ツイッターパーツ
t
海外「これがカミカゼの語源だったのか…」モンゴルの侵略から日本を救った二度の神風に海外興味津々(海外反応) - ­海外反応 キキミミ

­海外反応 キキミミ

 

海外「これがカミカゼの語源だったのか…」モンゴルの侵略から日本を救った二度の神風に海外興味津々(海外反応)

海外「これがカミカゼの語源だったのか…」モンゴルの侵略から日本を救った二度の神風に海外興味津々(海外反応)

投稿者
歴史の大変動-日本を救った神風
誰にも止められない勢いでいたモンゴルは、日本を標的にしました
しかし、神風によって侍たちは守られたのです



激動の時、日本を救った神風
13世紀のモンゴル侵略は止まらないかのような勢いでした
当時最強と言われた軍隊ですら太刀打ちできませんでした
ヨーロッパや中央アジアや東アジアは死体で溢れかえっていました
そして、日本はその次と思われていました

当時の日本は鎌倉時代でした
侍が統治し、封建制度が確立していました
神山天皇は外交にはあまり興味を示していませんでした
しかし、1268年にモンゴル派遣団が渡来し、日本は小さな国であるため大国の一部となるべきだ、という文書が送られました

文書の最後には、“よく考えてください”と添えられていました
天皇へのアドバイスとして贈られたのは、“藁は風に吹かれても倒れず、強くしなやか”だという言葉です
しかし、北条時宗氏は天皇にこの挑戦に対抗すべきだとアドバイスしました
モンゴルの派遣団は免職され、それ以降のモンゴル派遣団は入国が禁止されたのです
そのころカブライ・ハンは巨大艦艇を作るために朝鮮半島を侵略し、1274年の秋ごろまでには多数の水兵や軍隊を派遣していました

準備は整い、日本に戦争が訪れました
モンゴルによる最初の侵略です
最初の侵略は10月に韓国の東南側の海からやってきました
軍の大きさは諸説あり、2万3千人から4万人の軍隊と、700隻から900隻の艦艇だったと言われています
最初の艦隊は津島に上陸した

政治家たちや騎兵隊は集まり耐え忍びましたが、結局抵抗は虚しく守備隊は破られ次の島に乗り込まれました
城に避難し耐え忍びましたが、モンゴル団の強さはすごいもので、すぐに打ち破られてしまいました
決定的な侵攻は11月の九州上陸時に起こりました
この時には既に日本の将軍にも侵略が伝えられており、応戦体制が整っていました
防衛は筑前海岸沿いの3~5mの高さの岩場を中心に配置され、侵略者たちを待ちかまえました
そしておよそ1万人の侍たちが待ち構えていました
博多湾での戦は何日にもおよび、接戦となりました
海岸での戦いは接戦で、モンゴル団の侵略は難航しました

4日目になりモンゴル団は一旦引き上げることにし、力を温存している兵士たちと交代することにしました
ここで日本の軍隊は地上ではなく、海上で戦うという手段に出たのです
しかし、彼らの船は小さく、1隻には12人しか乗れないようなものでした
モンゴル団への攻撃は確かにありましたが、致命的な決定打は打てずにいました
しかし、天は日本軍の見方をしたのです
海は荒れ、大きなモンゴル団の艦艇は雷に打たれたのでした
真っ暗闇の中、酷い嵐の末何百もの艦艇は修理が必要であったり、完全に大破したりしてしまいました
そして、1万5千人もの兵士たちは波にのまれてしまったのです
モンゴル団は朝鮮半島に戻ったのです

この一度目の日本侵略が失敗に終わった後、二度目の侵略が行われました
物質的な打撃はすぐに回復できましたが、精神的なダメージはとても大きかったと言われています
モンゴル帝国のカブライ・ハンの力を脅かすものとして、すぐさま汚名返上しなければならなかったのです
7年後、侵略が実行されました

この時モンゴルはさらに侵略を進め、土地を拡大していたのです
また、日本侵略の為の部隊も結成されていました
そのころ、日本はモンゴルの侵略を予想し、対応に追われていました
モンゴル団に見捨てられた元派遣団員たちはスパイとして捕えられ、情報に基づいた防衛線が敷かれたのです
1281年に幕があがりました
2隻の巨大艦艇が日本に向けて、1つは4万人の兵士と900隻の船を連ね韓国を出港し、もう一つは10万人の兵士と3,500隻もの船が中国を出港しました
しかし、規模が大きすぎたため、統制が難しい状況でした
北の艦艇が先に到着し、九州沿岸での攻撃を開始しました
日本軍は海でも迎え撃ちましたが、多くは海岸沿いに並び迎え撃ちました
そして、二度目の博多湾での戦いが始まりました

戦は何日にも及びましたが、またしても日本軍の防衛に苦戦していました
南の艦艇が到着し、応援によってバランスが取れた形でした
日本の防衛も厳し状況に追い込まれ始めていました
しかし、またしても天が日本に味方したのです
日本沿岸に大型台風が襲撃したのです
この台風は両軍にとって厳しいものでした
自然の力にはかなわず、巨大なモンゴル艦艇は大きな打撃を受けたのです
モンゴル団の船はこのような天候に対応しておらず、危機的なダメージを受けていました
船は岩や岸に打ち付けられ、記録では4000隻もの船と7万人もの兵士が行方不明になったと言われています
かろうじて海を渡って戻ったものもいたようです
侵略から守られたのです

三度目の侵略も計画されていましたが、実行されることはありませんでした
多くの国が侵略の標的になる中、日本だけは保留にされていたのです
日本はモンゴル団の影響を大きく受けました
刀なども改良されました
この侵略からの勝利は日本軍に自信とプライドをもたらしました
しかし、この二度の危機から救った天才は“神風”と呼ばれ、当時の天皇がもたらしたものとしてあがめられたのです

第二次世界大戦中、再度神風は舞い降りたのです
第二次世界大戦中の神風は、神風特攻隊と呼ばれ敵軍に空から突っ込んで行ったのです



僕は日本人だけど、最近まで北条時宗については短くて愚かな人生のことについてしか知らなかったよ




良い動画だった、これからも頑張って!




↑投稿者
これを楽しんで観てくれている人がいて嬉しいよ!




↑とても良い構成だった!
マルコポーロのシリーズも楽しんで観ているよ!




こういう動画を観ていると、自分の知識の無さにがっかりするんだ
これからも宜しくお願いします




↑投稿者
僕にとって最高のコメントだよ
こうやって歴史を知っていくのは最高だよ




誰も日本を侵略できない、モンゴルを除いては…あれ?




↑投稿者
モンゴルも例外ではなかったようだね…なんてこった




↑アメリカだろ?




東の国の歴史は学んでも学びきれないね
素晴らしい動画をこれからもお願いします!




↑投稿者
間違いないね
正しいものを提供できるように頑張るよ




ロシアには冬があり、日本には台風がある




↑ロシアは負けちゃったけどね




素晴らしい映画ができそうだね
映画の始まりは、一度目の侵略でモンゴル団が台風で沈没し、二度目の侵略が始まりまた台風にやられる、っているね




↑いいアイディアだね!
二回も自然現象に守られる日本にうんざりしそうだけどね!(笑)




日本は台風が来てラッキーだったね
もしモンゴルが日本に上陸していたら日本は侵略されていただろうね




今、神風の語源を知った




https://www.youtube.com/watch?v=a0WDERAXcC8
Comments
 
伊勢湾を北上して愛知県に上陸したのか
 
>僕は日本人だけど、最近まで北条時宗については短くて愚かな人生のことについてしか知らなかったよ

う~んこの……
 
>>日本は台風が来てラッキーだったね
 もしモンゴルが日本に上陸していたら日本は侵略されていただろ うね

いやいやいや、大宰府は内陸でっせ!?
 
こうして嘘が広がっていく
まぁ、これに関しては自業自得だけどさ
 
台風の季節を知らない日本人はいない。
神風はラッキーだったんじゃない。
神風(台風)が来るまで、蒙古軍を海上に留め置くことこそが狙いだったんだ。
 
今じゃ神風は否定的な説が主流だけどね
モンゴル側の資料だと台風が来る前に負けて撤退し始めてたみたいだし
そもそも何ヶ月も陸に上がれない時点で負け確
 
半島の疫病神がついていたからな
 
そもそも台風が来るまで上陸できなかった元軍の負けじゃん。
 
まだ広めてるのこのデマ
 
天佑神助は人が努力しないと得られないんだから、
神様のお陰にしときましょう。
日本を侵略すると天罰があるぞと。
アメリカ?
アメリカは今天罰を受けてるとこです。
 
デマだなんだと言うのならちゃんと元の所で訂正コメント打って来たら?英語で
 
※203037

オタクやニート向けの英作文の本が出れば結構売れると思うのだが
 
実際は台風無くても上陸出来てない
 
モンゴルは朝鮮を味方につけたので法則が発動しました
 
>>デマだなんだと言うのならちゃんと元の所で訂正コメント打って来たら?英語で

馬鹿だなぁ、それが出来ないから底辺日本人は海外の反応とかいう偏向丸出しのアクセス数稼ぎツールで見えない敵を罵倒して溜飲を下げるんじゃん。
 
北条時宗が侍たちに禄を払いたくないがための嘘だぞ
まあ台風が追い打ちになったのは事実だが追い払ったのは日本の実力
モンゴルが海上戦に慣れてなかったってのもあるが
 
日本は八百万の神々の国。当然守ったのは神様のおかげで日本のサムライが凄かったわけではない。
何も出来なかったサムライに業を煮やした八百万の神様たちが日本をお救いくださったんだよ。
 
上陸出来なくて海に漂っていたのは数日じゃなくて3ヶ月、な。
そりゃ台風も来るわ。

ちなみに朝鮮側の記録では京都を襲撃して
一度、都を奪い取ったと記されてる。
歴史のコリエイトは伝統なのですよ。
 
今は憲法9条という名の神風が吹いてる事になってるな
 
誤字多過ぎ
 
なぜ英語で反論しに行くのを推奨するの?
そしてそれをしないからと見下すようなやつがここで悦に浸って何してるの?
 
世界中の歴史を勉強したら頭破裂しそうだな
動画主は凄いな
 
小学校の頃、学校の図書館で太平洋戦争の戦記を読んだ。
その中で元特攻隊の人の話している神風特別攻撃隊に
「しんぷうとくべつこうげきたい」とフリガナが振ってあった。
でもその後は神風を「しんぷう」と呼ぶ機会に出逢うことはなく、
あの本のフリガナの振り間違いだと思っていた。

でも「しんぷう」が正しかったことを最近知った。
 
>>203048
まぁこんな所で陰口叩くよりは、同じ土俵に立って反論しに行くべきだって事でしょ。英語を使うのは国際共通語だから。
 
※203045
守ったところで、北の花火は飛んでくるし
南じゃ中共の武装漁船がやりたい放題なのにな
 
韓国の協力を受けてるのに台風シーズンに来るっておかしな話だ。
海からなら、春が一番安定してる。
 
他国言語を習得しながら片手間で覚えられるほど日本の歴史は

浅くない。
 
味方にすれば必ず負けの半島猿が居たからでしょw
 
※203055
あんた自分が惨めにならない?
 
元寇の来襲は、2度とも韓国が救った。
朝鮮人の熱気で台風を作ったニダ。
 
11月に台風なんてまさに神風としか言えないな
 
いま映画化するならアンゴルモアだね。
あれ面白い!
 
与える報償無かったから神風のおかげだわ~ってやって倒幕されたんやで鎌倉さん
 
当時の東アジアで台風分かったとは言えない、日本でも1946年代まで台風との呼び名は無く野分と称し危機管理もお粗末現在は気象観測が発達して規模と進路が予想されるようになったも近年なってからである。

鎌倉武士の頑強な攻防が元軍のハイテク兵器での攻撃を撃退したのはさすが、その後の過剰な自信を持ったのはマイナスで有ろうが日本民族の優秀性を誇りに思うのは自虐史観を押し付ける日教組の教育を排除しなければならない。
 
空中元彌チョップ~!
 

夜襲が怖くて陸上に踏ん張れなかった。

船で寝てても、湾内だとやっぱり夜襲されて困ったので湾外に停泊するしかなかった。

神風が来て全滅。

「天祐には二つある。本当の天祐と、人が努力で呼び込んだ天祐とだ」(坂の上の雲)

夜襲を繰り返した武士たちが神風を呼び込んだのだ。
 
まじで毛唐の脳タリンどもよ。。。
ちょっと考えてみようか?
どんなバカなら、台風が来るシーズンを忘れて「日本侵略しよう!」と思うんだ?w
近隣国なら当然知ってることだし、朝鮮人は当時の「元軍」が「海は怖い」と言うのを「海の向こうに豊かな国があるから略奪し放題」と尻を叩いて侵略をさせた奴らだぞ?
しかも、高麗軍は多大な数の兵を派遣している。

侵略軍は舐めてかかったが、日本の侍が粘り強く迎え撃ち、ボコボコにしまくったんで、撤退しなくちゃいけない季節を迎えたんで、台風でアボンしたんだよ。
しかも2回w
 
語源ちゃうがな。
 
当時の神山天皇からカミカゼと名付けられたのは、有名な話ですね。
その神山天皇の独裁政治を日本の自由主義者や社会主義者が打倒したわけです。
 
神風は勝敗には影響してないぞ
別に吹かなくても勝ってはいた
 
天才じゃなくて天災だろ
 
※203070
当時の日記にも台風がなかったら、次の大船団がザイトンつまり泉州から
補充される予定だった。サムライは弱かった。でもカミカゼが日本を護った。
これが間違いない事実だ。
 
鎌倉幕府「あまりに活躍し過ぎた奴が多くて恩賞だけで破産しそうなので神風のおかげってことにして突っぱねたら倒幕されたでござる」
 
次の神風はアルかニダヤを壊滅させてくれる事を願おう。
 
神風よりも当時の侍の無慈悲な戦いの方に興味あるわー
人質無視で突撃したり
 
冬10月、11月に台風。
現代は気候が変わって、10月初旬までは来るけど。
当時の文献には、台風到来の記録が載って無いそうです。
まあ、その時期なら台風じゃないね。
ちなみに、協力者は中国・朝鮮の沿岸に住む奴ら。
漁民が台風を知らないわけが無いじゃん。
これ、調べてみると「神が守ってくれている国」って噂話みたいだね。
だから、神風と言う言葉を作り広めたのが、今でも誤解を生んでると思うよ。
 
神風とかただの追い打ちでしょ
上陸できてそれを維持する強さがあればそもそも被害遭わないわ
蹂躙されてた特亜や欧州はただ雑魚すぎただけな
 
いやいや、実際に日本に攻め入ろうとした軍隊の主体は高麗軍だろ。日本を侵略しようと元に唆したのも高麗。朝鮮人は対馬でも何度となく虐殺を犯してるし(最終的に侵略の成功はしてないけどね)、対日本だと朝鮮半島が加害者の歴史が多いんだよ。
 
歴史的教訓があるとすれば朝鮮人のついた方が負けるってこと
 
チョッパリ、この次はウリが付いているから安心セヨ。
その前にスワップ申請したければして来ても構わないニダ。
 
対馬・壱岐こそ間に合わず遅れをとったが、博多上陸以降は日本が押し返している。豊後、肥前、肥後、筑後等九州各地からの武士が参戦した鳥飼潟の戦いは日本軍が総力を挙げた文永の役における一大決戦。これにちゃんと勝って元軍を敗走させた。教科書に載ってる『蒙古襲来絵詞』は元軍スゲーって絵じゃなくて、赤坂の戦いとこの鳥飼潟の戦いを描いているんだから勝ち戦の絵だぞ。
二度目は博多湾岸に約20kmにも及ぶ石築地(元寇防塁)を築いて東路軍に応戦する構えを見せたため、東路軍は博多湾岸からの上陸を断念した。石築地は、最も頑強な部分で高さ3m、幅2m以上ともされており、日本側が守備する内陸方面からは騎乗しながら駆け上がれるように土を盛っており、元軍側の浜辺方面には乱杭や逆茂木などの上陸妨害物を設置していた。東路軍は志賀島周辺を軍船の停泊地としたが、日本軍に夜襲かけられたり、軍船から下りて戦っても日本軍に追い詰められたりしている。
 
韓国が五千年の歴史なら
当然高麗の日本侵略も韓国の歴史なんで
謝罪と賠償はよ
 
少し誤解がある。「カムカゼ(カミカゼ)」という言葉は元寇(13世紀後半)の前から使われている一般名詞で、勢力の強い台風を指した。例えば新古今集(12世紀)に藤原俊成の「神風や五十鈴の川の宮ばしら幾千代すめとたてはじめけむ」。万葉集、柿本人麻呂(7~8世紀)に「…神風(かむかぜ)に い吹き惑はし 天雲を…」

また、元寇の一回目の文永の役はモンゴル軍のような騎馬民族特有の威力偵察で、初めから長期戦を予定していない。上陸後、初めは優勢に戦いを進めたが、だんだん日本軍の体制が整うと苦戦になり、弓も尽き始めたので、「背水の陣は利あらず」として撤退し、そこで暴風にやられた。

二度目の弘安の役は日本側も九州勢のみならず各地からの軍勢も加わり、防塁を築いて準備万端を整えていたため、元軍は海岸に釘付けになり、夜になると夜襲を恐れ、海上に逃避していた。それでも日本軍の切り込みと放火に手を焼き、沖合に逃避したところで再び「神風」が吹いたのである。元軍の敗因は海岸線の防塁を突破できなかったことである。
 
そもそも元は日本侵略に乗る気は無かったが朝鮮人が日本攻めを
しつこく箴言したわけで
元の兵士はごくわずかで大半は朝鮮人
 
>>日本は八百万の神々の国。当然守ったのは神様のおかげで日本のサムライが凄かったわけではない。
何も出来なかったサムライに業を煮やした八百万の神様たちが日本をお救いくださったんだよ。

いいね。
そういう考え方嫌いじゃないよ。
 
※203087
惜しいところまでは行ってるが、いろいろと認識がズレてるよ。
一度キチンと調べ直す事をお勧めする。
 
答えは簡単
船が日本に渡る為の良い風が吹くのが台風の時期
3度目が有ったとしても同じ失敗を繰り返すだけだよ
 
※203054  
韓国はほんの100年前にはなかった国だぞ
本文もそんな国名を使うのはおかしい
Koreanははっきり朝鮮と翻訳しろ
 
この頃のモンゴルを題材にした読み物とかあまりないな
チンギスハーンぐらいしか知らないし、大陸でどんだけ暴れたのか全く知らん
チンギスハーン無双はよ
 
坊主や神主が祈祷してて
撃退後、俺たちのおかげと宣伝
台風のせいになった中世のプロパガンダ
 
元側には色々な敗因があったのだろうけど
何と言っても一番の理由は
当の兵士達が朝鮮人だったことだろw
 
外人たちの
「元寇ではモンゴル軍は日本に上陸はせず、日本軍とも戦わず、
 その前にKAMIKAZEで勝手に沈んでしまった」
という思い込みはあまりに強固に過ぎるな
今回は動画があって、博多で戦闘もあったと説明されているのに、

>日本は台風が来てラッキーだったね
>もしモンゴルが日本に上陸していたら日本は侵略されていただろうね

って奴がいるんだから
戦闘はあったと一応理解してる奴らも、日本軍が圧倒してたなんて夢にも思ってないだろ
 
モンゴルをそそのかし日本に攻め入らせたのはコリアンだけどね。
本当にコリアン(在日も当然含む)は皆殺しにするのが最適だぞ (`д´9m
 
管理人は誤字多すぎ・・・
 
11月に台風て。近づいてもせいぜい太平洋沿岸。
冬の日本海側は荒れる、爆弾低気圧にでもやられたんでないの。なら神風じゃなくて毎年吹いてるわ。
 
救われたんじゃない。とどめを刺しただけ定期
 
東方見聞録に書いてある偏った知識分しかないからな
この時代の西洋での出版物だと
大休とか東洋人の記述まるっきり無いのがその証拠
 
神山天皇→亀山天皇
津島→対馬
翻訳乙だけど、ちょっと日本の常識が不足のようですね。
また、岩場→石垣だと思う。最も文永の役ではなく、弘安の役の時のエピソードだから怪しいもんだが。
 
>>馬鹿だなぁ、それが出来ないから底辺日本人は海外の反応とかいう偏向丸出しのアクセス数稼ぎツールで見えない敵を罵倒して溜飲を下げるんじゃん。
英語で反論してきやったぞw見えない敵と戦ってる在庫くん冷えてるか〜(嘲笑)
 
しかし九州薩摩は強いな
モンゴルもイギリスも蹴散らしてるからな
海外からの防波堤だから気性が荒いのか
しかしイギリスの力借りて幕府倒したのも九州勢だからな
結果見れば日本は強くなり米国とも戦う力を得たがえたが「英国による日本の春(明治維新)」のせいで幕府なくなったのは武家の者としては複雑w
 
これ一方的に日本が負けてたような内容ですが、蒙古軍は地の利を生かした日本側に翻弄され、台風(神風)に遭ったのは日本侵略を諦めて撤退中だったってのを読んだことがありますが・・・

それにしても津島(対馬?)とか誤字が多い・・・w
>2隻の巨大艦艇が日本に向けて、1つは4万人の兵士と900隻の船を連ね韓国を出港し

巨大艦艇じゃなくて巨大艦隊?当時ならまだ軍艦なんて言葉は無いだろうから船隊が正しいのかな?
 
蒙古&朝鮮軍軍って昼間は太宰府まで攻め入ってたのでは?昔の博多の地形は現在の大橋のあたりまで海だったので太宰府は海からけっこう近かった。白村江の敗戦時に作られた水城も防衛に利用したと思うけど。全然研究されてない。
 
>↑ロシアは負けちゃったけどね
↑でも実質支配はできてないから冬将軍オソロシア
 
>203045
>今は憲法9条という名の神風が吹いてる事になってるな

うまい事言おうとしてるんだろうけどヘタクソすぎて何言ってるかよく分からん。

Body


スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク

JAPAN CLASS
ニッポンって、どえらい国だな!
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

激安 特価板

直感的に海外の反応をまとめたアンテナ