­海外反応 キキミミ

 

海外「偽造貨幣対策の歴史…」日本の奈良時代に流通した貨幣経済の歴史に海外興味津々(海外反応)

海外「偽造貨幣対策の歴史…」日本の奈良時代に流通した貨幣経済の歴史に海外興味津々(海外反応)

投稿者
偉大なる奈良時代の貨幣実験 日本の歴史28



奈良時代に日本では貨幣を造り始めました
うまくいくはずでしたがこれは失敗でした
この時代主に貨幣として使われていたのは米と布地でした
しかしもちろん米は老後のために貯めておく事はできないし布もいろんな理由でいたみます
当時の政府は物ではなく貨幣を流通させたいと考えました

708年 銀貨と銅貨を発行しました
最初の壁は当時銀の生産量が少なく額面の価値よりも銀貨そのものの価値の方が高かった事
さらに普段使うには金額が多すぎたこと
すぐに安い金属をまぜた小銭を作り始めました
そうなるといい貨幣は市場にまわらなくなってきました
政府はすぐに銀貨の鋳造をやめて銅貨のみにしました
政府は都の建築に携わった人達に銅貨で支払う事によって貨幣を使いました
公務員も貨幣で給料が支払われました

インフレがものすごい勢いで始まりました
物価にあうように大きな貨幣を造るようになりました
さらに偽金もたくさん作られました
735年から737年まで天然痘が大流行し人口の1/4〜1/3がなくなったといいます
労働人口が激減する事で一時的に物が不足し物価をあげましたがその後経済的には安定しました
ところが税収が減ってしまったのです

物価にあわせるために大きなお金を作り始め物価はさらにあがっていきました
900年になると貨幣を使うのをあきらめ米などを使う経済状況にもどっていったのです


海外「教育が大事」「原爆はいいのか」第二次大戦で日本は被害者を演じている?ある外国人の主張に海外議論(海外反応)

海外「教育が大事」「原爆はいいのか」第二次大戦で日本は被害者を演じている?ある外国人の主張に海外議論(海外反応)

投稿者
被害者を演じる/歴史的修正主義と日本



※日本語字幕になっていない場合は設定→字幕→日本語に
settei0654649899849.jpg



外国人「朝鮮戦争やベトナム戦争でアメリカが正義側っておかしくない?」(海外反応)

外国人「朝鮮戦争やベトナム戦争でアメリカが正義側っておかしくない?」(海外反応)

投稿者
朝鮮戦争とベトナム戦争はとても似てきます 一方ではアメリカが「いい奴」でもう一方では「悪い奴」なのはおかしいと思いませんか?
どちらの戦争も1つの国の人達が共産主義と資本主義にわけられてしまったものです 中国/ロシアが共産党を支持し、アメリカが資本主義を支持していました
超戦争に関してはアメリカに理由があったという事に反対するのは難しいと思っています つまり朝鮮半島の半分はまもられてキム政権の手に落ちなくてすんだわけですから
共産主義のベトナムはそこまでひどい事はなかったけれども民主主義ではなかったし経済的な不況にも苦しんでいた ベトナムはアジアで4番目の大きな国になったかもしれないのに 
全部を考えた上で朝鮮戦争ではたくさんの人がアメリカの立場は「帝国主義」 だって思われている これって反アメリカ的なレトリックなのか教えてほしい


海外「参考になった!」忍者の知られざる歴史とイメージと違う忍術に海外興味津々(海外反応)

海外「参考になった!」忍者の知られざる歴史とイメージと違う忍術に海外興味津々(海外反応)

投稿者
今日は特別ゲストがいる ニンジャについて、何でも質問に答えてくれるよ 有名な作家だ、自己紹介をどうぞ
こんにちは アンソニー・カミングスだ 和歌山の観光大使をしている ニンジャやシノビ、サムライについても調べてるんだ 今日はニンジャ、ニンジュツがどういうものか紹介しよう ぼくの本「Ninja skills」もよろしくね



さて、ニンジャはいたのかいなかったのかとよく聞かれるが そもそもニンジャって何だろう? もともとは「シノビノモノ」と呼ばれていた 1375年に太平記のなかで、隠れて調査をする「シノビ」について書かれたのが最初だ その後戦国時代に大変活躍したが記録に残されなかったため、実際にはいなかったという人が出てきた でも実際には書かれていたんだ 戦争中だったから残っていないだけ 古くなりすぎて傷んだり、燃えてしまったりした だから当時の忍者についての記録はほとんど残っていない その後平和な時代になると様々な記録が残っている 1612年以降になると「シノビノモノ」について書かれた記録がたくさん出てくる 伊賀や甲賀のニンジャのことがグンポウジヨウシュウに出てくる これはニンジャについて広めるためではなく、戦における記録を残したもので、徳川家康がこれを気に入り、サムライたちに配れと言ったと言われている だから1612年以降には確実にニンジャはいたということになるね それ以降はものすごくたくさん記録が残っているが、たいていはニンジャではない人が書いたものだ

ここからはニンジュツの話をしよう ニンジャというのは漢字で書くと「忍ぶ者」となる ニンジュツというのは「隠れるスキル」「忍ぶ術」という意味 日本にはニンジュツを集めた本がたくさんある 公共図書館でも借りられるし、個人蔵のものもある まあレベルは様々だけど だいたいが江戸時代のものだ

ではニンジャは実際には何をしていたか? 「バンセンシュウカイ」は最大のニンジュツ書 1676年のものだ 英訳で500ページ越え 「ショウニンキ」にはニンジャについて詳しく書かれている ニンジャが100年にわたって同生活していたかというガイドになるものだ ニンジャのレジェンド、ハットリハンゾウはそれより前の人だが、この「シノビノヒデン」には彼から代々受け継がれた秘伝がかかれている

初心者向けのニンジュツ書ならチカマツシゲノリの本だろう 彼は1700年ごろのサムライだったが、ニンジュツをまとめなくてはと思い立ち伊賀甲賀両方に弟子入り 学んだことをすべて書き記した 

ではニンジュツとは何か? ひとことで言うのはとても難しい だがいくつかの技はある 庶民にも、歩兵にも、サムライにも高貴なサムライにもなりすませた そうやって正体を隠しながら、シノビの任務を行ったんだ または、近くにいる泥棒を集め、金を払って敵に盗みに入らせた 敵の方は盗まれても構わないようなひとばかりだった あるいは歩兵に紛れ込み、夜中に道具を使って篠に忍び込んで暗殺したりもした  

忍びの家に生まれて専門的な役目をこなした忍びもいる とても頭が良くて、いくつもの方言を話せたり、変装がうまかったり、記憶力が良かったりしたのだが、シノビというのはちょっとバカに見えるくらいがいいのだという

忍びには陰のシノビと陽のシノビの二種類がいる 陰のシノビはみんなの想像通り、影に隠れて火をつけたり、人を殺したり 壁を登ったりトンネルを抜けたりして敵に近づく 陽のシノビは変装をしたり人相を変えて 無害なふりをしながら敵に近づく 何年も潜入していることもある 商人になったり、敵に雇われたりもする そうやっていつ戦になるかを調べるんだ 陽のシノビは全てを頭の中に叩き込み、書き写す すべての情報を味方の本部に送る 陰のシノビはそれとは違った技術を持っている 泳ぎや、壁登り 盗みの方法まで身につけている 彼らは火の扱いが上手く、爆発物を作ったりもする つまりシノビというのは様々な階級に対応できる、さまざまな仕事を持った人々であり、戦の前に送り込まれて遠くで仕事をし、戦が起これば向こうで何が起きているか調べる仕事をする 敵の砦に忍び込んで火をつけたり、攻撃したりもする これが基本的な忍びの仕事だ 


外国人「カトリック教徒は日本に原爆が落ちたことについてどう思ってるの?」(海外反応)

外国人「カトリック教徒は日本に原爆が落ちたことについてどう思ってるの?」(海外反応)

投稿者
日本に原爆が落とされたことは、モラル的にどうなの?
カトリックに宗旨替えしたんだけど いろんなことが違って見えてきたんだ 日本に原爆を落としたことって、本当に正しい決断だったんだろうか





海外「繊細すぎる…」「賛成!」日本の徳川綱吉の生類憐れみの令に海外衝撃(海外反応)

海外「繊細すぎる…」「賛成!」日本の徳川綱吉の生類憐れみの令に海外衝撃(海外反応)

投稿者
愛犬家だった徳川綱吉が法を作り5万匹以上もの犬を救う


海外「悪魔の刀…」徳川家康も恐れた!?日本の妖刀『村正』伝説に海外興味津々(海外反応)

海外「悪魔の刀…」徳川家康も恐れた!?日本の妖刀『村正』伝説に海外興味津々(海外反応)

投稿者
悪魔の刀「村正」/日本の有名な武器



室町時代に刀職人「村正」はいました
彼は刀作りでは最も有名な人の一人です
彼は刀は刀作りはその人の気持ちが宿ると考えていました
血に飢えた悪魔のような心を持つということです
そのように作られた「村正」は、持つ人も変えるという噂が広がっていきます
刀を持つ人も血に飢えたようになるというのです
敵を倒したとしても十分ではなく、持ち主の命まで奪うのです
「村正」を持つととてつもない強さや痛みを感じなくなるといった噂があります
それらの噂を信じていたのが徳川家康でした
その負の歴史は祖父の松平清康まで遡ります

松平家の首領を務めていました
織田家と争いがありました
阿部定吉は噂によって松平家を裏切ると勘違いされていまいました
そこで、息子に「私が殺されても松平家に仕え続けるのだ」と託しました
ほかの話では息子に自分を殺させるように言ったとされています
忠誠心を示すためですね
外から馬の音が聞こえてきました
その息子が飛び出して松平清康を切ったとされています
その刀こそが「村正」だったのです

次は徳川家康の父、松平広忠の話です
彼は睡眠中に暗殺されました
その刀も村正だったのです
信長は家康の妻を疑っていました
共通の敵である武田に密告していると考えていたのです
家康は同盟を維持したかったので、妻の処刑を指示しました
それに息子には切腹を命じたのです
妻の敵を打とうと反抗してこないか考えた末でした
その儀式を執り行った人が使った刀も「村正」だったのです
またあるときは槍で敵の頭を突き刺したときに言った言葉があります
冗談で「ハハハ、これも村正だろう」と言ったのです
それで確認したら何と、「村正」だったのです
家康はそれから「村正」を禁止しました
破壊したり溶かしたりしたのです

これは言い伝えでしかないですが、当時は「村正」が広く使われていたのです
なのでこれらは偶然ではなく必然だったのです


海外「奈良が日本の首都なんて知らなかった…」日本の奈良時代の成り立ちに海外興味津々(海外反応)

海外「奈良が日本の首都なんて知らなかった…」日本の奈良時代の成り立ちに海外興味津々(海外反応)

投稿者
奈良時代 /日本の歴史 27



奈良時代は710年から794年まで日本の首都が平安京(現在の奈良)にあった時代です
大化の改新から10年、奈良は日本の首都と定められました
日本の最初の首都と定められたわけですがそれは必ずしも正確でありません
伝統的に天皇が亡くなるたびにあたらしい首都が建設される習わしでした

死は穢れとされていたので天皇の死で汚れたところに新しい天皇を住まわせるわけにいかなかったのかもしれません
または単純に新しい天皇の家を新しく建てるってほどの事だったのかもしれません
持統天皇は694年この慣習を破って藤原に藤原京を建てました
ここはこのあと3世代にわたって首都でした (持統天皇、文武天皇、元明天皇)

710年首都は奈良も移りここから奈良時代が始まります
中国のお城をモデルに建てられこの時代までで一番素晴らしい宮殿でした
しかし奈良時代において首都は数回かわりました
740年 聖武天皇は首都を恭仁に移し恭仁京を作った

3年後 信楽京に そして745年に奈良にもどった
奈良はそのあと784年までは首都のまま、その後長岡にうつる
最後に794年平安京に首都はうつり、ここから平安時代がはじまる
平安京は京都と呼ばれるようになり、日本の首都として数千年栄える事になる
貴族達は娘達を有力な貴族と結婚させる事で力をつけてきた
中臣鎌足は蘇我を追い払った時に天智天皇の覚えがめでたく藤原の姓をうけた

ここから藤原氏がはじまった
ここから日本の中央集権がはじまり天皇はとても影響力がある地位になった
この時代歴史家は日本の歴史を書く事で残すようになりこの時期日本書紀や古事記が作られた
中国からわたってきた漢字を日本の発音にあうように使いだした
この新しい書き方で万葉集は書かれている

短歌などがどんどん作られるようになり出版物の量が飛躍的に伸びた
592年から770年の間にいた女帝は6人 2回天皇をした人もいたので8世代になる
女性は政治的な穴埋めのために使われていたと言う人もいるし男性の天皇を同じだったという人もいる
大化の改新は日本の元になる政治的なシステムをつくった


海外「驚きだ!」日本の忍者の本当の姿に海外興味津々(海外反応)

海外「驚きだ!」日本の忍者の本当の姿に海外興味津々(海外反応)

投稿者
信長と地侍 (パート1) 忍者伝説



伊賀と甲賀は忍者と関連してとても人気があります
日本が戦国時代に入ると国の境が曖昧になり中央政権から離れだしました
かつては将軍がだれがその場所を治めるかを指名していたのです
それぞれの地域には地侍と呼ばれる侍がいましたがみんな農民と同じように貧しく
侍であるにも関わらず畑を耕して生活をしていました

彼らは侍であるにもかかわらず上級の侍からみれば彼らは侍ではなく見下されていました
戦国時代になると地侍とその地域の領主との関係が悪くなってきました
自分が侍にもかかわらずその扱いを受けていないと感じている地侍達は一揆をおこしました
一揆は何か起こった時には協力して土地を守ると契約していました
この軍隊が伊賀衆と呼ばれました
この名称をきいて「忍者だ」っておもったら間違いです
普通の軍隊でした

基本的に伊賀国内でなたらき土地を守るためにときどき領地からはみ出したりしましたがそれだけです
いが集は普通の任務につきながらもちろん秘密の任務もこなし暗殺などもしていたようです
忍者についてはいろいろな事が伝わっていますがほとんどは江戸時代になってから書かれたものばかりです
実際に会った事として証明できる物が5つしかなくそのうえ忍びは名詞ではなく動詞として使われています
伊賀衆には実際に隠密行動をするユニットが会ったようですがそのための秘密の社会があったという記録はありません
そして同じようなコミュニティは日本中にありました
肥後にもお城に忍び込んで城主を暗殺するような事がありましたが人々は伊賀衆がしたのでなければ忍者とよばなかったのかもしれません

伊賀のとなりには甲賀があり伊賀とは反対の状況の土地でした
伊賀がへんぴだったのにたいして甲賀や近江は東海道がとおっていて交通の要所でした
甲賀はその土地以外での影響力を広げる事ができませんでした
甲賀は六角と手を組みました
北側は浅井長政が率いていました
六角と浅井は長い間戦ってきました
六角と甲賀衆が手を組んだのは1467年、戦国時代が始まってすぐです
六角は周りの地域を脅したりしたので浅井はこれを成敗しようとしました
しかし伊賀と甲賀は浅井のために夜襲をかけては逃げるという戦法をつかいました
浅井は成敗をあきらめ引き上げました
六角は甲賀の21の家を引き立てました

これが忍者の最初の戦いだと言われていますが正確なことはわかりません
奇襲をかけるのはどこでも数で負ける相手にたいしては有効ですしありふれています
忍者だという説明は必要ありませんね
1500年半ば六角吉住が当主となりました
のちに承禎となのり僧になりました
かれは蜂の巣をつつく事にしました 
1565年 将軍は暗殺され後継者を廻って戦いがおこりました
だんだんと前の将軍のいとこで足利義秀が力をつけてきました
六角はこの将軍の見方をする事を表明しました
この事件は小田の無ながの野望にひをつけたのでした


外国人「なんで日本の中国侵攻は泥沼化したの?」(海外反応)

外国人「なんで日本の中国侵攻は泥沼化したの?」(海外反応)

投稿者
なぜ日本の中国侵攻は泥沼化したの?
中国での第二次対戦は、日本が満州と上海から攻撃を仕掛けて、湖北周辺では素早く勝利したもののそれ以上は侵攻できなかったということになっている
どうしてそれ以上進めなかったんだろう? 物資輸送ができなくて侵攻できなかったのだろうか? それとも、最初の侵攻で多くの捕虜を押さえてしまったため? ほかに何か理由があるの?



スポンサードリンク


新着記事


他の最新記事を表示する


スポンサードリンク
スポンサードリンク
unnamed.jpg
JAPAN CLASS
JAPAN CLASSオレたちはニッポンに追いつけるのか?―のべ593人の外国人のコメントから浮かび上がる日本
全国書店にて絶賛発売中!
検索フォーム

おしらせ

当ブログ記事の引用のない転載を禁じます


要望がありましたので

コメントに番号つけました

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
注目記事



リンク

海外の反応アンテナ

ヤクテナ

海外アンテナ

海外の反応まとめblogアンテナ

海外の反応 まとめ あんてな

だめぽアンテナ

2chまとめちゃんねる

まとにゅー!

海外の反応まとめアンテナ

日本視覚文化研究会

ニュース速報まとめ桜

ニュース速報まとめ梅

アナグロあんてな

アンテナシェア

あんてなジャポン

ポケモンGO海外遅報

ヌルポあんてな

翻訳ブログアンテナ

暇つぶしアンテナ

ねらーアンテナ

にゅーもふ

勝つるあんてな!

ワロタあんてな

にゅーぷる

オタクニュース

2chまとめのまとめアンテナ

はぴやく

News人

オワタあんてな

にゅーすなう!

ニュース星3つ!