ツイッターパーツ
t

2017-06-10 (Sat)
海外「素晴らしい…」アメリカで豆腐作りをする日本人に海外興味津々(海外反応)

投稿者
豆腐作り‐カリフォルニア
豆腐は様々な料理の人気食材ですが、多くの人がどのように作られているのか知らないと思います
Miji豆腐のオーナー、佐藤コウキさんに密着し、新鮮な豆腐がどのように作られているのか調べてきました
そして、ロサンゼルスにあるWinsomeのようなレストランで、なぜ選ばれるのかを聞いてきました



私は佐藤コウキです
私たちはカリフォルニア州に住んでいます
ここはMeijiの豆腐工場です
ドーナツ屋さんみたいなものですが、豆腐も作っています
私は父と2000年に始めました
豆腐は豆乳を固めてできます
プリンを作るような感じですが、新鮮な豆乳を絞り、凝固用の容器にいれて豆腐のできあがりです
ただし、スーパーなどで並んでいる豆腐と僕たちの豆腐は全く違います
ここカリフォルニアで、毎朝新鮮な豆腐を日本の伝統製法で作っていて、食感は普通と全く違って、最高です

豆腐作りには5時間を要します
コウキは週に6日、深夜2時に起きます
まずは大豆を洗って水を切ります
水がしっかり切れたら、この機械に入れます
その後こちらに移して、圧力鍋で蒸します
冷水で鍋の外側を冷やし、中の蒸気を増やします
蒸したペーストはこちらの機械から上の機械に移動していきます
ふたつのローラーでペーストを絞り、豆腐と豆乳を分けます

僕は豆腐好きというわけではありませんでしたが、ここの豆腐を食べた時衝撃を受けました
ここで使われている材料や製法は特別で、人生が変わるような感覚でした
絞られた豆乳の中にも小さな豆腐のペーストが残っているので、ここでこします
そして、この豆乳を豆腐作りに利用します
容器に入れて、5分ほど待ちます
そして、ふわふわの豆腐の出来上がりです
うん、美味しい
良い大豆の甘さで、美味しい豆腐の味が決まります




とてもシンプルな過程の中に、素晴らしさを感じる




一軒一軒の家を回って売ってくれる人を雇うべきだ
80年代の日本を経験することもできるんじゃないかな




豆腐大好き




豆腐作りは複雑な過程という訳ではない
秘密や芸術が隠れている訳ではない
新鮮な豆腐が美味しいのは、新鮮な豆腐にしか出せない食感があるから
それに、防腐剤を使っていないからスーパーの豆腐よりも健康にいい
この理由で、冷蔵庫に入れたとしても長持ちするものではないけど
さっと食べること




↑豆腐1つ1つは違う食感があるよね
たまにアジアに行くといいよ
作る人によって食感が違う




絹ごし豆腐が大好き
1週間食べないと禁断症状が出る
なんでだろう




最高のデザートみたいな感じだね
プロテインもたくさん採れるし




豆腐作りにはたくさんの無駄な物が出来てしまうみたいだね




↑蒸した大豆は動物の餌にしたり、貧しい人の食事になったりするんだよ
彼のお父さんは捨てることなんて許さないと思うし




↑私の家の近くにはおからという商品にして売っているお店があるよ
おかずに使うんだ




白人はどれだけ豆腐が美味しいかということに驚く、か




↑人種差別だ




↑豆腐は好きじゃない
味がしない




どんな味がするの?




↑ヴィーガンみたい




↑段ボールみたいな味
段ボールの方が味が濃いけど




↑湿った靴下みたいな味




↑普通の豆腐について質問しているなら、ほとんど味はしなくて、ほんのり香るくらいだよ
動画に出ていた豆腐は違うと思うけどね




↑豆腐大好き!
それだけだと味はほとんどしないけど、10~15分以上マリネすると作りたい味になる!
豆腐は何にでも合うしね




https://www.youtube.com/watch?v=eqKdXcPlOo0





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 食べ物 | COM(17) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク