・武士道のおかげでサムライはいい人間だった 武士道と呼ばれる規律が、戦争を行うサムライを作ったと言われている サムライが守るべき忠誠や義務、自己犠牲の精神などについてまとめたものだ だが実際のところ、サムライは主君の言いつけを守ることが最優先だった 賃金のいい主君に変えることもあったようだ 忠誠心のないものを斬り捨てることもあった

4・サムライは捕虜を生かした サムライは美徳にあふれた人間と考えられている だが戦場とは正しいことがまかり通らないもの サムライとは戦士と思われているが、実際には一つの社会層を指す言葉に過ぎない 人口の約10%に当たる階層だ 映画では勇ましい戦士の姿が多く映るが、サムライの多くは平穏無事な生活を送っていた

3・サムライとは男性のみの階層 サムライという言葉を聞けば男性を想像するだろう だがこのような女性も武士というサムライの階級に属している 刀やナギナタなどを芸術的に扱うものは武芸者と呼ばれていた 長い棒の先に刃をつけたなぎなたはリーチが長い分女性向きの武器とされていた もっとも有名な女性の武士は巴御前だろう

2・切腹は名誉のため ハラキリとも呼ばれる、短刀を用いた自殺は不名誉なことをしたサムライが名誉を保つための方法と言われる 戦場のシーンでよくみられるが、実際のところ切腹は敵に捕まり拷問されることを逃れるための最後の手段だった また主君に切腹を宣告された場合は、家を守るための行為であった

1・刀はサムライの武器 残念ながら、サムライの刀に関する伝説はただの伝説である 血しぶきを払って落とすことも、真剣白刃取りも不可能だ 刀がサムライを象徴する武器であるのには理由がある 刀はサムライのステータスシンボルだった とても高価だったからだ だからそれを戦闘に使うことはない 弓や槍、ナギナタを用いて戦うことも多かった 銃撃戦になれば刀が役に立たないこともよくわかっていた 16世紀には、タネガシマと呼ばれた銃や、大砲が戦場で用いられていた



6・サムライは黒い角の生えた悪魔と戦っていた だって毎週土曜にそんなテレビやってるよ!




これは騎士でも同じような動画が作れるだろう




↑バイキングとかサラセン軍とか、いろんな間違った神話がありそうだな




あまり知られてないけど、サムライはめちゃくちゃ悪かったってことは知ってるよ!




「七人の侍」はおれが見た白黒映画のなかで最高に哲学的




↑その通り




本物のサムライはどうだったか知らんが、「サムライ・ジャック」っていうカートゥーンは最高だよ




だいたい知ってた 神話っていうか、歴史好きやサムライファンにとってはこれは事実 女性のサムライがいたことも知ってるよ




↑映画やアニメを基にした知識ってのはあるものだよ それが真実と信じこんでる人も多い




↑映画やテレビじゃなく、もっと本を読んでほしいよな




↑ほんとに、本から得た知識のほうがいいのにね 歴史映画も、もっと史実に則したものにしてほしいと思う




↑皮肉なことに、こういう神話をひっくり返したのが「るろうに剣心」なんだよね アニメが原作だけど、サムライが銃を使ってて 将軍の時代が終わったあと、サムライがどうやって時代になじんでいったかがよくわかる




1はみんなそう思ってるよね そう信じるのも無理はないよ、映画やドラマではみんなそうなってるから でも刀はサムライにとって戦闘時の主要な武器ではなかったんだよ




事実と、多くのひとが信じていることは違うってこと サムライが刀以外の武器を持ってたってことを知らない人が大半だろう




↑実際のところ、サムライとは「殺す許可を得た」徴税者なんだよね 従わせるためにはどんな手段も使えるということ サムライの語源である「サブロウ」は従うということ 上司の命令にね




自分の知る限りでは、サムライだけが日本の社会のなかで刀と脇差の両方を持つことを許されていた ほかの人々はひとつしか武器を持てなかった




↑いや、武器を持てたのがサムライだけ 農民は武器を持てなかった




↑そのルールが適用されたのは豊臣秀吉の時代から 将軍は反乱を防止するためにそれを使った




↑秀吉が法を定めたわけじゃないの?




↑秀吉は将軍を名乗ったことはない




↑そうなの?




もちろん、武士道に従ったサムライはごくわずか




サムライチャンプルーもっと見たかった




サムライっていうのは日本の歴史とポップカルチャーの大きな部分を占める とてもうれしい




https://www.youtube.com/watch?v=4ClJTrYlASg
Comments
 
時代によって全然違う
 
はいはい辻斬り辻斬り
 
サムライチャンブルーが侍の歴史を最も忠実に描いてるね
 
どっから仕入れた知識なのか知らんが
いつもの外国人のように所々おかしいぞ…
 
中途半端な知識が一番困る
 
こんなもんだろ
むしろ一般人としてはまだマシなほう
日本の一般人に西洋の騎士について聞いたらこれよりひどい
 
武士と侍をごっちゃにさせてしまっているな
武士とは武芸を極めてる者
侍は朝廷に使えてる身分の事を指している
だから将軍も官位を持った武官という侍なのだ
 
知識が中途半端だなw
 
ちなみに侍と浪人は違うからね
 
忠誠なんか江戸時代からだもんな
文献見ると
お前何時ソコの家臣団に入ったんや!
(´・ω`・)エッ?
またモトサヤに戻ったんかいなw
(´・ω`・)エッ?
今度はそっちに
そんな侍わんさかいるw

まぁサッカーや野球選手みたいなもんやな
より評価してくれるチームを選ぶように
より自分を評価してくれる主君に付く
 
侍が悪かったってのは試し切りとかのことかな
実際やってた人はかなり稀だって聞いた気がするが
 
お前は何様だ・・・。

半端な知識をひけらかし、ドヤ顔で語る害人は消えてくれ・・・!
 
侍と武士は同じだよね。
侍は農民や公家などが呼ぶ武士に対しての呼称。
武士は自分では侍とは言わない。
武芸を極めた者は武芸者。
将軍は武士の頭領だし将軍も武士で武官は朝廷に使える者って意味で武士全部が朝廷に仕えてる訳じゃない。
けど日本は秀吉が関白になったりと大納言など大名が任命受けてるから武官文官の線引きは曖昧かな。
 
なんか絵本に出てきそうなあさーい内容でワロタ
 
この、御家人とか戦国の武士とか江戸期の侍が「サムライ」ってごっちゃになったせいで、でたらめな結論が導かれていく様よ…。

まあ、遠い国のことだししょうがないんだろうけど。
 
戦国時代は民間企業の社員で、江戸時代は公務員になったようなものだと思う。
即戦力人材をライバル会社から引き抜きしたり、逆に売り込んだり。信長なんかはラフな格好の若い社長がコネも学歴も無いような若者でもどんどん採用して完全実力主義で競わせたら、中小企業だったのにあっという間に大手老舗メーカーを廃業に追い込んだって感じ。蒲生氏郷はあまりお金の無い企業だけど社長さんの人柄が良くて社員をとても大切にしていたから「社長のためなら頑張るぞー」って社員のモチベが高かったみたいな。
江戸時代は世襲する公務員と国会議員だから。井伊家とかどんだけ大臣輩出するんだみたいな家。公務員で余程のことが無いと首にならない代わりに規則も多かった。
赤穂浪士は江戸幕府の決めた法律に違反しているけど、江戸幕府が推奨した「主君に尽す」という武士の道徳を守っているからどうしようかと頭を悩ませた結果、死刑だけど尊厳は守るよってことで切腹になった。
 
193959
全然違うよ…。いわゆる、将軍=征夷大将軍は朝廷の任命なくては名乗ることすら出来ない。侍と武士も違う。侍は仕官しているが、武士は仕官しているとは限らない。野武士も居たしな。

多分、「家」を理解しない人は永遠にループして勘違いし続ける予感。氏族っぽい意味合いのクランって説明されたりするけど、それもやっぱ概念が違うし。
 
戦国時代の侍と江戸時代の官僚化した侍じゃ全然違うから
 
みなさん楽しんでるようでなにより
 
サムライ・ジャックは侍と忍者を足して二で割ったイメージだなw
あれを侍と言われたらものすごく困惑するww
 
いい加減に武士を「サムライ」というのを止められないのかね、馬鹿外人は。

サムライは「官職名」だから、身分で言うなら「武士」が正しい。奴らが話すのはその両方がごちゃごちゃになっているから、意味が分からない解説になる。
 
なぜ5が6に?
 

侍は今の時代なら国家公務員だよ
仕えていたのが国ではなくそれぞれの地域の役所ってだけの話

 
どこで仕入れてきたのか間違った知識を得意げにひけらかす馬鹿外人
 
正に、生兵法は大怪我のもとw
 
外国人って、ほんと侍が好きだね。
でも、外国みたいに日本は決めつける社会じゃない。
自国が戦争になれば農民も戦に駆り出される。
だから、農民も武士なんだわ。

ちなみに、ラストサムライみたいな事は考えられない。
なぜなら、外国人は所詮「外人」。なぜ、生まれも育ちも違う外人が戦う必要が?
ハリウッドで映画化を期待する「弥助」も、外人だから戦場では助かってる。
つまり、日本社会において外人は、侍にはなれないんだよ。
ほんと、外国人ってなんか勝手に思い描くから困るな。
 
サムライの丁髷が鉄砲だという誤解があった時代から
考えれば改善したほうだろ
 
元々サムライは野蛮な殺し屋だったのをトム・クルーズが
西洋式の文明的な兵法を伝えて、まともになったらしいね。
 
神父も聖人じゃなくてペドだった!
 
侍の英雄性を否定したのは戦前戦後のサヨク達だよ。
サヨク文学、サヨク映画、サヨク文化人と呼ばれる人たち。
実際は勝小吉(自伝面白い)みたいに痛快娯楽時代劇その物の人生を生きた人もいる。柳生新陰流兵法家伝書とか、五輪書か読んでも当時の侍はすごかったって分かるし、他にも凄い侍沢山いるのに、外国人は日本のサヨク文化人が貶めた、日本の侍像を鵜吞みにするんだよね。
ちなみに日本のサヨクは朝鮮系。
 
侍=さぶらうひと=仕ぶらう人=仕える人て言う意味で
仕官してる人て言う意味だ。
現代で言うところの公務員てことだよ。つまり役人。
 
サムライとは武士道を信仰する者すべてをいう。社会階層であったのは確かにそうだが、当初からの原義から外れて、現代では誠に生きる全ての人を指している。外国人であっても構わない。もし、誠に生きるなら。
 
サムライが悪かったってのは、なんとなーく
「ニンジャ」が主人公のカートゥーンだと敵は「サムライ」に
なってるからじゃねぇかな…
レゴのCGアニメとか意味がわかんねぇ。
 
平和だから使わなかっただけで幕末は刀による戦闘やってる
新選組が刀を修理に出した際の預り書も残ってるが修復不可能な物も何振りかあったと思う
刀といっても全部が文化財級じゃあるまいし1人が何本も所有していた
 
ほんと微妙に違う。ただこの手のものは本を読んでも思うが日本でも解釈が違ったりする。その時代をリアルタイムで生きてきたわけじゃないから当たり前か。時代によっても違うしね。フィクションはフィクション。娯楽でいいじゃん。
 
侍については、古典を見れば直ぐに解るよ
国を統治する天皇がいて、補佐する貴族がいて、それらに飼われて領地・荘園を守る為の武門があった訳だよ
主に源平がそうであった
明治維新になるまで、この関係は変わっていない
幕府なんてのは、単なる防衛省みたいなもの
武士であっても朝敵の身分ならば侍とは呼ばない
源平合戦などは、侍の地位を賭けた戦いだったと言ってもいい
保元・平治の乱で目まぐるしく侍の地位が入れ替わり
平氏の世(侍を超えて皇族を支配しようとした)となった瞬間に、潮目が変わって源氏の世(朝廷から治安維持を任された幕府)に代わったんだよ
その侍の象徴となった幕府の時代は明治になるまで続いた
 
源平の頃から江戸までを侍の一言で括ってしまえば
まあこうなるのもしょうがないよ
 
当時の将軍足利義昭は信長に追放されてたのを秀吉が保護したんやで
将軍に実権は何もなかったし、そもそも秀吉は将軍よりはるかに偉い関白
名実ともに秀吉の方が上だった
ついでにいうと刀狩は義昭が将軍辞任した後やで
 

武士は開拓農民/新興地主。京都にいる貴族に保護して
もらって自分たちの権利を守ったが、貴族同士の争いが
昂じて武士の武力に頼り(保元・平治の乱)、目覚めた
関東武士団が源氏を立てて幕府を開いた。


Body


スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク

JAPAN CLASS
ニッポンって、どえらい国だな!
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

激安 特価板

直感的に海外の反応をまとめたアンテナ