ツイッターパーツ
t

2017-08-03 (Thu)
時代遅れの産物だった?日本の戦艦大和の動きと最後の瞬間に海外興味(海外反応)

投稿者
沖縄、1945年4-6月 日本軍の戦艦大和はアメリカの沖縄振興を食い止めようと出撃した



 支柱が塔の形をしていることに注目してほしい 日本の大型戦艦では、このような塔が見張り所の役目を果たしている
大和は船前方を爆撃されて沈没した 三日間のフィリピンでの戦闘中、1945年4月であった 乗組員のほとんどが死亡 同型の姉妹艦に武蔵がいる
武蔵は大和級の戦艦として製造された4隻のうちの2隻目で、最も力のある艦であった サイズが大きく重装備だったことから個人の製造所で造られた レイテ島の戦いで沈没

大和級戦艦の厚さ26インチの装甲板を、アメリカ海軍の16インチ銃は貫通した この装甲版は現在アメリカ海軍博物館で展示されている
大和が呉海軍基地を出港したのは1945年4月6日 これが最後の出撃となった
大和と武蔵は1944年10月24日にシブヤン海海戦でアメリカ海軍の戦闘機の攻撃を受けている
戦闘中の大和の劇的な1枚

1945年4月7日 沈没する大和の爆発をとらえた1枚
帝国日本の戦艦山城 1943年もしくは44年の写真 アップでカラーの写真はごく珍しい
大和の最後の戦闘 1945年4月7日 アメリカ軍戦闘機の攻撃によって沈没する直前の1枚
大和が沈没した地点には日本本土からもきのこ雲が上がったことが確認できたという
71000トンという巨大さで、大和とその姉妹船武蔵は強い印象を残した

1944年10月24日、シブヤン海海戦で爆撃を受ける大和 この翌年、過去最大級の戦艦は2000名の兵士・乗組員とともに海に沈む
1944年10月、ボルネオ島ブルネイ沖にて 武蔵、大和、長門、その他

大和の弾薬に火がついて上がる爆発の煙
大和級は、それ以前に最大級とされていたリシュリュー級をはるかに上回る大きさと攻撃力を誇っていた
日本の古い地名から名づけられた大和は、同型の戦艦のリーダー的存在として第二次大戦中の帝国日本海軍を引っ張っていた

大和は1940年に初出航を迎えた
大砲も備えていた
着弾した大和
ダメージを受けた大和
天號作戦直前の大和 B29より撮影
攻撃を受けた大和 
主甲板が爆発し、大和はどんどん水の中へ沈んでいった
大和前方の旋回砲塔




戦艦アイオワの砲弾なんて大和の装備に比べたら役に立たないよ もし大和と対決したら、きっとアイオワはボロボロになってただろうね




↑装甲板に穴をあけたやつって、戦後の試し撃ちだろ




↑それだってプロパガンダだと言えないこともない 海軍のやることなんて世界中どこでもクズだ




↑アメリカが勝って、日本は降伏したのになんでプロパガンダが必要だったの? そんなわけない




↑いまどきもうこんな戦争じゃないでしょ




↑沈めるには400機の戦闘機が必要だったわけだから、大和はタフだったってことだよ




↑正確には277機 大和が沈没したのは砲弾に命中して爆発したから




↑武蔵は魚雷20個と爆弾17個を受けて5時間漂流した




↑アイオワという巨大戦艦があるのにあまり大和を持ち上げるなよ




↑アメリカ軍のパイロットは同じ側だけ攻撃するように命令されてたらしいな




↑さっさとアイオワを送りこんでやればよかったのに ハハハ




こんなに強そうな戦艦が、安っぽい大量生産の戦闘機に沈められるとは




こんなに大きな戦艦を作ったって、結局戦闘機にやられるって誰も気づかなかったことが驚き




↑大和は建造から10年経ってたんだよ 日本は大和をギネスに載せようとしているあいだに負けちゃったわけ




↑アイオワ級だってみんなが思ってるよりずっと攻撃を受けてるよ 一度だけカミカゼの特攻を食らったことがあるだけ




↑あのね、戦艦ってのは1隻だけで戦うような戦略は取らないんだよ 大和は3年ものあいだアメリカを相手に戦った 負けたのは日本海軍が弱体化したからだ




大和とその姉妹艦はトップシークレットで、写真は常に別の大型戦艦に差し替えられていたんだよ だからここに出てくるような写真はぜんぶ偽物だって




日本は大和を1隻しか作らなかったの?




張り子のトラだな この船はアメリカの高速戦艦の前にはひとたまりもなかっただろう




https://www.youtube.com/watch?v=-sMIQnAU6Uw





 
1日1回応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ピックアップ記事


ピックアップ記事

ピックアップ記事

| 歴史 | COM(35) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

リンク