ツイッターパーツ
t
アメリカ人宣教師が絡んでいた!?青森でリンゴ栽培されている歴史に海外興味津々(海外反応) - ­海外反応 キキミミ

­海外反応 キキミミ

 

アメリカ人宣教師が絡んでいた!?青森でリンゴ栽培されている歴史に海外興味津々(海外反応)

アメリカ人宣教師が絡んでいた!?青森でリンゴ栽培されている歴史に海外興味津々(海外反応)

投稿者
フジサキへようこそ ここは本州の北部、青森県 田舎だから聞いたことがないかもしれない だけどぼくのまわりにあるこの木にできる果物のことはみんな知ってるだろう りんごの木だ ここフジサキでは日本のリンゴの56%を作っている 世界的にも有名なリンゴ、フジだ



フジの物語は大変興味深い とてもハッピーな物語で、世界がつながることはとても意味があると思わせてくれるんだ それをカナダ人のぼくが、イタリアのテレビ局の一員として、ここ日本からお伝えする グローバル社会って面白いね

りんごの物語の始まりは1860年代 日本が世界に門戸を開いたまさにそのころ、アメリカ人宣教師ジョン・イングがこの地にやってきた 彼が伝えたかったのは2つ キリスト教の愛と、りんごだ まあキリスト教のほうは仕事だけど、リンゴのほうはたまたまだった

 当時青森はとても貧しい土地だった この地に暮らす人は漁師か、農家 産業らしいものはほとんどなかった イングはこの場所の気候が自分の故郷に似ていると思い、りんごを育てたらどうかと思った 彼が農家に贈った種から、この地域の名産品が生まれた 当時日本で取れたりんごは小さく、食用には適さなかった そもそも日本ではあまり果物がなかったんだ プレゼント用が主で、あとは家族で分けるくらい だからりんごを名産として売り出すということはまったく新しいコンセプトで、青森のひとは気に入った

日本人はりんごを自分たちの手で改良していった デザート用の、贈答用の一品として もっと大きく、もっと甘く、ジューシーに そうして出来上がったのがこのりんご、ふじだ ふじはほんの数十年のうちに日本中に広まった ふじはもっともよく知られた、贈答用としても最も人気のあるりんごになった

日本ではりんごは1個30から50ドルするものもある 最近になって、ふじは甘い高級りんごとしてアメリカに逆輸入され、アメリカで消費量第4位の品種になった それはもはやジョン・イングが持ち込んだりんごとは全く別のもの 日本のリンゴだ そこが非常にグローバル化を感じさせる たった1個のリンゴが、違う国に持ち込まれてまったく別のものになり、また元の国に戻ってきて人気になる これは文化のシェアリングだ

このりんご園はもともとアメリカで見られた光景だけど、グローバル化の象徴とも言えるね そこからこっちへ目を向けると、とても日本らしい風景が広がっている これこそ地球上の珍しい場所だ ここはもはや単なるりんご園ではない 未来への希望を感じさせてくれる場所なんだ われわれはもっとインターナショナルになれる、そう感じるよ



有料番組以上のクオリティだね すばらしい がんばって




50ドルのりんごvs5ドルのりんごが見たい




↑5ドルは高いよ?




りんご食べたくならない?




↑うん!




インターナショナルな貿易は反対しないけど、ほかの国にグローバル化を押しつけるつもりはないな




最後まで見る気なかったけど、見ちゃった 面白かったよ 声のトーンが落ち着いてていいね




↑このトーンで語られると本当だと思えるし、信ぴょう性がある




↑りんごを包んでるものが面白い!




このテーマはどうやって決まったの? 面白かったよ




↑投稿者
恐山で別のテーマを取材してた時、バーテンに青森で自慢のものを聞いたらりんごだって言ってたのが発端




↑地元のひとがどんな風にりんごを自慢に思っているのかも聞きたかったな





ところでリンゴ1個で50ドルってすごいな それだけの価値があるだろうか?




↑なんで30ドルとかになるのかも知りたかった アメリカでも30ドルするの?




もっと見たい




宣教師のジョンってやつはほんとにりんごが好きだったんだろうな




青森生まれとしてはとても面白い話題だった またいつか行きたいな




もともとアメリカで自生してたトマトがいまはイタリア料理として有名っていうのを思い出した




ピザもそうだよね ナポリの名産だったのがニューヨークに渡って、いまはニューヨークの名産になってる




日本ではリンゴがほんとに30-50ドルするの? なんでそんなに高いの?




↑普通のリンゴは「たったの」2,3ドルだよ 高級なものはデパートで贈答用として売ってるやつ




https://www.reddit.com/r/videos/comments/6jdwge/i_decided_to_make_little_free_documentary_videos/
https://www.youtube.com/watch?v=sjCrqP_c7C8
Comments
 
アメ豚さん…w
 
面白い動画だった

投稿者のTシャツに持ってかれたがw
 
りんごは明治政府主導で行われたらしいが、イングも一役買ったのだろう
 
> 彼が伝えたかったのは2つ キリスト教の愛と、りんご
>だ 
>まあキリスト教のほうは仕事だけど、リンゴのほうは
>たまたまだった

キリスト教的には失敗なんだろうけど
時代が時代ならこの人はリンゴ神として神社で奉られていたかもしれない!
 
>普通のリンゴは「たったの」2,3ドルだよ
普通のりんごだったら1個100円くらいじゃない?
大きいやつだったら200~300円になるけど
 
考えてみたら
リンゴは戦国時代にはなかったな
 
どっかの国と違って、我々が教えてやったアルニダとか言わないのが良いよね。
 
貧しい事には違いないし僻地だけど
何も特産品が無かったみたいな言い方はやめてもらおうか...
 
欧米の連中って、戦争しまくってたから、文化のミックスアップみたいなものを肌感覚として知っているよね。

アジアの場合、冊封体制とか、こう一方的な感じ。
朝鮮人が起源にこだわるのもこの辺りに原因がある気がする。
戦争によって文化的にミックスアップされた経験がないから、文化にも冊封的な上下関係を持ち込むというね。
 
季節にもよるんだろうけど先週うちの近所のスーパーではふじが100円くらいで売ってた
もちろんもっと高い品種も売ってたけどスーパーなら2個で1000円が上限かも
トマトもだけどカレーとかも世界中に広まっていろんな発展してるし面白いね
 
リンゴアレルギーでも食べられるリンゴってないのかな?
 
※203810
たしかに現在のようなリンゴはなかった。
でも、江戸の八百屋の店先で、小さな種類のリンゴは販売されていた。
書物には「林檎(りんきん)」という名前で載っている。




 
日本に来たモノは大体「KAIZEN」されて輸出される
 
それまで漢字と仮名文字の併用だったベトナム語を「封建的かつ未開」だと
フランス人宣教師がアルファベット表記によるクオックグー(国語)を発明して
ベトナム語に導入してくれて、ベトナムは未開な中国の文化奴隷から脱したんだよな。
やっぱり宣教師はどこでも素晴らしい仕事をしますね。
 
>※203810 考えてみたら
>リンゴは戦国時代にはなかったな

奈良時代から食ってた和林檎ってのがある。
西洋リンゴが来て廃止したらしいよ。
ちなみに、この宣教師は中国へ行って失敗。
体を壊して帰国しようと、日本に立ち寄った時にたまたま教師の話を貰った。
宣教師としては無能。幸運なことに実家の農業と母国語が役立っただけ。
 
※時代が時代ならこの人はリンゴ神として神社で奉られていたかもしれない!

リンゴスター!…出来心で書いてしまった
 
やっぱり宣教師が未開なアジアに文明をもたらしてくれる存在なんですね。
先祖代々地域の天主堂に祈りを捧げてきた人間としては、神の子供で幸せだと
つくづく思いますね。
 
そう言えばどっかの虚言癖ナマポ無職がクリスチャンだったな

確か名前はガクシザー

Body


スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク

JAPAN CLASS
ニッポンって、どえらい国だな!
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事


リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

激安 特価板

直感的に海外の反応をまとめたアンテナ