ツイッターパーツ
t

2017-06-23 (Fri)
地獄のラーメン!?日本の激辛ラーメンに外国人が挑戦!その結果に海外興味津々(海外反応)

投稿者
日本のプロの辛い地獄ラーメンを作ろう レベル4にトライ

こうやってシェフは地獄ラーメンレベル4を作っています それとぼくの戦い ラーメンはとんこつベースの博多長浜風です 油っぽくはなくて濃い深い味わいでものすごく辛いんです



地獄ラーメンレベル4赤唐辛子をたくさん使います
レベル3の倍の量を使います
レベル1から6まで 6になるほど地獄に近づいて行ってレベル6はファントムと呼ばれています
ぼくの限界はレベル3ですけどね
ぼくは自分の限界に挑戦してみる
地獄ラーメンレベル4はレベル3を食べた人にしかだしません
地獄ラーメンは普通に辛いのが好きなんて人にはつよすぎるからです
食べてみよう!

ぼくはタバスコみたいな辛い物が大好きだ
地獄のソースを食べたあとではかなり後悔したけど
地獄ラーメンはかなり強い的だとわかりました
食べ始めて5分、目が変になってきたような気がしました
さらに8分後、野菜を食べるのに戦っていました

15分後口にいれるタイミングを測っていました
17分後右手が震えだしました 
拒否している症状が出始めました

21分後 スープをのみました
本当に地獄だと思いました
ついにギブアップ 
32分かかりました
冷や汗と腹痛とめまい
身体が完全に拒否して地獄を見ました




タバスコが辛いって思ってたんならそもそもトライするべきじゃなかったね 笑 ぼくはタバスコはむしろ酸っぱいとおもうけど辛いと思った事はないよ




ぼくもだ 辛い物がすきならゴーストペッパーかハバネロにするよ




個人的には何でこんな事するのか全くわからないけど でもおもしろかった




辛い物を食べ始めるとちょっとした中毒になるんだよね




↑投稿者
それって「なぜ山を登るのか」って言うのと同じだね そこにあるからってこと それに壁にかかってる勝者の写真が「がんばれ!きみならできる」って言ってるんだ




これはどこにあるの? 探してるんだけど見つからないよ 2週間したら日本に帰るからね




信じてよ 日本人は辛いのが苦手なんだ だからこの動画の男性は苦労してる 中国の四川料理と比べたらこんなラーメン冗談みたいなもんだよ 韓国人だって大丈夫だと思うね




ぼくは大丈夫だよ 毎日辛い物を食べてるからね 耐性がある人とない人がいるよね




見るのもこわいくらいだったよ 中に入った唐辛子の量をおもったらがんばったと思う スープを飲み終わったらすごかったけど でもやらなくてよかったと思う




最後まで見てられたなかったよ 気の毒で 大丈夫だといいけど




このラーメンはヤバいね とはいえシェフはおいしく作ろうとしてたと思うよ 気をつけてだしをこしていろんな具をのせてゆでたての麺をいれて でもぼくは匂いを家具だけで無理って感じだし食べるなんてぜったいに無理 でも君のがんばりには感心したよ




なんで辛すぎる物を食べたがる人がいるのか全くわからない 食べるなら楽しまないと




↑投稿者
食べる前: ぼくは出来る! ぼくは男だ
途中:何でこんな事はじめたんだろ?
最後: 食べなきゃよかった 
2、3日後 :ぜんぶわすれてしまう
今: またトライしよう




おいしそう〜




何のために? 食べるのはいい経験のはずなのになんで反対にするの?




食べ物の無駄 自分のエゴに挑戦するためだけに食べるなら野蛮なだけだよ




なんてこった あの唐辛子の粉 腸に穴があくよ 麺がほとんどなくて唐辛子の液体ばっかりだ 食べられない程辛くするなんて 何でそんな物を食べたいんだろうな 辛くて熱いものは僕も好きだけど程よい感じがいいな




かわいそう




ぼくも食べてみたいけどぼくはアメリカに住んでるし 悲しいな




すごく食べてみたい 辛いもの大好き




がんばったよ みんなどれだけ辛いか知らないんだ 




↑投稿者
動画のコメントの人達が正しいと思うよ ラーメンは死ぬ程辛いってわけじゃないんだ ゴーストペッパーが好きって人達にとってはね




牛乳 牛乳を飲んで 辛さに対抗するには一番だよ




辛いのは好きだけどこれをみたら鳥肌が立ったよ ぼくには無理だ




https://www.youtube.com/watch?v=VzQf9sizk-k





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 食べ物 | COM(22) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク