ツイッターパーツ
t

2017-05-02 (Tue)
外国人「第二次大戦中の日本のバンザイ突撃って効果あったの?」(海外反応)

投稿者
第二次世界大戦中の万歳突撃
僕は初めて太平洋戦争に関する資料をみたんだけど、日本の作戦は愚かだよ 一塊になるから、ターゲットにされやすいし、他にもっと成功しそうな作戦があったんじゃないかな 僕は何かを見落としてるのかな?彼らは何故こんな愚かな作戦を行ったんだろう?彼らは「僕を撃て」と叫びながら走ったんだよね




いくつかの点においては愚かだったけど、軍事力で劣った敵に対しては有益だったんだ 太平洋戦争では大きな暴力と精神的衝撃が影響力があったけどね 
でも日本軍や日本軍の歴史をみる価値があるよ 長い文章は書きたくないけど、
日本軍は他の国に比べて重火器が不足していたんだ 素早く激しい歩兵の攻撃は敵を攻撃する武器として、代わりになると考えられていた
日露戦争や第一次世界大戦の間、コストの高い強烈な攻撃は成功率が高かった これは日本が銃をもった欧米に苦しむことを経験していなかったと言う事だ
この成功率は歩兵がより敏感で力をもっていたということなんだ 万歳突撃では当初、効果があったが、しだいに自暴自棄の自殺行為として見なされた
それでも日本が万歳作戦を実行したのにはいくつか理由がある
日本軍は自らが犠牲になることを重視していた 自分が犠牲になることは捕虜となる事よりも好まれていた
日本軍は万歳作戦が与えるダメージを過大評価していた この攻撃が多くの敵を減少させてると思ったんだ しかしながら、この万歳作戦がアメリカ兵を日本から追い出してるかどうかは疑わしい点があった
日本主義や歩兵訓練は最優先事項として強調された それが「大工になれば釘を打て」という状況を作り出したんだ 問題が起きたとき、日本の軍人はそれを修理する様に鍛えられた
そのため、戦争が進むにつれ、日本人は戦争に負けてることを知ったんだ それでも日本人は戦い続けた 硫黄島や沖縄でその様子は見る事が出来る




↑日本の産業は悪い状況で、弾丸の供給も不足していたと言う事?それで人を犠牲にするなんて信じられないよ 




↑日本の産業は欧米に比べて遅れていたんだ この問題は日本で石炭や油が不足していたこととも関連づけられる これは彼らの明治復興以降の成長の妨げとなった この結果、工場や資源も少なかった 一般的に、有坂銃や南部ピストルの様な日本の武器は他の国の物に比べて劣っていた 彼らの銃は92式重機関銃で30 round Hotchkiss type stripやType 96 LMGによって影響を受けたものでブレンガンに劣っていた この武器の不足と生産力の不足がこの作戦を後押ししたんだ 日本には他の国の様な強大な人力の数はなかった そのため、万歳作戦はこの武器の不足を補う有効な方法として考えられた 他の人も言ってる様にこの作戦は戦争が進めば進む程、廃れた作戦で武器がその代わりをし始めたんだ しかしながら、日本では中国での戦争の際にこの方法は大きな成功を収めたため、精神統一のために使われた




日本の産業は第二次世界大戦における他の戦争国ほど強くなかった しかしながら、歩兵の強調は日本の軍事文化を集約し、敵を倒す事ができた 戦争所盤では日本が勝利したとき、この方法は正しい作戦だったとみせつけたんだ




↑付け加えると、もし、日本が武器を大量に生産出来ていたら、他にも様々な作戦が生まれていたはずなんだ




投稿者
↑つまり、これはしっかり組織されてない子供っぽい作戦だったようだね




↑歴史を通してみると、銃剣突撃は正しく行われると、かなりの効果があるんだ 武器を手に取って戦う事で、敵を倒すことも出来る サイパンにおいてこの万歳作戦はかなりの頻度で使われた この太平洋戦争において覚えていてほしいのは全てが全て事実と言う訳じゃないんだ 最後の方にこれを行っていた彼らはただの俳優なんだ プロでも若い人々でもなくね




投稿者
↑でも彼らは簡単に撃たれていた この計画のせいで何百人もの人が犠牲になる必要はなかったんだ 一番理解出来ない所はそこだよ 何故、銃の前を走ろうと思ったんだろう?「計画を変えよう」と何故思わなかったんだろう




↑1942年までは特に中国、フィリピンでのそして、マレー半島でイギリス人を相手にした戦争まではこの作戦は効果を発揮していたんだ しかし1944年〜1945年にかけては武器が主流となり、上手くいかなくなった 




この状況はいつもと違うと分かればこの作戦は止めたのかな そこが理解出来ない所なんだ 何故、武器の前に叫びながら走ろうと思ったんだろう この作戦は十分敵を脅かしたと思うんだ 何百人、何千人の人がいきなり叫びながら銃の前に出て来たらね
ただ日本軍の誰も「この状況で銃が出て来たら、後退しよう、再編成しよう、作戦を練り直そう 敵よりも数も多いし、この島のジャングルに関しては良く知っているんだから」と言わなかったのかな ただ、自分達を犠牲にしてるだけに感じるんだ 誰もそう思わなかったのかな?そう提案するリーダーはいなかったのかな?




↑この作戦に関しては2つのポイントがあるんだ 1つは歩兵による最終攻撃は敵のサイドや後ろから成されたんだ これが上手くいった 1941年、1942年ではね そして、もう1つとして、大日本帝国陸軍は焦点を置く場所を選ぶ事が出来たんだ より一般的だったのは島の守備隊の特攻攻撃だったんだ




↑日本からの視点が欠けてるよ 勿論、君にとって、この作戦は人の人生を無駄にしたものだと思うかもしれない それに僕達の誰も、この作戦に関して、同意はしない でも日本人は明治時代以降も武士道の概念を持ち続けていたんだ 加えて、彼らは愛国主義的な環境の中で生きていた これによって彼らの作戦は生まれたんだよ もちろん、この作戦に関して反対した人もいるけど、もし、その視点から見たいなら、「硫黄島からの手紙」を見るべきだよ 君に関しては分からないけど、僕は軍隊に所属した事があるんだ 僕の国ではこれは義務で、僕は歩兵として訓練したんだ 僕達の訓練はジャングルの中で行われて、ヘトヘトになるまで続くんだ 15kgの武装をして走れば声は出ないんだ 叫ぶ事は良い事だよ 精神的に強くなれるからね 攻撃する方も守備につく方もね 全ての作戦には使える点もあるんだ 日本人は確かにこの作戦に失敗したかもしれない でも彼らの視点も理解するべきだよ




君の質問に対して答えるにはもっとしっかりとこの件に関して教育を受けた人じゃないと難しいんじゃないかな




投稿者
↑僕はこの作戦は未完成で子供じみていると思っている 自分達を犠牲にするなんて論理的じゃないし、馬鹿げているよ 彼らはジャングルの中にいて、しかも、アメリカ人よりも土地勘があった いくらでもゲリラ攻撃が出来たんだ 作戦も立て直す事ができた それなのに、彼らはそれをしなかった 束になって、銃の前に駆け出していったんだ 全てを投げ打ったんだ 




↑全ての国が異なった教育を持ってるんだ 日本は攻撃する事に関するプライドがあったんだよ アメリカとの戦いには適応しなかったかもしれないけどね 




硫黄島によって第日本帝国陸軍はこの作戦を進んだ作戦として採用したんだ 
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Tadamichi_Kuribayashi




戦争当初の流れをみればこの作戦に関してより理解出来るよ この作戦は確かに効力がないし、時間と人の無駄遣いをしたんだ 日本人の耐える強さがこの結果を生んだんだね




これは基本的に力の反対だよ これは劣った武器の前では効力を発揮したんだ 




ここに様々な答えがあるけど、万歳作戦の背景には文化や軍の考えがあったんだ これを馬鹿げてるとか子供っぽいと考えるなら、それは文化や歴史などの背景を無視してると言うことだよ




日本はいつも食料も武器も銃器も不足してたんだ だから、敵の一線を破るにはこの方法しかないと考えたんだ 確かに最高の方法ではないかもしれないけど、3日何も食べてないという人もいたんだ




https://www.reddit.com/r/history/comments/68f952/japanese_banzai_tactics_during_ww2/





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 歴史 | COM(69) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク